電子マネー

【スマホ決済の定番】ApplePay(アップルペイ)とは?使い方と特徴、メリット・デメリットを解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はApple Payと呼ばれるFelica決済の特徴と評判・口コミ、メリット・デメリットを解説します。

Apple Payは本当にスピーディに決済ができて、Suicaを登録しておけば電車も乗れます。1度使ってみると手放せなくなります。

スマホ決済は消費税増税に合わせてお得な決済方法として注目を集めています。

購入金額からお得にポイント還元を受けることができ、現金でお買い物している人よりもお得に買い物をすることができます。

まだスマホ決済を始めていない人は急いで始めてください。お得なポイント還元でお買い物をしましょう。

本記事の内容

  • Apple Payは支払いがスピーディ
  • Apple PayならSuicaの登録からチャージが可能
  • ウォレットアプリを起動しなくてもSuicaが使える
  • Apple Payはクレジットカードを電子マネー化できる

おすすめクレジットカードランキング

楽天カード

楽天カード

高還元率でポイントが貯まりやすい、今1番おすすめできるクレジットカードです。
楽天カードは年会費が永年無料で楽天ポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯める人も安心です。

楽天市場でよくお買い物される人は上位カードの「楽天ゴールドカード」も検討してみてください。

楽天証券で話題のつみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントを貯めることができ、楽天ポイントの用途は広いです。
ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。
クレジットカードに迷っている人は、まずは楽天カードを作りましょう。

詳細ページ

公式ページ

JCBカード

JCBオリジナルシリーズ

日本発祥のクレジットカードの老舗であるJCBカード。

知名度も高く老舗ならではの充実した保証があり、最初に作るクレジットカードならまずはJCBカードがおすすめです。

JCBカードWなら年会費は無料で獲得ポイントが常に2倍になり、ポイント還元率1%以上のお得なクレジットカードです。

キャンペーンによりスマホに電子マネーを登録してお買い物すると20%還元があり、今1番お得なクレジットカードです。

ぜひJCBカードでスマホ決済を利用しましょう。

詳細ページ

公式ページ

リクルートカード

リクルートカード

とにかくポイント還元率がお得なクレジットカード。

貯まったリクルートポイントはPontaポイントに交換できるので、マイルに交換できたり、お買い物にも使えるので用途は広いです。

もちろん年会費も無料で、誰にでもおすすめできるクレジットカードです。

ポイント還元率にこだわる人はリクルートカード。

詳細ページ

公式ページ

ApplePay(アップルペイ)とは?Felica決済の特徴を解説

コナツ
あ…あっぷるぺい…?
iPhoneで使う電子マネーのことだよ
ショウシ

Apple Payの特徴

  • Apple PayとはiPhoneやApple Watchで使う電子マネーのこと
  • Apple Payの電子マネーは2種類
  • 手数料は無料で使用できる
  • お持ちのクレジットカードをすぐに電子マネー化できる

Apple Payの特徴について解説します。

今までキャッシュレス決済をしたことがない人は、まずはお手持ちのクレジットカードをiPhoneに登録しましょう。

支払いがスピーディで管理も簡単になりますので、本当におすすめですよ。

詳しく見ていきましょう。

Apple PayはiPhoneやApple Watchで使う電子マネーのこと

Apple PayとはiPhoneやAppleでウォレットアプリで扱う電子マネーのことです。

ウォレットアプリはiPhone7以降の機種でデフォルトでインストールされています。

iPhone7以降をお持ちの人は、Apple Payを使うと本当に便利ですよ。

クレジットカード情報はパスコードでロックされていますから、流出などの心配はありません。

過去にApple Payのクレジットカード情報が流出した事件は一切ありません。安心して利用してください。

お手持ちのクレジットカードをすぐに電子マネー化できる

Apple Payへのクレジットカード登録は、カメラでクレジットカードを読み取るだけで登録完了します。

最短1分程度で完了しますので本当に簡単ですよ。

読み取るクレジットカードはお手持ちのクレジットカードでOKです。クレジットカード自体が電子マネーに対応していなくても登録できます。

電子マネーに対応していないクレジットカードを電子マネー化できるのは、Apple Payのすごい点ですね。

Apple Payの電子マネーは2種類(iD・QuickPay)

