つみたてNISA

【楽天証券がお得】つみたてNISA(積立NISA)の楽天証券とSBI証券を徹底比較

更新日:

楽天証券

 

\楽天ポイントが貯まる & 使える資産運用/

楽天証券 無料登録はこちら

楽天証券

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回はつみたてNISAを始めるなら、SBI証券と楽天証券のどちらがお得か初心者にわかりやすく解説します。

コナツ
つみたてNISAを始めるなら楽天証券とSBI証券のどっちがいいの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私も楽天証券で楽天ポイントを貯めながら運用しています

▼楽天証券のつみたてNISA運用

 

現状はつみたてNISAの積み立てで楽天ポイントがたまる楽天証券が最もおすすめです。

SBI証券でもTポイント投資が始まりましたが、まだ楽天証券の方がおすすめです。

金融機関に迷っている方はぜひ参考にしてください。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今つみたてNISAは話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はまずは楽天証券でつみたてNISAを始めて、楽天ポイントでお得に少額からインデックス投資を始めましょう

 

本記事の内容

  • 楽天証券を選ぶべき人・SBI証券を選ぶべき人
  • 楽天証券とSBI証券の投資信託銘柄数と信託報酬比較
  • つみたてNISA口座でポイントの貯まり方を比較
  • 入金の手間も重要!クレジットカード積み立てができるのは楽天証券だけ

つみたてNISA(積立NISA)の楽天証券とSBI証券の投資信託を比較!銘柄数・手数料はほぼ互角

コナツ
どっちが投資信託が多いのかな?
それぞれ比較してみよう
ショウシ

楽天証券とSBI証券の比較

  • 投資信託の銘柄数
  • 投資信託の手数料

楽天証券とSBI証券の投資信託を比較します。

詳しく見ていきましょう。

 

楽天証券とSBI証券の取扱銘柄数を比較!銘柄数は互角

楽天証券 取扱銘柄数 SBI証券 取扱銘柄数
150本 [2019年2月時点] 150本 [2019年2月時点]

楽天証券とSBI証券の取扱銘柄数は互角ですね。

つみたてNISAの銘柄数は161本(ETF含む)ですので、ほぼ全ての銘柄を取り扱うことができます。

どちらの証券会社を選んでも、選びたい銘柄がないってことはありませんね。

 

どちらも人気のひふみプラスやeMAXIS Slimシリーズ、たわらノーロードシリーズの取扱もあります。

初心者は銘柄が多すぎて迷ってしまいますが、毎月の限度額が限られているつみたてNISAは人気の銘柄を思考停止で選んでおけば間違いありません

 

投資信託の買付手数料を比較!買付手数料はつみたてNISAならほぼ無料(ノーロード)

楽天証券 SBI証券
楽天証券 eMAXIS Slim バランス SBI証券 eMAXIS Slim バランス
無料 無料
楽天証券 eMAXIS Slim 先進国株  SBI証券 eMAXIS Slim 先進国株
無料 無料
楽天証券 eMAXIS Slim オールカントリー  SBI証券 eMAXIS Slim オールカントリー
無料 無料

楽天証券とSBI証券の買付手数料も互角です。

 

その他、信託財産留保額も無料です。

手数料面でも楽天証券とSBI証券は互角ですね、どちらも手数料は安く済みます。

 

初心者の方は手数料面で比較は難しいですので、こちらも意識しなくてもいいでしょう。

 

 

つみたてNISA(積立NISA)で楽天証券とSBI証券のポイントの貯まり方を比較

コナツ
ポイントはどっちがお得かな?
ポイントは楽天証券がおすすめだよ
ショウシ

ポイントが貯まる仕組み

  • 積立時にポイントを獲得
  • 毎月の保有残高でポイントを獲得

詳しく見ていきましょう。

 

積立時にポイントを獲得!積み立て時にポイントが貯まるのは楽天証券だけ

楽天証券 買い付け時ポイント付与 SBI証券 買い付け時ポイント付与
1%(楽天カード決済) ポイン付与なし

楽天証券は楽天カード決済で買い付け費用の1%分の楽天ポイントが付与されます

 

一方SBI証券は買い付け時にポイント付与はなしです。

ここは楽天証券に軍配が上がります。

 

