税金

【保存版】身近な税金とは何があるの?税金の種類・仕組みと支払い・納税方法を解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回は身近な税金の種類と対策・支払い方法とタイミングを解説します。

コナツ
税金って何があるの?あまり払いたくはないんだけど…
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

身近な税金だけでも数え切れないほどの種類があり、意外な所でも税金を支払っています。

税金はちょっとした節税対策で減らすこともできます

税金について理解して、できることから節税対策をしていきましょう。

 

会社員・公務員は知らない間に、源泉徴収で税金は搾取されています。

税金の仕組みを理解すればちょっとの手間で会社員でも税金を減らすことができます。

税金の知識を身につけて賢く税金を節約しましょう。

本記事の内容

  • 税金の種類:国税・地方税の違い
  • 税金の種類:直接税・間接税の違い
  • シーン別税金の種類
  • 税金の支払い方法はクレジットカード納付がいつでもできて簡単

身近な税金の仕組みを解説!国税と地方税・直接税と間接税の違い

コナツ
税金ってそもそもどんな種類があるの?
税金の仕組みを解説するよ
ショウシ

税金の種類について解説しましょう。

 

まず税金は、納付先に応じて国税・地方税に分けられ、徴収方法に応じて直接税・間接税に分けられます

それぞれの違いを見ていきましょう。

国税と地方税の違いを解説

種類 納付先 項目
国税 所得税
法人税
所得税
地方税 都道府県 自動車税
住民税(県民税)
市町村 軽自動車税
住民税(市町村民税)

税金の納付先について分類すると、国であるか各地方自治体であるかで、国税と地方税で分けられます

 

国税は日本国内のどこに住んでいても同じですが、地方税は各地方自治体で独自の取り決めがあります。

地方税に関しては各地方自治体によって、若干の差があります

 

さらに地方税は、都道府県に払うのか市町村に支払うのかで分けられます

ここも納付先が異なるだけで大きな違いはありません。

税金の種類によって、どこが取り決めている税金なのかは理解しておきましょう。

直接税と間接税の違いを解説

種類 項目
直接税 所得税
法人税
相続税
間接税 消費税
酒税
たばこ税

税金は納付方法に応じて、あなたが直接税金を納める直接税と、あなたの代わり誰かが税金を納める間接税に分けられます

 

直接税と間接税に関してはイメージが沸かない人が多いと思いますが、消費税を例にして解説しましょう。

消費税は間接税ですが、お店で購入する時にお店に支払います。

消費税はお店の人が集計して国に支払いますので、間接税になります。

 

このように直接的に国や地方自治体に税金を支払うかで、直接税と間接税は分けられます

会社員の人は所得税なども源泉徴収で会社が代わりに支払いますが、所得税は直接税です。

ここは勘違いしないようにしましょう。

 

シーン別・種類別の税金の種類を解説

コナツ
どんな所で税金って払ってるのかな?
シーン別に税金の種類を解説するよ
ショウシ

シーン別・種類別に税金の種類を解説します。

 

自分のことだ!と思った人は、何に税金を払っているか理解しておきましょう。

それでは詳しく見ていきましょう。

会社員・公務員が働いて給料を貰う時に支払う税金

  • 所得税
  • 住民税

会社員・公務員が給料を貰う時に支払っている税金は、上記の通りです。

 

所得税については収入額に応じて税率が上がる、累進課税という方式で徴収されます

高所得者ほど税金の割合が高く、低所得者ほど税金の割合が低くなっています。

 

会社員・公務員が支払っている税金の割合は、所得税・住民税が大きな割合を占めています。

所得税・住民税の仕組みについては、詳しく知っておきましょう。

 

所得税・住民税は他記事で詳しくまとめています。

自営業者が支払う税金

  • 法人税
  • 消費税
  • 酒税・たばこ税(販売者のみ)
  • 個人事業税
  • 所得税
  • 住民税

自営業者が支払う税金については、上記の通りです。

 

