iDeCo(イデコ)

【初心者におすすめ】iDeCo(イデコ)で買うおすすめ投資信託銘柄・商品4選をランキング形式で徹底紹介

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はiDeCo(イデコ)で買うおすすめ投資信託の銘柄・商品4選をランキング形式で徹底紹介します。

おすすめする投資信託はいずれも人気が高く低コストなものになっています。初心者はおすすめするシリーズを思考停止で選んでおいて間違いはないでしょう。

iDeCo(イデコ)は非常にお得な税制優遇制度となっていますので、毎月少額で構いませんのでぜひ始めておくといいでしょう。

こちらもつみたてNISA同様、投資未経験の方にもおすすめできる内容になっております。

ぜひiDeCo(イデコ)を初めてみてください。

本記事の内容

  • おすすめの投資信託4選を紹介
  • 投資初心者はバランス型がおすすめ
  • 投資信託の選び方2つを紹介

iDeCo(イデコ)で買うおすすめ投資信託銘柄・商品4選をランキング形式で徹底紹介

コナツ
いっぱいありすぎて、どれを選べばいいかわからない!
人気の銘柄を紹介するよ
ショウシ

iDeCo(イデコ)で買うおすすめの投資信託4選

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • ひふみ年金
  • 楽天・全米株式インデックスファンド

iDeCo(イデコ)で買うおすすめの投資信託4選をご紹介します。

iDeCo(イデコ)口座を開設する証券会社によってはおすすめの銘柄・商品は扱いがない可能性もありますがご了承ください。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド

1番おすすめしたいのが「eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド」です。

低コストで有名なeMAXIS Slimシリーズの1つであり、投資信託の中でもとても人気の高い銘柄です。

投資先は先進国の株式ですので欧米や欧州の幅広い地域に投資していき、高いリターンも狙えます。

バランス型に比べて信託報酬が安くとりあえずはこれを買っておけば間違いない!と言われる銘柄になっています。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

初心者に最もおすすめしたいのが「バランス型」の投資信託です。

中でもeMAXIS SlimシリーズのeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、他のバランス型ファンドに比べても信託報酬が安くておすすめです。

投資は定期的にリバランスを行ってポートフォリオを維持していく必要がありますが、バランス型は均等に投資していきますのでリバランスが不要になっているのが特徴です。

リターンとリスクをバランスよくとっていくには、バランス型の投資信託に投資していきましょう。

リバランスを投資信託を運営している信託会社に依存している分、先進国株式などに比べると信託報酬が高くなります。

バランス型は初心者の方に最もおすすめです

ひふみ年金

高利回りで人気の高いひふみシリーズから、iDeCo(イデコ)でも購入可能なひふみ年金がおすすめです。

ひふみ年金はひふみシリーズのiDeCo(イデコ)専用銘柄で、投資先は国内株式になります。

ひふみシリーズは東証株価指数を圧倒的に上回るリターンを出すことで、今までのアクティブファンドとは異なる稀な存在です。

信託報酬はeMAXIS Slimシリーズに比べると高めですが、それでも低コストな部類に入りますので、こちらのひふみ年金にも投資しておくといいでしょう。

楽天・全米株式インデックスファンド

楽天のインデックス・ファンドシリーズからおすすめしたい銘柄は、楽天・全米株式インデックス・ファンドです。

こちらも低コストでとても人気の高い銘柄になっています。

投資先は米国株に限定されますが、とても利回りがよくて人気の投資先です。もしリスクを減らしたい場合は、同じ楽天のインデックス・ファンドシリーズの投資先が異なる銘柄を選ぶといいでしょう。

楽天のインデックス・ファンドシリーズはどれも人気が高くおすすめです。

初心者はバランス型で分散投資がおすすめ | リバランスが不要

コナツ
どれを重視して投資したらいいの?
初心者はバランスがおすすめだよ
ショウシ

投資初心者とは

  • 今まで投資信託を買ったことがない
  • 資産配分を判断できない
  • 長期的な投資判断ができない

投資初心者はバランス型の銘柄に投資していくことをおすすめします。

バランス型は8資産へ均等に投資していきますので、バランス型1本ですべての投資先へ投資したことになります。

ポートフォリオ内の配分も投資信託を運営している信託会社がすべて請け負いますので、自身でリバランスなどの必要はありません

リターンとリスクをバランスよくとっていきますので、暴落にも強く安定した利回りを出すことができます。

初心者はバランス型1本に投資していけば問題ありません。

投資先資産別リスクを理解しておこう

投資信託の投資先のリスクとしては、広く色々な分野に投資するものほどリスクは低くなります。

1分野に投資すると暴落のリスクがあります。投資信託は信託会社のプロが運用していますので、そこまで大きく値下がりすることはほぼありえませんが、やはり暴落時には価格が下がってしまいます。

