ふるさと納税サイトマップ

目的別に探す

 

ふるさと納税サイトランキング

楽天ふるさと納税

楽天市場でふるさと納税ができて、楽天ポイントがお得に貯まる。

楽天お買い物マラソンやスーパーセールの買い回りの対象で、お買い物ついてでふるさと納税すると、お得な倍率でふるさと納税ができる。

ふるさと納税をするなら、1番お得な倍率で寄付ができる

詳細ページ

公式ページ

 

さとふる

さとふる

ふるさと納税の寄付額の最大3%のAmazonギフト券が貰えるお得なふるさと納税サイト。

寄付先の自治体数も多くて、Amazonギフト券の汎用性も高いのでおすすめ。

楽天ポイントを貯めていない人は、さとふるでふるさと納税するといいですよ。

公式ページ

 

ふるさとチョイス

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」

全国すべての自治体を収録した、ふるさと納税定番中の定番サイト。

ふるさと納税の返礼品を探すなら、まずはふるさとチョイスで探しましょう。

ふるさと納税の限度額シミュレーションも正確で、ふるさと納税のことなら、まずふるさとチョイスで調べるといいですよ。

公式ページ

 

一覧から探す

 

ふるさと納税とは?メリット・デメリットを解説

ふるさと納税とは、各地方自治体に寄付してお得な返礼品が貰えて、自己負担2,000円を除いた全額が税金から控除される、お得な制度です。

本来払うはずの税金で、お得な返礼品が貰えるならやらない理由はありませんね。

今では多くの人が毎年寄付しているお得な制度ですよ。

詳しくはコチラ

 

ふるさと納税の税金面の手続きは?ワンストップ特例制度なら確定申告も不要

ワンストップ特例制度 確定申告
寄付先の数 年度内に5自治体まで 制限なし
申請方法 寄付先の自治体に提出 税務署へ確定申告書を提出
控除の仕組み 住民税から控除 所得税および住民税から控除
提出期限 翌年1/10まで 翌年3/15まで

ふるさと納税の税金面の手続きも、書類1枚で完了するので、本当に簡単ですよ。

確定申告も不要で、寄付した自治体へワンストップ特例申請書を返送すれば完了です。

初心者でも簡単にできますので、ぜひふるさと納税を利用してみてください。

詳しくはコチラ

 

ふるさと納税のおすすめ返礼品は?寄付額別におすすめを紹介

ふるさと納税のおすすめ返礼品を紹介します。

迷った人は、とりあえずお肉にしておけば、季節を問わずおすすめですよ。

その他のおすすめ返礼品をぜひチェックしてみてください。

詳しくはコチラ

 

 

ふるさと納税サイトはどこがいいの?おすすめは楽天ふるさと納税

項目 内容
サイト名 楽天ふるさと納税
返礼品以外のお得さ 楽天SPUでお得に楽天ポイントが貯まる
買いまわりの対象でさらにポイント獲得
掲載自治体数 594自治体
寄付の手軽さ 楽天会員IDでふるさと納税可能

ふるさと納税サイトで迷ったら、楽天ポイントが貯まる楽天ふるさと納税がおすすめです。

スーパーセールやお買い物マラソン期間中の買いまわりの対象で、お買い物ついでに高い倍率でポイントが貯まります。

ふるさと納税サイト選びに迷ったら、参考にしてください。

詳しくはコチラ

 

楽天ふるさと納税でお得に楽天ポイントを貯められる

楽天カード
楽天ポイントが貯まる定番のクレジットカード
ポイント還元率もお得で機能も充実
クレジットカード選びに迷ったらまずは楽天カード
貯まったポイントでポイント投資もできて有効活用ができる
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard・AmericanExpress
発行期間 最短5営業日
Apple Pay Quickpay(クイックペイ)
関連記事 【ゼロからわかる】楽天カードとは?特徴と評判・口コミ、メリットとデメリットを徹底解説

楽天ふるさと納税なら、楽天SPUの高い倍率でポイントが貯まるうえに、楽天会員情報で寄付ができます。

新たに会員登録する手間も不要なので、本当に簡単ですよ。

お得に楽天ポイントを貯めるなら、まずは楽天カードから作りましょう。

詳しくはコチラ

 

いくらまでふるさと納税できるの?限度額の計算方法を知ろう

ふるさと納税で受けられる控除

所得税からの控除 + 住民税基本分からの控除 + 住民税特例分からの控除

ふるさと納税は税金面の手続きは簡単ですが、唯一めんどくさいのが限度額の計算です。

ここさえわかれば後は簡単ですので、まずはシミュレーションでざっくり把握しておきましょう。

詳しくはコチラ

 

ふるさと納税で確定申告する人は?確定申告書の書き方を解説

 

ふるさと納税の確定申告の書き方を解説します。

他に確定申告をする用事のある人は、ワンストップ特例制度は使えません。

確定申告書の書き方を参考に、確定申告で寄付金控除をしましょう。

詳しくはコチラ

 

ふるさと納税の泉佐野市の問題とは?何が問題なのかわかりやすく解説

大阪府泉佐野市の千代松大耕市長は11日に記者会見を開き、総務省が同市をふるさと納税の新制度から除外したことを不服として、11月6日までに高市早苗総務相を大阪高裁に提訴すると発表した。

ふるさと納税は改正地方税法が施行された6月1日に新制度が始まり、返礼品が寄付額の3割以下の地場産品に限定された。総務省は同市が昨年11月から今年3月まで、この基準を守らなかったことなどを理由に同市を新制度から除外した。

同市は改正法を施行前に遡って適用するのは"後出しジャンケン"で不当だなどと主張。総務省は裁量の範囲内の判断などと反論してきた。

引用元:日本経済新聞

ふるさと納税の泉佐野市の問題とは、何が一体問題だったのでしょうか?

問題の内容をわかりやすく解説します。

今後泉佐野市は裁判で総務省と争うことになります。

今後の展開も目が離せません。

詳しくはコチラ

 

更新日:

Copyright© いなふる , 2019 All Rights Reserved.