積立投資

【これを買うべき!】積立投資で初心者が選ぶべきおすすめ投資信託・ファンドを徹底解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回は積立投資で初心者が選ぶべきおすすめ投資先銘柄・商品・ファンドを徹底解説します。

積立投資の投資先を選ぶ際は資産(アセット)クラスに注意して選びましょう。投資先をを選ぶ際はリスク分散してバランスよく投資しましょう。

投資初心者がこれから資産運用を始めるなら、まずは少額から簡単に始められる積立投資をおすすめします。

積立投資は長期的に見て資産を増やしていくやり方で、いわゆる貯金箱のようなものです。焦らず気長に見て資金を増やしていきましょう

本記事の内容

  • 投資先を選ぶ際は資産クラスに注意
  • バランスよく投資することが最大のリスク分散
  • 債権よりも株式へ投資しよう
  • 初心者はバランスファンドが楽でおすすめ

おすすめ投資ランキング

つみたてNISA

おすすめNo.1は、投資信託の収益が全て非課税になるつみたてNISA制度がおすすめ。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

ロボアドバイザー投資

初心者でにおすすめは、ロボアドバイザー投資

ロボアドバイザーなら完全自動で手間いらず

高利回りが期待できます

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

収益だけでなく掛け金も控除できる節税効果の高いおすすめ資産運用。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

積立投資で初心者が選ぶべきおすすめ投資信託・ファンドを徹底解説

コナツ
どれを選べばいいのかなぁ…?
どれを選ぶかずばり解説するよ
ショウシ

積立投資では長期運用で長年積み立てしていきますので、何に投資するかが非常に重要になります。

ここでは具体的にどれに投資していくかを解説していきます。

つみたてNISAで積み立てすべき投資信託を解説

つみたてNISAでは運用利益が非課税になる国も推奨しているおすすめの制度ですので、リスクが高めの投資先を選んで高いリターンを狙っていくことがおすすめです。

つみたてNISAの投資先は投資信託に限られ、つみたてNISAの対象に選ばれているほとんどの銘柄が買付手数料が無料(ノーロード)で優良なファンドが選ばれています。

基本的にはどのファンドを選んでも間違いはないですが、やはりつみたてNISAでも毎月支払う信託報酬が安い低コストな銘柄に積み立てがおすすめです。

具体的には低コストで有名なeMAXIS Slimシリーズの中から選びましょう

おすすめのネット証券ではすべてでeMAXIS Slimシリーズの取扱いがありますので、どこを選んでも問題ありません。

つみたてNISAをおすすめ銘柄・商品については他記事でまとめています。

ロボアドバイザーで積み立てすべき資産を解説

ロボアドバイザー投資では投資先は、基本的にロボアドバイザーにすべておまかせで運用をすることになります。

投資信託のようにどの銘柄に何%積み立てするかなど、自身で選ぶ必要はありません。

しかしロボアドバイザーでは運用方針を決めることができ、どの資産もしくはリスクをどれだけ取るかを選べるようになっています。

ロボアドバイザーの投資先をある程度コントロールできますので、ポートフォリオを調整して投資先を選ぶようにしましょう。

ロボアドバイザーの投資先の選び方は他記事でまとめています。

iDeCo(イデコ)で積み立てすべき投資信託を解説

iDeCo(イデコ)もつみたてNISA同様に運用益が非課税になる国もおすすめする制度で、長期運用で長年積み立てしていくことになります。

iDeCo(イデコ)も投資先は投資信託に限られますので、つみたてNISA同様に買付手数料が無料(ノーロード)で毎月支払う信託報酬が安い低コストな銘柄に積み立てしていくことが重要になります。

やはりiDeCo(イデコ)でも低コストで有名なeMAXIS Slimシリーズの中から選びましょう

ネット証券の中でもeMAXIS Slimシリーズの取扱いがない金融機関もあり、1番おすすめのマネックス証券なら取扱いがあります。

iDeCo(イデコ)のおすすめ投資信託は他記事でまとめています。

積立投資で選ぶべき投資信託の選び方を解説 | 低コストなものを選ぼう

コナツ
どういうポイントで選べばいいのかなぁ?
選び方のポイントを解説するよ
ショウシ

投資信託の選び方を解説

  1. コストが安いか
  2. ポートフォリオ通りか
  3. 純資産は増加傾向にあるか

積立投資で選ぶ投資信託の選び方を解説します。

つみたてNISAとiDeCo(イデコ)ではどの投資信託へ積み立てするかが非常に重要になりますので、じっくり選びましょう。

どちらも10年以上の長期的に積み立てしていくことになります。

選び方①:コストが安いか

購入時にかかる費用 買付手数料 無料(ノーロード)であること
運用期間中にかかる費用 信託報酬 インデックスファンド:0.5%以下
アクティブファンド:1.5%以下
※なるべく低いこと
売却時にかかる費用 信託財産留保額 無料であること

