資産運用 おすすめ記事

【ゼロからわかる】初心者におすすめの少額から気軽にできる資産運用・投資を年代別に徹底解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回は初心者におすすめできる少額から始める資産運用・投資を年代別にご紹介します。

コナツ
資産運用って何から始めたらいいかわからない…
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私も毎月つみたてNISAでコツコツと資産運用をしています

▼楽天証券のつみたてNISA運用

金融庁は老後資金に年金以外の余裕資金が最低2,000万円以上必要であると発表しました

年金で不足している部分は、自分でコツコツ貯金して自分年金を作っていくしかありません。

でもどうやって2,000万円ものお金を貯めていけばいいのか?

 

将来への積み立てなら、資産運用で作っていきましょう

資産運用でコツコツ貯めていけば、銀行預金よりも飛躍的に貯蓄額を伸ばすことができます。

 

でも資産運用って怖い…と思う人が多いと思います。

しかしこれからの時代は、むしろ銀行預金にしていることこそがリスクなのです

 

最近の資産運用は少額から始められて、中にも貯めたポイントで投資できるものもできます。

資産運用はプロが多額の資金で運用!の時代は終わりました。

これからの時代の少額から気軽始められる投資について、初心者にもわかりやすく解説していきます。

本記事の内容

  • 初心者におすすめ投資先:つみたてNISA、ロボアドバイザー、iDeCo(イデコ)、FXシステムトレード
  • 銀行預金はこそがリスクになる
  • 資産運用は少額から気軽に始められる時代
  • 話題のポイント投資を活用しよう

おすすめ投資ランキング

ロボアドバイザー投資

おすすめNo.1はロボアドバイザー投資

ロボアドバイザーなら完全自動で手間いらず

高利回りが期待できます

詳細ページ

公式ページ

つみたてNISA

投資信託の収益が全て非課税になるつみたてNISA制度がおすすめ。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

収益だけでなく掛け金も控除できる節税効果の高いおすすめ資産運用。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

FXシステムトレード

初心者におすすめできるFXシステムトレード。

FX入門に最適。

高利回りが期待できます。

詳細ページ

公式ページ

なぜ資産運用・投資が必要なの?現代は銀行預金はリスクです

コナツ
資産運用を始めた方がいいって聞くけど…
なぜ資産運用が必要なのか解説するよ
ショウシ

先行き不透明な現代では、様々な不安があります。

 

人間の平均寿命は伸びていき現代では寿命は100年に達して、人生100年時代と言われています。

通常のサラリーマンは60歳定年、65歳年金受給開始から100歳までは公的年金で暮らしていきます。

 

果たして本当に年金だけで安定した生活を送れるのでしょうか?

答えはNOです。理由を具体的に解説しましょう。

 

一般的なサラリーマン家庭の平均年金受給額は、夫婦で約月23万円。

都市部や地方など、生活環境により多少の前後はありますが、平均的な生活を送るには月マイナス5万円足りません。

 

ゆとりある生活を送るためには、月マイナス15万円と言われています。

年金だけではゆとりある生活が遅れません。

 

これが年金2,000万円不足問題の詳細です

 

今は超低金利時代!銀行預金では手数料分の金利も賄えない

コナツ
でも怖いから定期預金から…
ちょっと待った!定期預金はほとんど利益が出ないんだよ
ショウシ

現代は超低金利時代です

 

2019年はゼロ金利・マイナス金利政策により、住宅ローン金利や定期預金金利はとても下がっています。

低金利の銀行の定期預金は、何年も何百万預けていても、複利効果により利益は得られないでしょう。

 

お金を銀行に預けておくだけでは、お金は全く増えていきません

銀行預金にもしものためのお金を貯金しておくこと自体がリスクなのです

 

資産運用は貯金箱

私は資産運用は貯金箱と表現しています。

 

例えばお子さんが10年後に大学進学となる場合、親御さんとしてはそのためにある程度貯金しておく必要があります。

そういったお金を積立投資で貯金していく、といった運用をおすすめしています。

 

毎月決まった額を積立しておいたら、10年後は思わぬ額が溜まっているかも

毎月投資するのが楽しみになりますね。

 

ご自身の人生プランを考えて、何年後にいくら程度のお金が必要になってくるのか。

そのためには毎月いくら積立すればよいか。

 

