iDeCo(イデコ)

【節税効果バツグン】iDeCo(イデコ)の税金控除・節税の3つのポイントをわかりやすく解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はiDeCo(イデコ)の税金控除・節税の3つのポイントをわかりやすく解説します。

iDeCo(イデコ)は掛け金が控除できて節税効果が高く、受け取り時も税制優遇があり非常に優秀な制度です。iDeCo(イデコ)を一時金で受け取る場合は運用期間が長いほど税制優遇効果が大きいので、早めに始めておくといいでしょう。

節税効果が高くなっていて、サラリーマンでもできる節税としても有名です。

こちらもつみたてNISA同様、投資未経験の人にも簡単にできます

ぜひiDeCo(イデコ)を毎月少額で構いませんので今のうちから始めておきましょう

本記事の内容

  • ポイント1:iDeCo(イデコ)は掛け金が控除される(上限有り)
  • ポイント2:iDeCo(イデコ)は運用益が非課税(つみたてNISAと同じ)
  • ポイント3:iDeCo(イデコ)は受取時も一定額控除

iDeCo(イデコ)の税金控除・節税3つのポイントをわかりやすく解説

コナツ
節税ってどこが節税なんだろう?
iDeCo(イデコ)の節税のポイントを解説するよ
ショウシ

iDeCo(イデコ)の節税3つのポイント

  1. 掛け金が全額所得控除
  2. 配当金・運用益が非課税
  3. 受取時も一定額控除

iDeCo(イデコ)は節税面で優れた制度です。

運用益が非課税なのはつみたてNISAも同様ですが、掛け金が税金控除できるのは iDeCo(イデコ)だけのメリットです。

iDeCo(イデコ)は60歳まで引き出せない制限がある代わりに、税制面が非常に優れています。60歳以上になったら引き出す時も、一定額が控除されます。

投資する金融機関も投資先の銘柄も自由に選べますので利益も出しやすく、節税を目的にしてるなら早めに始めてみた方がいいでしょう。

60歳まで引き出せないと言っても浪費とは違い、いつか必ず手元に戻ってくる将来への貯金です。

老後だからと後回しにしてしまいがちですが、会社員でも会社の制度によってはiDeCo(イデコ)を始められますので、早めに始めてみましょう。

iDeCo(イデコ)の掛け金は全額所得控除が可能

コナツ
掛け金控除には手続きが必要なのかな?
年末調整か確定申告で申告が必要だよ
ショウシ

iDeCo(イデコ)の掛け金控除について詳しく解説します。

iDeCo(イデコ)では毎月積み立てているお金=掛け金の税金を控除することができます。つまり掛け金を収入と見なさないわけですね、ここは生命保険控除と同じ仕組みです。

お勤めの方は年末調整でも掛け金控除は可能ですし、確定申告で掛け金控除ができます。

但し掛け金は職業やお勤め先の制度により上限があります。

iDeCo(イデコ)の掛け金上限をケース別に解説

運用対象者 月額上限
自営業 6万8千円
(国民年金基金との合算額)
専業主婦(パート含む) 2万3千円
会社員(サラリーマン)
(企業年金がない場合)
2万3千円
会社員(サラリーマン)
(企業年金がなく、企業型確定拠出年金がある場合)
2万円
会社員(サラリーマン)
(企業年金がある場合)
公務員の場合
1万2千円
会社員(サラリーマン)
(企業年金と企業型確定拠出年金がある場合)
1万2千円
(※企業の規定で同時加入不可が多い)

iDeCo(イデコ)の掛け金の上限をケース別に解説します。

会社員の方はお勤めの会社の制度によって掛け金の上限が変わりますので、よく確認しておきましょう。

自営業の方は国民年金基金との合算になりますので、よく計算しておく必要がありますので注意が必要です。

ご夫婦の場合で、専業主婦の方やパート勤めの方は問題なくiDeCo(イデコ)に加入できますので、加入しておくといいですね。

企業型確定拠出年金がある方は奥様の名義で加入しても問題ありませんので、奥様名義での加入をおすすめします。

1番多くの人は会社員(サラリーマン)だと思いますので、サラリーマン向けの年金制度は他記事でまとめています。

掛け金控除の例を紹介

実際にiDeCo(イデコ)を運用するといくらの節税になるかシュミレーションしてみましょう。

シュミレーションをわかりやすくするため、職業以外の条件は揃えて算出してみます。

  • 年齢:30歳
  • 年収:500万円
  • 運用期間:30年
職業 毎月積立額 1年毎の節税額 30年積み立てると
会社員
(企業年金がない場合)
2万3千円 43,100円控除 129万3千円控除
公務員 1万2千円 23,200円控除 69万6千円控除
自営業 6万8千円 124,700円控除 374万1千円控除

