ペイペイ

【ガイドブック】PayPay(ペイペイ)の始め方・使い方・クレジットカードの登録方法・割り勘手順を解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はPayPay(ペイペイ)の始め方・使い方・クレジットカードの登録方法をわかりやすく解説します。

コナツ
ペイペイはどうやって始めたらいいの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もペイペイを利用してお得に決済しています。

▼ペイペイの決済例

PayPay(ペイペイ)はチャージでもクレジットカードでも使えます。

普段はクレジットカード払いで貯まったポイントをPayPay残高で使っていくやり方がおすすめです。

もしクレジットカードが持てない人や、心配な人は銀行口座からチャージして使いましょう。

 

スマホ決済は消費税増税に合わせてお得な決済方法として注目を集めています。

購入金額からお得にポイント還元を受けることができ、現金でお買い物している人よりもお得に買い物をすることができます。

まだスマホ決済を始めていない人は急いで始めてください。お得なポイント還元でお買い物をしましょう。

本記事の内容

  • ペイペイの登録・始め方・チャージ方法
  • ペイペイにクレジットカードを登録する方法
  • ペイペイの実際の使い方
  • ペイペイで個人送金の使い方

PayPay(ペイペイ)と提携するおすすめクレジットカードランキング

楽天カード

楽天カード

高還元率でポイントが貯まりやすい、今1番おすすめできるクレジットカードです。
楽天カードは年会費が永年無料で楽天ポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯める人も安心です。

楽天市場でよくお買い物される人は上位カードの「楽天ゴールドカード」も検討してみてください。

楽天証券で話題のつみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントを貯めることができ、楽天ポイントの用途は広いです。
ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。

PayPay(ペイペイ)と連携するなら、まずは楽天カードを作りましょう。

詳細ページ

公式ページ

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

どこでも使えて幅広いニーズに対応しているスタンダードカードは三井住友VISAカードでしょう。
三井住友VISAカードはクレジットカードの老舗で知名度No.1の安心感があります。

ポイント還元率はネットショッピングやコンビニ利用ではお得に貯めることができ、充実の保証と合わせて誰でも満足できる機能を備えています。

新社会人や学生でも持つことができ、クレジットカードデビューに最適です。

PayPay(ペイペイ)と連携も、まずは三井住友VISAカード。

詳細ページ

公式ページ

JCBカード

JCBオリジナルシリーズ

日本発祥のクレジットカードの老舗であるJCBカード。

知名度も高く老舗ならではの充実した保証があり、最初に作るクレジットカードならまずはJCBカードがおすすめです。

JCBカードWなら年会費は無料で獲得ポイントが常に2倍になり、ポイント還元率1%以上のお得なクレジットカードです。

キャンペーンによりスマホに電子マネーを登録してお買い物すると20%還元があり、今1番お得なクレジットカードです。

ぜひJCBカードでスマホ決済を利用しましょう。

詳細ページ

公式ページ

リクルートカード

リクルートカード

とにかくポイント還元率がお得なクレジットカード。

貯まったリクルートポイントはPontaポイントに交換できるので、マイルに交換できたり、お買い物にも使えるので用途は広いです。

もちろん年会費も無料で、誰にでもおすすめできるクレジットカードです。

ポイント還元率にこだわる人はリクルートカード。

詳細ページ

公式ページ

PayPay(ペイペイ)の決済・支払い方法は2種類!おすすめはYahoo!Japan(ヤフー)カードで決済

  • PayPay(ペイペイ)残高による支払い
  • クレジットカードからの支払い
コナツ
どうやって支払うのかな?
ペイペイの決済方法を解説するよ
ショウシ

ペイペイの決済・支払い方法は大きく分けて2種類です。

PayPay残高で支払う場合はいわゆるチャージ型で使うことになり、クレジットカードからの支払いの場合は使った分だけ引き落とされる仕組みです。

 

ポイント還元はPayPay残高へチャージされますので、普段はクレジットカード払いで貯まったポイントをPayPay残高で使っていくやり方がおすすめです。

それぞれ詳しく解説しましょう。

PayPay(ペイペイ)残高による支払いはチャージ型

PayPay(ペイペイ)へのチャージ方法

  • 銀行口座からチャージ
  • Yahoo!Japanカード(ヤフーカード)からのチャージ
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ
  • Yahoo!マネーからのチャージ
  • セブン銀行ATMからのチャージ

ペイペイへのチャージ方法は大きく分けて5種類あります。

チャージに関してはポイント還元はありません。

あくまで支払いの時にポイント還元されますので、そこは注意してください。

 

ペイペイへチャージして使用すればお得なポイント還元を受けることができますが、チャージ型はめんどくさいなどで賛否両論あります

ヤフーカードを持っていない場合はチャージ型で使っても構いませんが、ヤフーカードなら年会費が無料で持つことができますので、ペイペイを使うならヤフーカードを持っておきましょう