それこそが資産運用の目的であり、目標金額です

ぜひご自身のライフスタイルに合わせて、投資目標額と積立額を決めておいてください。

  • 投資目標額:長期的に見て何年後にまとまったお金が必要になるか
  • 積立額:目標額から逆算して毎月いくら積立したらいいか

 

銀行預金はリスクあり!せっかくなら資産運用を始めた方がお得

銀行にお金を預けておいても全く増えていきません

 

これからの時代は投資をするかしないかで、大きく資産が変わってきます

長期的な運用では利益を引き出さずに再投資を行う複利を活用すると、利益をさらに伸ばしていくことができます。

 

預金に比べたら確かにリスクはありますが、低リスクの資産やつみたてNISAなどの制度を活用していくことで、ある程度リスクを抑えた運用も可能です。

将来の自身のためにも、今からできる限りの準備を始めていきましょう。

 

投資・資産運用のリスクとは?3つのリスクを解説

コナツ
資産運用って怖いなぁ…
具体的な資産運用のリスクについて解説するよ
ショウシ

投資によるリスクを解説していきます。

 

資産運用は比較的に低リスクのものを紹介していますが、投資ですのでリスクはゼロではありません

元本割れや資産が大きく目減りしてしまうリスクももちろんあります。

 

リスクを正しく理解して、資産運用していくようにしましょう。

 

価格変動リスクを解説

価格変動リスクとは、一時的に価格が上下することにより保有している資産価値が上下してしまうことです。

 

投資を行う上で資産価値は必ず変動していくもの、と覚えておきましょう。

例えばリーマンショックが起こった2008年前後から見た日経平均株価は、2019年現在では2倍近くの株価になっています。

 

リーマンショックのような暴落もあれば、価格が上がっていくこともあります。

投資はそのようなリスクと常に隣り合わせであることを覚えておきましょう。

 

金利リスクを解説

金利リスクとは、景気や経済によって債権の価格が変動することを指します。

 

債権を組み入れた投資信託を購入している場合には、この金利リスクが存在します

一般的に金利が上昇すれば債権の価格が下がり、金利が下がれば債権の価格が上がります。

 

債券は最終的に額面金額の元本が返ってきますから、額面金額よりも安く債券を購入することができれば、利子と同様に投資家にとっての利益になります。

したがって、金利が上昇すれば、その金利水準に見合った債券価格に価格を下げて、売却をすることになり、この価格が「時価」として、債券の評価価格にも影響を与えることになります。

 

投資信託の場合は、直接債権を購入するわけではありませんが、金利の仕組みについては詳しく知っておいたほうがいいでしょう。

 

為替変動リスクを解説

為替リスクとは、日本円に対して外貨の価格が上下することにより発生するリスクになります。

 

例えば外国株式を1ドル110円で買った場合、1ドル100円で売却すれば為替だけで1ドルあたり10円の損失が発生することになります。

このように外貨建ての資産価値が減ってしまうことを指します。

 

投資を行う上で外貨建ての資産は必ずつきまといますので、よく覚えておきましょう。

 

投資のリスクを最小限に抑えるには「長期・分散・積立」!長期運用ならほぼ負けない

  1. 投資先を分散させたポートフォリオを構築する
  2. 積立による長期的な運用

資産が国内資産に偏ってしまうと日経平均の下落により、資産が大きく目減りしてしまいます。

 

外国資産にだけ投資していくと、為替変動により資産が大きく影響を受けてしまいます。

さらに資産を一気に投入してしまうと、もし価格が高い時に購入してしまうと、価格変動による影響を大きく受けてしまいます。

 

このようなリスクを回避していくためには、分散・長期・積み立てをキーワードに投資していくといいでしょう。

投資先はなるべく多くの種類の資産へ投資、積立できるものは一気に購入せず少しずつ積立で購入していきましょう。

 

長期運用ではほぼ元本割れの可能性はない

引用元:金融庁

コナツ
マイナスにはなりたくないな…
長期運用なら元本割れのリスクは低くなるよ
ショウシ

資産運用は絶対儲かる!ということはありえません

 

ここでご紹介した投資は元本保証型ではありませんので、元本割れのリスクもあり得ます。

しかし長期運用では元本割れの可能性を限りなくゼロに近づけることが可能です。

 

