つみたてNISAサイトマップ

おすすめ証券口座ランキング

楽天証券

楽天証券

証券口座の中で唯一身近な「楽天ポイント」を貯めることができる証券会社です。

貯めた楽天ポイントで投資信託を積立てることができます。

取扱銘柄数は以前まで最多を誇っていたSBI証券と並び、人気の「eMAXIS Slim」シリーズの取扱いもありますので、商品ラインナップに困ることはありません。

2019年3月よりつみたてNISAの投資信託を楽天カード決済で購入すると、1%の楽天ポイントを獲得できるようになり、ノーリスクで1%の利回りが確定できるので、2019年最もお得でおすすめの証券会社です。

詳細ページ

公式ページ

SBI証券

SBI証券

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。

証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

低コスト、豊富なラインナップで投資家には必須の口座です。

詳細ページ

公式ページ

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券はNISA口座での取引手数料は無料になっています。

NISAやつみたてNISA口座を開設するにはマネックス証券がとてもおすすめです。

業界最安水準の手数料を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」の取り扱いがあるため、長期の資産形成で有利になります。

詳細ページ

公式ページ

つみたてNISAとは

概要 一定の基準を満たす投資利益が全て非課税になる
対象者 20歳以上のすべての人
非課税期間 最長20年
年間投資上限額 40万円
対象銘柄 金融庁が定めた基準を満たす投資信託
出金 いつでも可

つみたてNISAの評判・口コミとメリット・デメリットを解説

まずは概要を理解しましょう。

評判はとてもよく、多くの投資初心者がつみたてNISAを始めています。

詳しくはコチラ

つみたてNISAは20歳以上のすべての人が対象

20歳以上のすべての人が対象

但し、証券口座で「つみたてNISA」口座を開設しておく必要あり

つみたてNISAの税金は非課税!確定申告は必要なし

口座の種類 確定申告 税金区分
つみたてNISA口座 不要 非課税
NISA口座 不要 非課税
特定口座(源泉徴収あり) 不要 申告分離課税
特定口座(源泉徴収なし) 必要 申告分離課税
一般口座 必要 申告分離課税

つみたてNISAで得た利益はすべて非課税です。

確定申告は必要なの?年末調整は?

節税効果は?税金まわりについて正しく理解しておきましょう。

詳しくはコチラ

つみたてNISAは年間いくら積み立てするの?積み立て額を解説

  • 年間積立上限額:40万円
  • 毎月積立上限額:33,333円
  • 毎週積立上限額:7,692円
  • 間日積立上限額:1,619円

つみたてNISAは年間40万円まで積み立てが可能です。

証券口座により毎月積立・毎日積立が選べて、コツコツと時間的なリスクを分散しながら積み立てしていきましょう。

余った積み立て額を消費するには?

毎月積立と毎日積立の仕組みを解説します。

詳しくはコチラ

つみたてNISAの始め方は簡単!6ステップで解説

つみたてNISAの始め方

  1. つみたてNISA口座を開設する金融機関を選ぶ
  2. つみたてNISA口座を開設する
  3. つみたてNISA口座に入金する
  4. 積立する銘柄・商品を選ぶ
  5. 選んだ銘柄に積立設定する
  6. 定期的に口座を確認する

つみたてNISAの始め方を6ステップで解説します。

たったこれだけのステップでつみたてNISA投資を始めることができます。

始め方を正しく理解しておきましょう。

詳しくはコチラ

銀行は手数料が高い?おすすめはネット証券

金融機関 銘柄数
[2019/04時点]
引き落としの方法 手数料
楽天銀行 150本 楽天カード決済 または
楽天銀行          または
多くの銀行から
即時入金可能
無料
SBI証券 150本 多くの銀行から
即時入金可能
無料
マネックス証券 147本 多くの銀行から
即時入金可能
無料
ゆうちょ銀行 8本 ゆうちょ銀行から
毎月引き落とし
無料
三井住友銀行 3本 三井住友銀行から
毎月引き落とし
無料
イオン銀行 21本 イオン銀行から
毎月引き落とし
無料

銀行窓口でのつみたてNISAは取扱銘柄数が少ないのでおすすめできません。

おすすめはネット証券でつみたてNISAを始めましょう。

相談できないから不安?

