税金

【一般消費者向け】軽減税率とは?特徴・仕組みと対象品目をわかりやすく解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回は軽減税率の特徴・仕組みと対象品目をわかりやすく解説します。

コナツ
軽減税率ってなに?安くなるにはどれを選べばいいの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴って、一部消費増税の除外品目があります

安くするにはどうすればいいの?どれを選べばいいの?と疑問に思っている人が多いでしょう。

消費者も知識を身に着けて、賢く選んで家計を少しでも助けましょう

 

会社員・公務員は知らない間に、源泉徴収で税金は搾取されています。

税金の仕組みを理解すればちょっとの手間で会社員でも税金を減らすことができます。

税金の知識を身につけて賢く税金を節約しましょう。

本記事の内容

  • 軽減税率とは?
  • 軽減税率の対象品目
  • 消費増税に合わせてキャッシュレス決済がお得

軽減税率とは?対象期間と税率を解説

コナツ
軽減税率ってよく聞くけど…
消費税増税で10%になるけど、8%に据え置きするもののことだよ
ショウシ

軽減税率とは、消費税が10%に増税される中で特定の商品の消費税を8%のまま据え置くことを言います。

商品によって8%のものと10%のものに分かれているので、複数税率と呼ばれたりしています。

軽減税率はいつからいつまで?対象期間を解説

軽減税率は消費税10%に増税される2019年10月から開始されます。

今の所は期間の定めはなく、次の増税までは現行の軽減税率制度が継続されることが予想されます

消費税増税後は軽減税率の対象品目を扱う会社は経理処理がややこしいことになってきます。

軽減税率制度を正しく理解して、経理の申告間違いがないようにしていく必要があります。

 

軽減税率の対象品目を解説!飲食料品・一体資産・外食・新聞

消費税率 8%(軽減税率) 10%(標準税率)
飲食料品 米、野菜、肉、乳製品、パン類 観賞用の魚、
飲料用の水 水道水
食用の氷 保冷用の氷、ドライアイス
ノンアルコール飲料(ビール・みりん風調味料(アルコール1%未満) 酒類(ビール・ワイン・日本酒、みりん、料理酒)
医療品・医薬部外品に該当しない栄養ドリンク 医療品・医薬部外品に該当する栄養ドリンク
一体資産 紅茶とティーカップのセット(1万円未満かつ食品の割合が3分の2以上)、ハッピーセット プロ野球チップスなど
外食・ケータリング レストラン・フードコート・イートインスペースのあるコンビニでの飲食 テイクアウト、ケータリング、出張販売
給食 社員食堂・学生食堂
ホテルの客室冷蔵庫の飲料 ホテルのルームサービス
新聞 週2回以上発行される定期購読の新聞 電子版の新聞、コンビニで販売される新聞
コナツ
何が軽減税率になるの?
項目毎に解説するよ
ショウシ

国税庁は軽減税率の対象を、飲食料品・一体資産・外食・新聞の大きく分けて4項目で発表しています。

それぞれを解説していきましょう。

軽減税率の対象品目:飲食料品

「飲食料品」とは、食品表示法に規定する食品をいい、食品と食品以外の資産があらかじめ一の資産を構成し、又は構成しているもの

引用元:国税庁

飲食料品とは、一般的に消費者が口にする食料品のことを指し、飲食料品は軽減税率の対象で8%の税率に据え置きになります。

一般的に食用として販売されるものに限定されますので、例えば食用の鮮魚は軽減税率の対象となっても観賞用の熱帯魚は対象にはなりません。

 

そしてここは飲料にも利用されますが、水道水は軽減税率の対象ではありません

しかし販売されているミネラルウォーターは軽減税率の対象です。

紛らわしいので、水道料金は消費税10%と覚えて起きましょう。

 

そしてアルコール類は軽減税率の対象ではありません

ビール等の酒類はもちろん、みりんや料理酒など直接的に飲まないものもアルコール類に含まれます。

 

また栄養ドリンクについても、医薬品・医薬部外品に該当しないものは飲食料品に該当するため、軽減税率の対象になります。

しかし医薬品と医薬部外品に該当するものは医療品に該当するものは、軽減税率の対象になりません。

軽減税率の対象品目:一体資産

次の条件を満たす場合は、飲食料品の譲渡として、その全体が軽減税率の対象となります。

  1. 一体資産の価格が一万円以下
  2. 一体資産のうち食品にかかる部分の割合が3分の2以上

引用元:国税庁

一体資産とは、例えば紅茶とティーカップのセットやおまけ付きのお菓子のような、飲食料品とそれ以外ものが一体となった商品のことを言います。

ここは結構ややこしいです。

区分として上記の2点に合致する場合は軽減税率の対象となります。

 

スーパーで売ってるおまけ付きお菓子はグレーな部分が多く、例えばビックリマンチョコのように食品部分の価格が3分の2以上になっているものは軽減税率の対象で、プロ野球チップスのように食品以外の価格が高い場合は軽減税率の適用外です。

 

