iDeCo(イデコ)

【初心者向け】SBI証券のiDeCo(イデコ)で投資信託を買うなら?おすすめ銘柄を解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@shouhi_zaiteku)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回はSBI証券で買うiDeCo(イデコ)のおすすめ商品・銘柄を解説します。

コナツ
SBI証券で口座開設したけど、どれを買えばいいの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もイデコに毎月5,000円程度積み立てして、老後にコツコツ備えています。

税制優遇がお得で節税にもなりますので、定年までじっくり運用していく予定です。

 

SBI証券はeMAXIS Slimシリーズの取り扱いもあり、加入者数No.1の金融機関です。

イデコを始めるならeMAXIS Slimシリーズの取り扱いがある、マネックス証券かSBI証券にしておいて間違いないです。

私は唯一eMAXIS Slim 全世界株式がある、マネックス証券でイデコを運用しています。

 

こちらもつみたてNISA同様、投資未経験の人にも簡単にできますので、資産運用に不安があっても安心してください

ぜひイデコを毎月少額で構いませんので、今のうちから始めておきましょう

 

本記事の内容

  • SBI証券のイデコは、手数料最安で運用できる
  • SBI証券のイデコなら、eMAXIS Slimシリーズの取り扱いがある
  • マネックス証券で扱うイデコの投資信託一覧

おすすめ度:

公式ページ:https://www.rakuten-sec.co.jp/

ポイント投資ができる楽天証券。今1番人気のネット証券です。

iDeCoを詳しく知る

iDeCoガイドブック

\iDeCoを基礎から知る/

このカテゴリを読む

iDeCo(イデコ)でSBI証券を選ぶ理由は?eMAXIS Slimシリーズの取り扱いがある

▼SBI証券でイデコを始めるメリット

  • イデコの運用手数料が最安
  • 低コスト銘柄が揃っている
  • 加入者数No.1の実績
コナツ
SBI証券だと何がいいんだろう?
イデコをSBI証券で始めるメリットを解説するよ
ショウシ

SBI証券のイデコは、加入者数No.1の実績があります。

 

多くの人がSBI証券でイデコを運用していて、eMAXIS Slim シリーズも選べて投資信託の銘柄も、低コストのインデックスファンドが揃っています。

eMAXIS Slim シリーズは手数料最安の投資信託なので、これに積み立てする方がメリットは大きいです。

 

しかし欲を言えば、eMAXIS Slim 全世界株式(日本を除く)しかなくて、ちょっと残念。

日本も世界第二位の先進国で、バブル崩壊で下がったものの、株価は右肩上がりで上昇しています。

 

わざわざ日本を除く意味はないので、できれば普通の全世界株式を選びたい所です。

eMAXIS Slim 全世界株式は現状はマネックス証券のみ取り扱いがあるので、口座開設するならマネックス証券の方が上手。

 

私もマネックス証券で、eMAXIS Slim 全世界株式に1本投資でほったらかし運用しています。

ココがポイント

  • SBI証券なら、eMAXIS Slimシリーズの取り扱いがある
  • 全世界株式は、日本を除くしかない

 

iDeCo(イデコ)の運用手数料が最安

iDeCoでは、「運営管理手数料」がかかる金融機関もありますが、SBI証券では、年金資産残高にかかわらず、どなたでも運営管理手数料は無料です。

引用元: SBI証券 iDeCo

イデコでは運用中に毎月、国民年金連合基金に¥105円と事務委託先金融機関に¥66円の、合計¥171円が毎月かかります。

 

金融機関によっては手数料が高い場合もありますが、マネックス証券では最安の¥171円/月で運用ができます。

手数料は安い方がいいので、できるだけ手数料が安い金融機関を選んでください。

 

しかし低コストなネット証券なら、イデコの手数料は最安です。

間違っても、銀行窓口でイデコ口座を開設してはいけません。

 

毎月手数料がかさむとその分だけ利益が出しづらいので、必ず手数料最安のネット証券で口座開設してください。

ココがポイント

  • イデコは金融機関に関わらずどこで始めても、毎月171円の手数料がかかる
  • ネット証券なら、だいたい手数料は最安で運用できる

 

eMAXIS Slimシリーズの取り扱いがある

SBI証券では低コストで有名なeMAXIS Slimシリーズの取扱いがあり、低コストな銘柄が揃っています。

 

投資信託においては低コストな銘柄に投資することが、長期運用では重要なポイントです。

イデコでは割と手数料がかさみますので、手数料が高い銘柄だと手数料負けの可能性があります。

 

