つみたてNISA

【年間40万円まで!】つみたてNISA(積立NISA)の上限額・限度額についてわかりやすく解説

更新日:

楽天証券

 

\楽天ポイントが貯まる & 使える資産運用/

楽天証券 無料登録はこちら

楽天証券

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回はつみたてNISAの積立上限額と限度額についてわかりやすく解説します。

コナツ
つみたてNISAの上限って?40万円っていうのはどれのこと?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私も楽天証券で楽天ポイントを貯めながら運用しています

▼楽天証券のつみたてNISA運用

 

つみたてNISAの年間投資可能額は40万円までです

超えた分は課税口座へ積み立てされますので、年間上限額は守って積み立てしましょう。

月3万円程度の少額で積み立てでき、毎月必ずしも積み立てしなくてはならないわけではないので、ぜひ気軽に始めてみましょう。

 

つみたてNISAは運用益が非課税となり、年末調整も確定申告も必要ありませんので、初心者でも始めやすい投資です。

投資初心者でも少額からインデックス投資を始めることができますので、ぜひこの機会に始めてみてください。

 

本記事の内容

  • つみたてNISAの年間投資可能額は40万円まで
  • 毎月積立・毎日積立には上限あり
  • 余った投資可能額はボーナス買付けで調整する

つみたてNISA(積立NISA)の積立上限は年間40万円まで!毎月・毎日積み立ての上限額を解説

コナツ
40万円超えたらどうなるんだろう?
課税口座で積み立てになるよ
ショウシ

つみたてNISAの年間投資可能額が40万円までです。

 

この投資可能額を毎月もしくは毎日積み立てで、投資信託を買って時間的なリスクを分散しつつ投資していきます。

  • 年間積立上限額:40万円
  • 毎月積立上限額:33,333円
  • 毎週積立上限額:7,692円
  • 間日積立上限額:1,619円

 

毎月積立、毎週積立、毎日積立、それぞれに上限額が設けられている証券口座が多くなっています

年間の積立上限が超えることがないように調整されているわけですね。

 

証券会社で上限を超えないような仕組みがありますが、もし年間の積立上限額を超えて積立してしまった場合は、課税口座で積み立てされることになります

 

課税口座の開設が済んでいない場合は一般口座で積み立てされ、自身で確定申告の必要があります。

 

つみたてNISAの投資可能枠は売却しても戻らない!スイッチング(買い替え)は不可

つみたてNISAの投資可能枠を消費しきれなかったとしても、翌年以降に投資可能額を繰越することはできません

 

例えば、今年のつみたてNISA 投資可能枠を少なめの20万円しか積み立てしなかったとしても、翌年度の投資可能枠は40万円 + 前年度の20万円とはなりません。

翌年以降も投資可能枠は40万円のままです

 

これではつみたてNISAで売却する意味はないですね。

リバランスなどの時もなるべくなら売却すべきではありません。

 

勘違いされがちなのでよく覚えておきましょう。

積み立てできるお金は、何があっても年間40万円までです

 

つみたてNISA(積立NISA)の枠が余った・年の途中で始めたら?ボーナス設定でピッタリ購入できる

コナツ
積立を少なめにしたら余っちゃった!
余った分は年末にまとめて買付けしよう
ショウシ

毎日積立や毎月積立では、つみたてNISAの上限額である40万円を綺麗に使い切ることはできません

 

例えば毎月33,333円積み立てしていたとしたら、年末に残高4円の投資枠が残ってしまいますし、積み立て額を少なめに設定しておくとさらに投資枠が残ってしまいます。

 

最終的に上限額まで積み立てするには、ボーナス設定を使ってキッチリ40万円まで積み立てしましょう。

つまり、毎月上限まで積み立てておかなくても、年末にまとめて積み立てしておけばOKですよ

 

 

楽天証券のボーナス設定のやり方・設定方法

投資信託の積み立て設定に「ボーナス設定」の項目があるので、こちらでボーナス設定します。

 

ボーナス設定は年2回まで設定可能ですが、つみたてNISAの投資可能額を使い切る目的であれば、年1回設定しておけば問題ないでしょう。

ボーナス設定は年度内で設定変更可能なので、年末近くなったらつみたてNISAの投資可能枠を確認して、余った分の金額をボーナス設定しておけば完了です

 

楽天証券はボーナス設定は毎日積立では設定できない!毎月積立で設定しよう

つみたてNISAの証券会社ではほぼボーナス設定に対応していますが、毎日積立でボーナス設定はできません

 

ボーナス設定があるのは毎月積立です

毎日積立だけを設定しているとつみたてNISAの投資可能枠を綺麗に使い切ることは難しくなります。

 

