つみたてNISA

【2037年まで】つみたてNISA(積立NISA)はいつまで?非課税期間20年をわかりやすく解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はつみたてNISAの非課税期間についてわかりやすく解説します。

つみたてNISAは2037年までの制度になりますので、すでに運用期間は20年を切っています

これからつみたてNISAを始めるならできるだけ早めに口座開設だけは済ませておきましょう

老後資産2,000万円を用意するために、今つみたてNISAは話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はまずは楽天証券でつみたてNISAを始めて、楽天ポイントでお得に少額からインデックス投資を始めましょう

本記事の内容

  • つみたてNISAの制度自体は2037年まで
  • 非課税期間は積立年度毎に20年間
  • つみたてNISAの非課税期間終了時は課税口座へ移管される
  • つみたてNISAはロールオーバーできない

つみたてNISA(積立NISA)の非課税期間20年についてわかりやすく解説!毎年40万円ずつ20年運用可能

コナツ
20年も税金がかからないんだね!
つみたてNISAをこれから始めても20年は運用できないよ
ショウシ

つみたてNISAの非課税期間について解説します。つみたてNISAは最大20年間資産運用による利益が非課税になる制度ですが、すでにつみたてNISAは20年間運用することができません。

2020年から始めたとすると、つみたてNISAは2038年までなので18年間で最大720万円まで積み立てが可能ということになります。

まだつみたてNISAを始めるなら早めに始めることをおすすめするのは非課税期間にあります。

この最大20年間の非課税期間についてわかりやすく解説しましょう。

つみたてNISAの制度自体は2037年まで

つみたてNISAは2037年までの制度とされていますので、投資信託の購入を行うことができるのは2037年までです。
2037年中に購入した投資信託についても20年間(2056年まで)非課税で保有することができます。

引用元:金融庁

つみたてNISAの制度自体は2037年までです。つまり2019年現在から始めても18年しか運用ができないことになります。

早くからつみたてNISAの目をつけて運用を始めた人は最大800万円まで積み立てができますが、2019年から始めた場合は720万円までしか積み立てすることはできません。

