資産運用 おすすめ記事

【少額から始める】資産運用・投資のやり方・始め方から資金確保・終わり方まで徹底解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

これから資産運用を始める人にとってわかりやすく資産運用を始める手順を、簡単にステップで解説します。

まとまったお金がある方、毎月少額を積立てたい方、人によって投資に回せる財布事情は様々でしょう。

将来の資産形成のために今のうちから少額から資産運用で準備を始めましょう。

ここでは少額から始められる投資について、初心者にもわかりやすく解説していきます。

本記事の内容

  • 資産運用の開始から終了までの7ステップ
  • 資産運用は余剰資金で始めましょう
  • お金を入れた後も定期的にチェックが必要
  • 売却まで気を抜かずリスク分散しよう

おすすめ投資ランキング

ロボアドバイザー投資

おすすめNo.1はロボアドバイザー投資

ロボアドバイザーなら完全自動で手間いらず

高利回りが期待できます

詳細ページ

公式ページ

つみたてNISA

投資信託の収益が全て非課税になるつみたてNISA制度がおすすめ。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

収益だけでなく掛け金も控除できる節税効果の高いおすすめ資産運用。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

FXシステムトレード

初心者におすすめできるFXシステムトレード。

FX入門に最適。

高利回りが期待できます。

詳細ページ

公式ページ

資産運用・投資のやり方・始め方から資金確保・終わり方まで徹底解説

コナツ
投資したいけど、何から始めたらいいだろう…
資産運用の手順を7ステップで解説するよ
ショウシ

資産運用・投資の手順を解説

  1. 資産運用の運用目標を決める
  2. まずは家計から資産運用を始める余剰資金の確保
  3. 資産運用・投資を始める投資対象の選定
  4. ポートフォリオの作成 | 分野毎に最適なポートフォリオを解説
  5. 入金して資産運用・投資を始める
  6. 定期的に運用状況をチェック
  7. 目標達成したら売却 | 売却時もリスク分散しよう

これから資産運用・投資を始める人向けに、資産運用・投資の手順を6ステップで解説していきます。

一見すると難しいようにも感じますが、投資先によってはここにある手順をスキップできるものもあります。

「投資はさっぱり」という方もまずは簡単に始められる、ということだけは理解しておいてください。資産運用は敷居が低いものです。

プロの投資家になる必要などありません。素人は素人なりの、低コストと低リスクの範囲で長期的な資産運用をしていけば、将来的に資産を増やしていくことができるでしょう。

初心者が投資で資産運用していくために基本的な心構えをご紹介します。

  1. 1発逆転は狙わず、少しずつ長期的な運用を心掛ける
  2. 毎月少しずつ積立していく
  3. 投資対象を分散してリスク分散する

これさえ守っていけば、元本割れのリスクも限りなく低くなります。資産運用は「長期・分散・積立」が重要です。

大事な資金をしっかり育てていきましょう。

資産運用の運用目標を決める!何年でいくら貯めるかを明確にしておく

コナツ
目標ってどうやって決めればいいの?
目標例を紹介するよ
ショウシ

資産運用を開始する前に、目標を決めましょう。

ここで決めた目標によって、資産運用で何%の利回りで資金を増やしていく必要があるか定まります

ライフスタイルによって何年後にまとまった資金が必要かを考えてみましょう。目標が決まれば元手をいくら資産運用に回す必要があるか、毎月いくら投資に回し、何%のリターンが必要かが決まります。

