イデコサイトマップ

目的別に探す

投資信託を選ぶ

 

職業別iDeCo(イデコ)

 

iDeCo証券口座ランキング

マネックス証券

マネックス証券 iDeCo

iDeCoといえばマネックス証券と言っても過言ではないくらい、低コスト(信託報酬)と商品ラインナップに優れています。

迷った方はマネックス証券で運用しておいて間違いはないでしょう。

手数料業界最安水準を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」も取扱いがあり、まだiDeCoを開設していない方はマネックス証券で決まりです。

公式ページ

 

SBI証券

SBI証券 iDeCo

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。
証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

2018年11月から「低コスト」と「多様性」こだわった商品ラインナップを扱うセレクトプランがスタートし、マネックス証券に劣らない低コストの商品が揃いました。

既にSBI証券の口座を持っている方は、SBI証券で揃えておくと管理しやすくなりますので、おすすめです。

公式ページ

 

楽天証券

楽天証券

楽天証券のiDeCOでは現状は「eMAXIS Slim」シリーズの取扱がなく、低コストのファンドを選ぶとなると「たわらノーロード」の一択になってしまうため、現状はあまりおすすめではありません。

楽天証券のつみたてNISAはとても優秀ですので、つみたてNISAと口座を一元管理したい場合は、楽天証券でiDeCo口座を開設しておくといいでしょう。

iDeCo口座で楽天ポイントは貯まりませんが、今後制度が変更される可能性もありますので、楽天証券でiDeCo口座を開設しておいて制度変更を待つといいでしょう。

公式ページ

 

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは

項目 内容
対象者 20〜60歳の誰でも可能
年間上限額 勤め先による
税制優遇 掛け金と運用益
非課税期間 運用期間はずっと非課税(最低5年)
引出制限 60歳になるまで不可
投資先 投資信託

iDeCo(イデコ)とは年金制度の3階部分にあたる制度です。

今まで勤め先に確定拠出年金制度が導入されていないと3階部分はありませんでしたが、iDeCo(イデコ)により自身で自分年金の積み立てが可能になりました。

老後は必ずやってくる未来です。自分自身が困らないように今から準備しておきましょう。

iDeCo(イデコ)は運用益だけでなく、掛け金まで控除可能なお得な制度です。

iDeCo(イデコ)を始めておくと節税にもなりますので、ぜひ活用して自分年金の準備を始めましょう。

詳しくはコチラ

つみたてNISAとの違いは?お得なので両方使い分けがベストです

項目 iDeCo(イデコ) つみたてNISA(積立NISA)
年齢 20〜59歳 20歳以上
年間投資上限 14.4〜81.6万円/年 40万円/年
運用期間 10年以上 20年間
非課税枠 掛け金・運用益 運用益
投資対象 投資信託 投資信託
維持費 1,872円/年 無料

つみたてNISAとiDeCo(イデコ)は両方とも資産運用による利益が非課税になるお得な制度です。

しかしどちらも目的が異なりますので、両方運用がベストです。

お得な制度を活用して、資産運用で貯金を増やしていきましょう。

つみたてNISAとiDeCo(イデコ)は、どちらもお得な制度です

これから資産運用を始める人は、まずは運用益が非課税になる制度を利用して始めましょう。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)は節税になるの?税金控除の3つのポイントを解説

iDeCo(イデコ)の節税3つのポイント

  1. 掛け金が全額所得控除
  2. 配当金・運用益が非課税
  3. 受取時も一定額控除

iDeCo(イデコ)を節税効果が高い制度なので、節税を考えている人はまずはiDeCo(イデコ)を始めましょう。

会社員や公務員の人は年末控除だけで節税ができ、iDeCo(イデコ)のために改めて確定申告をする必要はありません。

税金がお得になるiDeCo(イデコ)の節税のポイントを3つ解説します。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)は毎月手数料がかかります | 手数料が最安のネット証券で始めましょう

国民年金連合基金 運営金融機関 事務管理委託先
金融機関
合計
月103円/月 金融機関による ¥64円/月 最低 ¥167円

iDeCo(イデコ)は加入時や運用期間中は手数料がかかります。

iDeCo(イデコ)を管理している国民年金連合基金や事務委託先の金融機関に支払っているので、どの金融機関でiDeCo(イデコ)を始めても必ず手数料がかかります

iDeCo(イデコ)を始めるなら運営金融機関に支払う手数料が最安のネット証券で始めましょう。

iDeCo(イデコ)は積立期間が長く長期投資になりますので、長年手数料を支払い続けると手数料も大きな金額になります。

長期運用ではコストを最安に抑えて積み立てして、利益を最大化していくのが運用のコツです。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)の入金方法は2種類!イデハラに注意して勤め先に確認しよう

イデコの積み立て方法

  • 個人払込:銀行口座から引き落とし
  • 事業主払込:給料天引きで事業主が払い込む

イデコの入金方法は2種類!

