応募書類

【例文あり】転職の応募書類完全ガイド!職務経歴書の上手な書き方と書類選考のポイントを紹介

こんにちは! ショウシ(@shouhi_zaiteku)です。
僕も転職サイト経由で大手企業へ転職して、年収100万円以上アップに成功しました。

今回は大手企業へ転職を成功した僕が使った、応募書類の書き方を紹介します。

コナツ
転職の応募書類って、どうやって書けばいいの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

僕も転職サイトで転職活動して、東証一部上場の大手企業に転職成功しました。

 

転職では書類選考は超重要です。

書類段階で合格かどうか、ほぼ決まっていると言っても過言ではありません。

応募書類で面接したくなるように、しっかりとあなたの魅力を伝えましょう。

 

これから転職を始める人は、僕の体験談を参考にしてくださいね。

 

本記事の内容

  • 職務経歴書・履歴書を用意する
  • 書類選考の時点で、ほぼ合否は決まっている
  • 職務経歴書の例

転職の応募書類は何を用意するの?

▼転職の応募書類に必要なもの

  • 履歴書
  • 職務経歴書 ←重要!
コナツ
転職初めてなんだけど…
まずは応募書類を準備しよう
ショウシ

転職を始める時は、まずは応募書類を用意しないと応募ができません。

 

応募書類は今までのあなたの実績をアピールするものですから、なるべくこだわって・なおかつスピーディに作成しましょう。

まず書類選考に受からないと話しになりませんから、精度は上げておきましょう。

 

履歴書は書き方が決まっていますから、特に悩む所はなく書けるはずです。

重要なのは、職務経歴書です。

 

企業では書類選考で職務経歴書を重視しますから、ここはこだわって完成させてください。

募集職種とマッチしていること・ポテンシャルを感じること。

 

業種によってアピールの仕方は違うとは思いますが、書類選考で重要なのは職務経歴書で間違いないです。

これから転職活動を始める人は、職務経歴書にはこだわって作成してください。

ココがポイント

  • 履歴書と職務経歴書を用意する
  • 職務経歴書は重要だから、こだわって作成する

 

転職では応募書類で合否は決まっている

私は転職サイトを使って、大手企業への転職に成功しました。

 

複数社に応募した経験から言うと、書類選考の時点でほぼ合否は決まっている印象でした。

面接はあくまで確認作業、よっぽどしくじらない限りは通ると思います。

 

それくらい書類選挙は重要です。理由として、会社はこのスキルが欲しい!と求人を出しているのに、未経験の人は採用しないですよね。

未経験可だとしても、明らかに経歴に問題がある人は採用しません。

 

書類選考に合格するということは、採用意欲があるということ。

それくらい書類選考は重要ですから、気を抜かないようにしてくださいね。

ココがポイント

  • 書類選考でほぼ合否は決まる
  • 面接は確認作業

 

面接は確認・マッチングを見る

書類選考合格後は、実際に面接でマッチングを確認します。

 

応募者は面接が本番かと思いますが、企業から見ると書類選考が本番です。

企業からすると、面接は確認作業なんですね。

 

それでも的外れな回答をしたり、「企業理念に共感…」などと興ざめすることを言えば、不合格になりますよ。

面接は応募者から見ても、仕事内容とのマッチングを確認する機会です。

 

一方的に合否を判断するだけでなく、応募者からも合否を下してやりましょう。

ぜひ面接を有意義な時間にしてくださいね。

ココがポイント

  • 面接はマッチングを確認する場
  • 仕事内容の質問をするいい機会

 

【エンジニア】職務経歴書の書き方は?例を紹介

▼職務経歴書で書くべきこと

  • 勤めていた会社・参加した過去のプロジェクト
  • 活かせる経験・知識・実績
  • 取得した資格・技能
  • 使える言語・ツール
  • 自己PR

 

職務経歴書で書くべき内容は、上記の通りです。

 

ぶっちゃけ、職務経歴書は盛って書いてOKです。

転職先の企業から見れば確認のしようがないですから、多少は盛って書いてください。

 

但し質問された時に、答えられないと駄目ですよ。

全く無関係だったプロジェクトは書けないですが、多少参加したプロジェクトなら「中心的役割だった」くらいは盛ってOKです。

ココがポイント

  • 今までの実績を職務経歴書に書く
  • 多少は盛って書いてOK

 

転職先の職種とマッチしないと採用されない

転職で見るのは、即戦力かどうかが重要です。

 

今までの経歴が募集職種とマッチしないと、そもそも書類選考は通りません。

希望する職種に受かりやすいように、少しだけ改変しておいてもいいかもしれませんね。

 

これは未経験職種などには向きませんが、ある程度のニアミスで採用されることもあります。

あとは若ければポテンシャル採用もありえます。

 

職務経歴書は書類選考の要ですから、とことんこだわって完成させてください。

ココがポイント

  • 少なくても、募集職種とニアミスくらいはある内容にする
  • 資格があれば、実績の証明にもなる

 

まとめ:職務経歴書の上手な書き方・書類選考のポイントを紹介

職務経歴書の書き方はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
転職活動の応募書類 職務経歴書・履歴書
書類選考のポイント 書類時点でほぼ合否は決まっている
面接は確認作業、書類選考でほぼ決まる
職務経歴書の書き方 勤めていた会社・今までの仕事内容
アピールしたい仕事・持っている資格

 

転職では書類選考は超重要です。

書類段階で合格かどうか、ほぼ決まっていると言っても過言ではありません。

応募書類で面接したくなるように、しっかりとあなたの魅力を伝えましょう。

 

転職のガイドブック

転職について理解できましたか?

転職は人生の大事な分岐点ですから、情報を集めて自分が納得できる転職にしましょう。

転職についてのまとめ記事です。転職について、全体を理解しておきましょう。まとめ記事は、「この記事を読む」をタップしてください。

この記事を読む

スポンサーリンク

-応募書類
-, ,

© 2020 転職情報ブログ