金融庁のデータによると、スタンダードな国際分散投資を5年間運用した場合と20年間運用した場合の元本割れする確率を比較した結果、20年間運用すると元本割れする資産はありません

積み立て投資を長期運用で実践することで平均リターンはプラス方向に転じるということです。

 

投資においては、コツコツ積み立てが非常に重要だということがわかります。

長期運用において利益を最大化するためにはいくつかのコツがあります。

 

将来へ向けた資産形成のためにも以下のコツを守って積み立てしていきましょう。

これから資産運用を始めるなら長期運用ができるつみたてNISA・iDeCo(イデコ)・ロボアドバイザー投資から始めるといいでしょう。

 

初心者におすすめできる少額資産運用・投資を年代別に徹底解説

コナツ
投資やりたいけど、難しそうで…
初心者でも簡単にできるものを紹介するよ
ショウシ

年代別おすすめ投資先

  • 若年層に人気のおすすめ投資先:つみたてNISA
  • 老後資金を貯めるおすすめ投資先:iDeCo(イデコ)
  • 長期運用でおすすめ投資先:ロボアドバイザー
  • 高いリターンが狙えるおすすめ投資先:FXシステムトレード

これから資産運用を開始する方向けに、年代別におすすめ投資先を解説していきます。

 

ここで紹介した年代以外の方でも十分おすすめできる投資先となっていますので、年代にとらわれずに選んでももちろんOKです。

おすすめの投資先に選ぶ理由を解説します。

  1. 自動で運用ができること(投資経験値に左右されないこと)
  2. 少額から始めることができること
  3. 長期的に見て資産が増えていくこと

 

投資といえばチャートを見て注文を出していく、のような姿を想像する方もいるでしょう。

 

しかしここでは自力のトレード(→裁量トレード)はおすすめしません。

なぜなら初心者が裁量トレードで利益を出せてもマグレ当たりの可能性が高く、継続的に利益を上げていくことは難しいでしょう。

 

初心者はリスクの低い投資先から始めていき、徐々に慣れてきたらリスクがあるものに手を出していくといいですね

ここでご紹介する投資先は初心者にもおすすめできますので、ぜひ始めてみてください。

投資先 最低投資金額 リスク
つみたてNISA 0円
iDeCo(イデコ) 0円
ロボアドバイザー 10万円
FXシステムトレード 10万円

 

若年層に人気のおすすめ投資先:つみたてNISA(積立NISA)

投資先 つみたてNISA
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 0万円(毎月3万円程度)
利回り 4〜8%程度
特徴 話題のインデックス投資。投資信託に積立投資ができます。
関連記事 【ゼロからわかる】つみたてNISA(積立NISA)とは?特徴と評判・口コミ・メリット・デメリットを徹底解説
コナツ
NISAって聞いたことあるんだけど…
運用益が非課税になるお得な制度だよ
ショウシ

若年層の方に最もおすすめしたい制度が、つみたてNISAです。

 

つみたてNISAは20年間の運用による運用益が非課税になるお得な制度で政府も推奨している制度になります。

20〜30代の方はこれから結婚や出産・子供養育費等、お金のかかるイベントが多く控えています。

 

まだまだお若く人生もこれからですので、20年以上を見据えた長期的な資産運用が必要になってきます

つみたてNISAを始めなら、楽天ポイント運用ができる楽天証券で始めて絶対後悔しません

 

まだ楽天ポイント貯めていない人も、毎月キレイに使い切るものなので、この機会に始めてみるといいですよ。

 

楽天証券なら入金の手間がかからない

楽天証券なら、毎月の積立を楽天カード決済にしておけば入金の手間も一切かかりません

毎月のこととなると忘れてしまうことが多いですが、楽天カードで積み立てしておけばクレジットカードで積み立てできるので非常に簡単です。

 

楽天証券なら楽天ポイントが貯めたり使ったりできる → 負けにくい資産運用

貯まった楽天ポイントを使って積み立てすることもでき、毎月の積み立てで楽天ポイントが貯まるので、他の資産運用に比べて負けにくい特徴があります。

 

楽天ポイントでノーリスクで1%の利回りが確定していますので、正直言ってかなり破格ですね

まずは楽天証券で口座開設しましょう

 

老後資金におすすめ投資先:個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)

