三井住友VISAカード

【画像で解説】三井住友VISAカード会員サイト「Vpass」の登録手順をわかりやすく解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回は三井住友VISAカードの会員サイトである「Vpass」の登録方法について画像で解説します。

Vpassはポイントを使用したりオンラインで明細書を確認したり、三井住友VISAカードを持つなら必須と言えますので、ぜひこの記事を読んで登録してみてください

三井住友VISAカードは知名度NO.1のステータスカードです

電子マネーのIDは普及率も高く本当に便利ですので、クレジットカードに迷われている方はぜひ三井住友VISAカードを作ってみてください。

本記事の内容

  • Vpassの登録には「三井住友VISAカード」「銀行口座番号」「メールアドレス」が必要
  • Vpassの登録手順
  • Vpassではポイントの利用やWEB明細書の確認ができる

三井住友VISAカード会員サイト「Vpass」登録に必要なものを解説

コナツ
Vpassに登録には何が必要なの?
必要なものは3つだよ
ショウシ
  • 三井住友VISAカード
  • 引き落とし銀行口座の口座番号
  • メールアドレス

三井住友VISAカードの会員サイトである「Vpass」の登録に必要なものは以上の3つです。

これらはVpass登録時に入力が必須ですので、手元に用意してから登録操作をしていきましょう。

三井住友VISAカード会員サイト「VPASS」の登録方法を3ステップで解説

コナツ
Vpassに登録が必要なの?
オンラインで明細を見れるよ!
ショウシ

会員サイト「Vpass」登録手順

  1. 三井住友VISAカード からVpassを開く
  2. Vpassに必要事項を入力
  3. Vpassに口座番号を入力

詳しく解説していきましょう。

三井住友VISAカードからVpassを開く

まずは 三井住友VISAカード のページを開きます。

開いたら右上の「Vpass」をクリックします。

画面真ん中あたりの「Vpassにご登録」をクリックします。

登録内容の選択は2種類あります。

  1. 「Vpass」のみを登録
  2. 「Vpass」と「カードご利用代金WEB明細書サービス」を同時登録

おすすめは「Vpass」と「カードご利用代金WEB明細書サービス」を同時登録です。

さらにVpassID規約をよく読み、すべて読んだら「同意する」をクリックします。

カードご利用代金WEB明細書サービスを申し込むと、年会費が最大1,000円の割引きになります。

三井住友VISAカードを作ったら必ず設定しておきましょう。

その他の三井住友VISAカードの年会費割引の条件は他記事にまとめていますので、参考にしてください。

Vpassに必要事項を入力

Vpassに登録するあなたの情報を入力していきましょう。

入力する情報は以下の通りです。

  • 会員番号(カード番号)
  • カード有効期限
  • 生年月日
  • セキュリティコード(カード裏面)
  • 電話番号
  • VpassID(第1〜3希望まで)
  • パスワード
  • ハンドルネーム
  • メールアドレス(2個まで)

すべて入力を終えたら「次へ進む」をクリックしましょう。

ここで登録するニックネームは非常に重要です。

今後三井住友VISAカードとあなたの間で連絡を取るためのキーワードであり、三井住友VISAカードからは今後はニックネームを使用して連絡があります

詐欺メールや詐称サイトではニックネームはわかりませんので、ニックネーム以外を使用して連絡してきます。ニックネームを使用していない三井住友VISAカードからの連絡は詐欺の可能性があります

ニックネームは非常に重要ですので、登録したニックネームはメモしておきましょう

Vpassに口座番号を入力


お客様情報を入力後は、入力の確認と口座番号の下4桁の入力が必要です。

三井住友VISAカードの引き落としとなっている銀行口座番号の下4桁を入力しましょう。


以上でVpassの登録は完了です。とっても簡単ですね。

三井住友VISAカードのVpassにログインするメリットは?ポイントを利用できる

コナツ
Vpassに登録しておくといいことあるの?
1つずつ解説していくよ
ショウシ

Vpassにログインするメリット

  • いつでも限度額の確認できる
  • ポイントを利用できる
  • オンラインで明細が確認できる
  • ポイントがお得に貯まるポイントUPモールを利用できる

Vpassにログインするメリットを解説します。

三井住友VISAカードを持つならVpassはほぼ必須です。ぜひ登録しておきましょう。

いつでも限度額の確認ができる

Vpassなら三井住友VISAカードの限度額がいつでも確認可能です。

限度額が低い場合は、いざという時にカードの限度額が足りずに決済できないという場合がありますので、よく確認して支払い方法の変更などをしておくといいでしょう

さらにVpassなら支払い方法の変更がいつでも可能です。

限度額が足りない時や、出費が嵩んで家計がピンチの時にいつでも変更できますので、ぜひVpassに登録しておきましょう。

ポイントを利用できる

Vpassなら三井住友VISAカードのポイントの確認・交換などの、ポイントの操作を行えます。

せっかく貯めたポイントを有効利用しないともったいないですね、ぜひVpassに登録しましょう。

三井住友VISAカードではお得なキャンペーンも開催していますので、時々のぞいてエントリーしてみましょう。

抽選でお得なポイントを貰えることもあります。

オンラインで明細が確認できる

Vpassに登録しておくと、三井住友VISAカードの利用明細を確認することができます。

WEB明細書サービスは年会費の割引条件にもなっていますので、必ず登録しておきましょう。

明細は確定分の確認もできますが、未確定分の確認もできますので、どれくらいクレジットカードを利用したかチェックしておきましょう。

オンラインならマメにチェックできますので、非常に重宝します。

ポイントがお得に貯まるポイントUPモールを利用できる

三井住友VISAカードではAmazonやYahoo!ショッピングなどのネットショッピングを利用する時に、三井住友VISAカードのポイントUPモールを経由するとお得にポイントが貯まります

