楽天ペイ

【ゼロからわかる】楽天ペイとは?特徴と評判・口コミ、メリット・デメリットを解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回は楽天ペイの評判・口コミとメリット・デメリットを解説します。

楽天ペイは楽天ポイントがお得に貯まるので1番人気の決済です。まずは主に使う決済を1つ決めておくと便利ですよ。

スマホ決済は消費税増税に合わせてお得な決済方法として注目を集めています。

購入金額からお得にポイント還元を受けることができ、現金でお買い物している人よりもお得に買い物をすることができます。

まだスマホ決済を始めていない人は急いで始めてください。お得なポイント還元でお買い物をしましょう。

本記事の内容

  • QRコード決済はクレジットカードのポイントと2重取りが可能
  • 楽天ペイは楽天ポイントが貯まるQRコード決済
  • 楽天ペイと連携するクレジットカードは楽天カードがおすすめ

楽天ペイと提携するおすすめクレジットカードランキング

楽天カード

楽天カード

高還元率でポイントが貯まりやすい、今1番おすすめできるクレジットカードです。
楽天カードは年会費が永年無料で楽天ポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯める人も安心です。

楽天市場でよくお買い物される人は上位カードの「楽天ゴールドカード」も検討してみてください。

楽天証券で話題のつみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントを貯めることができ、楽天ポイントの用途は広いです。
ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。

楽天ペイと連携するなら、まずは楽天カードを作りましょう。

詳細ページ

公式ページ

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

どこでも使えて幅広いニーズに対応しているスタンダードカードは三井住友VISAカードでしょう。
三井住友VISAカードはクレジットカードの老舗で知名度No.1の安心感があります。

ポイント還元率はネットショッピングやコンビニ利用ではお得に貯めることができ、充実の保証と合わせて誰でも満足できる機能を備えています。

新社会人や学生でも持つことができ、クレジットカードデビューに最適です。

楽天ペイと連携も、まずは三井住友VISAカード。

詳細ページ

公式ページ

JCBカード

日本発祥のクレジットカードの老舗であるJCBカード。

知名度も高く老舗ならではの充実した保証があり、最初に作るクレジットカードならまずはJCBカードがおすすめです。

JCBカードWなら年会費は無料で獲得ポイントが常に2倍になり、ポイント還元率1%以上のお得なクレジットカードです。

キャンペーンによりスマホに電子マネーを登録してお買い物すると20%還元があり、今1番お得なクレジットカードです。

ぜひJCBカードでスマホ決済を利用しましょう。

公式ページ

イオンカード

イオンクレジットカード

イオンでお買い物される人におすすめするのは、イオンカードです。
イオングループでのお買い物はポイント還元率が優秀で、イオンのお客様感謝デー(20,30日)は見逃せません。

