トライオートFX

【上級者向け】トライオートFXのおすすめ複数作成(レンジ・追尾・カスタム)と設定・作成方法を解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はトライオートFXのおすすめ複数作成と設定・作成方法について解説します。

おすすめの複数作成は自動売買ランキングから収益率の高いものを選びましょう。それをベースにカスタマイズしていくと収益率が高くておすすめです。

トライオート はシステムトレードによる自動売買ですので、普段忙しくてトレードができない人や、投資初心者の方にも、ピッタリな資産運用でおすすめです。

10〜30万円程度の少額から始められる資産運用となっていますので、ほったらかしで資産運用をしたい方は、とっても簡単ですのでぜひ始めてみてください。

本記事の内容

  • おすすめの複数作成は自動売買ランキングの収益率の高い設定を選ぼう
  • 複数作成の設定方法
  • 複数作成の設定毎の意味を解説
  • 初心者は自動売買セレクトから選択がおすすめ

おすすめの複数作成は自動売買ランキングから収益率の高い設定を選ぶ

コナツ
自分で作るの難しそう!
収益率から選べる自動売買ランキングがあるよ
ショウシ

複数作成のおすすめは自動売買ランキングから、期間と収益率でソートして高い順に選んでいきましょう。

1番のおすすめは「レンジ追尾_英ポンド/米ドル_Fパーツ」です。過去12ヶ月の収益率は137%(2019年5月時点)となっており、他の自動売買ランキングと比べてバックテストの結果は高い収益率を誇っています

複数作成を自身で構築できる方でも、まずはこちらの自動売買ランキングを元に設定していきましょう。ある程度のカスタマイズは、実際に動かしてみないと何とも言えないところがあります。

ゼロから複数作成を作るよりも、自動売買ランキングを稼働させてみてカスタマイズしていく方が収益率も高くなります。

まずは自動売買ランキングの上位から使ってみましょう。

  • まずは自動売買ランキングの複数作成を使ってみる
  • 実際に運用してからカスタマイズしていく

推奨証拠金が高すぎる場合は?取引数量を調整しよう

自動売買ランキングの推奨証拠金は30〜60万円と非常に高額です。

実際に取引を行うには推奨証拠金以上の証拠金を用意しておくことをおすすめしていますので、ここまで高額な証拠金は用意できない!という方が多いはずです。

これは自動売買セレクトから選ぶ場合と同じですが、自動売買ランキングを設定する場合は推奨証拠金に合わせて取引数量を設定しましょう。

例えば初期値は取引数量が5千に設定されていますので、取引数量を最小の1千に変更します。推奨証拠金は取引数量に連動するため、取引数量を5分の1に下げると推奨証拠金も5分の1になります。