つみたてNISAを早めに始めたほうがいい理由はここにあります。つみたてNISAを始めるのが遅くなるほど積み立て可能なお金も減っていきます

これからつみたてNISAを始める人はまずは楽天証券で口座開設して、少額からでも積み立てしていきましょう。

楽天証券

非課税枠は最大2058年まで

つみたてNISAで積み立てする非課税期間は、年度毎に最大20年間になっています。

つまり2019年に積み立てた40万円は2039年まで、2020年に積み立てた40万円は2040年まで運用益が非課税になります。

つまりつみたてNISA制度の最後は2037年なので、最大2058年に最後の40万円の非課税期間が終わります

年度毎に20年の非課税期間があるのに途中売却はもったいないので、できるだけ途中解約はしないようにしましょう。

ちなみに非課税の適用は年度毎になりますので、1月につみたてNISAを始めても12月に始めても同じです。

つみたてNISAを始めるのが1年遅れる毎に合計非課税枠は40万円ずつ減っていく

つみたてNISAは毎年40万円ずつ積み立てすることができて、2038年までです。

つまり最終的に積み立てできる合計金額は800万円になります。

つみたてNISAを始めるのが遅れる毎に毎年40万円ずつ減ることになり、2020年に始めたとしたら合計720万円積み立てすることができます

つみたてNISAはほどお得な制度はなかなかありませんので、せっかくなら満額積み立てすることをおすすめしています。

ぜひつみたてNISAを一刻も早く始めましょう。

つみたてNISA(積立NISA)の非課税期間終了時は課税口座へ移管される

コナツ
つみたてNISAが終わったらどうすればいいんだろう?
自動的に課税口座へ移されるよ
ショウシ

つみたてNISAの20年後に非課税期間が終了した場合は、つみたてNISA口座で保有していた投資信託は課税口座(特定)に移管されます。

特に手続き等はなく、他に選択肢はありません。

この時課税口座に移管されるのは、20年後の非課税期間終了時の価格で移管されます。つみたてNISA期間での利益に課税はありませんので安心してください。

NISA非課税期間終了時

  • 一般NISA:ロールオーバーまたは課税口座へ移管
  • つみたてNISA:課税口座へ移管

つみたてNISA非課税期間終了後も課税口座で運用が可能

つみたてNISAの非課税期間終了後は非課税期間終了時の価格で課税口座へ移管されますので、その時点で買った投資信託のように扱うことができます。

つまり以降は同じように運用を続けることも可能です。当然特定口座に移管された後に出た利益は課税対象になります。

課税口座に移管後に発生した利益については通常通り20.315%の税金が課税されます。

つみたてNISA非課税期間終了後に売却がおすすめ

つみたてNISAの非課税期間終了後に特定口座へ移管されると、以降の利益には通常の投資と同じように税金が課税されます。

20年以上の長期運用を視野に入れて積み立てしているなら、以降も積み立てを続けても構いませんが、売却してもいいでしょう。

売り時は一括で売却しても構いませんが、複数回に分けた方がいいです。

複数回に分けることで毎月積立てて入金した時間リスクの分散を、出金時にも分散させることができます。相場はプロでも見抜くのは難しいので「ここが売り時!」と思ってもさらに伸びていく可能性も多いにありえます。

投資初心者こそ利益確定には慎重になるべきです。必ず複数回に分けて利益確定していきましょう。

つみたてNISAはロールオーバーはできない | ロールオーバーは一般NISA用の制度

コナツ
ロールオーバーってなに?
一般NISAでさらに5年間運用するための制度だよ
ショウシ

一般NISAの非課税期間終了時は、ロールオーバーするか課税口座へ移管するか選ぶことができます。

つみたてNISAはロールオーバーができません

ロールオーバーは一般NISAだけの制度になります。一般NISAでロールオーバーを使えば非課税期間を最大10年間運用することができます。

詳しく解説しましょう。

ロールオーバーとは一般NISAで買った株・投資信託を5年間延長して非課税で保有できる

一般NISAで購入した株式や投資信託は5年間非課税となっています。

一般NISAは5年間の非課税期間が終了したのちも翌年の非課税投資枠へ移すことで、さらに5年間非課税で保有することができます。

このように、翌年の非課税投資枠に移すことを「ロールオーバー」といいます。

一般NISAはロールオーバーを使うと、非課税期間が最長10年間運用することができます。

但しロールオーバーは銘柄毎に行われますので、非課税期間終了時に新たな銘柄を買い足すことはできません

ロールオーバーしないと課税口座へ移管は時価で移管される

一般NISAの非課税期間終了時に課税口座への移管は、その時の時価で移管されます。

つまり運用して評価損がある状態で課税口座へ移管されると、取得価格を評価損を抜いた時価で取引されることになります。

以降の運用益には税金が課税され、評価損のマイナスを受け入れなくてはなりません

ロールオーバーは評価損がある銘柄にこそ適用すべき制度です。評価損がある銘柄は必ずロールオーバーして、課税口座へ移管されないようにしましょう。

一般NISAのロールオーバー手順を解説

一般NISAのロールオーバーは銘柄毎に指定します。

ロールオーバーは書面による手続きが必要ですので、自身で印刷するか、書類を証券会社から取り寄せるか選びましょう。

書類が完成したら証券会社へ書類を送り、ロールオーバーは完了になります。この時ロールオーバーする銘柄が複数ある場合でもまとめて処理できますので、一括でロールオーバーしておきましょう。

特に評価損がある銘柄は忘れずにロールオーバーしておくようにしましょう。評価益がプラスの銘柄はその時点で売却しても問題ありません。

ロールオーバーの手続きを忘れるとその銘柄の非課税期間は終了する

一般NISAは非課税期間が終了する5年後にロールオーバーの手続きをしないと、課税口座へ移管されます。

ロールオーバーする場合は非課税期間が終了する時までに手続きしておく必要があります。課税口座へ一度移管されるとやっぱりロールオーバーするといったことはできません。

ロールオーバーする場合は、忘れずにロールオーバーの手続きをしておきましょう。

つみたてNISAのメリットは?