このポイントUPモールを利用すると通常のネットショッピングだけで、ポイントが2〜20倍ものお得に貯まります

ポイントUPモールを利用するにはVpassのログインが必要なので、必ずVpassでポイントUPモールを経由しましょう。

三井住友VISAカードのメリットは?

コナツ
三井住友って聞いたことあるよね!
知名度No.1のクレジットカードだよ
ショウシ

三井住友カードのメリット

  • 年会費無料もしくは割安
  • ネットショッピングでポイントがお得になる
  • 旅行保険はクレジットカードの利用がなくても一定額保証

三井住友VISAカードについてわかった所で、三井住友VISAカードのメリットを解説しましょう。

三井住友VISAカードは知名度No.1のクレジットカードです。

ポイント還元率だけで言えば他のクレジットカードに劣りますが、お得な特典や充実の保証があります。

老舗ならではのノウハウで充実のサポートが期待できますので、1枚は持っておいて損はありません。

旅行は持っているだけで付帯するカードもありますので、ぜひ持っておきましょう。

まとめ:三井住友VISAカード会員サイト「VPASS」の登録方法をわかりやすく解説

三井住友VISAカード会員サイト「Vpass」の登録方法はいかがだったでしょうか。

Vpassに登録しておけばオンラインで明細を確認したり、ポイントの利用ができますので、三井住友VISAのカードを持つ上でほぼ必須です

三井住友カードは知名度No.1のステータスカードと言えます。Apple payをご利用されている方はiDとして使えるカードは貴重ですので、ぜひ使ってみてください。

あらゆる面で優れたクレジットカードを、ぜひこの機会に作ってみてください。

お得なキャッシュバックキャンペーン開催中

コナツ
2千円も貰えるの!?
もれなく貰えるのは嬉しいキャンペーンだね
ショウシ

三井住友VISAカードは新規入会とApple Payのお支払いで、最大20%還元のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

条件は新規入会とVpassのログインだけですので、非常に簡単ですね。

キャッシュバックは利用金額の中から還付されますので、2千円以上は利用しておく必要があります。

 

もれなく貰えるキャンペーンは嬉しいですね

キャンペーンはエントリーが必要ですので、カード作成後に必ずエントリーしてください

おすすめクレジットカードランキング

楽天カード

楽天カード

高還元率でポイントが貯まりやすい、今1番おすすめできるクレジットカードです。
楽天カードは年会費が永年無料で楽天ポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯める人も安心です。

楽天市場でよくお買い物される人は上位カードの「楽天ゴールドカード」も検討してみてください。

楽天証券で話題のつみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントを貯めることができ、楽天ポイントの用途は広いです。
ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。
クレジットカードに迷っている人は、まずは楽天カードを作りましょう。

詳細ページ

公式ページ

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

どこでも使えて幅広いニーズに対応しているスタンダードカードは三井住友VISAカードでしょう。
三井住友VISAカードはクレジットカードの老舗で知名度No.1の安心感があります。

ポイント還元率はネットショッピングやコンビニ利用ではお得に貯めることができ、充実の保証と合わせて誰でも満足できる機能を備えています。

新社会人や学生でも持つことができ、クレジットカードデビューに最適です。
まずは三井住友VISAカードでクレジットカードデビューしましょう。

詳細ページ

公式ページ

JCBカード

日本発祥のクレジットカードの老舗であるJCBカード。

知名度も高く老舗ならではの充実した保証があり、最初に作るクレジットカードならまずはJCBカードがおすすめです。

JCBカードWなら年会費は無料で獲得ポイントが常に2倍になり、ポイント還元率1%以上のお得なクレジットカードです。

キャンペーンによりスマホに電子マネーを登録してお買い物すると20%還元があり、今1番お得なクレジットカードです。

ぜひJCBカードでスマホ決済を利用しましょう。

公式ページ

イオンカード

イオンクレジットカード

イオンでお買い物される人におすすめするのは、イオンカードです。
イオングループでのお買い物はポイント還元率が優秀で、イオンのお客様感謝デー(20,30日)は見逃せません。

その他イオンシネマで映画を見る時に割引を受けられたり、電子マネーのWAONやイオン銀行のキャシュカードと一体型もあり、イオングループでの連携は非常に優秀です。

近くにイオンがある人、よくイオンで買い物される人は、ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。

詳細ページ

公式ページ

スマホ決済の種類とは?

初心者でもわかるコード決済

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

スマホ決済を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-三井住友VISAカード
-,

Copyright© スマホ決済いなふる , 2019 All Rights Reserved.