疑問点は当サイトで解決していきましょう。

詳しくはコチラ

つみたてNISAのおすすめ証券口座は楽天証券

楽天ポイントが貯まる仕組み

  • 毎日積立設定でハッピープログラムポイントを獲得
  • 楽天カードのクレジット決済で1%ポイント還元
  • 投資信託を保有していると資産形成ポイントを獲得

つみたてNISAを始めるなら楽天証券が最もおすすめです。

つみたてNISAの積み立てで楽天ポイントを貯めることができます。

貯めた楽天ポイントで投資信託を買うことができ、将来への積立になります。

詳しくはコチラ

つみたてNISAを他の金融機関で始めていても移管ができる | つみたてNISAの移管方法を解説

つみたてNISA移管の手順

  1. 現在つみたてNISA・NISA口座を開設してる金融機関から、「非課税口座廃止通知書」又は「勘定廃止通知書」を取り寄せる
  2. 楽天証券 の口座開設をする
  3. 楽天証券にログイン後、「NISA口座を他社から変更する」をクリックする
  4. 楽天証券へ「非課税口座廃止通知書」と「NISA口座開設届出書」を返送する

つみたてNISAを始めてるけど、他の金融機関の方がお得だった!そんな時はつみたてNISAを移管しましょう。

つみたてNISAの移管方法を解説します。

つみたてNISAを移管するなら、積み立てで楽天ポイントが貯まる楽天証券が最もお得です。

詳しくはコチラ

つみたてNISAの非課税期間20年とは?非課税枠は最大2058年まで

つみたてNISAの非課税期間は20年で終了します。

つみたてNISAの20年後に保有している投資信託はどうなる?つみたてNISAの出口戦略を解説します。

つみたてNISAは一般NISAと異なり、ロールオーバーはできません。

詳しくはコチラ

つみたてNISAはポートフォリオの構築が必須?概要だけは理解しておこう

つみたてNISAはポートフォリオの構築しておくといいでしょう。

初心者はポートフォリオの組み方はわからないと思いますので、初心者向けに解説します。

銘柄によっては不要になりますので、概要だけは理解しておきましょう。

詳しくはコチラ

どの投資信託がいいの?つみたてNISAの銘柄・商品選び

つみたてNISAは投資信託を選んで積立設定しておく必要があります。

つみたてNISAで選ぶおすすめの銘柄を解説します。

非課税期間が長いので低コストな銘柄を選ぶのがおすすめです。

詳しくはコチラ

つみたてNISAのアクティブファンドは上級者用 | 初心者はインデックスファンドにしよう

アクティブファンドはインデックスファンドよりも利回りの高いファンドが多いですが、信託報酬が高めなのでコスト込みで利回りを計算できる上級者向けです。

つみたてNISAでおすすめのアクティブファンドをご紹介します。

ひふみが有名ですが、他にも優良なファンドがありますので、つみたてNISAで選ぶ際は参考にしてみてください。

詳しくはコチラ

ETFへの投資はおすすめできない?つみたてNISAのETFを解説

つみたてNISAでETFへ投資できるの?

つみたてNISAではETFへの積み立てはおすすめできません。投資信託のインデックスファンドに積み立てしていきましょう。

ETFへの投資がおすすめできない理由を解説します。

 

詳しくはコチラ

定期的にチェックが必要?つみたてNISAのリバランス

つみたてNISAは積立設定したらすべて終わりではありません。

定期的にチェックしてリバランスが必要です。リバランスは最低でも半年に1回程度は確認しましょう。

初心者の方はリバランスが必要ない銘柄を選んでおくと楽ですね。リバランスが必要のない銘柄の選ぶ方とは?