低コストのインデックスファンドに積み立てすることは、手数料のかかるイデコでは必須条件です。

マネックス証券では、eMAXIS Slim シリーズの種類も豊富なので、選ぶ銘柄がないということはないですよ。

ココがポイント

  • eMAXIS Slimシリーズは、コスト最安の投資信託シリーズ
  • eMAXIS Slimシリーズの取り扱いがあるのは、マネックス証券とSBI証券のみ

 

イデコ加入者数No.1の実績

SBI証券は銀行やネット証券含めたイデコの加入者数がNo.1の実績があります。【2020年05月時点】

 

多くの人が選んでいるということは、安心感がありますね。

SBI証券といえばネット証券の先駆けなので、聞いたことない人はいないほどです。

 

つみたてNISAでは楽天ポイントの貯まる楽天証券にポイント面で負けていますが、イデコではネット証券なら手数料も同じ程度でポイントが貯まるネット証券は今の所はないです。

 

低コスト銘柄が揃っているネット証券で開設しておくのが、現状のベストアンサーになっています。

eMAXIS Slimシリーズの扱いがあるマネックス証券か、SBI証券がベストでしょう。

 

実績を重視する人は、SBI証券でイデコ口座を開設してみてください。

ココがポイント

[

  • 現状はSBI証券でイデコ口座を開設している人が多い
  • eMAXIS Slimシリーズの取り扱いがある

/st-cmemo]

【2020年1月追記】マネックス証券のiDeCo(イデコ)口座でeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の取り扱い開始

銘柄 eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
投資先 グローバル(日本を含む)
買付手数料 無料
信託財産留保額 無料
信託報酬 0.1144%/年
買える証券口座 マネックス証券 iDeCo
コナツ
オールカントリーってすごいの?
つみたてNISAでも多くの人が積み立てしてる銘柄だよ
ショウシ

2020年1月から、マネックス証券でeMAXIS Slim オールカントリーの取り扱いを開始しました。

eMAXIS Slim オールカントリーは2019年のFunds of the yearに選ばれた、つみたてNISAでも多くの人が選んでいる銘柄です。

オールカントリーはこれ1本で世界中の株式に投資してくれる銘柄で、ポートフォリオも不要ですよ。

私もつみたてNISAで、eMAXIS Slim オールカントリー1本に積み立てしています。

オールカントリーの中でもeMAXIS Slimシリーズは、コストが最安で利益が出しやすい銘柄です。

初心者は迷ったら、これ1本にしておいて間違いないですよ。

おすすめ度:

公式ページ:https://www.monex.co.jp/

手数料最安のネット証券。eMAXIS Slim で低コスト運用

なぜ全世界株式(オールカントリー)なの?特に米国株は開始以来ずっと上昇を続けている

日本株はバブル期の高値をずっと更新できずにいて、伸び悩んでいるので投資には不向きなんですね。

一方有名な米国株は、開始以来ずっと最高値を更新し続けていて、投資家の中でも米国株1本でいいという意見も多いです。

しかし1本投資はさすがにリスクがあるので、そこで全世界株式というわけなんですね。

地理的に投資先を分散しておくことで、リスクヘッジできるというわけです。

全世界株式といっても、半分近くは米国株が占めるのでほぼ米国株ですが、1本投資よりはリスク低めで運用できます。

eMAXIS Slim オールカントリーは、現状はマネックス証券でしかイデコ口座で運用はできません。

現状のイデコの最適解はマネックス証券ですので、イデコを始めたい人はマネックス証券で積み立てを始めましょう。

おすすめ度:

公式ページ:https://www.monex.co.jp/

手数料最安のネット証券。eMAXIS Slim で低コスト運用

SBI証券で買うiDeCo(イデコ)のおすすめ投資信託銘柄・商品4選

▼SBI証券でおすすめの投資信託4選

  • eMAXIS Slim 全世界株式(日本を除く)
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド
  • ひふみ年金
コナツ
SBI証券ならどれがいいだろう?
SBI証券で買える銘柄を解説するよ
ショウシ

マネックス証券でイデコを始める、おすすめ投資信託を4つご紹介します。

詳しく見ていきましょう。

eMAXIS Slim 全世界株式(日本を除く)