投資目標の設定例

  • 資産運用目標:300万円
  • 用途:お子さんの進学資金
  • 投資期間:10年

投資目標を10年後にまとまった300万円を例に解説しましょう。単純計算で年間30万円を貯めていけばいいわけですね。

元手資金がなしでも、毎月2万5千円貯金していけば目標金額の300万円貯まりますが、積立資金を投資にまわした場合はいくらになるでしょう。

例:10年で300万円を利回り5%で運用


1年目:40万円
2年目:(1年目40万円 × 1.05) + 40万円 = 82万円

10年目:(9年目339.6万円 × 1.05) + 40万円 =  396.58万円

例のように複利で計算していくと、300万円を目標に貯めていた資金が利回り5%ならほぼ400万円まで増えるわけです。

もちろん途中で暴落などの変動もありますので、毎年5%の利回りが得られるとは限りませんが、長期的な積立ならリスクも下がります。

もちろん利回りを期待して積立ててもいいですが、投資はないものと考えて積立しておいた方が、10年後に100万円の余剰資金を確保できるのでおすすめです。

このようにライフスタイルに合わせて、何年後にいくらの資金が必要になるかで目標を決めましょう。

注意としては資産運用は長期的に行っていくものですので、少なくても10年程度の投資期間が必要だということを意識しておいてください。

資産運用は貯金箱のように積み立てしていく

私は資産運用は貯金箱と表現しています。

例えばお子さんが10年後に大学進学となる場合、親御さんとしてはそのためにある程度貯金しておく必要があります。

そういったお金を「積立投資で貯金していく」といった運用をおすすめしています。毎月決まった額を積立しておいたら、10年後は思わぬ額が溜まっているかもしれません。

毎月投資するのが楽しみになりますね。

ご自身の人生プランを考えて、何年後にいくら程度のお金が必要になってくるのか。そのためには毎月いくら積立すればよいか。

ぜひご自身のライフスタイルに合わせて、投資目標額と積立額を決めておいてください

  • 投資目標額:長期的に見て何年後にまとまったお金が必要になるか
  • 積立額:目標額から逆算して毎月いくら積立したらいいか

まずは家計から資産運用・投資を始める余剰資金を確保する | 最低でも3ヶ月分の生活費は確保しておこう

コナツ
余剰資金ってどういうこと?
すぐに使う必要のないお金という意味だよ
ショウシ

投資を始める前に、まず余剰資金を確保しましょう。

お金が必要になる度に積立を停止してお金を下ろしていたら、複利効果による資産運用の効果がなくなってしまいます。

先に述べたように目標を決めて、数年間は使う予定のないお金で投資を行いましょう。さらに言えばある程度の生活費は貯金で残しておくといいですね。

理想としては半年〜1年、最低でも3ヶ月の生活費は貯金として残しておきましょう。

まとまった額を用意する必要はありません。長期的な運用では毎月決まった額を積み立てていくことで資産運用することもできます。

まずは自身の生活の中で、どれほどのお金を投資に回すことができるか考えましょう。

お金の貯まる方程式を解説!貯蓄は先に収入から天引きしておこう

投資にまわすお金は、まず毎月の収入から一定額を積み立てていくといいでしょう。

収入から支出を引いた余り資金を投資にまわすと、毎月決まった額が積み立てることができず、安定した利益を出すことができません。

そこで投資に回すお金は図のような方程式で導き出しましょう。

考え方のポイントしては、まず収入から先に投資に回すお金を決めます。そこからさらに毎月の支出を捻出していきます。

こうすることで毎月決まった額を投資に回すことができ、安定して積立していくことができます。

この毎月決まった額こそが余剰資金ということになりますので、自身の家計からどれほどのお金をまわすことができるか、考えてみてください。

余剰資金は無理のない範囲で定めましょう。

資産運用・投資を始める投資対象の選定する | リスクをしっかり理解しておこう

ショウシ
実際に資金を投入する投資先を選ぶよ

ここからは実際に投資を行います。

投資には色々な種類がありますが、それぞれリスクもありますので、リスクについてはしっかりと理解しておいてください。

投資先の選定については他記事で詳しくまとめています。それぞれの年代やライフスタイルに合わせて選んでみてください。

ポートフォリオの作成 | 分野毎に最適なポートフォリオを解説

コナツ
ポートフォリオ…?
投資先が決まったらポートフォリオを作ってみよう
ショウシ

投資先が決まったら、次はポートフォリオを作ってみましょう。

なぜポートフォリオを作成する必要があるかの理由は、投資先を分散してリスクを分散させるためです。

例えば日本株にのみ1100%投資していた場合、日本株の暴落時に資産額が下がって元本割れのリスクが高まります。しかし50%を米国株に投資しておけばリスクは半分にすることができます。

投資においては、投資先の分散はリスク回避に最も有効ですので覚えておいてください。

つみたてNISAのポートフォリオを解説

投資先 つみたてNISA
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 0万円(毎月3万円程度)
利回り 4〜8%程度
特徴 話題のインデックス投資。投資信託に積立投資ができます。

つみたてNISAの場合は投資先は、投資信託に投資していくことになりますので、ポートフォリオは大きな意味を持ちます。

投資先の資産(アセット)クラスによりどれほどのリターンが狙えるか決まってきます。

ポートフォリオを考えるのがめんどうな人は、バランスファンドや全世界株式などのポートフォリオを信託会社が調整してくれる投資信託を選びましょう。

つみたてNISAについては他記事で詳しくまとめています。

楽天証券

ロボアドバイザー投資のポートフォリオを解説

投資先 ロボアドバイザー
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 1〜10万円(毎月3万円程度)
利回り 4〜10%
特徴 完全自動で手間いらず。入金以外の手間はなし。

ロボアドバイザーのポートフォリオは、基本的にはロボアドバイザーが自動で提案してくれます。

しかし自身で設定することもできますので、リターンを狙いたいなら自身で設定してみるといいでしょう。

例えば、ウェルスナビの場合はリスク許容度を1〜5段階で設定して、どれほどのリスクを許容するか設定することができます。

THEO(テオ)の場合は、投資先の資産を選定して株式にどれだけ投資するか選ぶこともできます。

ロボアドバイザー投資については他記事で詳しくまとめていますので、参考にしてください。

THEO

iDeCo(イデコ)のポートフォリオを解説

投資先 確定拠出年金:iDeCo(イデコ)
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 0万円(毎月2万円程度)
利回り 4〜8%程度
特徴 掛け金も非課税になり節税効果が高い精度

