つみたてNISA

【楽天証券で始めよう】つみたてNISA(積立NISA)で楽天ポイントをお得に貯める方法を解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回は 楽天証券 でつみたてNISAを積立設定して、楽天ポイントを最大に獲得する方法を解説します。

楽天証券で投資信託を積立てすると、楽天ポイントをお得に獲得することができて非常におすすめです。

老後資産2,000万円を用意するために、今つみたてNISAは話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はまずは楽天証券でつみたてNISAを始めて、楽天ポイントでお得に少額からインデックス投資を始めましょう

本記事の内容

  • 楽天証券のつみたてNISAは、毎日決済と毎月決済の併用が1番お得
  • 獲得ポイントの仕組み
  • 獲得ポイントはポイント積立がおすすめ

【2019/07/17まで】つみたてNISA(積立NISA)で楽天ポイントをお得に貯めるには毎日積立とクレジット決済の併用がおすすめ

楽天証券でつみたてNISAを積立して楽天ポイントを最大化するには、毎日積立と毎月積立の併用がお得です。

毎日積立を楽天証券で設定すると、1件の積立あたり3ポイント獲得でき、

毎月積立を楽天カードで決済すると、1%のポイント獲得できます。

楽天証券で獲得ポイントを最大化するには、積立する銘柄に毎日100円積立を行い、残額を楽天カードで決済すれば獲得ポイントを最大化できます。

つみたてNISAの毎月積立額3万3千円で計算してみましょう。

積立銘柄が2件の場合

毎日積立:100円×2銘柄×3ポイント×30日=180ポイント
毎月積立:2万7千円×1%=270ポイント

合計450ポイントを獲得できます。

積立銘柄が3件の場合

毎日積立:100円×3銘柄×3ポイント×30日=270ポイント
毎月積立:2万4千円×1%=240ポイント

合計510ポイントを獲得できます。

銘柄は11件が獲得ポイントが最も多い

毎日積立:100円×11銘柄×3ポイント×30日=990ポイント

11銘柄に100円を毎日積立が獲得ポイントが最大になります。
しかしつみたてNISAの限度額が40万円と少額なので、分散してしまうと利益出しづらくなりますのでおすすめできません。
銘柄は多くても3件程度に抑えておいた方がおすすめです。
目的はあくまで投資だということを忘れないようにしてください
楽天証券の獲得ポイントの仕組みを詳しく解説しましょう。

【2019/07/17以降】毎日積立を1銘柄指定して残りは楽天カード決済が最も獲得ポイントが高い

2019/07/17より楽天証券のマネーブリッジの仕様が変更になり、毎日積み立てを何件設定していても自動入金(スイープ)は1件の取り扱いになりました。

つまり今までの毎日積立を何件も設定しておくやり方はできなくなり、毎日積立は1銘柄に抑えて残りを楽天カード決済にするやり方がベストです。

ポイントを試算してみましょう。

楽天カード決済のみの場合の獲得ポイント

毎月積立:3万3千円 × 1% = 330ポイント

つみたてNISAの積立額をすべて楽天カード決済にした場合、獲得ポイントは毎月330ポイントになります。

つみたてNISAの毎月積立額は33,333円ですが、ここではわかりやすく3万3千円で試算しています。

これを基準にどちらがお得か試算してみましょう。

毎日積立1件+楽天カード決済の場合の獲得ポイント

毎日積立:100円×1銘柄×3ポイント×30日=90ポイント
毎月積立:3万円 × 1% = 300ポイント

1銘柄を毎日積立にした場合、獲得ポイントは毎月90ポイントです。

残りの金額を楽天カード決済で支払うと300ポイント獲得できます。つまり毎日積立と毎月積立を併用すると最大毎月390ポイントを獲得できます。

すべて楽天カード決済にするより60ポイント多いですね。これが現状は最も獲得ポイントが多いやり方になります。

もしめんどくさい場合はすべて楽天カード決済でもいいでしょう。

ますますつみたてNISAで楽天カードの重要性が増してきましたね。楽天証券の口座開設と一緒に楽天カードも必ず作っておきましょう。

ネット証券各社のポイントサービスを比較!汎用的に使えるポイントは楽天証券だけ

証券会社 ポイント
楽天証券 楽天ポイント
SBI証券 SBIポイント
マネックス証券 マネックスポイント
カブドットコム証券 毎月ポイント
松井証券 松井証券ポイント
コナツ
他にもお得なネット証券ってあるのかな?
独自ポイントが多くて汎用的に使えるポイントは楽天証券だけだよ
ショウシ

