ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

積立投資

2019/10/12

【定期的にチェック】積立投資で定期的に見直す項目は?アセットアロケーションとリバランスを解説

今回は積立投資で定期的に見直すべき、アセットアロケーションとリバランスについてわかりやすく解説します。 コナツ投資始めたらどういう所見ればいいの?心配でちょくちょく見ちゃうんだけど… そんな人に向けて解説しますショウシ   私も楽天証券で楽天ポイントを貯めながら運用しています。 ▼楽天証券のつみたてNISA運用 資産運用では定期的に見直しが必要です。 定期的に見るべきチェック項目を確認して、少なくても年に1回は見直しましょう。 投資は現金を下ろすまでが投資です。   投資初心者がこれか ...

積立投資

2019/10/10

【ポイント投資も可能】積立投資でクレジットカード払い・決済ができる金融機関とおすすめする理由を解説

今回は積立投資でクレジットカード払いをおすすめする理由とメリットを解説します。 コナツ投資始めるならクレジットカード払いの方がいいの?なんで? そんな人に向けて解説しますショウシ   結論から言うと、資産運用はクレジットカード払いにすべきです。 入金の手間もいらず、ポイントも貯まり一石二鳥のサービスです。 迷っている人は、クレジットカード積み立てとポイント投資の両方に対応した楽天証券で口座開設しておけば、絶対に後悔はしません。   投資初心者がこれから資産運用を始めるなら、まずは少額か ...

iDeCo(イデコ)

2019/10/12

【事業主払込・個人払込】iDeCo(イデコ)の入金・積立方法は?掛け金の払込方法と給料天引きにする方法を解説

今回はイデコの入金・積み立て方法・掛け金の払込方法を解説します。 コナツイデコの掛け金はどこから払えばいいの? そんな人に向けて解説しますショウシ   イデコの積み立て方法は2種類あり、事業主払込と個人払込があります。 手間をかけずにキチンと積み立てしたい人は、勤め先の指示に従って事業主払込がおすすめです。 まずは勤め先に確認して、事業主払込ができるか確認しましょう。   iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇制度となっていますので、毎月少額で構いませんのでぜひ始めておくといいでし ...

iDeCo(イデコ)

2019/10/19

【出口戦略】iDeCo(イデコ)の受け取り方法の年金・一時金を比較!受け取り条件を解説

今回はiDeCo(イデコ)の受け取り方を解説します。 コナツイデコは最後どうなるんだろう?年金と一時金があるらしいけど… そんな人に向けて解説しますショウシ   イデコでは受け取りは、年金・一時金・年金と一時金併用の3種類から選べます。 どれがいいかは、退職金額・勤続年数・イデコの総額や年齢によって変わってきます。 退職金の非課税が余っていれば一時金で受け取り、控除できない分は年金受け取りで受け取ると税金が少なくて1番無駄が少ないですよ。   iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇 ...

iDeCo(イデコ)

2019/10/19

【イデコ加入者は必読】iDeCo(イデコ)の加入中に死亡した場合は?手続きや相続について解説

今回はイデコの加入中に死亡した場合の手続きや相続を解説します。 コナツイデコに入るのはいいけど、死亡した場合は?家族に残せるのかな? そんな人に向けて解説しますショウシ   イデコ運用者が亡くなった場合、死亡一時金として家族に相続されます。 死亡一時金には一定額の税金控除がありますので、必ず3年以内に受け取りましょう。 イデコ運用者は家族にイデコを運用していることと、亡くなった場合の手続き方法を伝えておきましょう。   iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇制度となっていますので、 ...

iDeCo(イデコ)

2019/10/19

【還付金あり】iDeCo(イデコ)の年末調整・確定申告のやり方・書き方・記載例を画像で解説

今回はイデコの年末調整の書き方を解説します。 コナツイデコって年末調整でどう書くの? そんな人に向けて解説しますショウシ   イデコの控除は「小規模企業共済等掛金控除」に該当します。 年末調整と確定申告の場合の記載例を見ながら、間違えないように記載しましょう。 イデコの控除を記載する場所は1箇所だけなので、すぐに終わりますよ。   iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇制度となっていますので、毎月少額で構いませんのでぜひ始めておくといいでしょう。 こちらもつみたてNISA同様、投資 ...

iDeCo(イデコ)

2019/10/19

【海外資産へ投資しよう】iDeCo(イデコ)で元本保証型商品と投資信託を徹底比較!おすすめは投資信託

今回はイデコの元本保証型商品と投資信託を徹底比較します。 コナツイデコの元本保証ってどうなの?マイナスにならないの? そんな人に向けて解説しますショウシ   イデコの元本保証型商品は、実は元本が保証されていません。 もしかすると長期的に資産が1番マイナスになるのは元本保証型かもしれません。 資産運用初心者はバランス型1本に投資しておくのが、相対的にリスクは少なくて済みます。   iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇制度となっていますので、毎月少額で構いませんのでぜひ始めておくとい ...

iDeCo(イデコ)

2019/10/9

【税金を減らしたい人向け】iDeCo(イデコ)とふるさと納税は併用可能!どちらが節税になるか徹底比較

今回はiDeCo(イデコ)とふるさと納税のどちらが節税効果が高いか徹底比較します。 コナツイデコとふるさと納税って同時にできるの?どっちを優先すべきだろう? そんな人に向けて解説しますショウシ   イデコとふるさと納税は併用が可能です。 節税効果はイデコの方が大きいですが、ふるさと納税の方が気軽に始められます。 まずはふるさと納税、次にイデコの順に始めると始めやすくておすすめですよ。   iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇制度となっていますので、毎月少額で構いませんのでぜひ始め ...

つみたてNISA

2019/8/1

【低コスト運用】つみたてNISA(積立NISA)の手数料についてわかりやすく解説

今回はつみたてNISAの手数料についてわかりやすく解説します。 つみたてNISAでかかる手数料は運用手数料の信託報酬のみです。低コストな投資信託に積み立てしてできるだけ低コストな運用を心がけましょう。 つみたてNISAは運用益が非課税となり、年末調整も確定申告も必要ありませんので、初心者でも始めやすい投資です。これから投資デビューをしたい方は、ぜひこのお得な制度を活用してください。 今つみたてNISAは話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。 投資初心者でも少額からインデックス投資を始めることが ...

iDeCo(イデコ)

2019/7/30

【第3号被保険者】専業主婦(主夫)・パート向けiDeCo(イデコ)入門 | 加入方法と掛け金上限をわかりやすく解説

今回は専業主婦・主夫・パート向けにiDeCo(イデコ)の加入方法と掛け金をわかりやすく解説します。 専業主婦の人が該当する第3号被保険者は今後年金額が減っていく可能性が高いです。今のうちからiDeCo(イデコ)でしっかりと自分年金作りを始めましょう。 iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇制度となっていますので、毎月少額で構いませんのでぜひ始めておくといいでしょう。 こちらもつみたてNISA同様、投資未経験の方にもおすすめできる内容になっております。 ぜひiDeCo(イデコ)を初めてみてください。 本 ...

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.