楽天ポイントを貯めている方は非常にお得になりますので、ポイントにこだわる方はぜひ楽天証券で口座開設してみてください。

貯まったポイントは投資信託へポイント積立をすることが可能なので、ポイントを将来へ向けて貯蓄にすることもできます

 

楽天カード積み立てなら入金手間もかからないので、本当に楽ですよ

 

毎月の保有残高でポイントを獲得!楽天証券の方が貯まりやすい

楽天証券 毎月保有残高でポイント獲得 SBI証券 毎月の保有残高でポイント獲得
10万円につき4ポイント 保有金額の0.1% (1,000万円以下の場合)

SBI証券のポイント付与は銘柄が通常銘柄、指定銘柄などどの区分に該当するかでポイント付与率が変わります。

 

信託報酬がお得な銘柄ほど付与ポイントは少なく、eMAXIS Slimはポイント付与率が最低額になります。

ここではeMAXIS Slimシリーズを保有していると仮定して解説していきます

 

例えば、50万円分のeMAXIS Slimを保有している場合、楽天証券は毎月50ポイント付与で年額600ポイントを獲得できるのに対し、SBI証券は年額250ポイントを獲得できます。

ここでも楽天証券に軍配が上がりますね、ポイント付与に関しては楽天証券がお得ですね。

 

 

楽天証券とSBI証券の入金の手間・自動入出金(スイープ)を比較!クレジットカード積み立てができるのは楽天証券だけ

コナツ
入金…?
つみたてNISAでは毎月入金するから手間がない方が簡単だよ
ショウシ

つみたてNISAにおいては、入金の手間も重要です

 

楽天銀行と住信SBIネット銀行に手間なくお金を入れておけるならいいですが、そうでない場合は毎月入金の手間があります。

毎月ATMで入金したり必要だと、結構忘れます

 

口座残高が不足していると積み立て失敗してしまい、長期運用においては利益を出しづらくなってしまいます。

せっかく長い時間かけているに積み立てできないのでは、もったいないですよね。

 

長期運用では入金の手間がかからない証券口座を選ぶことが、意外と重要なポイントです

楽天証券とSBI証券をそろぞれ見ていきましょう。

 

 

楽天証券とSBI証券の自動入出金(スイープ)を比較

楽天証券 SBI証券
銀行種類 楽天銀行 住信SBIネット銀行
預金金利 0.1% 0.001%
手数料 無料 無料

自動入出金(スイープ)を比較しましょう。

 

楽天証券とSBI証券はそれぞれ自動入出金に対応している銀行があります。

それぞれネット銀行で振込手数料も割安なのでどちらも使い勝手はいいでしょう。

 

楽天証券の場合は楽天銀行とマネーブリッジを設定すると普通預金金利が大手銀行の100倍以上になる特典があります。

自動入出金においても、楽天証券の方がお得ですね。

 

つみたてNISAのクレジットカード積み立てを比較!クレジットカード積み立てができるのは楽天証券だけ

引落方法 楽天カードクレジット決済 楽天カード支払口座からの引落
楽天スーパーポイントの付与
決済額の100円につき1ポイント付与!

※通常ポイントを付与
×
毎月の積立上限額 5万円 上限なし
最低買付金額 100円
※毎日積立不可
1,000円
積立指定日 毎月1日
※休業日の場合は翌営業日
毎月12日
※休業日の場合は翌営業日
引落日 毎月27日
(積立 後 にお支払)
※休業日の場合は翌営業日
毎月27日
(積立 前に引落)
※休業日の場合は翌営業日
ポイント積立 ※1 ×
ボーナス設定 ※2 ×

楽天証券では、楽天カードのみですがクレジットカード積み立てで投資信託を買うことができます。

 

クレジットカードなら残高不足で積み立て失敗ということはありません

クレジットカードの引き落とし口座はお金が入っている口座を指定していますので、問題ないですね。

 

証券口座は入出金の手間がありますが、クレジットカード積み立てなら本当に簡単です。

つみたてNISAを始めるなら、楽天証券で楽天カード積み立てしておいて損はありません

 

楽天カードについては、こちらから無料でカード作成できます。

楽天カード
楽天ポイントが貯まる定番のクレジットカード
ポイント還元率もお得で機能も充実
クレジットカード選びに迷ったらまずは楽天カード
貯まったポイントでポイント投資もできて有効活用ができる
年会費 無料
ポイント還元率 1%〜
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard・AmericanExpress
発行期間 最短5営業日
Apple Pay Quickpay(クイックペイ)
関連記事 【クレジットカードならこれ!】楽天カードとは?評判と口コミ・メリットとデメリットを徹底解説