 

ペイペイを使う場合はクレジットカード決済がおすすめです。

クレジットカードからの支払い

PayPay(ペイペイ)に登録できるクレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
  • Yahoo!Japanカード(ヤフーカード)

ペイペイに登録できるクレジットカードは国際ブランドに制限があり、JCBカードやアメックスカードは登録できません

また通常のクレジットカードだとペイペイのポイント還元率が0.5%ですが、ヤフーカードなら3%のポイント還元率になります。

 

お試しでペイペイを使ってみる場合は通常のクレジットカードでもいいですが、やはりおすすめはヤフーカードです。

通常のクレジットカードだとお得なキャンペーンも適用されませんので、これからペイペイを使い込みたい人はヤフーカードを作って連携しておきましょう

Yahoo! JAPANカード

PayPay(ペイペイ)の始め方・登録方法を解説

コナツ
支払い前にやっておくことって?
ペイペイに登録して始めよう!
ショウシ

PayPay(ペイペイ)の始め方

  • PayPayアカウントを作成する
  • SMSで届いた認証コードを入力する
  • クレジットカードを登録する
  • Yahooアカウントと連携する(チャージする場合)
  • ソフトバンクアカウントと連携する(まとめて支払いをする場合)

ペイペイの登録は実質2ステップで使えるようになります。

現在はペイペイに登録するだけで500円分がチャージされた状態で始められますので、まずは最初の500円で支払ってみましょう。

 

ペイペイへの登録が完了したら、できればYahooアカウントとの連携まではしておくと便利です。

ペイペイの残高を使い切る場合にも個人送金を使う場合にもチャージは必要になりますので、なにかと使う機会はあるかと思います。

Yahooアカウントとの連携手順を解説

まずはペイペイアプリを開き、アカウント-外部連携-Yahoo! Japan IDを選択します。

規約に同意してID/パスワードを入力すれば連携は完了です。

以降はチャージ機能が使えるようになります

PayPay残高へのチャージ方法を解説

チャージ手順としては、あらかじめ登録しておいた銀行口座・Yahoo!ウォレット口座・ヤフーカードを選択してチャージするだけなので簡単です。

ペイペイ残高へのチャージ方法は複数ありますが、ここでは銀行口座とヤフーカードからのチャージがおすすめです。

チャージを使う前に銀行口座・Yahoo!ウォレット口座・ヤフーカードを登録しておきましょう。

銀行口座の登録手順

ペイペイへ銀行口座を登録する方法を解説します。

ここはお使いの金融機関によって異なりますので、画面の指示に従って登録します。

お手元に口座番号と暗証番号を準備して、金融機関を登録しましょう。

Yahoo!ウォレット・マネーの登録手順

Yahoo!ウォレット・マネーからペイペイへのチャージ方法を解説します。

まずはペイペイアプリの「支払い管理」から「Yahoo!マネーを登録する」を選びます。

次に携帯電話番号を入力して、Yahoo!アカウントでおなじみのSMSによる認証を行います。

次に暗証番号や表示名を設定して、Yahoo!マネーの登録は完了です。

ヤフオク!売上金からチャージする

ヤフオクの売上金からチャージする場合は、ペイペイアプリではなくヤフオク側でペイペイアカウントと連携してチャージが必要です。

今までヤフオクの売上金は、銀行振り込みかYahoo!マネーで受けとる方法がありましたが、Yahoo!マネーはペイペイへ統合されます。

 

ヤフオクの売上金をペイペイへチャージする場合は、ヤフオク側で「売上金として管理する」を選んでおき、ヤフオク側からペイペイへチャージしましょう

PayPay(ペイペイ)のクレジットカード登録方法を解説!Yahoo!Japanカード(ヤフーカード)なならポイント還元率が高い

コナツ
まだヤフーカード持ってない!
とりあえず手持ちのクレジットカードで初めてみよう
ショウシ

ペイペイにクレジットカードを登録する手順を解説します。

もしまだヤフーカードを持っていない人でも、手持ちのクレジットカードですぐにペイペイを始められます

 

