転職

【迷うのは当然】こんな時は転職すべきか?転職に迷うケース別に紹介

こんにちは! ショウシ(@shouhi_zaiteku)です。
僕も転職サイト経由で大手企業へ転職して、年収100万円以上アップに成功しました。

今回は転職に迷っている人向けに、こんな場合は転職した方がいいか?を解説します。

コナツ
初めての転職で不安…
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

僕も転職サイトで転職活動して、東証一部上場の大手企業に転職成功しました。

 

転職…しようかな?

そんな風に迷っている人向けに、転職すべきか迷うケースを紹介します。

転職は人生を決める大事な分岐点ですから、じっくり悩んで決めてくださいね。

 

これから転職を始める人は、僕の体験談を参考にしてくださいね。

 

本記事の内容

  • 転職を迷うケース
  • 自分の譲れない条件を明確にする
  • 転職サイトに登録して情報収集だけはしておく

転職した方がいいの?転職に迷うケースとは?

会社が赤字経営で将来性が心配

会社が赤字経営の場合は、立派な転職の動機になります。

 

不況の煽りで一時的に赤字になっただけなら、内部留保で耐えられますから、心配しなくても黒字に戻るかもしれません。

長期的に赤字の会社であれば、もうその業界は時代の流れに乗れていない可能性があります。

 

今はコロナで世界は変わり、もう数年はダメであろう業界と伸びていく業界は、明確に別れました。

給料カットやリストラを初めてから転職すると、いい会社を選ぶ余裕がないかもしれません。

ココがポイント

  • コロナで数年は赤字の業界は明確になった
  • 給料カットやリストラの前に、転職活動を始める

 

給料が安い

あなたの給料は、会社の固定費として毎月支払う必要があります。

 

会社もできれば従業員に還元したい所なのですが、その給料を払う原資がないと、社員に還元もできません。

会社に利益が出ていなければ、給料は昇給していきません。

 

利益が出ている業界・環境で働くことは、将来的にあなたが受け取る給料の総額に大きく影響します。

もし利益が出ていない・給料が安い環境にいるなら、転職した方がいいかもしれません。

ココがポイント

  • 会社に利益が出ていないと、給料は昇給しない
  • 利益の出ている業界にいることが重要

 

同僚が転職した

人が慢性的に辞めていく環境は、何かしら問題があります。

 

転職理由は主に、人・仕事内容・金に大別できますから、どれかが欠けている可能性が高いでしょう。

同僚が辞めていくと、寂しさやこのままでいいのかという複雑な気持ちになりますよね。

 

誰かに流されて転職する、という選択肢もありかと思います。

人の転職をきっかけに、自分自身の将来を見つめ直してみてください。

ココがポイント

  • 転職理由は、人・仕事内容・金
  • 人の転職は、自身の将来を見直すきっかけになる

 

転職で年収は上がるの?

転職で1番気になるのが、年収ですね。

 

結論から言うと、給料が安い環境の人は年収が上がる可能性が高いです。

給料が上がるというよりも、年齢に合った適切な給料水準になるイメージでしょうか。

 

もし今は給料が比較的高い水準にいる人は、転職先では新人ですから給料は下がるでしょう。

転職したからといって、必ず年収が上がるわけではありませんよ。

ココがポイント

  • 給料が安い環境にいるなら、年収が上がる可能性が高い
  • 転職で必ず年収が上がるわけではない

 

中小企業は給料の水準が低い

もしあなたが中小企業に勤めているなら、転職で給料は上がる可能性が高いでしょう。

 

例外はありますが、一般的に中小企業は大企業に比べて、給料は低水準です。

世間一般の水準の給料を貰えていない可能性が高いので、転職で給料が上がる可能性が高いわけです。

 

転職で給料が上がる可能性が高いのは、大企業への転職です。

大企業は福利厚生も給料水準も中小企業より上ですから、大企業への転職に成功すれば、年収は上がる可能性が高いですよ。

ココがポイント

  • 中小企業の給料は、一般的に低水準
  • 大企業への転職を目指す

 

まわりに流されずに自分の目指すべき転職を見つける

同僚が転職したから、自分のその業界に転職したい。

 

今まで同じオフィスで働いていた人が転職してしまうと、自分も動かなければならないような気がしてしまいます。

結論から言うと、人の転職を追いかけるとロクな目に合いません。

 

転職する人は数ヶ月、もしくは数年悩んで決めた結果かもしれませんし、やりたい仕事があるのかもしれません。

短期的な思考で転職してしまうと、その後の人生で後悔してしまう可能性が高いですよ。

 

転職は人生を決める一大イベントですから、慎重すぎるくらい悩んでください。

転職活動を始めるきっかけになりますが、同僚が転職したから自分も転職するのはやめておきましょう。

ココがポイント

  • 辞めた同僚は、考え抜いて退職した
  • 同僚の退職は、転職活動のきっかけにはなる

 

転職は調子がいい時に始める

会社でリストラに合った、給料が下がった、など転職をせざるを得ない状況まで、転職をしない人がいます。

 

転職経験者に聞くと、ほとんどの人が共通して言うことは、「転職は調子がいい時にした方がいい」と言います。

転職せざるを得ない=逃げの転職と言われ、うまくいかない場合が多いと言われています。

 

それよりも転職で実現したいことが明確、会社でも評価を受けている状態で転職した方が、より良い転職先に決まる可能性が高いです。

やはり面接する人も逃げの転職をする人よりも、スキルアップで転職する人に来て貰いたいものです。

 

会社で上手くいってる時こそ、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

ココがポイント

  • 会社でうまくいってる時こそ、転職すべき時期
  • 逃げの転職は、転職先で評価されづらい

 

転職サイトに登録して情報収集はしておく

おすすめ度:

公式ページ: https://doda.jp/

これから転職を始めたいなら、まずは転職サイトに登録してください。

 

ハローワークの求人は応募者のレベルが低いですから、大企業は転職サイト経由で優秀な応募者を集めています。

大手企業の求人が見られる転職サイトは、働きながら転職活動する人の強い味方ですよ。

 

今は求人もネットで探せますし、転職エージェントをうまく使えば、希望の条件に合った求人を集めてくれます。

企業とのやりとりもエージェントがやってくれますので、非常に助かります。

 

迷った人は登録だけして、情報収集をしてください。

転職活動を始めても、内定を貰って承認するまでは現職を辞める必要もありません。

 

いざという時にすぐに動けるように、まず転職サイトに登録だけしておきましょう。



おすすめ度:
公式ページ:https://doda.jp/

エンジニア・技術系の転職ならdodaエージェント。求人数が多い。


 

まとめ:こんな時は転職すべきか?転職に迷うケース別に紹介

転職するか迷うケースはいかがだったでしょうか。

 

まとめ
転職に迷うケース 会社が赤字・給料が安い・同僚が転職
転職で年収は上がるの? 大企業に転職すれば、給料が上がる可能性が高い
迷ったら? 転職サイトに登録して、情報収集はしておく

 

社会人なら誰でも「転職したいな」と思った経験があるはずです。

まずは転職サイトに登録して、情報収集だけでも始めてください。

内定を貰って承認するまでは、現職を辞める必要はないですからね。

 

転職エージェントを上手く活用して、良い転職活動にしてくださいね。

 

転職のガイドブック

転職について理解できましたか?

転職は人生の大事な分岐点ですから、情報を集めて自分が納得できる転職にしましょう。

転職についてのまとめ記事です。転職について、全体を理解しておきましょう。まとめ記事は、「この記事を読む」をタップしてください。

この記事を読む

スポンサーリンク

-転職
-

© 2020 転職情報ブログ