つみたてNISA(積立NISA)の楽天証券とSBI証券の比較結果!これから始めるなら楽天証券にしよう

楽天証券 SBI証券
手数料面 ほぼ同じ ほぼ同じ
ポイントサービス 楽天ポイント 楽天証券の方が貯まりやすい
連携銀行の預金金利 0.1% 0.001%
連携銀行の自動入出金 あり あり
少額積み立て 100円〜 100円〜
コナツ
楽天証券の方が赤が多い!
これから始めるなら楽天証券がおすすめだよ
ショウシ

楽天証券とSBI証券の比較結果は表の通りです。

 

どちらもネット証券を代表する証券口座なので、手数料面や銘柄数ではほぼ互角です。

しかし楽天証券では楽天ポイントを貯めたり、楽天ポイントで投資信託を買えたりなど、ポイント連携が強いです

 

もしこれから口座開設するなら楽天証券にしておきましょう。

つみたてNISAの積み立てで楽天ポイントを貯めることができて本当にお得ですよ。

 

つみたてNISAを始めるなら楽天証券がおすすめ

コナツ
つみたてNISAを始めるならどこがいいの?
現状の1番おすすめは楽天証券だよ
ショウシ

つみたてNISAで楽天証券を選ぶ理由

  • 毎月の積み立てで楽天ポイントが貯まる
  • 貯まった楽天ポイントを積立可能
  • 低コスト銘柄が揃っている

これからつみたてNISAを始めるなら、現状は楽天証券が1番お得に始めることができます。

 

他のネット証券でもポイントが貯まる金融機関がありますが、汎用的に使えるポイントは楽天ポイントだけです。

さらに楽天証券ならつみたてNISAの対象の投資信託をほぼ全て網羅していますので、低コストな投資信託を選ぶことができます。

 

楽天証券ならつみたてNISA口座の開設も、口座開設時にチェックを入れるだけで口座開設できて簡単です。

口座を持っておいて損はありませんので、ぜひ口座開設しておきましょう。

 

つみたてNISA(積立NISA)を始めるならSBI証券と楽天証券のお得なのはどっち?現状は楽天証券で口座開設しよう

コナツ
どっちで始めたらいいかな?
それぞれ向いてる人を解説するよ
ショウシ

楽天証券とSBI証券の比較ポイント

  • 取扱銘柄数を比較
  • 信託報酬を比較
  • ポイントの貯まり方を比較
  • 自動入出金(スイープ)を比較

楽天証券とSBI証券のそれぞれを比較していきます。

くわしく見ていきましょう。

 

楽天証券を選ぶべき人は、楽天ポイントを使ってお得に始めたい人

▼楽天証券を選ぶべき人

  • つみたてNISAをお得に始めたい
  • ローコストな証券会社を選びたい
  • 証券会社をまとめる必要がない

つみたてNISAは楽天ポイントを獲得できる楽天証券がおすすめです

 

楽天証券はノーリスクで1%の還元がありますので、資産運用の常識を覆えつつあります。

楽天ポイントを貯めている人、これから楽天ポイントを貯める人もまずは楽天証券で口座開設しておきましょう。

 

貯まった楽天ポイントの使いみちは将来への積立ができる楽天証券の一択です。

また楽天ポイントカードがない人でも、楽天カードを作ればポイントカードを兼用しているので安心です。

 

楽天証券で楽天カード決済をすれば投資信託を買った分の1%ポイントバックがあり、さらに来月の投資信託を買う時に貯まった楽天ポイントを回せます。

つみたてNISAに限らず楽天証券の口座を持っておいて損はないので、ぜひ作っておきましょう。

 

 

SBI証券を選ぶべき人はiDeCo(イデコ)など他の口座とまとめたい・Tポイント運用したい人

▼SBI証券を選ぶべき人

  • ローコストな証券会社を選びたい
  • 既にSBI証券口座がある又はSBI証券口座で運用中
  • Tポイントで運用したい

SBI証券で他にiDeCoなどを運用されている方は、SBI証券でまとめておくと便利ですね

 

しかしSBI証券もTポイント運用が始まりましたし、低コストな証券会社としては負けていません。

楽天証券と異なり1%のポイント還元はありませんが、つみたてNISAの仕組み自体は楽天証券にも劣りませんので安心してください。

 

 

つみたてNISAのメリットは?