その他イオンシネマで映画を見る時に割引を受けられたり、電子マネーのWAONやイオン銀行のキャシュカードと一体型もあり、イオングループでの連携は非常に優秀です。

近くにイオンがある人、よくイオンで買い物される人は、ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。

詳細ページ

公式ページ

楽天ペイとは?特徴とポイント還元率を解説

コナツ
なんとかペイっていっぱいあるけどどう違うの?
楽天ペイを詳しく解説するよ
ショウシ

楽天ペイの特徴

  • 楽天ペイで貯まるポイントは楽天ポイント
  • ポイント還元率が0.5%だが楽天カードと合わせると1.5%になる
  • チャージ不要で使用できる

楽天ペイの特徴について解説します。

今までQRコード決済を使ったことがない人は、まずは楽天ペイがおすすめです。

現金で支払っていてもお得に買い物をすることができませんが、楽天ペイを使うことでなにを買ってもセール品になります

詳しく見ていきましょう。

楽天ペイで貯まるポイントは楽天ポイント

楽天ペイにより貯まるポイントは楽天ポイントです。

通常の楽天カードのお買い物で貯まる楽天ポイントと同一ですので、今まで楽天ポイントを貯めていた人も楽天ペイならお得にポイントが貯められることになります。

楽天ポイントは非常に貯まりやすいので、これから貯めるなら楽天ポイントにおすすめです。

ポイント還元率が0.5%だが楽天カードと合わせると1.5%になる

楽天ペイのポイント還元率は0.5%です。

これだけ聞くと貯まりづらく感じられますが、QRコード決済はクレジットカードのポイントと2重取りできますので、楽天カードと合わせると1.5%の還元率になります。

今までは楽天カードの1%しか貯められなかったので、楽天ペイを使えばお得にポイントを貯められますね。

さらにキャンペーンと合わせるとポイント還元率はさらに跳ね上がります

チャージ不要で使用できる

楽天カードの支払いは連携しているクレジットカードに課金される仕組みです。

先にチャージしておく必要はなく、使用した分だけクレジットカードの利用と同様に請求があります。

チャージしてしまうと残高を使い切ったりするのが面倒なので、チャージ不要で使用できるのは便利ですね。

楽天ペイのメリットを解説

コナツ
楽天ペイの便利な所は?
楽天ペイのメリットを解説するよ
ショウシ

楽天ペイのメリット

  • インターネット上での決済も楽天会員IDとパスワードで可能
  • 個人間の割り勘も可能
  • kyash連携でポイント3重取りも可能

楽天ペイは現金で決済するよりお得に買い物ができ、楽天カードよりもお得にポイントを貯められる便利な決済です。

楽天ペイのメリットを詳しく解説します。

インターネット上での決済も楽天会員IDとパスワードで可能

楽天ペイは店舗でQRコードをかざすだけでなく、インターネット上での買い物にも利用することができます

利用は楽天会員IDだけで決済することができ、セキュリティも万全です。

今のところは使えるサイトが少ないですが、今後は楽天ポイントが使える店舗並に拡大が予想されますのでぜひ使ってみてください。

個人間の割り勘も可能

楽天ペイを使えば今まで手間だった友人同士やグループでの割り勘も簡単です。

個人間の送金では楽天ポイントは貯まりませんが、代表者が楽天ペイでお支払いをすればお得にポイントが獲得できる人が増えますね。

今まで手間だった幹事の仕事も旨味ができます。

まだまだQRコード決済のお得さに気がついてる人は少ないので、率先して幹事を引き受けて楽天ポイントを貯めちゃいましょう

kyash連携でポイント3重取りも可能

楽天ペイをkyashと連携すれば、現状はポイント3重取りができるので1番お得な決済です。

ただ楽天ペイでは楽天カードと連携した場合のみ適用されるキャンペーンが多く、キャンペーン外の時のみkyashの方がお得です。

しかしこの方法は正直めんどくさいのでおすすめしません

この手の制度はお得過ぎてすぐに改変されていきますし、kyashがダメになればまた新しいお得な決済が話題に上がってくることが予想できます。

情報に敏感な人ならサービスが改変される毎にお得な決済を探してもいいですが、めんどくさいは人は楽天カードに連携させておきましょう

楽天ペイのデメリットを解説

コナツ
楽天ペイってすごいんだね!
楽天ペイのデメリットも解説するよ
ショウシ

楽天ペイのデメリット

  • 1回の支払い上限は50万円まで!コンビニは4,000円まで
  • 電波がない環境では使えない

楽天ペイのデメリットを解説します。詳しく見ていきましょう。

1回の支払い上限は50万円まで!コンビニは4,000円まで

楽天ペイでは1回の支払いに上限があります。

コンビニでは1回につき4,000円までの制限があり、その他では50万円までです。

不正利用を検知するために仕方ありませんが、コンビニで高額の支払いを楽天ペイで支払おうと思っても上限に達してできなかったなどの状況が考えられます。

楽天ペイを使うなら上限額は頭に入れておきましょう。

電波がない環境では使えない

楽天ペイは便利なスマホ決済ですが、電波がない環境では使うことができません

地下などのお店で決済しようとしたら電波がなくて使えないということがあります。

レジで支払いをする前に電波状況をチェックしておきましょう。

楽天ペイを始めるお得なクレジットカードは?ポイント2重取りでお得になります

コナツ
どのクレジットカードを使えばいいのかな?
キャンペーンもあるから楽天カードがおすすめだよ
ショウシ

楽天ペイを使うには楽天ポイントが貯まる楽天カードがおすすめです。

楽天ペイでは楽天カードと連携するとお得にポイント還元されるキャンペーンを行っているので、まずは楽天カードと連携するといいでしょう。

楽天カードでは通常のお買い物ではポイント還元率1%ですが、楽天ペイで決済すると1.5%になります。

楽天ポイントは用途も広くポイントも貯まりやすいので、他のペイを利用している人もとりあえず楽天カードと連携がおすすめです。

QRコード決済はクレジットカードのポイントと2重取りできるメリットがありますので、まずは楽天カードを作ってみてください。

楽天カード

 