引用元:iDeCo節税シミュレーター

各職業で30年間毎月満額まで積み立てした場合の節税額をシミュレーションしてみましょう

もちろん住宅ローン控除などで控除しきれない分が出て来る場合は、シュミレーション結果と異なる場合があります。

iDeCo(イデコ)は節税効果も高く、早く始めるほど受け取る時の金額が大きくなりますので、早くから始めておく方がいいでしょう。

受け取りが60歳以降になるため後回しにされがちですが、節税効果も高く非常に優れた制度です。

収入がない専業主婦・主夫には掛け金控除のメリットは受けられない

2017年からiDeCo(イデコ)の対象者が拡大され、収入がない専業主婦・主夫の人でもiDeCo(イデコ)に加入できるようになりました。

しかし専業主婦には元々収入がありませんので、年末調整も確定申告も必要ありません

収入がない人は掛け金控除の恩恵を受けられないことになりますが、これから説明するように運用益は非課税など他の恩恵もありますので、iDeCo(イデコ)を始めた方がいいでしょう

将来は必ず手元に返ってくるわけですからね、決して無駄にはなりません。

iDeCo(イデコ)の配当金・運用益は非課税!つみたてNISAと同じです

コナツ
非課税ってことは申告不要?
確定申告も必要ないから黙ってて問題ないよ
ショウシ

iDeCo(イデコ)の配当金や運用益は非課税です。

通常は資産運用の利益は申告分離課税に該当し、20.315%の税金が課税されます。

資産運用でいくら利益が出ても非課税ですので年末調整や確定申告の必要はありません。証券口座で利益が源泉徴収されることもありません。

これはつみたてNISAでも同じですね。つみたてNISAの運用益は非課税になりますので、こちらもおすすめの資産運用になっています。

iDeCo(イデコ)の受取時も一定額控除が可能!退職金の受け取りとは年をずらしておこう

コナツ
受け取る時はどうすればいいの?
受け取りパターンを解説するよ
ショウシ

iDeCo(イデコ)の受け取りパターン

  • まとめて受け取る:退職所得控除
  • 分割して受け取る:公的年金等控除
  • まとめて&年金 併用:退職所得控除・公的年金等控除

iDeCo(イデコ)を受け取る時の3パターンを紹介します

iDeCo(イデコ)は60歳以上にならないと受け取ることができない制限があり、あまり知られていませんが最低5年間以上運用しないと受け取ることができません。

すでに60歳以上でも運用開始でき、最低5年間運用した後に受け取ることができます

受け取り時に制限がある分、税制面では非常に優遇されています。受け取りパターンを詳しく見ていきましょう。

iDeCo(イデコ)の受け取りを一括(一時金)で受け取る場合

iDeCo(イデコ)の受け取りを一括で受け取る場合は退職金として受け取ることになります。

退職金は勤続年数によって控除される金額が変わってきますが、iDeCo(イデコ)の場合は運用期間によって控除される金額が変わってきます。

  • 運用期間が20年以下:40万円 × 運用期間
  • 運用期間が20年超え:800万円 + 70万円 × (運用期間 - 20年)

例えば運用期間が20年だと800万円、運用期間が21年だと870円となり、運用期間が20年を超えると控除額が毎年かなりの金額控除できるようになります。

実際にお勤め先から貰う退職金と同年にiDeCo(イデコ)も受け取ってしまうと、控除可能金額をはみ出してしまうこともありますので、勤め先からの退職金とはずらしておくことがベストです。

iDeCo(イデコ)の受け取りを分割(年金)で受け取る場合

iDeCo(イデコ)の受け取りを分割で受け取る場合は年金として受け取ることになります。

年金は受け取る年齢によって控除される金額が変わってきます。

  • 60〜65歳:年間70万円まで控除
  • 65歳以上:年間120万円まで控除

年金の受け取りは65歳からですので、60〜65歳の間で受け取る年金はiDeCo(イデコ)だけになりますね。

60〜65歳の間で受け取り切れない場合は65歳以上も受け取ることになりますが、公的年金との合算になりますので、公的年金の繰り下げ受給も視野に入れて考えましょう。

せっかく積み立てたお金ですので、なるべく税金が控除される範囲内で受け取りましょう。

iDeCo(イデコ)の受け取りを一時金と年金の併用で受け取る場合

iDeCo(イデコ)の受け取りを先程説明した一時金と年金の併用で受け取ることもできます。

どれがお得ということはありませんが、会社から貰う退職金や年金などの状況によっては同年にiDeCo(イデコ)も受け取ってしまうと控除可能な金額をはみ出してしまうこともなります。