ペイペイではヤフーカード以外の利用ではポイント還元を受けられませんが、とりあえず使ってみるなら通常のクレジットカードで問題ありません。

しかしお得に決済するならヤフーカードが必須です

ヤフーカードはすぐに発行できますので、今後ペイペイを使っていきたいならヤフーカードを作っていきましょう。

クレジットカードの登録手順

ペイペイにクレジットカードを登録する手順を解説します。

ペイペイアプリから「支払い管理」を選びます。支払い方法の中からクレジットカードを追加を選びます。

次にクレジットカードをカメラで読み取り、必要事項を入力したら「追加する」を選びます。

最後に本人認証サービスを設定しておきましょう

本人確認が済んでいないと、ペイペイ自体の限度額が低くなってしまいます

以上でクレジットカードの登録は完了です。

PayPay(ペイペイ)の使い方・支払い方法を解説!お店によって異なるので確認しよう

コナツ
使い方がわからないよ!
実際の支払い方法を詳しく解説するよ
ショウシ

PayPay(ペイペイ)の支払い方法

  • QRコードを読み取って決済する場合
  • こちらのQRコード・バーコードを読み取ってもらう場合

ペイペイの支払い方法は2種類あります。

支払い方法はお店によって異なりますのでお店の人に確認しましょう。

それでは詳しく見ていきましょう。

QRコードを読み取って決済する場合

こちらでQRコードを読み取って決済する場合は、ペイペイアプリから「スキャン」を選びます。

次に支払い方法を選びます。

自身で使っている支払い方法を選択しましょう。ここで間違えると支払い失敗しますので、間違えないように選びます。

こちらでコードを読み取る場合、お店側に用意されているQRコードをカメラで読み取ります

読み取り後は金額を入力する画面になりますので、お店の人に金額を確認してもらい正しく入力しましょう。

ここは間違えるとややこしくなるので正確に入力します

 

最後に決済をすると、「ペイペイ!」と決済音が聞こえますので、支払いは完了です

最後にレシートを受け取りましょう。

こちらのQRコード・バーコードを読み取ってもらう場合

まずはペイペイアプリから「支払う」を選択します。

次に同様に支払い方法を選びます。

自身で使っている支払い方法を選択しましょう。ここで間違えると支払い失敗しますので、間違えないように選びます。

お店にこちらのコードを読み取ってもらう場合は、バーコードもしくはQRコードを提示して読み取ってもらうだけです。

 

こちらは金額の入力は必要ありません

支払いが完了したら、最後にレシートを受け取りましょう。

PayPay(ペイペイ)の個人送金・受け取りの手順を解説!PayPayマネーライトでないと個人送金はできない

コナツ
ペイペイでお金渡せるの!?
割り勘に使えて便利だよ
ショウシ

ペイペイの個人送金について解説しましょう。

まずペイペイの個人送金はPayPay残高のマネーライトからしかできません

 

PayPayマネーライトはヤフーカードや銀行口座からチャージした残高のことで、ポイント付与で貰ったPayPay残高では個人送金には使えません

まず前提としてチャージしないと個人送金できないという点は覚えておきましょう。

個人送金で送る場合

個人送金で送る場合は、相手のマイコードを直接読み取るか、電話番号から相手を選ぶかの2種類あります

その場にいる人にはマイコードを表示してもらう方法が便利ですが、遠方にいる人電話番号から送りましょう。

 

手順としては、送る人が相手の毎コードを読み取り送金する金額を指定するだけです。

PayPayマネーライトが送金する金額以上ないと送金できませんので、先にチャージしてから送りましょう

以上で個人送金の送る手順は完了です。

個人送金で受け取る場合

個人送金で受け取る人は、相手にマイコードを読み取ってもらうだけです

送金リクエストが来ると「受け取り待ちリスト」に表示されますので、選んで「受け取る」を選びましょう。

間違って「受け取りを辞退する」を選ぶと、再度送ってもらう必要があるので注意しましょう。

送金時に暗証番号を設定している場合は、暗証番号を入力して受け取りましょう。

以上で個人送金の受け取りは完了です。

PayPay(ペイペイ)の割り勘手順を解説

ショウシ
ペイペイで割り勘ができるようになったよ

ペイペイでグループ内で割り勘の手順を解説します。

飲み会など友人やグループの集まりで現金を徴収するのは何かと手間ですよね。

私も幹事をやった時はめんどくさかった記憶があります

 

ペイペイで対応した割り勘ではメンバーを招待して、金額を1円単位で徴収することができます

これからの幹事はペイペイで徴収する新時代のスタイルですね。

もちろんメンバー内で傾斜を付けて、目上の人には多めに徴収するなど、柔軟な割り勘ができますね

 

ペイペイの割り勘手順を解説しましょう。

幹事が割り勘を作成する

ペイペイアプリ内のメニューから「わりかん」を選びます。

次にタイトル・割り勘金額を決めたあと、参加メンバーを招待します。

ペイペイでは以下2種類の方法で参加メンバを招待します。

  • 電話番号
  • 相手のQRコードを読み取る

 

その場にいる相手であれば、参加メンバーのQRコードを順に読み取って行くのが簡単です

遠方の場合は電話番号で徴収しましょう。

ペイペイでは参加メンバー毎に徴収金額を設定することもできますので、割り勘に傾斜をつけることも簡単ですね

メンバーを追加し終えたら「割り勘の内容を決定する」を選べば完了です。

参加メンバーの支払いを待ちましょう。

割り勘に参加メンバーが支払う

割り勘を支払う側の手順としては、先程幹事が作成した割り勘の通知を確認します

ペイペイアプリ内で「わりかん」を選びましょう。

 

届いた割り勘通知の内容を確認し、「支払う」をタップすれば割り勘は完了です。

割り勘の支払いは個人送金と同じように、PayPayマネーライトからしか支払えませんので、チャージしてから支払いましょう

PayPay(ペイペイ)のメリットは?