大手ネット証券では投資信託を購入する毎にポイント付与の独自サービスを行っています。

ただ投資信託を買うだけでなく、ポイントも貯まっていくとお得ですね。

現状はネット証券のポイントサービスで汎用的に使えるポイントは楽天ポイントのみです。

他のネット証券では投資信託の積み立て、もしくは他のポイントへ移行もありますがポイント自体を汎用的には使えません。

現状は投資信託を買うなら楽天証券が最もお得ということになるでしょう。

投資信託以外にもポイントなどその他の部分も目が離せません。ぜひ楽天証券で楽天ポイントを有効活用しましょう。

楽天証券のつみたてNISAで楽天ポイントが貯まる仕組みを解説

コナツ
なんで楽天ポイントが貯まるの?
楽天ポイントが貯まる仕組みを解説するよ
ショウシ

楽天ポイントが貯まる仕組み

  • 毎日積立設定でハッピープログラムポイントを獲得
  • 楽天カードのクレジット決済で1%ポイント還元
  • 投資信託を保有していると資産形成ポイントを獲得

詳しく見ていきましょう。

毎日積立設定でハッピープログラムポイントを獲得

楽天証券口座と楽天銀行口座をマネーブリッジで口座連携を行うと、お取引毎に楽天ポイントを貯めることができます。

毎日積立設定で楽天銀行口座から自動引落しを行うと、1日あたり3ポイント貰うことができます

【2019/07/17以降】楽天証券のマネーブリッジの仕様変更により何件積み立て設定しても1日1件の扱いになります。よって毎日積立は1件だけ設定しておけば十分です。

残りは楽天カード決済にしましょう。

このハッピープログラムは取引額に関わらず1件毎に3ポイント貰えますので、100円でも3ポイント貰うことができます。(1日最大15件)

1日あたり最大ファンド数(15件)×3ポイント=45ポイントで、1ヶ月あたり45ポイント×30日=1350ポイントですが、これではつみたてNISAの限度額を超えてしまいます。

1ヶ月あたり3万3千円なので、1日あたり11件が限度になります1日あたり11件だと、1ヶ月最大990ポイント貰うことができます。

しかしこれは楽天銀行口座がVIP以上でないと3ポイント貰うことができません。

楽天証券口座のステージは1ヶ月あたり20件以上の取引があればVIP以上になります。

毎日積立設定しておけば1ヶ月あたり20件以上の取引になりますので、VIP以上の特典を受けることができます。

理論値としては毎日積立設定で11件のファンドに投資すれば最大ポイント貰うことができますが、目的はあくまで投資なので、11件の銘柄に分散してしまうと利益も出にくくなります

つみたてNISAでは限度額が限られていますので、多くても3つ程度の銘柄に絞るようにしてください

【2019/07/17以降】毎日積立で獲得できるポイントは何銘柄指定しても1日3ポイントに変更なりました。毎日積立は1件に絞り、残りは楽天カード決済にしましょう。

楽天カードのクレジット決済で1%ポイント還元

こちらは2019年3月より利用可能となりますが、楽天証券で投資信託を買うと楽天ポイント1%が還元されます。

楽天カードは通常のお買い物も1%還元ですので、同等にポイントを貯められるようになったということですね。

従来では「楽天カード支払い口座からの引き落とし」となっており、ポイントは貯められませんでしたので、非常にお得になりますね。

引落方法 楽天カードクレジット決済 楽天カード支払口座からの引落
楽天スーパーポイントの付与
決済額の100円につき1ポイント付与!

※通常ポイントを付与
×
毎月の積立上限額 5万円 上限なし
最低買付金額 100円
※毎日積立不可
1,000円
積立指定日 毎月1日
※休業日の場合は翌営業日
毎月12日
※休業日の場合は翌営業日
引落日 毎月27日
(積立 後 にお支払)
※休業日の場合は翌営業日
毎月27日
(積立 前に引落)
※休業日の場合は翌営業日
ポイント積立 ※1 ×
ボーナス設定 ※2 ×

こちらも非常にお得ですので、必ず楽天カードクレジット決済にしておきたいですね

つみたてNISAの場合、1ヶ月あたり3万3千円の積立額になりますので、最大1ヶ月あたり330ポイント獲得できます。

投資信託でクレジットカードのポイントを貯められる証券口座は他にはありませんので、楽天証券が非常にお得です。

楽天カードでクレジット決済するためには楽天カードが必要ですので、ぜひこの機会にカードを作成しておいてください。

楽天カード

投資信託を保有していると資産形成ポイントを獲得

楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」および、「楽天銀行ハッピープログラム」にご登録なさっているお客様におかれまして、投資信託の残高10万円ごとに毎月2ポイントを差し上げてまいりましたが、2012年3月度より以下のとおり投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイントに増量させていただきます。