銘柄 eMAXIS Slim 全世界株式(日本を除く)
投資先 グローバル(日本を含む)
買付手数料 無料
信託財産留保額 無料
信託報酬 0.1144%/年

SBI証券のイデコ口座では、eMAXIS Slim オールカントリーはなく、日本を除く方の銘柄があります。

オールカントリーは世界中の株式に投資することがメリットですので、わざわざ日本を除く意味はないですね。

だからこそ、おすすめは通常の全世界株式(オールカントリー)です。

しかしSBI証券のイデコでは選べないのが残念です。

eMAXIS Slim オールカントリーは、マネックス証券で選んでください。

ココがポイント

  • SBI証券で選ぶなら、全世界株式(日本を除く)
  • わざわざ日本を除く理由はない

 

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

銘柄 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
投資先 グローバル(日本を含む)
買付手数料 無料
信託財産留保額 無料
信託報酬 0.1512%/年

初心者に最もおすすめしたいのが「バランス型」の投資信託です。

 

リスクを抑えて運用したい人はバランス型で多くの資産へ分散投資しておくと、リスクヘッジになります。

中でもeMAXIS SlimシリーズのeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、他のバランス型ファンドに比べても信託報酬が安くて最高ですね。

 

バランス型は投資信託の中では定番中の定番で、昔からこれ1本でいいという人も多いです。

その分値動きはマイルドですが、暴落にも強い銘柄です。

 

私もeMAXIS Slim 全世界株式が出る前はこれ1本でしたが、eMAXIS Slim 全世界株式に鞍替えしました。

それでも株式1本ほどリスクを取りたくない人は、このバランス型にしてください。

ココがポイント

  • バランス型は、昔から人気の高い種類
  • eMAXIS Slim バランスなら、バランス型の中で手数料最安

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド

銘柄 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
投資先 グローバル(日本を含む)
買付手数料 無料
信託財産留保額 無料
信託報酬 0.11772%/年

イデコを運用するならおすすめしたいのが「eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド」です。

 

低コストで有名なeMAXIS Slimシリーズの1つであり、投資先は先進国株式に限られますので、リターンを積極的に狙う銘柄です。

先進国株式と言っても中身はほとんど米国株ですが、他の国にも投資している分、分散効果があります。

 

長期的に見て1番リターンが高いのは先進国株式と言われているので、リターンも期待できます。

株式1本に投資している分、暴落時にはマイナスになる可能性もありますが、長期投資では淡々と積み立てすれば、リスクも下がります。

 

60歳になるまで運用しなくてはならないイデコなら、長期投資の効果が高いので、先進国株式1本を選ぶのもアリです。

もちろんeMAXIS Slim シリーズなら、手数料は最安で運用できます。

ココがポイント

  • 先進国株式は、長期的に見てリターンが1番高いと言われている
  • 長期的に積み立てしていけば、リスクも下がる

 

ひふみ年金

銘柄 ひふみ年金
投資先 グローバル(日本を含む)
買付手数料 無料
信託財産留保額 無料
信託報酬 0.3834〜0.4914%/年

高利回りでアクテイブファンドの中でも人気No.1のひふみシリーズから、イデコでも購入可能なひふみ年金もあります。

 

ひふみ年金はひふみシリーズのイデコ専用銘柄で、中身はひふみプラスとほぼ同じです。

ひふみシリーズは東証株価指数を圧倒的に上回るリターンを出すことで、透明性の高い運用で人気を集めています。

 

アクテイブファンドは歴史的に見てインデックスファンドに勝ったことはないですが、それでもひふみを選びたい人が多いです。

アクテイブファンドを選ぶなら、まずはひふみを選んでみてください。

ココがポイント

  • 人気のひふみシリーズも、イデコ口座で取り扱いがある
  • アクテイブファンドを選ぶなら、まずはひふみを選ぶ

 