iDeCo(イデコ)はつみたてNISAと同様に投資先は、投資信託に投資していくことになりますので、ポートフォリオは大きな意味を持ちます。

つみたてNISA同様に投資先の資産(アセット)クラスによりリスクとリターンが決まります。

ポートフォリオを考えるのがめんどうな人は、バランスファンドや全世界株式などのポートフォリオを信託会社が調整してくれる投資信託を選びましょう。

iDeCo(イデコ)については他記事でまとめています。

マネックス証券 iDeCo

 FXシステムトレードのポートフォリオを解説

投資先 FXシステムトレード
おすすめ度 ★★
最低投資金額 10万円程度
利回り 5〜20%
特徴  FX自動売買。初心者でも簡単です。

FXは基本的にはポートフォリオは必要ありません。しかしすべての資産を同じ通貨に投資していると暴落などのリスクもありますので、扱う通貨ペアにバラつきを持たせておくべきです。

例えば、ドル円・ポンド円・ユーロ円をそれぞれ扱うストラテジーに資産を分けておけば、リスクを分散することができます。

ストラテジーの成績だけでなく扱う通貨ペアという観点で、ストラテジーを選んでみるといいでしょう。

FXシステムトレードでは1つの通貨ペアだけでなく、複数の通貨ペアを扱うようにしましょう。

おすすめのFXシステムトレードは他記事でまとめています。

みんなのシストレ

入金して資産運用・投資を始める

ショウシ
いよいよ投資を始めてみよう

ポートフォリオが決まったら、実際に入金して投資を開始しましょう。

ポートフォリオ通りに投資先を分散して入金します。積立設定が可能なものは積立設定も忘れずに設定しておいてください。

事前にある程度は触ってみておくと、実際に投資を始める時にスムーズに始めることができるでしょう

各投資の入金方法や実際の投資の始め方については、投資先の他記事を参考にしてください。

定期的に運用状況をチェック!最低でも月1回はチェックしておこう

コナツ
定期的にチェックって必要なの?
投資対象によって見方は異なるけど、定期的なチェックは必要だよ
ショウシ

投資を始めたら完了ではありません。定期的に資産状況のチェックが必要です。

運用益は黒字か?コストが高すぎないか?相場状況は?など、定期的に確認すべき情報は結構多いです。

投資先にもよりますが、少なくても月に1回は確認しましょう理想としては週に1回程度チェックしておくといいでしょう。

運用の状況によっては投資先の変更などの判断も必要になってきます。

定期的にリバランスを実施

なぜ定期的にチェックが必要か、その理由は投資を始めて時間が立つと当初のポートフォリオが崩れてくるからです。

これは相場の変動により利回りのいい資産が増えたり、利回りのよくない資産が減ったりすることで起きます。これは投資を行う上では仕方のないことです。

そういった場合にそのまま投資を続けていくと、リスクを取りすぎなど、想定していた投資と異なる結果になることがあります。

リバランスは投資先により不要なものもありますが、必ず定期的にチェックするようにしてください

目標達成したら売却 | 売却時もリスク分散しよう

コナツ
目標達成したら売却していいの?
売却時もリスク分散しておこう
ショウシ

長期運用を終えて目標を達成したら、資産を売却して現金化しましょう。

売り時は一括で売却しても構いませんが、複数回に分けた方がいいです。

複数回に分けることで毎月積立てて入金した時間リスクの分散を、出金時にも分散させることができます。相場はプロでも見抜くのは難しいので「ここが売り時!」と思ってもさらに伸びていく可能性も多いにありえます。

投資初心者こそ利益確定には慎重になるべきです。必ず複数回に分けて利益確定していきましょう。

投資期間にもよりますが、少なくても売却は1年以上の時間をかけましょう。コツコツと少しずつ積立した資産を、コツコツと時間をかけて現金化していきます。

資産運用は焦りは禁物です。時間をかけて最高のパフォーマンスを発揮しましょう。

まとめ:資産運用・投資のやり方・始め方から資金確保・終わり方まで徹底解説

少額からの資産運用・投資の開始手順はいかがだったでしょうか。

投資先によっては6ステップの手順が不要なものもあります。初心者はなるべく手間がかからない投資先を選んでおくといいでしょう

投資にはまとまったお金は必要ありません将来的にまとまったお金を手に入れるために投資を行うのです。

これからの時代は自身で資産運用していくことが当たり前になってきます。

しかしまだ遅くありませんぜひ今からでも資産運用を始めてみてください

おすすめ投資ランキング

ロボアドバイザー投資

おすすめNo.1はロボアドバイザー投資

ロボアドバイザーなら完全自動で手間いらず

高利回りが期待できます

詳細ページ

公式ページ

つみたてNISA

投資信託の収益が全て非課税になるつみたてNISA制度がおすすめ。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

収益だけでなく掛け金も控除できる節税効果の高いおすすめ資産運用。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

FXシステムトレード

初心者におすすめできるFXシステムトレード。

FX入門に最適。

高利回りが期待できます。

詳細ページ

公式ページ

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-資産運用, おすすめ記事
-, , , ,

Copyright© いなふる , 2019 All Rights Reserved.