引用元: 楽天証券

楽天証券では投資信託を保有しているだけで、毎月楽天ポイントを貰うことができます。

楽天銀行とマネーブリッジを設定しているとハッピープログラムの投資信託残高によるポイント付与となり、マネーブリッジを設定していない場合は楽天証券の資産形成ポイントの付与となります。

おすすめはハッピープログラムの投資信託ポイント残高による付与です。

ハッピープログラムの投資信託残高により毎月付与されるポイントは10万円につき4ポイントで、将来的に貯まる400万〜1,000万円はハッピープログラムの方がポイント付与率は高くなります

マネーブリッジは楽天銀行の普通預金金利も高くなり、おすすめですので必ず設定しておきましょう。

つみたてNISAで貯まった楽天ポイントはポイント積み立てで投資信託を買うのがおすすめ

貯まった楽天ポイントは楽天証券口座で投資信託の購入をおすすめしています。

ポイントでお買い物もいいですが、投資にまわしておけば将来思わぬ資産が手に入る可能性があります

10年後にどうなっているか非常に楽しみですね。

ポイント投資は年に1回つみたてNISAの余った枠で投資してもいいですし、特定口座で投資してもいいですね。

ポイント積立手順は他記事でまとめています。

つみたてNISAのメリットは?

コナツ
つみたてNISAって何がいいんだろう?
つみたてNISAのメリットを解説するよ
ショウシ

つみたてNISAのメリット

  • 利益をそのまま受け取れる(非課税)
  • 非課税期間が長く長期運用に向いている
  • 低コストなインデックスファンドに投資できる

つみたてNISAについてわかった所で、つみたてNISAのメリットをおさらいしましょう。

つみたてNISAは年間40万円と掛け金に上限はありますが、運用益がすべて非課税になるお得な制度です。

これから投資を始めるならまずは税金がかからず運用できるつみたてNISAがおすすめです。

さらに楽天証券なら毎月の積み立てでお得に楽天ポイントを獲得することもできます。

つみたてNISAの運用期間は20年と比較的長いため将来への資産形成にはもってこいの制度です。

投資と聞くと初心者はとっつきにくいかもしれませんが、投資信託は先程紹介した銘柄に思考停止で積み立てしておけば問題ありません。

今とても注目されているお得な制度ですので、ぜひ今から始めておきましょう。

まとめ:つみたてNISAで楽天ポイントをお得に貯める方法を解説

楽天証券で楽天ポイントをお得に貯める方法はいかがだったでしょうか。

楽天証券で投資信託を積立てすると、楽天ポイントをお得に獲得することができて非常におすすめです。

老後資産2,000万円を用意するために、今つみたてNISAは話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

これからつみたてNISAを始めるなら楽天証券が1番お得です。ノーリスクで1%の還元があるのは非常にお得ですし、貯まったポイントは特定口座で投資信託を買うこともできます。

これからつみたてNISA口座を開設する方、他社でつみたてNISAもしくはNISA口座を開設している方は 、ぜひ楽天証券でつみたてNISA口座を開設してみてください。

お得なキャンペーン開催中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
必ず貰えるのは嬉しいね
ショウシ

楽天ポイントをお得に貯めるには、 楽天証券 の他に楽天銀行と 楽天カード の作成が必要になります。

楽天銀行と楽天証券を連携するだけで、現金1000円が漏れなく貰えます。

非常にお得なキャンペーンとなっていますので、ぜひこの機会に楽天銀行と楽天証券の両方を口座開設してみてください

こちらのキャンペーンはエントリーが必要となっていますので、口座開設後は必ずエントリーしてください

スポンサーリンク

おすすめ証券口座ランキング

楽天証券

楽天証券

証券口座の中で唯一身近な「楽天ポイント」を貯めることができる証券会社です。

貯めた楽天ポイントで投資信託を積立てることができます。

取扱銘柄数は以前まで最多を誇っていたSBI証券と並び、人気の「eMAXIS Slim」シリーズの取扱いもありますので、商品ラインナップに困ることはありません。

2019年3月よりつみたてNISAの投資信託を楽天カード決済で購入すると、1%の楽天ポイントを獲得できるようになり、ノーリスクで1%の利回りが確定できるので、2019年最もお得でおすすめの証券会社です。

詳細ページ

公式ページ

SBI証券

SBI証券

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。

証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

低コスト、豊富なラインナップで投資家には必須の口座です。

詳細ページ

公式ページ

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券はNISA口座での取引手数料は無料になっています。

NISAやつみたてNISA口座を開設するにはマネックス証券がとてもおすすめです。

業界最安水準の手数料を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」の取り扱いがあるため、長期の資産形成で有利になります。

詳細ページ

公式ページ

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-つみたてNISA
-, ,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.