事業主払込は給料天引きで簡単ですが、勤め先にイデコの理解があることが条件になります。

 

気軽に運用したい人は、個人払込でなんの問題もありませんので、個人払込で運用するといいですよ

事業主払込にすると、一時的にイデコの積み立て額を変更したい場合に、勤め先に書類を出さなくてならず、ちょっとめんどうです

個人払込でも問題なく運用できますので、個人払込の方が気軽に運用できますよ。

詳しくはコチラ

 

iDeCo(イデコ)の受け取り方は?一時金と年金受取を解説

イデコの受け取り方法

  • 年金受け取り:分割で受け取り
  • 一時金受け取り:一括で受け取り
  • 年金・一時金併用:一時金で受け取り、残りを分割で受け取り

イデコの受け取り方法は3種類あります。

どれがいいかは、その人の退職金の金額によりますので、なるべく税金のかからない方法で受け取りましょう。

 

イデコでは分割する毎に手数料がかかりますので、1回の受け取り額を増やすなど、受け取り回数を少なくする工夫も必要です。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)の掛け金の上限は職業により異なります | 職業別掛け金の上限を解説

運用対象者 月額上限
自営業 6万8千円
(国民年金基金との合算額)
専業主婦(パート含む) 2万3千円
会社員(サラリーマン)
(企業年金がない場合)
2万3千円
会社員(サラリーマン)
(企業年金がなく、企業型確定拠出年金がある場合)
2万円
会社員(サラリーマン)
(企業年金がある場合)
公務員の場合
1万2千円
会社員(サラリーマン)
(企業年金と企業型確定拠出年金がある場合)
1万2千円
(※企業の規定で同時加入不可が多い)

会社員向けiDeCo(イデコ)入門編

会社員の年金制度について解説します。

iDeCo(イデコ)に加入する場合はお勤めの会社の年金制度についてよく確認しましょう。

確定給付企業年金や確定拠出年金の有無によって掛け金上限は異なります。

確定拠出年金を導入している企業では、個人型との併用は不可としている場合もありますので注意してください。

iDeCo(イデコ)加入前に会社員の年金制度についておさらいしましょう。

確定給付企業年金や確定拠出年金がない場合は、iDeCo(イデコ)に加入して自分年金の準備をおすすめします。

詳しくはコチラ

公務員向けiDeCo(イデコ)入門編

公務員の年金制度について解説します。

公務員の年金制度は民間との格差是正のために定期的に見直しがあります

公務員の年金は年々減少傾向にあり、減った分の年金は自身で積み立てして準備していく必要があります。

iDeCo(イデコ)加入前に公務員の年金制度についておさらいしましょう。

公務員の年金は今後も減っていくことが予想差されますので、iDeCo(イデコ)に加入して自分年金の準備をおすすめします。

詳しくはコチラ

自営業向けiDeCo(イデコ)入門編

自営業の年金制度について解説します。

自営業は、まずは国民年金基金にしっかり積み立てしましょう。

そのうえで、余った掛け金をイデコに積み立てすればOKです。

どちらも掛け金が控除できるメリットがありますよ。

iDeCo(イデコ)加入前に自営業の年金制度についておさらいしましょう。

急に現金が必要になる自営業者は、いつでも売却できる安心感のあるつみたてNISAにも積み立てしておきましょう。

詳しくはコチラ

 

専業主婦向けiDeCo(イデコ)入門編

専業主婦の年金制度について解説します。

専業主婦の収入の壁についても詳しく解説していますので、参考にしてください。

専業主婦は掛け金が控除できるメリットは活かせませんが、将来のために今からコツコツ自分年金を作っておきましょう。

iDeCo(イデコ)加入前に専業主婦の年金制度についておさらいしましょう。

専業主婦でもイデコに加入できますので、将来の自分年金を今からコツコツ作りましょう。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)で積み立てする投資信託を選ぶ