詳しくはコチラ

リスクはあるの?セキュリティはしっかり対策しておこう

つみたてNISAに投資するリスクはあるの?

資産運用で長年積み立てしているとまとまった額のお金を預けることになります。

しっかりセキュリティ対策してリスクに備えておきましょう。

簡単にできる安全対策をご紹介します。

詳しくはコチラ

つみたてNISAで損失が発生したら?見直しポイントを解説

損失発生時の見直しポイントを解説

  1. そのまま運用を続ける
  2. 投資先の資産クラスを見直す
  3. 積立てする銘柄を変更する
  4. リバランスをする

つみたてNISAの運用中にマイナスになってしまったら?

本当にこのまま積み立てしていいの?

損失が出てしまった時の見直しポイントを解説します。

長期運用でも年に数回は見直しして状況をチェックしておきましょう。

詳しくはコチラ

つみたてNISAは節税になる?iDeCo(イデコ)との併用がおすすめ

項目 iDeCo(イデコ) つみたてNISA(積立NISA)
年齢 20〜59歳 20歳以上
年間投資上限 14.4〜81.6万円 40万円
運用期間 10年以上 20年間
非課税枠 掛け金・運用益 運用益
投資対象 投資信託 投資信託
維持費 1,872円/年 無料

つみたてNISAは節税効果は薄いです。

節税が目的ならiDeCo(イデコ)がおすすめです。つみたてNISAはiDeCo(イデコ)との併用は可能です。

ぜひiDeCo(イデコ)も同時運用してみましょう。

詳しくはコチラ

つみたてNISAの利回りは?年率何%?利回りを予想

利回り(%) 1%:リスク小 3%:リスク中 6%:リスク大
累計投資額(円) 7,200,000円 7,200,000円 7,200,000円
最終資産額(円) 7,969,644円 9,830,723円 13,674,797円
損益(円) △769,644円 △2,630,723円 △6,474,797円

つみたてNISAの利回りは何%?

目標と今後の利回りと運用益を予想します。

年率は6%以上を目指しましょう。

詳しくはコチラ

おすすめの証券会社はSBI証券?楽天ポイントが貯まる楽天証券がおすすめです

おすすめの証券会社であるSBI証券と楽天証券を比較します。

おすすめは楽天ポイントが貯まる楽天証券です。

違いを比較します。

詳しくはコチラ

SBI証券の始め方は?SBI証券に向いてる人を解説

ネット証券の中で知名度の高いSBI証券の特徴を解説します。

SBI証券に向いてる人を解説します。

詳しくはコチラ

お金は降ろせるの?つみたてNISAの売却手順

つみたてNISAはいつでも出金可能です。

しかし本当に売却しても損しない?やめ時って?

おすすめの売却時期と方法を解説します。

詳しくはコチラ

おすすめ証券口座ランキング

楽天証券

楽天証券

証券口座の中で唯一身近な「楽天ポイント」を貯めることができる証券会社です。

貯めた楽天ポイントで投資信託を積立てることができます。

取扱銘柄数は以前まで最多を誇っていたSBI証券と並び、人気の「eMAXIS Slim」シリーズの取扱いもありますので、商品ラインナップに困ることはありません。

2019年3月よりつみたてNISAの投資信託を楽天カード決済で購入すると、1%の楽天ポイントを獲得できるようになり、ノーリスクで1%の利回りが確定できるので、2019年最もお得でおすすめの証券会社です。

詳細ページ

公式ページ

SBI証券

SBI証券

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。

証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

低コスト、豊富なラインナップで投資家には必須の口座です。

詳細ページ

公式ページ

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券はNISA口座での取引手数料は無料になっています。

NISAやつみたてNISA口座を開設するにはマネックス証券がとてもおすすめです。

業界最安水準の手数料を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」の取り扱いがあるため、長期の資産形成で有利になります。

詳細ページ

公式ページ

更新日:

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.