特に新興国株式はリスクが高くなる傾向がありますので、投資初心者は手を出さない方が無難です。

せっかく投資信託に投資するなら、バランス型などの幅広く投資している商品を選ぶのがおすすめです

リスクが高い投資先は、投資初心者のうちは避けるようにしましょう。

元本割れのリスクもある

投資の世界に絶対はありません。どんなにいい銘柄でも必ずリスクはつきものです。

投資信託でも元本割れのリスクがあることを忘れないようにしてください。

投資の世界では「長期・積立・分散」による分散で、ある程度リスクを避けることが可能です。元本割れのリスクもあるということは理解して、長期運用でリスクを分散した運用を心がけましょう。

iDeCo(イデコ)の銘柄・商品の選び方は?低コストなファンドを第一に考えよう

コナツ
どれを買えばいいかわかったけど、他にも見てみたいなぁ…
銘柄の選び方を解説するね
ショウシ

投資信託の選び方・投資後のチェック項目

  • 信託報酬(手数料)が安いか
  • 純資産額が増加傾向にあるか

投資信託の銘柄と投資先の選び方をわかりやすく解説します。

投資信託を選ぶ際に注意する点は下記2点のみです。年に1回は資産をチェックして、以下の点を満たしているか確認しましょう。

信託報酬(手数料)が安いか

iDeCo(イデコ)では共通して買付手数料は無料(ノーロード)になっています。

手数料がかかるコストはこの信託報酬のみになりますので、ここは非常に大事です。信託報酬の差で最終的な利益に大きく差が出る可能性があります

手数料は基本的に払ってもいいことはありませんので、なるべくコストの安い銘柄を選ぶようにしましょう。

iDeCo(イデコ)は人によっては20〜30年以上の長期運用になりますので、コスト面を重視して銘柄を選ぶようにしましょう。

純資産額が増加傾向にあるか

投資信託を定期的にチェックする場合は、純資産額が増加傾向にあるかチェックしましょう。

相場は必ず上下するものですが、この純資産額は投資家の期待値を表します。投資する際に資産額は非常に重要です

資金が枯渇すると運用自体がストップして、それ以上利益を生み出せない状況になりかねません

投資信託を選ぶ際に純資産が増加傾向であることは非常に重要になりますので、必ず確認しましょう。

他にも債権などの場合は、さらにリスクは低くなりますがリターンも小さくなります。

iDeCo(イデコ)のメリットを解説

コナツ
僕もiDeCoに加入した方がいいかなぁ…
メリットを詳しく説明するよ
ショウシ

iDeCo(イデコ)のメリット

  • 掛け金は全額控除(上限あり)
  • 受け取り時にも一部控除がある
  • 金融機関・銀行・投資銘柄を自由で選べる

iDeCo(イデコ)のおすすめ投資信託がわかった所で、iDeCo(イデコ)のメリットをおさらいしましょう。

iDeCo(イデコ)は運用益が非課税になるだけではなく、掛け金に対しても控除が可能な節税効果が高いお得な制度です。節税を考えているなら、まずは将来への資産形成に繋がるiDeCo(イデコ)から始めていきましょう。

運用益は60歳になるまで引き出すことはできず使い道は老後資金に限られてしまいますが、年金制度だけでは補いきれない分は自身で資産形成していくしかありません。

将来の自分が困らないように今のうちから準備を始めておきましょう。

投資と聞くと初心者はとっつきにくいかもしれませんが、投資信託は先程紹介した銘柄に思考停止で積み立てしておけば問題ありません。

iDeCo(イデコ)はお得な制度が話題が話題を呼び、口座開設者が急増しています。今とても注目されているお得な制度ですので、ぜひ今から始めておきましょう。

まとめ:iDeCo(イデコ)で買うおすすめ投資信託銘柄・商品4選をランキング形式で徹底紹介

iDeCo(イデコ)で買うおすすめ投資信託銘柄・商品4選はいかがだったでしょうか。

おすすめする投資信託はいずれも人気が高く低コストなものになっています。初心者はおすすめするシリーズを思考停止で選んでおいて間違いはないでしょう。

掛け金に上限はありますが、2017年からはすべての人がiDeCo(イデコ)を運用できるようになりましたので、iDeCo(イデコ)は話題が話題を呼び運用を始める人が急増しています

非常に簡単で手間もかかりませんので、ぜひこの機会にiDeCo(イデコ)を始めてみてください。

iDeCo(イデコ)を始めるなら銘柄の種類が豊富なマネックス証券が1番おすすめになっていますので、ぜひ マネックス証券 iDeCo で口座開設してみてください。

スポンサーリンク

iDeCo証券口座ランキング

マネックス証券

マネックス証券 iDeCo

iDeCoといえばマネックス証券と言っても過言ではないくらい、低コスト(信託報酬)と商品ラインナップに優れています。

迷った方はマネックス証券で運用しておいて間違いはないでしょう。

手数料業界最安水準を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」も取扱いがあり、まだiDeCoを開設していない方はマネックス証券で決まりです。

詳細ページ

公式ページ

SBI証券

SBI証券 iDeCo

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。
証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

2018年11月から「低コスト」と「多様性」こだわった商品ラインナップを扱うセレクトプランがスタートし、マネックス証券に劣らない低コストの商品が揃いました。

既にSBI証券の口座を持っている方は、SBI証券で揃えておくと管理しやすくなりますので、おすすめです。

詳細ページ

公式ページ

楽天証券

楽天証券

楽天証券のiDeCOでは現状は「eMAXIS Slim」シリーズの取扱がなく、低コストのファンドを選ぶとなると「たわらノーロード」の一択になってしまうため、現状はあまりおすすめではありません。

楽天証券のつみたてNISAはとても優秀ですので、つみたてNISAと口座を一元管理したい場合は、楽天証券でiDeCo口座を開設しておくといいでしょう。

iDeCo口座で楽天ポイントは貯まりませんが、今後制度が変更される可能性もありますので、楽天証券でiDeCo口座を開設しておいて制度変更を待つといいでしょう。

詳細ページ

公式ページ

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-iDeCo(イデコ)

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.