投資先 確定拠出年金:iDeCo(イデコ)
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 0万円(毎月2万円程度)
利回り 4〜8%程度
特徴 掛け金も非課税になり、節税効果が高い制度
関連記事 【ゼロから始める】個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ)とは?おすすめ金融機関・銀行とメリット・デメリットを解説
コナツ
い…いでこ…?
個人用の年金制度だと思えばいいよ
ショウシ

老後資金への貯金で最もおすすめしたいのが、確定拠出年金制度であるiDeCo(イデコ)です。

 

イデコは60歳になるまで掛け金を引き出すことはできず自由度に制限がありますが、そのぶん節税効果が高く掛け金も全額控除が可能な「超」が付くほどお得な制度です。

 

iDeCo(イデコ)は節税しながら自分年金が作れる資産運用

こちらのiDeCo(イデコ)も運用益が非課税になるため政府も推奨している制度になります。

 

イデコの目的は自分年金を作ることです

イデコは節税効果も高い資産運用ですが、お得すぎるゆえに60歳になるまで出金できないというデメリットもあります。

 

そのため、イデコの目的は自ずと老後資金に限られます

しかし老後資金が目的なら、これ以上ないほどお得な資産運用です。

 

老後資金というとまだまだ先に感じるかもしれませんが、必ずやってくる未来です。

今のうちからちょっとずつでも準備しておきましょう。

 

iDeCo(イデコ)の毎月積み立てできる金額は職業によって変わる

せっかく貯金をするならiDeCo(イデコ)のお得な制度をぜひ活用してください。

 

iDeCo(イデコ)は職業により毎月積み立てできる金額が変わります

iDeCo(イデコ)の制度をよく理解して始めましょう。

 

iDeCo(イデコ)を始めるならマネックス証券がおすすめ

これからイデコを始めるなら、マネックス証券がおすすめです。

 

イデコ口座で選べる投資信託は限られていますが、マネックス証券なら低コストな投資信託が揃っています。

金融機関を選ぶなら、低コストで有名ならeMAXIS Slimシリーズの取り扱いがあるかが1つの目安になるでしょう

 

eMAXIS Slimシリーズはマネックス証券とSBI証券で取り扱いがあり、初心者にはマネックス証券がおすすめです。

 

長期運用でおすすめ投資先:ロボアドバイザー投資

投資先 ロボアドバイザー
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 1〜10万円(毎月3万円程度)
利回り 4〜10%
特徴 完全自動で手間いらず。入金以外の手間はなし。
関連記事 どっちがおすすめ?】2大ロボアドバイザーのウェルスナビ(WelthNavi)とTHEO(テオ)を徹底比較
コナツ
ロ、ロボ…?
AIによる自動資産運用のことだよ
ショウシ

資産運用といえば自分でどこに投資するか決めて運用するもの!と思っていませんか?

 

AIによって自動で投資先を決めて運用が可能な、次世代の資産運用がすでに始まっています

このロボアドバイザー投資のメリットは、なんと言っても初心者でもプロ並みの運用ができること。

 

AIがアルゴリズムに従って投資先を決めて買付まで自動で行ってくれます。

あなたは入金するだけでやることは完了です

 

いつでも出金も可能で自動で運用してくれますので、あなたは別口座にお金を入れているような感覚で資産運用できることが魅了です

投資一任型のロボアドバイザーの中では手数料は最安で、確定申告も不要なので本当に簡単です。

 

気になった人は、口座開設も無料なのでとりあえず少額から運用してみると、良さがわかりますよ

 

ロボアドバイザー投資は注目度が高い近未来型投資

ロボアドバイザーは近年のAI技術の進化により、話題が話題を呼び注目を集めています。

 

ロボアドバイザーに代表されるウェルスナビは、預かり資産が1,500億円を突破(2019年6月時点)し、注目度の高さが伺えます。

投資初心者でもお手軽にプロ並の資産運用ができますので、非常におすすめです

 

これからロボアドバイザー投資を始めるなら、手数料が最安のTHEO(テオ)がおすすめ

これからロボアドバイザー運用を始めるならTHEO COLOR PALETTEによる手数料割引制度が導入されたTHEOが最もおすすめです。

 

ロボアドバイザーで投資している人の中には利回り10%を出している人もいます

インデックス投資よりも高い利回りが狙えますが、投資信託の信託報酬に比べると年率1%の手数料は高めに感じるでしょう。

 