コナツ
PayPay(ペイペイ)の便利な所は?
PayPay(ペイペイ)のメリットを解説するよ
ショウシ

PayPay(ペイペイ)のメリット

  • PayPay(ペイペイ)を使うと0.5%・最大3%のポイント還元が受けられる
  • Yahoo!マネーで支払いができる
  • 使えるお店が1番多い

ペイペイについてわかったところで、1番気になるのはペイペイのメリットでしょう。

ペイペイは〇〇ペイの先駆けといっていいくらい、知名度が高く今1番使われているペイです。

 

使えるお店も多く、お店側もまずはペイペイから導入している所が多いので、店舗での支払いもスムーズでしょう。

毎月お得なキャンペーンを開催していてお得に決済できますので、ぜひペイペイに登録してキャンペーンに参加してみてください

初めて使うとペイペイのお得さに驚くほどです。

消費税も増税されてますます家計は厳しくなっていきますので、少しでもお得に決済して家計を助けましょう。

 

ペイペイの詳細については他記事で詳しくまとめています。

まとめ:PayPay(ペイペイ)の始め方・使い方・クレジットカードの登録方法・割り勘手順を解説

PayPay(ペイペイ)の始め方・使い方・クレジットカードの登録方法はいかがだったでしょうか。

 

PayPay(ペイペイ)はチャージでもクレジットカードでも使えます。

普段はクレジットカード払いで貯まったポイントをPayPay残高で使っていくやり方がおすすめです。

もしクレジットカードが持てない人や、心配な人は銀行口座からチャージして使いましょう。

 

スマホ決済は消費税増税に合わせてお得な決済方法として注目を集めています。

購入金額からお得にポイント還元を受けることができ、現金でお買い物している人よりもお得に買い物をすることができます。

まだスマホ決済を始めていない人は急いで始めてください。お得なポイント還元でお買い物をしましょう。

PayPay(ペイペイ)と提携するおすすめクレジットカードランキング

楽天カード

楽天カード

高還元率でポイントが貯まりやすい、今1番おすすめできるクレジットカードです。
楽天カードは年会費が永年無料で楽天ポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯める人も安心です。

楽天市場でよくお買い物される人は上位カードの「楽天ゴールドカード」も検討してみてください。

楽天証券で話題のつみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントを貯めることができ、楽天ポイントの用途は広いです。
ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。

PayPay(ペイペイ)と連携するなら、まずは楽天カードを作りましょう。

詳細ページ

公式ページ

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

どこでも使えて幅広いニーズに対応しているスタンダードカードは三井住友VISAカードでしょう。
三井住友VISAカードはクレジットカードの老舗で知名度No.1の安心感があります。

ポイント還元率はネットショッピングやコンビニ利用ではお得に貯めることができ、充実の保証と合わせて誰でも満足できる機能を備えています。

新社会人や学生でも持つことができ、クレジットカードデビューに最適です。

PayPay(ペイペイ)と連携も、まずは三井住友VISAカード。

詳細ページ

公式ページ

JCBカード

JCBオリジナルシリーズ

日本発祥のクレジットカードの老舗であるJCBカード。

知名度も高く老舗ならではの充実した保証があり、最初に作るクレジットカードならまずはJCBカードがおすすめです。

JCBカードWなら年会費は無料で獲得ポイントが常に2倍になり、ポイント還元率1%以上のお得なクレジットカードです。

キャンペーンによりスマホに電子マネーを登録してお買い物すると20%還元があり、今1番お得なクレジットカードです。

ぜひJCBカードでスマホ決済を利用しましょう。

詳細ページ

公式ページ

リクルートカード

リクルートカード

とにかくポイント還元率がお得なクレジットカード。

貯まったリクルートポイントはPontaポイントに交換できるので、マイルに交換できたり、お買い物にも使えるので用途は広いです。

もちろん年会費も無料で、誰にでもおすすめできるクレジットカードです。

ポイント還元率にこだわる人はリクルートカード。

詳細ページ

公式ページ

スマホ決済の種類とは?

初心者でもわかるコード決済

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

スマホ決済を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-ペイペイ
-, , ,

Copyright© スマホ決済いなふる , 2019 All Rights Reserved.