取引数量5(千)の推奨証拠金:651,000円

取引数量1(千)の推奨証拠金:130,200円

取引数量を下げれば、少額でも運用可能ですね。推奨証拠金は単純な割り算なので自身でも計算してみてください。

トライオートFXの複数作成とは?設定・作成方法を解説

コナツ
複数作成ってどうやって設定するの?
複数作成の設定方法を解説するよ
ショウシ

複数作成の設定方法

  • 作成タイプを選ぶ
  • 通貨ペアを選ぶ
  • 想定レンジ幅を設定
  • 注文本数を設定
  • 取引額を設定
  • 利益確定幅・損切り幅を設定

トライオートFXの複数作成の設定・作成方法を解説していきます。

くわしく見ていきましょう。

作成タイプを選ぶ

作成タイプには以下3種類あります。詳しく解説していきましょう。

  • レンジ追尾:一定のレンジ幅内で注文を繰り返す
  • 追尾:設定したレンジ幅内で注文を繰り返す
  • カスタム:すべての設定値をカスタムして注文が可能

レンジ追尾

レンジ追尾とは、過去1年分の高値と安値からレンジ幅を決めてその中から注文を仕掛けて、利益が1日の平均変動率の4分の1になった時点で利益確定していきます。

つまりレンジ幅を超えて相場が変動した場合には全く注文が発生せずに損失が出ます

設定によってはしばらく到達しない値動きにも注文を仕掛けることになりますので、証拠金が非効率になってしまうこともあります。

しかし想定したレンジ幅内なら相場が動けば動くほど利益が増えていきますので、見ていて爽快になるでしょう。

追尾・カスタム

レンジ追尾が一定のレンジ幅でしたが、こちらの追尾はレンジ幅が相場に従って追尾していくように変動していきます。

つまりレンジ幅が狭くてもどんどん注文を行っていくことができます。

追尾を選択した場合はある程度初期設定がありますが、カスタムはすべて設定できますのでかなり上級者向けです。

こちらの追尾は想定よりも大きく相場が変動した場合にも注文を行っていきますので、証拠金管理が難しくなります。もしロスカットが発生してしまうと証拠金の大半を失ってしまうことになります。

FXに慣れていないうちはまずはレンジ追尾を選んでおいた方が無難です。

通貨ペアを選ぶ

複数作成を動かす通貨ペアを設定します。

通貨毎に値動きや幅が異なるため、どの通貨ペアで複数作成を設定するかで奨証拠金に差が出てきます

ここはすでに運用中の通貨ペアとずらしたり、推奨証拠金やスプレッドを見ながら決めていきます。

初期値はEUR/USDとなっていますので、他で運用中に通貨ペアと重複していない限りは初期値で構いません。

リスクヘッジのためには複数の通貨ペアを運用しましょう。自動売買セレクトを設定しているなら、複数作成の方は別の通貨を扱う方がおすすめです。

売買方針を選ぶ

売買方針として買い方向か、売り方向かを選びます。

これはレンジ追尾では設定しません。追尾とカスタムだけの設定になります。

長期的に見てどちらの方向に相場が動いていくか予想して選択します。もし反対方向を選んでしまうと注文数が少なくなって利益が少なくなってしまいます。

追尾とカスタムは売買方針を選ばなければならないので、自身で方針を修正できる上級者向けですね。

自信のない方はレンジ追尾を選びましょう。

想定レンジ幅を設定

想定するレンジ幅を設定します。ここは運用する作成タイプにより動きが異なります

  • レンジ追尾:固定で設定しておくレンジ幅。広めに設定しておくと注文が途切れない。
  • 追尾・カスタム:相場に合わせて可変するレンジ幅。狭く設定しても追尾していく。