Apple Payでは登録したクレジットカードによって、2種類の電子マネーを使用することができます。

最近ではiDもQuickPayも普及していますが、復旧率で言えばiDの方がわずかに上ですね。

使える店舗、またはお手持ちのクレジットカードによって使い分けましょう。

理想としてはiDとQuickPayの両方を持っておくとベストでしょう。

手数料は無料で使用できる

Apple Payに登録することによって電子マネーは手数料は発生しません

お手持ちのクレジットカードですぐに電子マネーを始めることができ、決済金額以外の費用は発生しません。

余分な費用が発生しないのは嬉しいですね。

クレジットカードをお持ちの人はすぐにApple Payを始めましょう。

Apple Pay(アップルペイ)の登録方法と使い方を解説!ApplePayならSuicaアプリも無料で利用可能

コナツ
どうやって使うんだろう?
Apple Payの登録方法と使い方を解説するよ
ショウシ

Apple Payの登録方法と使い方

  • Suicaの登録方法と使い方(Walletアプリ) | 手元にSuicaが必要
  • Suicaの登録方法と使い方(Suicaアプリ) | 手元にSuicaは不要
  • クレジットカードの登録方法と使い方

Apple Payでは登録するカードによって、大きく分けて2種類の使い方があります。

Suicaを登録する場合は少し特殊で、Walletアプリで登録する方法とSuicaアプリで登録する方法があります。

WalletアプリでSuicaを登録する場合は手元にSuicaを用意が必要です。Suicaアプリなら手元にSuicaカードは必要ありません。

詳しく見ていきましょう。

Suicaの登録方法と使い方(Walletアプリ) | 手元にSuicaが必要

Apple Pay(アップルペイ)にSuicaをWalletアプリで登録する方法を解説します。

まずはWalletアプリで+をタップしてSuicaを選択します。

Suicaの場合はカメラで読み取らず、Suica ID番号と生年月日を入力します。

最後に規約に同意してSuicaの取り込みが完了します。

読み取ったSuicaはもう使用できませんので破棄しても問題ありません。

Suicaの登録方法と使い方(Suicaアプリ) | 手元にSuicaは不要

SuicaアプリでApple Pay(アップルペイ)にSuicaを登録する方法を解説します。

Suicaアプリなら手元にSuciaは必要ありません

まずはSuicaアプリをダウンロードして会員登録をしておきましょう。会員登録なしでも登録はできますが、故障や紛失などの場合に保証されません。

次にチャージ方法を設定します。

ビューカードを持っている場合はSuicaにオートチャージが可能です。

その他のクレジットカードは手動でApple Payに登録されたクレジットカードからチャージが可能です。

SuicaアプリはApple Payの利用は無料!チャージも手数料がかからない

Apple PayのSuicaでは、会員登録やご利用にあたって費用はかかりません。退会・ 払戻しのときのみSuica1枚あたり220円の手数料(ご送金のため)がかかります。