自営業者は個人事業主なのかで、法人税と個人事業税で分かれます

また販売で酒・たばこを扱っている場合は、酒税・たばこ税を納税することになります。

 

自営業者は所得税・住民税は自身で申告して支払う必要があるため、税金についての知識は会社勤めをしている人よりもあります。

税金についてさらに理解を深めておきましょう。

物を買う・サービスを利用する時に支払う税金

  • 消費税
  • たばこ税
  • 酒税
  • 入湯税
  • ゴルフ場利用税
  • 宿泊税

物を買う時やサービスを利用する時の税金については、上記の通りです。

 

物を買う時には消費税・たばこ税・酒税がかかります。

消費税は軽減税率制度によって食品類は、通常より安い8%の税率で支払うことになります

 

その他には温泉に入ると入湯税、宿泊施設を利用すると宿泊税がかかります

ゴルフ場を利用する時には、ゴルフ場利用税がかかります。

 

入湯税・ゴルフ場利用税はあまり聞き慣れませんが、サービスを利用することで税金を払っていることを覚えておきましょう。

自動車を所有すると支払う税金

  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 揮発油税・地方揮発油税

自動車を所有すると支払う税金については、上記の通りです。

 

自動車を購入した際に自動車取得税、毎年自動車税・軽自動車税がかかり、車検の度に自動車重量税が発生します

車に入れる燃料のガソリンや軽油についても、揮発油税が発生します。

 

自動車は贅沢品の位置付けですので、税金は多めですね

自動車を保有すると、税金はこれだけ払っていることを覚えておきましょう。

不動産・家を所有すると支払う税金

  • 不動産取得税
  • 固定資産税・都市計画税
  • 登録免許税
  • 印紙税

家を所有すると発生する税金については、上記の通りです。

 

住宅を購入する時に不動産取得税や登録免許税・印紙税が発生し、毎年固定資産税を支払います

住宅購入時にローンを組んでいる場合は住宅ローン減税を受けられ、所得税・住民税は還付されますが、固定資産税が発生するのでトントンという人が多いですよ

 

持ち家の場合はこれだけの税金が発生します。

住宅購入を考えている人は、よく覚えておきましょう。

 

税金の支払い方法とタイミングは?24時間できるクレジットカード払いが簡単

コナツ
どうやって税金って払えばいいの?
今はインターネット上で支払いができるんだよ
ショウシ

税金の支払い方法

税金の支払い方法を解説します。

 

税金の納付については確定申告後に、税務署から納付書などはありません。

あくまで自身で申告した税金を支払う必要があり、優しくないですね。

 

だからこそ税金に関しての知識をつけておく必要があります

税金の知識を身に着けてスムーズに申告できるようにしておきましょう。

クレジットカード払いなら24時間いつでも自宅から支払いができて簡単

税金の支払い方法で1番簡単な方法は、インターネットでクレジットカードを使った納税です

国税は国税クレジットカード払いサイトで問題なく支払えますし、地方税についても各地方自治体によりますが、ほとんどの地方自治体で対応しています。

 

口座振替の場合は事前に口座振替の依頼書が必要になり、手続きが少々めんどうです。

コンビニ払いの場合も、現金をコンビニで支払う必要があり手間ですね。

 

税金のクレジットカード払いは手数料がかかりますが、ポイント還元率でほぼ元を取れますので、クレジットカードで支払いましょう

税金を支払うお金がない!税務署や自治体へ必ず相談すること

税金を払いたいけど払えない!