投資信託にかかるコストについて解説しましょう。投資信託では大きく分けて購入時・運用中・売却時の3つのコストが存在します。

購入時と売却時では運用中は1回のみの支払いですが、最近の投資信託では無料のものが多いので無料のものを選びましょう

つみたてNISAやiDeCo(イデコ)では長年積み立てしていきますので、運用期間中にかかる信託報酬はなるべく低いものにしましょう。

具体的にはインデックスファンドでは0.5%以下、アクティブファンドなら1.5%以下のものでないと、手数料で利益がほとんどなくなってしまうでしょう。

おすすめのeMXIS Slimシリーズならほとんどの銘柄で信託報酬が0.5%以下なのでどれを選んでも問題はないです。

投資信託においてもコストをよく理解し、なるべく安く済ませるということは念頭においておきましょう。

選び方②:ポートフォリオ通りか

投資においてはリスクをなるべく減らすことが重要です。パフォーマンスがいい銘柄だけに注力していては、いつか暴落で痛い目を見ることになります。

積立投資でもポートフォリオを組みどの資産にどれだけの比率で投資するのか明確にしておきます。

投資信託においてもどの資産(アセット)クラスへ投資しているのかよく理解して、ポートフォリオ通りに積み立てしていきましょう。

自身でポートフォリオを組むのが難しい場合は、バランスファンドなど投資信託自体が各資産クラスへバランスよく投資してくれる銘柄もあります。

投資初心者やポートフォリオを組むのがめんどくさい人は、ポートフォリオが不要なバランスファンドや全世界株式などの銘柄を選びましょう。

積立投資のおすすめポートフォリオについては他記事でまとめています。

選び方③:純資産は増加傾向にあるか

投資信託を定期的にチェックする場合は、純資産額が増加傾向にあるかチェックしましょう。

この純資産額はわかりやすく言うと投資家の期待値を表します。増加傾向にあるということは多くの投資家がその銘柄に投資していることを指します

投資信託を運用している資金が枯渇すると運用自体がストップして、それ以上利益を生み出せない状況になりかねません。

投資信託を選ぶ際に純資産が増加傾向であることは非常に重要になりますので、必ず確認しましょう。

おまけ:ポイントが貯まるか

こちらは投資先銘柄よりも金融機関に依存しますが、金融機関によっては独自のポイントが貯まるサービスをやっていることがあります。

残念ながらiDeCo(イデコ)ではポイントは貯まりませんが、つみたてNISAや通常の特定口座で投資信託を買うとポイントが貯まる証券会社が多いです。

中でも楽天証券で貯まる楽天ポイントは用途も広く貯まりやすいのでおすすめです。

投資信託を買うなら現状は楽天証券が1番お得になっていますので、これから積立投資を始めたい人は楽天証券で口座開設しておきましょう。

楽天証券

積立投資では配当金・分配金は再投資にして複利効果を高める

コナツ
分配金ってどっちがいいのかな?
積立投資では再投資に設定すべきだよ
ショウシ

積立投資の長期運用で投資信託を買う場合、運用期間中の配当金が還元される銘柄もあります

結論としては配当金は再投資に設定しておきましょう

配当金を再投資しておくことで複利効果により投資元本を増やすことができますので、長期運用においては非常に重要です。

複利効果とは?長期投資では複利が重要になる

投資信託においては複利効果を狙うなら、配当金は再投資に設定しておきましょう。

複利とは運用で得た利益を再投資することで、運用元本をさらに増やして利息を増やしていくことを言います。

例えば、わかりやすく100万円を利回り10%で単利と複利で比べてみましょう。

年数 1年 2年 3年 4年 5年
単利 110万円 120万円 130万円 140万円 150万円
複利 110万円 121万円 133万円 146万円 161万円
差額 0万円 1万円 3万円 6万円 11万円

このように複利効果による運用は長期運用ほど差が出やすくなっています。

これを10年以上続けた場合の差はさらに大きくなり、複利効果は長期運用において絶対に必要になります。

投資をするなら複利効果を最大限に活かすため、利益や配当金は再投資して運用元本を増やしながら運用していくようにしましょう。

ロボアドバイザーなら配当金は自動で再投資される

保有するETFからの配当金はTHEOの証券口座へ入り、自動的に再投資され運用いたします。
したがって、配当金のみを直接受け取る(出金する)ことはできません。運用資金の一部出金をご希望の場合は、マイページから「出金」の申請が可能です。

引用元: THEO

THEO(テオ)を例に解説しましょう。

ロボアドバイザー投資では投資先をロボアドバイザーが自動で選びますが、投資先はETFになります。

ETFでは通常は株式や不動産は年4回の配当金の分配があり、コモディティは年1回の配当金の分配があります。

もちろんETF銘柄はロボアドバイザーが自動で選んでしまうため利回りがいい投資先を選んだりはできませんが、ロボアドバイザー投資でも配当金があります

ロボアドバイザー投資では配当金は自動的に再投資に回されますので、配当金を受け取ることはできません。

投資信託で言う所の「受取型」を選ぶことはできないということですね。ここは投資信託と異なる部分です。

ロボアドバイザー投資の場合は意識して「再投資型」を選ばなくても、自動的に再投資されますので問題ありません。

まとめ:積立投資で初心者が選ぶべきおすすめ投資信託・ファンドを徹底解説

積立投資で初心者が選ぶべきおすすめ投資先銘柄・商品・ファンドはいかがだったでしょうか。

積立投資の投資先を選ぶ際は資産(アセット)クラスに注意して選びましょう。投資先をを選ぶ際はリスク分散してバランスよく投資しましょう。

利益を確実に出したいなら短期的なマイナスや相場変動は気にせず運用していきましょう。信じて続けていけば10〜20年後に必ずまとまったお金になっています。

金融庁の「老後資金2,000万円不足」の話題で、多くの人がつみたてNISAなどの非課税制度やロボアドバイザー投資に注目しています。

若いうちから準備しておかないと、将来困るのは自分自身です。まずは簡単にできるつみたてNISAから始めてみましょう

スポンサーリンク

おすすめ投資ランキング

つみたてNISA

おすすめNo.1は、投資信託の収益が全て非課税になるつみたてNISA制度がおすすめ。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

ロボアドバイザー投資

初心者でにおすすめは、ロボアドバイザー投資

ロボアドバイザーなら完全自動で手間いらず

高利回りが期待できます

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

収益だけでなく掛け金も控除できる節税効果の高いおすすめ資産運用。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-積立投資
-, ,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.