はっきり言ってこれは素人目には判断がつかないです。

一体資産については店頭で税率を確認しましょう

軽減税率の対象品目:外食・ケータリング

「外食」は軽減税率の対象にはなりません。ここでいう「外食」とは飲食店業の事業を営むものが行う食事の提供をいい、次の条件を満たすものをいいます。

  1. テーブル・椅子・カウンターその他飲食に用いられる設備
  2. 飲食料品を飲食させる役務の提供

引用元:国税庁

ここは結構話題にもなっていますが、外食で食事をする場合は軽減税率の対象にはなりません

飲食店ではもちろん、イートインスペースのあるコンビニでは今後店内で飲食するか問われることになります。

 

そして外食に該当するかは不明ですが、有料老人ホームで提供する食事や義務教育の学校の給食は軽減税率の対象となり、それ以外の社員食堂や大学の食堂での食事は軽減税率の対象にはなりません

 

学校給食の他、屋台での食事、列車内の移動ワゴン販売、そばやピザの出前、ファーストフードのテイクアウトは軽減税率での販売です。

ややこしいですが覚えておきましょう。

軽減税率の対象品目:新聞

軽減税率の対象となる「新聞の譲渡」とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行される新聞の定期購読契約に基づく譲渡をいいます。

引用元:国税庁

その他毎朝自宅に届く新聞は軽減税率の対象です。

それ以外の電子版の年会費や、コンビニで買う新聞やスポーツ新聞は軽減税率の対象にはなりません。

もし毎朝コンビニで新聞を買っている人は、自宅で定期購読した方や安くなるというわけですね。

消費税増税に合わせてポイント還元事業も開始される

引用元:キャッシュレス

コナツ
なぜ〇〇Payが増えているの?
消費税増税に合わせてポイント還元で負担軽減ができるよ
ショウシ

最近乱立している〇〇Payはなぜ増えているのでしょうか?

経済産業省は2019年の消費税10%の増税に合わせて、9ヶ月間に限りキャッシュレスで決済するとポイント還元をすると発表しています。

消費税増税に合わせてお得にポイントを貯めるチャンスです。

キャッシュレス還元の仕組みは?ポイント還元の仕組みを解説

キャッシュレス還元の仕組みを解説します。

私達消費者はキャッシュレス事業者であるスマホ決済の発行元からポイント還元を受けていますが、キャッシュレス事業者は裏で国から補助金を貰っています。

 

スマホ決済でお得な還元率やクーポンの配布などもありますが、これもキャッシュレス化の一貫ですね。

キャッシュレスは便利なのでぜひこの機会に導入しておきましょう。

 

消費税増税で家計が苦しくても、スマホ決済はチャンスです。

お得なキャンペーンを上手く活用して、少しでも家計を助けましょう。

消費税増税に合わせてスマホ決済・キャッシュレスを導入して節約しよう

コナツ
キャッシュレスってなにから始めたらいいのかな?
お得なのは〇〇ペイだよ
ショウシ

もう1つのスマホ決済がQRコード・バーコード決済で、最近話題の〇〇ペイに該当します。

〇〇ペイがなぜお得なのかを解説すると、先程の説明したApple Payではクレジットカードのポイントしか獲得できないのに対して、〇〇ペイではそれ自体にポイント還元があるので、〇〇ペイのポイントとクレジットカードのポイントの2重取りができる点です。

 

〇〇ペイを使えばポイント還元率が3〜5%になり、さらにキャンペーンによって20%のポイント還元があって非常にお得です。

利用店舗は随時拡大していますが、まだまだ普及率は高くないのが現状です。

使い分けとしては、〇〇ペイが使える所では〇〇ペイ、Felicaしか使えない所ではFelica決済で支払うといいですね。

 

〇〇ペイ選びに迷っている人は、他記事で詳しくまとめています。

まとめ:軽減税率とは?特徴・仕組みと対象品目をわかりやすく解説

軽減税率の特徴・仕組みと対象品目はいかがだったでしょうか。

2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴って、一部消費増税の除外品目があります

安くするにはどうすればいいの?どれを選べばいいの?と疑問に思っている人が多いでしょう。

消費者も知識を身に着けて、賢く選んで家計を少しでも助けましょう

 

会社員・公務員は知らない間に、源泉徴収で税金は搾取されています。

税金の仕組みを理解すればちょっとの手間で会社員でも税金を減らすことができます。

税金の知識を身につけて賢く税金を節約しましょう。

おすすめ節税ランキング

ふるさと納税

おすすめNo.1はふるさと納税

本来払うはずの税金と自己負担2,000円でお得な返礼品を貰える制度

楽天ふるさと納税なら楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソン対象で、お得に楽天ポイントを獲得できる

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

自分年金作りをしながら節税もできて、お得な制度

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

資産運用の難易度も低いので、資産運用初心者でも気軽に節税ができる

詳細ページ

公式ページ

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

エンジニア兼ファイナンシャルプランナー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお金に関する情報発信しています

-税金
-, ,

Copyright© いなふる , 2019 All Rights Reserved.