引用元:JR東日本

Suicaアプリで通常年会費がかかりますが、Apple Pay(アップルペイ)で使う分には無料で利用可能です。

チャージに関してもビューカードでオートチャージを設定しても、Apple Pay(アップルペイ)に登録されたクレジットカードでチャージしても無料です。

但し退会時には220円の手数料が発生します。

機種変更の際に間違って退会しないようにしましょう。

クレジットカードの登録方法と使い方

ショウシ
画面の指示に従って登録しよう

ApplePay(アップルペイ)にクレジットカードを登録する方法

  1. Walletアプリを開いて右上の+をタップする
  2. クレジットカードを読み取り、セキュリティコードを入力する
  3. 次へをタップ
  4. Walletアプリにクレジットカードが登録される

ApplePay(アップルペイ)にクレジットカードを登録する方法を解説します。

基本的には画面の指示に従って登録すればいいので、カンタンですよ。

登録が完了したら、レジで「Apple Payで支払う」と伝えて、Walletアプリを開いて登録されたクレジットカードで支払いましょう

キャッシュレスは本当にスピーディに支払いができます。

ApplePay(アップルペイ)のメリットを解説

コナツ
アップルペイを使うと何がいいんだろう?
アップルペイのメリットを解説するよ
ショウシ

ココがポイント

  • Suicaの登録とチャージが簡単
  • 電子マネーの支払いがスムーズ
  • チャージ不要で使った分だけ支払い

Apple Payはキャッシュレスでスムーズに支払いができて本当に便利です。

Apple Payのメリットを解説しましょう。

Suicaの登録とチャージが簡単

Apple PayではSuicaの登録からチャージまでが本当に簡単です。

Apple Payに登録したSuicaはウォレットアプリやSuicaアプリをを起動しなくても改札を通ることができます。

但しiPhoneの電源が入っていないとダメなようなので、iPhoneの充電容量は気にして電源が落ちないようにしておきましょう。

Apple Payに登録したSuicaはウォレットアプリやSuicaアプリでクレジットカードからチャージすることができて便利ですよ。

但しVISAカードの場合は、Suicaアプリでのチャージのみ対応しているので注意しましょう。

年会費や手数料も無料なので手軽にSuicaが登録できます。

電子マネーの支払いがスピーディ

Apple PayはiPhoneX以降のFace IDに対応したiPhoneなら電源ボタン2回押しで起動できます。

レジに並ぶ前に準備しておかなくても、すぐに支払いができて便利です。

〇〇ペイではアプリを起動してバーコード画面を表示しなくてはなりませんが、このスピーディさはApple Payだけの特権ですね。

初めてApple Payを使うと感動するほどの速さですよ。

ぜひスピーディな支払いを体験してみてください。

チャージ不要で使った分だけ支払い

Apple Payはチャージ不要で、支払いはクレジットカードと同等です。

つまり使った分だけがクレジットカードの使用履歴として引き落としされますので、非常にシンプルでわかりやすいです。

チャージ型の場合は残高の端数が気になってしまいますが、Apple Payならクレジットカードのように使えるので便利ですね。

Apple Payならチャージ型が苦手な人でも安心して使用できます。

ApplePay(アップルペイ)のデメリットを解説

コナツ
アップルペイってすごいんだね!
アップルペイのデメリットも解説するよ
ショウシ

Apple Payのデメリット

  • Apple Payに登録したSuicaは使用できなくなる
  • 電子マネーの種類(iD・QuickPay)はクレジットカードに依存する

Apple Payのデメリットについて解説します。詳しく見ていきましょう。

Apple Payに登録したSuicaは使用できなくなる

Apple Payに取り込んだカード型のSuicaは使用できなくなります

Apple Payの場合はSuica情報のコピーではなく、完全に移行されます。

Suicaカードでは最初に500円のデポジットを支払いますが、Apple Payに取り込んだ時点でデポジットの500円は残高にチャージされることで返還されます。

もし限定デザインや思い入れのあるSuicaカードをApple Payに取り込んでしまうと戻せなくなるので注意してください。

Suicaを取り込む際は、ずっとApple Payで使い続けることを意識して取り込むようにしましょう。

電子マネーの種類(iD・QuickPay)はクレジットカードに依存する

Apple Payでは登録したクレジットカードにより電子マネーの種類が決まります。

Apple PayではほとんどのクレジットカードがQuickPayになります。iDとして使えるクレジットカードはごく一部でしょう。

店舗によってiDしか使えない場合が多く、QuickPayよりiDの方が使えるお店が多い印象ですね。