楽天証券では楽天カードを使って毎月積み立てすると、積み立て金額の1%の楽天ポイントが貯まります

つみたてNISAを始めるなら、楽天証券にしておいて間違いないですよ

 

楽天証券と楽天カードでお得につみたてNISAを始めましょう。

楽天カード
楽天ポイントが貯まる定番のクレジットカード
ポイント還元率もお得で機能も充実
クレジットカード選びに迷ったらまずは楽天カード
貯まったポイントでポイント投資もできて有効活用ができる
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard・AmericanExpress
発行期間 最短5営業日
Apple Pay Quickpay(クイックペイ)
関連記事 【クレジットカードならこれ!】楽天カードとは?評判と口コミ・メリットとデメリットを徹底解説

 

つみたてNISAのメリットは?

コナツ
つみたてNISAって何がいいんだろう?
つみたてNISAのメリットを解説するよ
ショウシ

つみたてNISAのメリット

  • 利益をそのまま受け取れる(非課税)
  • 非課税期間が長く長期運用に向いている
  • 低コストなインデックスファンドに投資できる

つみたてNISAについてわかった所で、つみたてNISAのメリットをおさらいしましょう。

 

つみたてNISAは年間40万円と掛け金に上限はありますが、運用益がすべて非課税になるお得な制度です。

これから投資を始めるならまずは税金がかからず運用できるつみたてNISAがおすすめです。

 

さらに楽天証券なら毎月の積み立てでお得に楽天ポイントを獲得することもできます。

つみたてNISAの運用期間は20年と比較的長いため将来への資産形成にはもってこいの制度です。

 

投資と聞くと初心者はとっつきにくいかもしれませんが、投資信託は先程紹介した銘柄に思考停止で積み立てしておけば問題ありません。

今とても注目されているお得な制度ですので、ぜひ今から始めておきましょう。

まとめ:つみたてNISA(積立NISA)の積立上限額・限度額についてわかりやすく解説

つみたてNISAの積立上限額・限度額はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
つみたてNISAの上限 月33,333円・年間40万円まで
余った投資枠は? 年末にボーナス買付設定で、不足分は一気に購入できる
楽天証券 楽天カード積立ならボーナス買付が利用できる

 

つみたてNISAの年間投資可能額は40万円までです

超えた分は課税口座へ積み立てされますので、年間上限額は守って積み立てしましょう。

月3万円程度の少額で積み立てでき、毎月必ずしも積み立てしなくてはならないわけではないので、ぜひ気軽に始めてみましょう。

 

つみたてNISAは運用益が非課税となり、年末調整も確定申告も必要ありませんので、初心者でも始めやすい投資です。

投資初心者でも少額からインデックス投資を始めることができますので、ぜひこの機会に始めてみてください。

楽天証券

 

\楽天ポイントが貯まる & 使える資産運用/

楽天証券 無料登録はこちら

楽天証券

お得なキャンペーン開催中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
必ず貰えるのは嬉しいね
ショウシ

楽天ポイントをお得に貯めるには、 楽天証券 の他に楽天銀行と 楽天カード の作成が必要になります。

楽天銀行と楽天証券を連携するだけで、現金1000円が漏れなく貰えます。

非常にお得なキャンペーンとなっていますので、ぜひこの機会に楽天銀行と楽天証券の両方を口座開設してみてください

こちらのキャンペーンはエントリーが必要となっていますので、口座開設後は必ずエントリーしてください

楽天証券

 

\楽天ポイントが貯まる & 使える資産運用/

楽天証券 無料登録はこちら

楽天証券

おすすめ証券口座ランキング

楽天証券

楽天証券

証券口座の中で唯一身近な「楽天ポイント」を貯めることができる証券会社です。

貯めた楽天ポイントで投資信託を積立てることができます。

取扱銘柄数は以前まで最多を誇っていたSBI証券と並び、人気の「eMAXIS Slim」シリーズの取扱いもありますので、商品ラインナップに困ることはありません。

2019年3月よりつみたてNISAの投資信託を楽天カード決済で購入すると、1%の楽天ポイントを獲得できるようになり、ノーリスクで1%の利回りが確定できるので、2019年最もお得でおすすめの証券会社です。

公式ページ

 

SBI証券

SBI証券

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。

証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

低コスト、豊富なラインナップで投資家には必須の口座です。

公式ページ

 

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券はNISA口座での取引手数料は無料になっています。

NISAやつみたてNISA口座を開設するにはマネックス証券がとてもおすすめです。

業界最安水準の手数料を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」の取り扱いがあるため、長期の資産形成で有利になります。

公式ページ

 

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-つみたてNISA
-,

Copyright© 積立いなふる , 2020 All Rights Reserved.