そんな自体になっても、そのまま放置してはいけません

 

納税が遅れた場合は延滞金が発生したり、悪質な場合は財産の差し押さえがあります

もし税金を支払うお金がなくて困った場合は、税務署や自治体へ必ず相談してください。

 

税金を支払うことができない理由がある場合、「換価の猶予」を受けて税金の延滞金が一部軽減される制度の適用を受けることができるかもしれません。

制度については税務署や自治体の人が丁寧に教えてくれますので、まずは相談してみることが大事です。

 

お金がなくて支払いができないからと言って、絶対にそのまま放置しないでください

 

税金を減らしたいけど何から減らせばいいの?所得税と住民税を節税しよう

コナツ
こんなに税金払ってたのか…
おすすめの節税方法を解説するよ
ショウシ

おすすめの節税方法

  • ふるさと納税
  • iDeCo(イデコ)

税金について知った所で、おすすめの節税方法を解説します。

 

まず会社員・公務員など企業に勤めて働いている人が、節税すべき税金は所得税・住民税です

他の税金は消費した時や自動車を所有した時など、なくなってしまうと生活を大きく変える必要があるからです。

持たない・消費しないもできますが、限度があるでしょう。

 

それよりは収入に応じて支払う所得税・住民税なら、会社員でもちょっとしたことで節税することができます

まずは簡単にできることから節税を始めてみましょう。

ふるさと納税で節税しながらお得な返礼品を貰う

節税 ふるさと納税
控除方法 ワンストップ特例 もしくは 確定申告
難易度
最大控除額 所得による
特徴 税金分を寄付して返礼品が貰えるお得な制度

お得さが話題になっているふるさと納税が節税対策としておすすめです。

厳密にはふるさと納税は、ワンストップ制度を使用すると年末調整も必要なく書類1枚を自治体に送れば税金面は完了です。

 

本来払うはずの税金でお得な返礼品を貰うことができ、ふるさと納税は超が付くほどお得な節税対策です

現在は多くの人が毎年ふるさと納税をしていますので、まだ始めていない人はすぐにふるさと納税を始めましょう。

 

ふるさと納税で一点だけめんどくさいのは、ふるさと納税できる限度額を自身で計算しなくてはならないことです。

自身が払っている所得税・住民税を確認して、限度額ギリギリまでふるさと納税してみましょう。


 

\楽天ポイントを獲得/

楽天ふるさと納税で返礼品を探す

iDeCo(イデコ)で節税しながら自分年金作り

節税 確定拠出年金iDeCo(イデコ)
控除方法 年末調整
難易度 ★★
最大控除額 勤め先の会社制度による
特徴 自分年金作りにおすすめの制度

会社員でもできる節税対策として確定拠出年金のiDeCo(イデコ)があります

こちらのiDeCo(イデコ)はいわゆる自分年金作りとして、将来へ積み立てして資産運用をすることを目的としています。

年金2,000万円不足問題によって一気に注目度が上がっています

 

iDeCo(イデコ)は掛け金を控除することができて節税効果は非常に高いですが、一度入れた掛け金は60歳になるまで引き出せないなどのデメリットもあります。

iDeCo(イデコ)は自分年金として少額から積み立てしている人が急増しています

世間的にも注目度が高いので、ぜひiDeCo(イデコ)を始めてみてください。

まとめ:身近な税金とは何があるの?税金の種類・仕組みと支払い・納税方法を解説

身近な税金の種類・仕組みと支払い・納税方法はいかがだったでしょうか。

 

身近な税金だけでも数え切れないほどの種類があり、意外な所でも税金を支払っています。

税金はちょっとした節税対策で減らすこともできます

税金について理解して、できることから節税対策をしていきましょう。

 

会社員・公務員は知らない間に、源泉徴収で税金は搾取されています。

税金の仕組みを理解すればちょっとの手間で会社員でも税金を減らすことができます。

税金の知識を身につけて賢く税金を節約しましょう。

おすすめ節税ランキング

ふるさと納税

おすすめNo.1はふるさと納税

本来払うはずの税金と自己負担2,000円でお得な返礼品を貰える制度

楽天ふるさと納税なら楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソン対象で、お得に楽天ポイントを獲得できる

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

自分年金作りをしながら節税もできて、お得な制度

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

資産運用の難易度も低いので、資産運用初心者でも気軽に節税ができる

詳細ページ

公式ページ

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

エンジニア兼ファイナンシャルプランナー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお金に関する情報発信しています

-税金
-, ,

Copyright© いなふる , 2019 All Rights Reserved.