iDeCo(イデコ)で選ぶべき投資信託を解説します。

iDeCo(イデコ)では選べる投資信託の種類が少ないですが、選び方は同じで低コストな銘柄を選びましょう。

おすすめは定番のeMAXIS Slimシリーズです。

iDeCo(イデコ)でも資産(アセット)クラスを分散して投資がおすすめです。

リスクを減らして低コストな投資信託に積み立てしていきましょう。

詳しくはコチラ

マネックス証券から選ぶ

iDeCo(イデコ)をマネックス証券で始める人向けに、おすすめ投資信託を解説します。

マネックス証券ではeMAXIS Slimシリーズの取扱いがあり、現状は1番おすすめのネット証券です。

これからiDeCo(イデコ)口座を開設する人はマネックス証券で開設して間違いありません。

詳しくはコチラ

SBI証券から選ぶ

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始める人向けに、おすすめ投資信託を解説します。

SBI証券ではeMAXIS Slimシリーズの取扱いがあり、選べる投資信託は豊富で、低コストな銘柄も揃っています。

SBI証券のiDeCo(イデコ)は加入者数No.1の実績があります。

詳しくはコチラ

楽天証券から選ぶ

iDeCo(イデコ)を楽天証券で始める人向けに、おすすめ投資信託を解説します。

すでに楽天証券でつみたてNISAを始めている人は、楽天証券でiDeCo(イデコ)を始めると管理しやすくなります。

同時管理したい人は楽天証券でiDeCo(イデコ)を始めましょう。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)の元本保証商品はどうなの?

元本保証型商品 投資信託
投資先 定期預金 債権・株式・REITなど
手数料 なし 信託報酬
満期時 満期時に元本と利息を受け取る 解約するまで積み立て
利回り 0.01%(大手銀行の例) 3〜6%程度

イデコに積み立てする商品で、元本保証商品はどうでしょうか?

元本保証商品はおすすめできません

イデコに積み立てするなら、投資信託がおすすめです。

 

イデコでは、低コストな投資信託に投資することで、利益を伸ばしていきましょう

 

 

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)に加入してもふるさと納税はできるの?併用した場合を解説

イデコに加入していてもふるさと納税はできます。

但しふるさと納税の限度額がわずかに減りますので、ふるさと納税の上限額をよくシミュレーションしておきましょう。

 

両方やっておくことがベストですが、それぞれに向いてる人を解説します。

 

イデコもふるさと納税も、サラリーマンができる数少ない節税方法ですので、必ず両方運用しておきましょう。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)の年末調整・確定申告の書き方

会社員・公務員の人は、イデコは年末調整で控除が可能です。

確定申告はしなくて済みますので、本当に簡単ですよ。

 

年末調整・確定申告書でイデコの書き方を詳しく解説します。

詳しくはコチラ

iDeCo(イデコ)加入中に死亡した場合は?請求手続きが必要です

イデコ加入中に亡くなった場合はどうなるでしょう?

イデコ加入者が亡くなった場合、3年以内に遺族が手続きしないとちょっとめんどうです。

 

イデコに加入したら必ず家族に伝えて、もしも亡くなってもしっかり家族へ残せるようにしておきましょう。

まずはイデコに加入していることを、家族へ伝えておくことが大事です。

手続き方法まで伝えておければベストですね。

詳しくはコチラ

 

iDeCo証券口座ランキング

マネックス証券

マネックス証券 iDeCo

iDeCoといえばマネックス証券と言っても過言ではないくらい、低コスト(信託報酬)と商品ラインナップに優れています。

迷った方はマネックス証券で運用しておいて間違いはないでしょう。

手数料業界最安水準を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」も取扱いがあり、まだiDeCoを開設していない方はマネックス証券で決まりです。

公式ページ

 

SBI証券

SBI証券 iDeCo

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。
証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

2018年11月から「低コスト」と「多様性」こだわった商品ラインナップを扱うセレクトプランがスタートし、マネックス証券に劣らない低コストの商品が揃いました。

既にSBI証券の口座を持っている方は、SBI証券で揃えておくと管理しやすくなりますので、おすすめです。

公式ページ

 

楽天証券

楽天証券

楽天証券のiDeCOでは現状は「eMAXIS Slim」シリーズの取扱がなく、低コストのファンドを選ぶとなると「たわらノーロード」の一択になってしまうため、現状はあまりおすすめではありません。

楽天証券のつみたてNISAはとても優秀ですので、つみたてNISAと口座を一元管理したい場合は、楽天証券でiDeCo口座を開設しておくといいでしょう。

iDeCo口座で楽天ポイントは貯まりませんが、今後制度が変更される可能性もありますので、楽天証券でiDeCo口座を開設しておいて制度変更を待つといいでしょう。

公式ページ

 

更新日:

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.