勤め先からの退職金と合算して一時金で受け取るとはみ出してしまう場合には、控除可能な金額だけ一時金で受け取り、残りを年金で貰うなど工夫しましょう。

これはiDeCo(イデコ)にいくらお金があるかによって変わってきますので、これがお得!という答えは人によって変わります

控除可能な金額をよく考え、控除可能な枠内で受け取るようにしましょう。

iDeCo(イデコ)のメリットは?

コナツ
僕もiDeCoに加入した方がいいかなぁ…
メリットを詳しく説明するよ
ショウシ

iDeCo(イデコ)のメリット

  • 掛け金は全額控除(上限あり)
  • 受け取り時にも一部控除がある
  • 金融機関・銀行・投資銘柄を自由で選べる

公務員にiDeCo(イデコ)が必要な理由がわかった所で、iDeCo(イデコ)のメリットをおさらいしましょう。

iDeCo(イデコ)は毎月積み立てている掛け金を非課税にすることができ、非常に節税効果の高い制度です。

同じ非課税制度のつみたてNISAでは運用益が非課税になるだけですが、iDeCo(イデコ)は掛け金も運用益も非課税になります。

節税・将来への資産形成の両方のメリットを持ったお得な制度です。

今のうちから少しずつ積み立てして将来困らないように準備しておきましょう。

iDeCo(イデコ)の詳細は他記事でまとめています。

まとめ:iDeCo(イデコ)の税金控除・節税の3つのポイントをわかりやすく解説

iDeCo(イデコ)の税金控除・節税の3つのポイントはいかがだったでしょうか。

iDeCo(イデコ)は掛け金が控除できて節税効果が高く、受け取り時も税制優遇があり非常に優秀な制度です。iDeCo(イデコ)を一時金で受け取る場合は運用期間が長いほど税制優遇効果が大きいので、早めに始めておくといいでしょう。

iDeCo(イデコ)の積み立ては浪費とは違い将来への貯金です。節税効果が高く早めに始めておくほど節税効果や受取時の金額が大きくなりますので、早めに始めておきましょう。

現状の金融機関は低コストで有名なeMAXIS Slimシリーズの取扱いがあるマネックス証券が1番おすすめになっています。

ぜひこの機会にマネックス証券でiDeCo(イデコ)口座を開設して将来への貯金を始めてみてください。

スポンサーリンク

iDeCo証券口座ランキング

マネックス証券

マネックス証券 iDeCo

iDeCoといえばマネックス証券と言っても過言ではないくらい、低コスト(信託報酬)と商品ラインナップに優れています。

迷った方はマネックス証券で運用しておいて間違いはないでしょう。

手数料業界最安水準を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」も取扱いがあり、まだiDeCoを開設していない方はマネックス証券で決まりです。

詳細ページ

公式ページ

SBI証券

SBI証券 iDeCo

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。
証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

2018年11月から「低コスト」と「多様性」こだわった商品ラインナップを扱うセレクトプランがスタートし、マネックス証券に劣らない低コストの商品が揃いました。

既にSBI証券の口座を持っている方は、SBI証券で揃えておくと管理しやすくなりますので、おすすめです。

詳細ページ

公式ページ

楽天証券

楽天証券

楽天証券のiDeCOでは現状は「eMAXIS Slim」シリーズの取扱がなく、低コストのファンドを選ぶとなると「たわらノーロード」の一択になってしまうため、現状はあまりおすすめではありません。

楽天証券のつみたてNISAはとても優秀ですので、つみたてNISAと口座を一元管理したい場合は、楽天証券でiDeCo口座を開設しておくといいでしょう。

iDeCo口座で楽天ポイントは貯まりませんが、今後制度が変更される可能性もありますので、楽天証券でiDeCo口座を開設しておいて制度変更を待つといいでしょう。

詳細ページ

公式ページ

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-iDeCo(イデコ)
-,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.