SBI証券iDeCo(イデコ)で扱う投資信託一覧【計83本】

投資先 銘柄・商品 純資産(百万円)
2019/10時点
国内株式 SBITOPIX100・インデックスファンド 6,118
野村DC・JPX日経400ファンド 521
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 23,435
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 8,421
<購入・換気手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 6,211
DCニッセイ日経225インデックスファンドA 3,919
フィディリティ・日本成長株・ファンド 354,813
日本株式スチュワードシップ・ファンド 1,014
野村リアルグロース・オープン 25
ひふみ年金 22,378
SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ 4,206
つみたて椿 76
みのりの投信 1,098
国内債券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド 33,092
eMAXIS Slim 国内債券インデックス 4,558
国内REIT <購入・換気手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド 10,461
DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 2,198
海外株式 EXE-i先進国株式ファンド 8,490
朝日Nevestグローバル バリュー株オープン 51,015
<購入・換気手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 120,275
DCニッセイ外国株式インデックス 22,183
DC外国株式インデックスファンド 11,943
eMAXI Slim 先進国株式インデックス 45,102
eMAXI Slim 全世界株式(除く日本) 5,925
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド 10,243
EXE-iグローバル中小株式ファンド 6,004
SBI・全世界株式インデックス・ファンド 2,603
キャピタル世界株式ファンド 3,319
セゾン資産形成の達人ファンド 73,905
iFreeNYダウ・インデックス 10,620
農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド 1,605
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 19,609
EXE-i新興国株式ファンド 9,022
三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド 18,996
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 16,118
海外債権 SBI-PIMCO 世界債券アクティブファンド 23
野村外国債券インデックスファンド 33,556
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 4,146
iFree 新興国債権インデックス 2,871
三菱UFJDC新興国債権インデックスファンド 6,506
海外REIT 三井住友DC外国リートインデックスファンド 3,660
コモディティ 三菱UFJ純金ファンド 20,746
バランス型 DCインデックスバランス(株式20) 5,036
野村DC運用戦略ファンド 23,452
SBIグローバル・バランス・ファンド 136
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 177,187
DCインデックスバランス(株式40) 6,732
iFree 8資産バランス 13,539
iFree 年金バランス 172
DCインデックスバランス(株式60) 8,588
SBI資産設計オープン(資産成長型) 29,402
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 26,369
DCインデックスバランス(株式80) 6,686
セレブライフ・ストーリー2025 1,141
セレブライフ・ストーリー2035 14,316
セレブライフ・ストーリー2045 1,112
セレブライフ・ストーリー2055 559

SBI証券のイデコ口座で買える投資信託は、全83本のラインナップです。(2020年05月時点)

 

イデコ口座は元々投資信託が少なめですが、マネックス証券は多い方です。

人気の高いeMAXIS Slimシリーズなど、低コストな銘柄が多いのでどれを選んでも間違いないでしょう

 

まずは人気のeMAXIS Slimシリーズに積み立てして、最安手数料で運用してください。

ココがポイント

  • SBI証券ならeMAXIS Slim シリーズの取り扱いがある
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)は、マネックス証券だけ

 

投資信託の選び方は?

▼投資信託を選ぶ基準

  • 信託報酬が安い
  • 純資産が増加傾向にある
コナツ
どうやって選べばいいんだろう…?
投資信託を選ぶポイントだよ
ショウシ

投資信託を選ぶポイントは、まずは購入時に信託報酬が安いことです。

 

投資信託では、信託報酬分の手数料が資産から引かれていきます。

長期投資では信託報酬が安い銘柄ほど、利益が出しやすくなるわけです。

 

そして投資信託の資産が増えていることです。

資産が多いほど多くの人が選んでいる銘柄で、幅広く投資していく資産があるということで、投資信託においては重要なポイントになります。

 

投資信託の選び方については他記事で詳しくまとめています。

 

iDeCo(イデコ)のおすすめ金融機関はマネックス証券!eMAXIS Slimシリーズで運用しよう

おすすめ度:

公式サイト:

コナツ
どこで始めたらいいんだろう?
eMAXIS Slimシリーズが運用できるマネックス証券がおすすめだよ
ショウシ

企業型確定拠出年金の場合は、企業により金融機関を自由に選べない場合が多いですが、iDeCo(イデコ)の場合は自由に選ぶことができます

 

例えば投資したい銘柄がある銀行を選ぶなど、自身で自由に選ぶことが可能になっています。

iDeCo(イデコ)もつみたてNISA同様に長期運用になりますので、低コストな銘柄に積み立てておくようにしましょう。

 

低コストなインデックスファンドで有名なeMAXIS Slimシリーズの取扱いがあるかどうかが、1つの目安となるでしょう。

iDeCo(イデコ)を始めるなら、現状はマネックス証券が最もお得です。

 

私もマネックス証券で、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)1本に積み立てしています。

ココがポイント

  • マネックス証券ならeMAXIS Slim シリーズの取り扱いもあって、お得に運用できる
  • eMAXIS Slimシリーズがあるのは、マネックス証券とSBI証券のみ

おすすめ度:

公式ページ:https://www.monex.co.jp/

手数料最安のネット証券。eMAXIS Slim で低コスト運用

 