コナツ
つみたてNISAって何がいいんだろう?
つみたてNISAのメリットを解説するよ
ショウシ

つみたてNISAのメリット

  • 利益をそのまま受け取れる(非課税)
  • 非課税期間が長く長期運用に向いている
  • 低コストなインデックスファンドに投資できる

つみたてNISAの投資先がわかった所で、つみたてNISAのメリットをおさらいしましょう。

つみたてNISAは年間40万円と掛け金に上限はありますが、運用益がすべて非課税になるお得な制度です。

投資を始めるならまずは非課税で運用できるつみたてNISAがおすすめです。さらに楽天証券なら毎月の積み立てでお得に楽天ポイントを獲得することもできます。

運用期間は20年と比較的長いため将来への資産形成にはもってこいの制度です。将来のお子様の進学費用や老後資金のためにも今から積み立てしておきましょう。

投資と聞くと初心者はとっつきにくいかもしれませんが、投資信託は先程紹介した銘柄に思考停止で積み立てしておけば問題ありません。

今とても注目されているお得な制度ですので、ぜひ今から始めておきましょう。

まとめ:つみたてNISA(積立NISA)はいつまで?非課税期間20年をわかりやすく解説

つみたてNISAの20年後の非課税期間終了時はいかがだったでしょうか。

つみたてNISAは2037年までの制度になりますので、すでに運用期間は20年を切っています。これからつみたてNISAを始めるならできるだけ早めに口座開設だけは済ませておきましょう

老後資産2,000万円を用意するために、今つみたてNISAは話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

これからつみたてNISAを始めるなら楽天証券が1番お得です。ノーリスクで1%の還元があるのは非常にお得ですし、貯まったポイントは特定口座で投資信託を買うこともできます。

これからつみたてNISA口座を開設する方、他社でつみたてNISAもしくはNISA口座を開設している方は 、ぜひ楽天証券でつみたてNISA口座を開設してみてください。

お得なキャンペーン開催中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
必ず貰えるのは嬉しいね
ショウシ

楽天ポイントをお得に貯めるには、 楽天証券 の他に楽天銀行と 楽天カード の作成が必要になります。

楽天銀行と楽天証券を連携するだけで、現金1000円が漏れなく貰えます。

非常にお得なキャンペーンとなっていますので、ぜひこの機会に楽天銀行と楽天証券の両方を口座開設してみてください

こちらのキャンペーンはエントリーが必要となっていますので、口座開設後は必ずエントリーしてください

スポンサーリンク

おすすめ証券口座ランキング

楽天証券

楽天証券

証券口座の中で唯一身近な「楽天ポイント」を貯めることができる証券会社です。

貯めた楽天ポイントで投資信託を積立てることができます。

取扱銘柄数は以前まで最多を誇っていたSBI証券と並び、人気の「eMAXIS Slim」シリーズの取扱いもありますので、商品ラインナップに困ることはありません。

2019年3月よりつみたてNISAの投資信託を楽天カード決済で購入すると、1%の楽天ポイントを獲得できるようになり、ノーリスクで1%の利回りが確定できるので、2019年最もお得でおすすめの証券会社です。

詳細ページ

公式ページ

SBI証券

SBI証券

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。

証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

低コスト、豊富なラインナップで投資家には必須の口座です。

詳細ページ

公式ページ

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券はNISA口座での取引手数料は無料になっています。

NISAやつみたてNISA口座を開設するにはマネックス証券がとてもおすすめです。

業界最安水準の手数料を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」の取り扱いがあるため、長期の資産形成で有利になります。

詳細ページ

公式ページ

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-つみたてNISA
-,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.