少しでもコストを抑えて運用するには、ロボアドバイザー投資の手数料割引制度を利用する必要があります

現状の投資一任型ロボアドバイザーの中でも、THEO(テオ)は最も手数料を安く抑えることができます

 

これからロボアドバイザー投資を始めるなら、THEO(テオ)で低コストに始めるのがおすすめです。

 

高いリターンが狙えるおすすめ投資先:FXシステムトレード

投資先 FXシステムトレード
おすすめ度 ★★
最低投資金額 10万円程度
利回り 5〜20%
特徴  FX自動売買。初心者でも簡単です。
関連記事 【初心者向け】おすすめのFXシステムトレードを5選を徹底紹介 | メリットとデメリットを解説
コナツ
FXって怖いイメージがあるんだけど・・・
システムトレードは自動売買だから、チャートがわからなくてもFXができるよ
ショウシ

高いリターンを狙うの方に最もおすすめできる投資は、FXシステムトレードです。

 

40〜60代になるとお子さんの進学や両親の介護・自身の病気など、いつお金が必要になるかわかりません。

投資は長期的な運用が重要ですが、ある程度の短期的な資産形成も必要になってくるでしょう

 

お手軽に資産運用したい場合は、FXシステムトレードによる資産運用がおすすめです。

 

FXシステムトレードはほったらかしでFX取引が可能

FXというと難しいイメージがあると思いますが、FXシステムトレードはアルゴリズムに従った自動売買なので初心者でもベテラントレーダー並のトレードが可能です。

 

つまりチャートを見ながら予想して注文を出していく、といった従来のFX取引が一切不要です。

一度運用開始したら、ほったらかしでどんどん注文と決済を繰り返してくれます

 

FXはほとんどの人が負ける世界ですが、このシステムトレードでは自身が介入する必要がない=負けにくい資産運用になっています。

FXシステムトレードを動かしてみると、気持ちいいほど決済が多くてびっくりしますよ。

 

FXはレバレッジで倍率を掛ける分、リスクもある

FXはレバレッジという仕組みにより、実際の資産よりも多くの資金を動かすことができます。

 

その分リスクもあります。

FXシステムトレードを始めるなら、証拠金管理が非常に重要です

 

含み損が増えすぎて証拠金が下回ると、強制的に含み損がすべて決済されるロスカットが発生してしまいます。

ロスカットが発生すると、証拠金の大半を失うことになります。

 

そのため、FXシステムトレードにおいては常に証拠金管理に気をつけておく必要があります。

まずはFXに慣れるためにも、いきなり多額の資金を投入せずに10〜30万円程度の資金で慣れていくといいですね

 

含み損が増えた時のために10万円ほどの余剰資金を用意しておきましょう。

FXにおいては含み損が増えても、数日立つとチャートが元に戻って回復していくことが多いです。

 

余裕資金を確保しておけば、一時的に含み損が増えた時に入金して、また回復してきたら出金すればOKです。

 

ベテラントレーダーのコピートレードができるみんなのシストレから始めよう

おすすめはベテラントレーダーのコピートレードができる、みんなのシストレが最もおすすめです。

 

みんなのシストレは優秀なストラテジーを選べば、そのストラテジーのコピートレードができます。

他のシステムトレードではレンジ幅や注文本数など、難しい設定もありますがみんなのシストレでは一切不要です

 

さらにみんなのシストレでは収益ランキングもあり、実際にみんなのシストレで稼いでる人がどのストラテジーを使っているか見ることができます。

実際に稼いでる人が使っているストラテジーなので、信ぴょう性は高いですね

 

初心者はまずは収益ランキングを参考に、ストラテジーを選んでトレードを始めてみましょう。

 

話題のポイント投資もおすすめ!楽天ポイントとTポイントで投資ができる

コナツ
楽天ポイントなら貯めてるよ!
楽天ポイントで投資信託を買うこともできるよ
ショウシ

ここでは貯めたポイントで投資することができる、ちょっと変わった投資について解説します。

 

自身の資産を使った投資と違い、クレジットカードのポイントなどで投資できるため、ゼロリスクで投資をすることができます

  1. 楽天ポイントで投資信託へ投資
  2. Tポイントで株へ投資
  3. インヴァストカードのポイントでマネーハッチに投資

 