しかしQuickPayでも〇〇ペイよりは使えるお店は多いので、QuickPayとiDのクレジットカード両方を登録しておくとベストです。

iDとして使えるクレジットカードの中には年会費無料のものも多いので、ぜひApple Payも意識してクレジットカードを選びましょう。

iDとして使えるクレジットカードの中では、老舗ならではの安心感がある三井住友VISAカードがおすすめです。

もしiDとして使えるクレジットカードを持っていないなら、ぜひ三井住友VISAカードを作ってみてください。

ApplePay(アップルペイ)の評判・口コミを解説

Apple Payはアプリを開く必要もなく決済できるので、本当に便利ですね。

私も〇〇ペイを使っていますがやっぱりアプリを起動してバーコード画面を表示するのが手間で、すぐにレジに並べません。

その点Apple PayならiPhoneX以降のFace ID対応なら電源ボタン2回押しで起動できて、本当にスピーディに決済ができます。

Apple Payは便利すぎて1度使うと便利すぎて手放せなくなります

クレジットカードをお持ちの人は、すぐにApple Payを始められますので登録してみてください。

ApplePay(アップルペイ)よりQRコード決済の方がポイントが貯まりやすい

コナツ
〇〇ペイとは違うのかな?
QRコード決済とは仕組みが違うよ
ショウシ

ご説明したApple Payは最近話題の〇〇ペイとは仕組みが異なります。

〇〇ペイではペイの支払いとクレジットカードの支払いでポイントが2重取りできるのに対して、Apple Payの場合はApple Pay自体にポイント付与はありません

つまりApple Payではポイントの2重取りはできず、クレジットカードの支払いによるポイント付与だけです。

お得さで言えば〇〇ペイの方がいいですが、まだまだ使える店舗が少ないのが現状です。

使い分けとしては以下のようにしておきましょう。

Apple Payと〇〇ペイの使い分け

  • 〇〇ペイが使える所では〇〇ペイを使う
  • Felica決済しか使えない所ではApple Payを使う

この使い分けでほとんどの店舗でキャッシュレス決済が可能です。

キャッシュレスは本当に便利ですので、ぜひ使ってみてください。

まとめ:ApplePay(アップルペイ)とは?特徴と評判・口コミ、メリット・デメリットを解説

Apple Payの特徴と評判・口コミ、メリット・デメリットはいかがだったでしょうか。

Apple Payは本当にスピーディに決済ができて、Suicaを登録しておけば電車も乗れます。1度使ってみると手放せなくなります。

近年消費税増税に合わせて、お得なポイント還元があるスマホ決済は注目を集めています

ApplePayを使えばFelica対応の店舗で、お財布いらずでお買い物できてクレジットカードのポイントも貯まります

ポイントバックがあればセール品でなくても実質割引でお買い物ができてしまいます。

お得なクレジットカードを作ったら、まずはApplePayにクレジットカードを登録しましょう。

キャッシュレスは本当に便利ですので、ぜひ使ってみてください。

スマホ決済ランキング

楽天ペイ

おすすめNo.1は楽天ポイントが貯まる楽天ペイです。

利用者数No.1で、楽天カードと連携することでお得に楽天ポイントが貯まります。

スマホ決済に迷ったらまずは楽天ポイントを貯めましょう。

詳細ページ

お得なクレカ

PayPay(ペイペイ)

利用可能店舗の多いPayPay(ペイペイ)もおすすめです。

定期的に20%還元のキャンペーンを行っていますので、非常にお得にお買い物ができます。

知名度No.1のQRコード決済ですので、導入しておいて損はないでしょう。

詳細ページ

お得なクレカ

d払い

毎月お得なキャンペーンがあるd払いもおすすめです。

d払いはdポイントが貯まりますので、特にドコモのスマホを持っている人はd払いを利用しましょう

もちろんドコモ回線を持っていなくても使えますので、ぜひキャンペーンを狙ってお得に決済しましょう。

詳細ページ

お得なクレカ

OrigamiPay(オリガミペイ)

 

いつでもその場で割引が受けられるオリガミペイ

クレジットカード連携の場合は1%OFFですが、普段使いのペイでは楽天ペイの続いてお得です。

使えるお店はまだまだ少ないですが、ポイントがわずらわしい人は、その場で割引のシンプルなオリガミペイがおすすめです。

詳細ページ

お得なクレカ

スマホ決済の種類とは?

初心者でもわかるコード決済

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

スマホ決済を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

エンジニア兼ファイナンシャルプランナー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお金に関する情報発信しています

-電子マネー
-, , ,

Copyright© スマホ決済いなふる , 2019 All Rights Reserved.