マネックス証券は、日本で始めてeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)をイデコ口座で取り扱いを開始

【2020年1月追記】マネックス証券は、日本で始めてeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)をイデコ口座で取り扱いを開始しました。

つみたてNISAでもおすすめしていますが、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)はこれ1本で世界中の株式に投資できるので、つみたてNISAでもほとんどの人が積み立てしています。

 

私も、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)に積み立て変更しました。

これからイデコの運用を始める人は、このオールカントリー1本なら手間もなくてカンタンですよ。

 

▼1本で世界中の株式に分散投資してくれる、全世界株式のポートフォリオ

引用元:eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

 

イデコを始めるなら、手数料最安のインデックスファンドのeMAXIS Slimシリーズの取り扱いが豊富なマネックス証券が、現状は1番お得ですよ。

手間をかけたくない人ほど、マネックス証券で運用してください。

おすすめ度:

公式ページ:https://www.monex.co.jp/

手数料最安のネット証券。eMAXIS Slim で低コスト運用

 

【iDeCo(イデコ)】まとめ記事

イデコについては、理解できましたか?

老後資金2,000万円不足問題で話題を呼び、自分年金を非課税で作れるお得な制度が、イデコです。

イデコのまとめ記事です。イデコについて、全体を理解しておきましょう。まとめ記事は、「この記事を読む」をタップしてください。

この記事を読む

 

まとめ:SBI証券のiDeCo(イデコ)で投資信託を買うなら?おすすめ銘柄を解説

SBI証券で買うiDeCo(イデコ)のおすすめ投資信託はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
SBI証券でイデコを始める理由 eMAXIS Slim シリーズの取り扱いがある
加入者数No.1の実績
SBI証券のおすすめ銘柄 eMAXIS Slim 全世界株式(日本を除く)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド
ひふみ年金
イデコを運用するなら マネックス証券なら、eMAXIS Slimシリーズに積み立てできる

 

SBI証券はeMAXIS Slimシリーズの取り扱いもあり、加入者数No.1の金融機関です。

イデコを始めるならeMAXIS Slimシリーズの取り扱いがある、マネックス証券かSBI証券にしておいて間違いないです

SBI証券もおすすめの証券口座ですので、ぜひ選んでみてください。

 

イデコは節税効果が高くなっていて、サラリーマンでもできる節税としても有名です

こちらもつみたてNISA同様、投資未経験の人にも簡単にできます

ぜひイデコを毎月少額で構いませんので今のうちから始めておきましょう

おすすめ度:

公式ページ:https://www.monex.co.jp/

手数料最安のネット証券。eMAXIS Slim で低コスト運用

iDeCoを詳しく知る

iDeCoガイドブック

\iDeCoを基礎から知る/

このカテゴリを読む


iDeCo証券口座ランキング

マネックス証券

おすすめ度:

公式ページ:https://www.monex.co.jp/

イデコといえばマネックス証券と言っても過言ではないくらい、低コストの投資信託のラインナップに優れています。

手数料業界最安水準を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」で唯一、全世界株式(オールカントリー)の取り扱いがあるネット証券。

これからイデコを始める人は、マネックス証券・eMAXIS Slim 全世界株式が最強の組み合わせです。

公式ページはこちら

 

SBI証券

おすすめ度:

公式ページ:https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券はイデコの口座開設数No.1のネット証券で、多くの投資家が口座を持っています。証券口座と言えばSBI証券、と言っても過言ではないでしょう。

2018年11月から「低コスト」と「多様性」こだわった商品ラインナップを扱うセレクトプランがスタートし、マネックス証券に劣らない低コストの商品が揃いました。

「eMAXIS Slimシリーズ」の取り扱いもあるので、誰にでもおすすめできるネット証券です。

公式ページはこちら

 

楽天証券

おすすめ度:

公式ページ:https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券のイデコでは現状は「eMAXIS Slim」シリーズの取扱がなく、低コストのファンドを選ぶとなると「たわらノーロード」の一択になってしまうため、現状はあまりおすすめではありません。

楽天証券のつみたてNISAはとても優秀ですので、つみたてNISAと口座を一元管理したい場合は、楽天証券でイデコ口座を開設しておくと、同時管理が便利です。

投資信託で選ぶなら、「eMAXIS Slim」シリーズがあるマネックス証券かSBI証券で口座開設してください。

公式ページはこちら

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人
ショウシ

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-iDeCo(イデコ)
-, ,

Copyright© 積立いなふる , 2020 All Rights Reserved.