楽天ポイントで投資信託へ積立投資

投資先 楽天証券
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 0万円(楽天ポイントのみ)
利回り 4〜8%程度
特徴 楽天ポイントで投資信託を購入
関連記事 【楽天ポイント投資】楽天証券とは?特徴とメリット・デメリットと評判と口コミを解説

楽天証券でつみたてNISAに投資すると、毎月お得に楽天ポイントが貯めることができます

 

貯まったポイントでさらに投資信託を購入することができますので、楽天ポイントだけで全て投資することも可能です。

ノーリスクで1%の利回りが確定する楽天証券は、2019年最もおすすめの証券会社です。

 

つみたてNISA枠以外でも、楽天ポイントを使った投資もできて手数料も安いので、楽天証券はおすすめですよ。

ポイント投資といえば、まずは楽天ポイントを使える楽天証券が有力ですね。

 

楽天カードを作れば楽天ポイントカードにもなりますので、これから楽天ポイントを貯める人は楽天カードを作りましょう

楽天カードは普段の買い物の1%が楽天ポイントとして貯まりますので、普段使いにもおすすめのクレジットカードですよ。

楽天カード

 

 

楽天ポイントをお得に貯めるには?楽天ペイでお得にポイントを貯めよう

コナツ
なんとかペイっていっぱいあるけどどう違うの?
楽天ペイなら楽天ポイントが貯まるよ
ショウシ

ポイントでお得に資産運用をするには、お得にポイントが貯まる仕組みがなくてはなりません

 

近年話題の〇〇ペイは始めていますか?

楽天ポイントで資産運用を始めるなら、まずはお得に楽天ポイントを貯めましょう

 

楽天ポイントがお得に貯まる楽天ペイでは、通常楽天カードで決済すると1%のポイントが貯まる所を楽天ペイなら1.5%とお得に楽天ポイントを貯まることができます

普段のお買い物を楽天ペイで決済して貯まったポイントで資産運用をすれば、実質ノーリスクで資産運用ができることになります

 

貯まったポイントって意外と期限切れになってしまったり、浪費にだけ使われたりするので、ポイントを余らせている人が有効活用できる手段としても人気です。

〇〇ペイに迷ったらポイントが有効活用できる楽天ペイ!と覚えておいてください。

 

楽天ペイを使うなら、楽天カード連携すると5%還元のキャンペーンがあるのでおすすめです。

楽天カード
楽天ポイントが貯まる定番のクレジットカード
ポイント還元率もお得で機能も充実
クレジットカード選びに迷ったらまずは楽天カード
貯まったポイントでポイント投資もできて有効活用ができる
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard・AmericanExpress
発行期間 最短5営業日
Apple Pay Quickpay(クイックペイ)
関連記事 【クレジットカードならこれ!】楽天カードとは?評判と口コミ・メリットとデメリットを徹底解説

Tポイントで高配当株へ1株から投資

投資先 SBIネオモバイル証券
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 0万円(Tポイントのみ)
利回り 数%
特徴 Tポイントで1株から買える
関連記事 【Tポイント投資】SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判と口コミ、メリット・デメリットを徹底解説
コナツ
ポイントで株が買えちゃうの!?
ネオモバイル証券なら1株から買えちゃうよ
ショウシ

SBIネオモバイル証券が、国内で始めてTポイント投資を始めました

 

今までTポイントを余らせていた方はSBIネオモバイル証券で投資を始めてみましょう。

通常は東京証券取引所に上場した株は100株からの購入となり、例えば1株500円の株でも最低5万円が必要でした

 

SBIネオモバイル証券なら1株から株を買うことができ、最低500円から株への投資ができます

最近は高配当の株で配当金収入が話題を呼んでいますが、1株から買えるSBIネオモバイル証券なら気軽に買えますね。

 

100株というとまとまったお金が必要ですが、株式投資を始めたい人はネオモバイル証券で練習してみましょう。

SBIネオモバイル証券は手数料が月額ですべて固定で、取引し放題です。

 

月額分はTポイントで実質タダで使えますので、株の取引したい人はSBIネオモバイル証券で練習しましょう。

 