レンジ追尾は広めに設定して、追尾・カスタムは狭くても問題ありません。

初期値はレンジ追尾は過去6ヶ月間レンジ幅で、追尾・カスタムは過去3ヶ月間レンジ幅になっています。

まずは初期値で運用しておいて問題ありません。狭くしすぎると相場がレンジ幅を超えて全く注文が発生しなくなります。

レンジ幅は推奨証拠金に合わせて設定しておきましょう。

注文本数を設定

レンジ幅内で注文の本数を設定します。

注文本数を増やせばレンジ幅内で細かく利益確定していきますが、暴落などでレンジ幅を超えてしまった時に証拠金を圧迫するか損切りして利益が目減りしてしまいます。

ここはやりながら調整していくのがおすすめですので、まずは初期値で運用していきましょう

注文本数に合わせて利益確定幅の設定も変更になります。

注文本数は買いと売りの両建てになりますので、買い方向と売り方向は注文本数の半分になるということは理解しておきましょう。

取引額を設定

初期値は5千になります。

ここは推奨証拠金に依存しますので、推奨証拠金と折り合いをつけて設定しましょう。

少額から始めたい場合は、最少の1千に設定しておいても問題ありません。

様子見で運用していきたい場合はまずは少なめに設定しておきましょう。あとから変更しても問題ありません。

取引数量は注文毎に設定します。

利益確定幅・損切り幅を設定

利益確定幅・損切り幅を設定します。これは「詳細設定」の項目内で設定可能ですが、設定しない場合は初期値が設定されています。

利益確定幅・損切り幅はpips設定しますので、初期値の25pipsは取引数量を1千で設定している場合は、250円で利益確定することになります。

利益確定幅と損切り幅は注文本数に応じて変更になりますので、注文本数さえ設定しておけば問題ありません。

こちらもまずは初期値で運用しましょう。

初心者は複数作成よりも自動売買セレクトがおすすめ

コナツ
レンジ幅?難しそう!
初心者のうちは自動売買セレクトがおすすめだよ
ショウシ

上記でご紹介した複数作成は上級者向けです。初心者のうちは自動売買セレクトから選ぶのがおすすめです。

自動売買セレクトなら過去の収益からバックテストシュミレーションで、どれほどの収益が期待できるか期間損益の推移を見ることができます。

FX初心者がいきなり複数作成をしても本当に利益が出せるか不安になります。まずは自動売買セレクトを使って、トライオートFXに慣れてから複数作成を試してみるのがいいでしょう。

おすすめの自動売買セレクトについては他記事 にまとめています。

まとめ:トライオートFXのおすすめ複数作成(レンジ・追尾・カスタム)と設定・作成方法を解説

トライオートFXのおすすめ複数作成と設定・作成方法はいかがだったでしょうか。

おすすめの複数作成は自動売買ランキングから収益率の高いものを選びましょう。それをベースにカスタマイズしていくと収益率が高くておすすめです。

FXシステムトレードは人気の高い資産運用となっています。FXに興味があるけど勉強不足でなかな踏み出せなかった方は、簡単に取引開始できますので、ぜひ始めてみてください。

トライオートFXだけに限りませんが、証券口座の開設にはとても時間がかかります。迷っている方はとりあえず口座開設だけしておいて、あとで入金するといいでしょう。

一度システムトレードを始めてしまえば、あとはほったらかしでOKです。この機会にぜひみんなのシストレを始めてみてください

キャッシュバックキャンペーン実施中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ…
キャッシュバックは嬉しいキャンペーンだね
ショウシ

トライオート トライオートETF ではお得なキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバックは条件を達成すれば漏れなく貰えるので、嬉しいキャンペーンですね。一定額以上の取引は3ヶ月以上の期限がありますので、少額でも間に合います。

キャッシュバックを受け取るには、新規口座開設後に一定額以上の取引が必要です。この機会に始めてみる方は、忘れずに受け取ってください。

キャンペーンはエントリーが必要なので、口座開設後に必ずエントリーしてください

▼他のFXシステムトレードも同時運用▼

スポンサーリンク

おすすめシステムトレードランキング

みんなのシストレ

トレイダーズ証券みんなのシストレ

FXシステムトレードで一番おすすめなのが、みんなのシストレです。

みんなのシストレはストラテジーのコピートレードを行うというコンセプトなので、難しいIFD注文や分析等は必要ありません。

ストラテジーをランキングから選ぶことができ、SNS感覚で選ぶことができます。

初めてシステムトレードに挑戦する方に一番おすすめできるシステムトレードです。

詳細ページ

公式ページ

トライオートFX

トライオート

自動売買FXで有名なトライオートFXもおすすめです。

こちらもストラテジーの設定をするのみで、難しいIFD注文や分析等は必要ありません。

売買手数料も無料でスワップ収益も期待でき、初心者でも扱いやすい内容になっています。

最低投資金額は10〜15万円程から開始できるので非常におすすめのFXシステムトレードです。

詳細ページ

公式ページ

トライオートETF

トライオートETF

トライオートETFは、外貨ではなくETFに投資するシステムトレードです。

トライオートFX同様に自動売買セレクトから選ぶだけでIFD注文を繰り返してくれる仕組みで、推奨証拠金さえ守っておけば基本的にはほったらかし運用で問題ありません。

ETFの売買手数料もかかりませんが、保有しているポジションのスワップは高め。短期トレードに向いているシステムトレードです。

最低10万円程度から始めることができ、こちらも非常におすすめです。

詳細ページ

公式ページ

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-トライオートFX

Copyright© いなふる , 2019 All Rights Reserved.