コナツ
つみたてNISAって何がいいんだろう?
つみたてNISAのメリットを解説するよ
ショウシ

つみたてNISAのメリット

  • 利益をそのまま受け取れる(非課税)
  • 非課税期間が長く長期運用に向いている
  • 低コストなインデックスファンドに投資できる

つみたてNISAがわかった所で、つみたてNISAのメリットをおさらいしましょう。

 

つみたてNISAは年間40万円と掛け金に上限はありますが、運用益がすべて非課税になるお得な制度です。

これから投資を始めるならまずは税金がかからず運用できるつみたてNISAがおすすめです。

 

さらに楽天証券なら毎月の積み立てでお得に楽天ポイントを獲得することもできます。

つみたてNISAの運用期間は20年と比較的長いため将来への資産形成にはもってこいの制度です。

 

投資と聞くと初心者はとっつきにくいかもしれませんが、投資信託は先程紹介した銘柄に思考停止で積み立てしておけば問題ありません。

今とても注目されているお得な制度ですので、ぜひ今から始めておきましょう。

まとめ:つみたてNISA(積立NISA)の楽天証券とSBI証券を徹底比較

楽天証券とSBI証券の比較はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
楽天証券とSBI証券の比較 投資信託の銘柄数
手数料
入金の手間
ポイントの貯まり方
楽天証券で始めるべき人 つみたてNISAをお得に運用したい
楽天カードも作る・持っている人
SBI証券で始めるべき人 SBI証券で口座開設している
Tポイントを使いたい人
楽天証券とSBI証券の比較 楽天証券が万人におすすめ

 

現状はつみたてNISAの積み立てで楽天ポイントがたまる楽天証券が最もおすすめです。

SBI証券でもTポイント投資が始まりましたが、まだ楽天証券の方がおすすめです。

金融機関に迷っている方はぜひ参考にしてください。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今つみたてNISAは話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はまずは楽天証券でつみたてNISAを始めて、楽天ポイントでお得に少額からインデックス投資を始めましょう

楽天証券

 

\楽天ポイントが貯まる & 使える資産運用/

楽天証券 無料登録はこちら

楽天証券

お得なキャンペーン開催中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
必ず貰えるのは嬉しいね
ショウシ

楽天ポイントをお得に貯めるには、 楽天証券 の他に楽天銀行と 楽天カード の作成が必要になります。

楽天銀行と楽天証券を連携するだけで、現金1000円が漏れなく貰えます。

非常にお得なキャンペーンとなっていますので、ぜひこの機会に楽天銀行と楽天証券の両方を口座開設してみてください

こちらのキャンペーンはエントリーが必要となっていますので、口座開設後は必ずエントリーしてください

楽天証券

 

\楽天ポイントが貯まる & 使える資産運用/

楽天証券 無料登録はこちら

楽天証券

おすすめ証券口座ランキング

楽天証券

楽天証券

証券口座の中で唯一身近な「楽天ポイント」を貯めることができる証券会社です。

貯めた楽天ポイントで投資信託を積立てることができます。

取扱銘柄数は以前まで最多を誇っていたSBI証券と並び、人気の「eMAXIS Slim」シリーズの取扱いもありますので、商品ラインナップに困ることはありません。

2019年3月よりつみたてNISAの投資信託を楽天カード決済で購入すると、1%の楽天ポイントを獲得できるようになり、ノーリスクで1%の利回りが確定できるので、2019年最もお得でおすすめの証券会社です。

公式ページ

 

SBI証券

SBI証券

SBI証券はネット証券シェアNo.1の証券会社で、多くの投資家が口座を持っています。

証券口座と言えばSBI証券と言っても過言ではないでしょう。

低コスト、豊富なラインナップで投資家には必須の口座です。

公式ページ

 

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券はNISA口座での取引手数料は無料になっています。

NISAやつみたてNISA口座を開設するにはマネックス証券がとてもおすすめです。

業界最安水準の手数料を目指す「eMAXIS Slimシリーズ」の取り扱いがあるため、長期の資産形成で有利になります。

公式ページ

 

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-つみたてNISA
-,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.