楽天ペイの評判・口コミは?利用者が1番多いQRコード決済です

何とかペイは横行していますが、まずは楽天ペイを使う人が多いですね。

楽天ポイントを貯めている人が多いので、その他のペイで独自ポイントを貯めるよりも、用途が広い楽天ポイントを貯める方が便利ですね。

QRコード決済に迷ったら、まずは楽天ペイから始めましょう。

まずは1つの決済をメインに使っていくことがおすすめです。

まとめ:楽天ペイとは?特徴と評判・口コミ、メリット・デメリットを解説

楽天ペイの評判・口コミとメリット・デメリットはいかがだったでしょうか。

楽天ペイは楽天ポイントがお得に貯まるので1番人気の決済です。まずは主に使う決済を1つ決めておくと便利ですよ。

近年消費税増税に合わせて、お得なポイント還元があるスマホ決済は注目を集めています

これからキャッシュレスで決済を始めるなら、まずはスマホ決済ができるQRコード決済から始めましょう。ポイントバックがあればセール品でなくても割引でお買い物ができてしまいます。

QRコード決済はキャンペーンによりお得なポイント還元があり、現金でお買い物をするより圧倒的にお得に決済ができます。

キャッシュレスは本当に便利ですので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

楽天ペイと提携するおすすめクレジットカードランキング

楽天カード

楽天カード

高還元率でポイントが貯まりやすい、今1番おすすめできるクレジットカードです。
楽天カードは年会費が永年無料で楽天ポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯める人も安心です。

楽天市場でよくお買い物される人は上位カードの「楽天ゴールドカード」も検討してみてください。

楽天証券で話題のつみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントを貯めることができ、楽天ポイントの用途は広いです。
ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。

楽天ペイと連携するなら、まずは楽天カードを作りましょう。

詳細ページ

公式ページ

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

どこでも使えて幅広いニーズに対応しているスタンダードカードは三井住友VISAカードでしょう。
三井住友VISAカードはクレジットカードの老舗で知名度No.1の安心感があります。

ポイント還元率はネットショッピングやコンビニ利用ではお得に貯めることができ、充実の保証と合わせて誰でも満足できる機能を備えています。

新社会人や学生でも持つことができ、クレジットカードデビューに最適です。

楽天ペイと連携も、まずは三井住友VISAカード。

詳細ページ

公式ページ

JCBカード

日本発祥のクレジットカードの老舗であるJCBカード。

知名度も高く老舗ならではの充実した保証があり、最初に作るクレジットカードならまずはJCBカードがおすすめです。

JCBカードWなら年会費は無料で獲得ポイントが常に2倍になり、ポイント還元率1%以上のお得なクレジットカードです。

キャンペーンによりスマホに電子マネーを登録してお買い物すると20%還元があり、今1番お得なクレジットカードです。

ぜひJCBカードでスマホ決済を利用しましょう。

公式ページ

イオンカード

イオンクレジットカード

イオンでお買い物される人におすすめするのは、イオンカードです。
イオングループでのお買い物はポイント還元率が優秀で、イオンのお客様感謝デー(20,30日)は見逃せません。

その他イオンシネマで映画を見る時に割引を受けられたり、電子マネーのWAONやイオン銀行のキャシュカードと一体型もあり、イオングループでの連携は非常に優秀です。

近くにイオンがある人、よくイオンで買い物される人は、ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。

詳細ページ

公式ページ

スマホ決済の種類とは?

初心者でもわかるコード決済

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

スマホ決済を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-楽天ペイ
-, , ,

Copyright© スマホ決済いなふる , 2019 All Rights Reserved.