インヴァストカードのポイントでマネーハッチに積立投資

投資先 マネーハッチ
おすすめ度 ★★
最低投資金額 0万円(インヴァストポイントを利用)
利回り 5〜20%程度
特徴 インヴァストカードで貯まったポイントで積立投資
関連記事 【ポイントでマネーハッチへ積立】インヴァストカードとは?特徴と評判・口コミ・メリット・デメリットを解説

インヴァスト証券のインヴァストカードは、貯まったポイントでマネーハッチへの積立を行うことができます。

 

マネーハッチとは、ETFと呼ばれる指数そのものが上場した上場投資信託に、FXのようにレバレッジをかけて投資できるFX自動売買になります

投資信託の利益では物足りない人は、せっかくゼロリスクで投資ができるのですからレバレッジがあるマネーハッチがちょうどいいですね

 

インヴァストカードは券面も高級感に溢れ、クレジットカード機能も充実していますので非常におすすめです。

インヴァストカード
貯まったポイントをマネーハッチで資産運用できるインヴァストカード
券面も高級感があり、クレジットカードの機能も充実しています
貯まったポイントでポイント投資もできて有効活用ができる
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド VISA
発行期間 最短5営業日
Apple Pay Quickpay(クイックペイ)

逆にNGの資産運用は?やってはいけない資産運用・投資を解説

コナツ
やっちゃダメな投資もあるの?
1つずつ解説していくよ
ショウシ

おすすめできない投資についても解説していきます。

  • 銀行の投資信託/外貨預金
  • 保険会社の学資保険
  • 定期預金
  • 裁量トレード(株・FX)

 

銀行窓口の投資は手数料が割高です。

投資を始めるならネット証券口座で始めるようにしましょう。

 

こちらのサイトでおすすめ投資先はご紹介していますし、口座開設でわからない点があればネット証券も電話で問い合わせできます

窓口で対面で対応してくれる銀行は安心感がありますが、ネット証券でもサポートは充実していますので安心してください。

 

さらに定期預金や学資保険では利益が期待できず、手数料も割高なのでやめましょう。

銀行や保険会社からの勧誘に乗せられず、しっかり勉強して断りましょう

 

投資に慣れてきた頃に裁量トレードもやってみたいと思い始めて来るでしょうが、こちらもやめておきましょう。

裁量トレードはプロでも失敗することがあるくらいですので、初心者が少し勉強したくらいでは到底できません

チャートを注視する必要もありますし、「売却し忘れてそのままになってしまった」ということになったら元も子もありません。

 

資産運用を始めるなら低コストのネット証券、そして長期運用ができるつみたてNISA・iDeCo(イデコ)・ロボアドバイザーでしっかり安定した資産形成をするようにしましょう。

 

まとめ:初心者におすすめの少額から気軽にできる資産運用・投資を年代別に徹底解説

初心者におすすめできる資産運用はいかがだったでしょうか。

 

資産運用はとても簡単で、まとまったお金も必要ありません。

まずは軽い気持ちで始めてみましょう。

始めてみないことにはわからないことも多いです

 

これからの時代は自身で資産運用していくことが当たり前になってきます。

しかしまだ遅くはありません。思い立った今こそ投資を始めてみるベストなタイミングといえます

 

資産運用を始めておくことで将来楽をすることができるのは、他でもない自分自身なのです。

投資はお金を運用することで、浪費することとは全く趣旨が異なります

 

ぜひスキマ時間に投資の勉強をして、資産運用を始めましょう。

おすすめ投資ランキング

ロボアドバイザー投資

おすすめNo.1はロボアドバイザー投資

ロボアドバイザーなら完全自動で手間いらず

高利回りが期待できます

詳細ページ

公式ページ

つみたてNISA

投資信託の収益が全て非課税になるつみたてNISA制度がおすすめ。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

iDeCo(イデコ)

収益だけでなく掛け金も控除できる節税効果の高いおすすめ資産運用。

コツコツと積立で投資を行うことでリスク分散でき、少額から投資を始められます。

詳細ページ

公式ページ

FXシステムトレード

初心者におすすめできるFXシステムトレード。

FX入門に最適。

高利回りが期待できます。

詳細ページ

公式ページ

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

エンジニア兼ファイナンシャルプランナー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお金に関する情報発信しています

-資産運用, おすすめ記事
-,

Copyright© いなふる , 2019 All Rights Reserved.