THEO(テオ)

【通常は1%】THEO(テオ)の新手数料体系THEO COLOR PALETTEの仕組みと適用条件を解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回は投資ロボアドバイザーであるTHEO(テオ)の新手数料体系であるTHEO COLOR PALETTEに詳しく解説します。

コナツ
THEOの手数料は安いって聞いたけど、どうなの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もテオでコツコツと積み立て運用中です

▼THEO(テオ)の運用状況

THEO(テオ)は新手数料体系でロボアドバイザーの中で最も手数料が割安となるため、1番おすすめできるロボアドバイザーになりました。

とにかく安く運用したい人は、テオの運用がおすすめです。

ぜひテオに積み立て設定して、割安で運用しましょう。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

インデックス投資ではせいぜい利回り6%程度です。

利回り10%を狙いたいなら、ぜひロボアドバイザー投資を始めてみましょう。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

本記事の内容

  • THEO(テオ)の通常時の手数料は運用手数料の1%のみ
  • THEO COLOR PALETTEは手数料値下げでお得
  • 手数料割引適用には積立設定が条件
  • THEO(テオ)は長期運用で積立設定して始めよう

THEO(テオ) ロボアドバイザー

 

THEO(テオ)の手数料は運用手数料1%のみ!入出金は無料でできる

THEO(テオ)の手数料一覧 内訳 手数料内容
運用手数料 3000万円まで
※THEO COLOR PALETTE 適用
0.65〜1%/年
3000万円を超える部分 0.5%/年
入金 クイック入金 無料
振込 金融機関による
積立 無料
出金 無料
取引 売買手数料 無料
為替手数料 無料
スプレッド 無料
リバランス 無料
口座開設 無料
コナツ
そもそも手数料って何があるの?
THEO(テオ)の手数料を解説するよ
ショウシ

THEOに支払う手数料一覧は表の通りです。

詳しく見ていきましょう。

THEO(テオ)運用手数料は通常は1%

さきほどのTHEO COLOR PALETTEで解説した運用手数料になります。

 

通常は1%ですが先程説明したように割引があります。

THEO(テオ)は手数料割引を加味すると、最もコスパの高いロボアドバイザーです。

 

これだけの機能が揃っていて手数料が運用手数料の1%以下なら非常にお得ですよ

破格の安さだと思います。

入金手数料はクイック入金なら無料

THEOへ入金する方法は、クイック入金または銀行振込の2種類あります。

 

クイック入金は銀行が限られていますが、手数料は無料で入金することができます

銀行振込の手数料は各銀行によって支払います。

 

手数料を払うのはもったいないので、断然クイック入金がおすすめですので、まずはクイック入金の対応銀行の口座を開設しておくといいでしょう。

出金手数料は無料

THEOは出金手数料や振込手数料は無料で出金することできます

 

通常の投資では出金するまでに時間がかかりますが、THEOなら2〜3日で出金できますので気軽に出金はできるでしょう。

但しカラー適用条件では出金するとホワイト(1%)になりますので、なるべく出金はしないようにしましょう。

ETFの手数料はTHEO(テオ)が負担(無料)

投資一任契約に関する投資一任運用報酬は、預かり資産の円貨換算時価残高に対して最大1.08%(税込・年率)を乗じた金額となります。組入ETFの売買手数料及び取引所手数料並びに為替手数料等の費用は、当社が負担いたします。なお、THEO専用の証券口座の管理手数料は無料です。

引用元: THEO

海外ETFの取引きにかかる経費はTHEOが負担します。

 

通常はETFに投資する時は為替手数料や買付手数料が発生し、割と手数料が嵩むことが多いのがETFです。

テオではその手数料を引き受けて、運用しているあなたから徴収する手数料は、運用手数料の1%のみにしてくれます。

 

投資家のあなたは、運用報酬のみを支払えばETFに投資することができるわけです

為替リスクはなかなか読みづらいので、これはわかりやすいですね。

 

THEO(テオ)の手数料支払いタイミングは毎月月末

コナツ
手数料はどうやって払えばいいのかな…?
毎月月末に口座から自動で引落としされるよ
ショウシ

THEOの手数料は毎月月末に口座から自動で引き落としされます。

 

毎月月末に運用報告書が届きますので、算出基準額と引き落とし手数料が明記されています。

自動で投資を行ってくれるので、なかなか投資の中身についてはわかりづらいですが、運用報告書で透明性がある運用を行ってくれているのがわかります。

 

THEO(テオ)から発行される書類は必ず目を通しておきましょう。

 

THEO(テオ)の手数料割引とは?新手数料体系THEO COLOR PALETTEの仕組みと割引適用条件を解説

コナツ
手数料1%が安くなるのかなぁ
最大0.65%まで安くなるよ
ショウシ

THEO(テオ)の新手数料体系であるTHEO COLOR PALETTEについて解説します。

 

通常ロボアドバイザーでは1%の運用手数料がかかりますが、THEO COLOR PALETTEは運用手数料が割引になる制度です

今まで手数料の割引は3千万円以上を運用していた方に限定されていましたが、条件がとても緩和されます。

 

非常にお得になりますので、ぜひTHEO COLOR PALETTEの適用を受けたいですね。

THEO(テオ)の手数料割引条件を詳しく解説しましょう。

THEO(テオ)の手数料割引適用条件を解説

THEO COLOR PALETTEはカラーと呼ばれる区分で分け、それぞれで手数料の割引きが決定されます

 

基本的には運用資産で区分分けされますので、通常は0.9〜0.7%の運用手数料になるでしょう。

但しこのカラーの適用には条件がありますので、注意点をご説明しましょう。

カラーとは?手数料割引の適用条件を解説

カラー適用条件

  • 積立設定をしている(1万円〜)
  • 出金していない

条件に適用されない場合はホワイト(1%)になりますので、従来通りの手数料です。

 

ロボアドバイザーでは長期運用で投資していきますので、複利効果を最大にするために出金せず長期積立していきましょう。

THEO(テオ)の手数料割引条件はわずか2項目です。

 

簡単な条件で手数料割引が適用されて、お得ですよ。

テオでは積み立て設定は必須条件です

 

長期運用では必ず積み立てで運用していきましょう。

カラー対象期間を解説

■対象期間
1年間を4つの期間に分け、それぞれの対象期間内でのご利用状況を基にカラーが決定されます。決定したカラーは、翌月中旬に確認できます。

対象期間A:4月、5月、6月
対象期間B:7月、8月、9月
対象期間C:10月、11月、12月
対象期間D:1月、2月、3月

○例1
4月、5月、6月と連続で積立を行い、出金をしていない場合は、カラー基準額に応じたカラーが適用されます。

○例2
4月に積立を行っていない場合、5月、6月と連続で積立を行っても、カラーはホワイトになります。

○例3
4月、5月、6月と連続で積立を行っても、5月で出金をした場合、カラーはホワイトになります。

引用元: THEO

カラー適用条件はいずれも3ヶ月連続で積立設定をしている場合になります

 

実際にカラーが適用され手数料が割引になるには3ヶ月後になります。

THEO(テオ)で投資を始めるなら必ず積立設定しておきましょう。

 

THEOは長期投資に向いていますので、毎月の積立はさほど気にならない条件になるでしょう。

というよりテオは積み立てで運用することを推奨していますので、ほとんどの人が積み立てです。

【2019年4月まで】THEO COLOR PALETTEはTHEO+(テオプラス)は対象外

THEO COLOR PALETTEはTHEOプラスをお使いの方は対象外です。

THEO+docomoをお使いの方は注意が必要です。

THEOプラスdocomoでdocomoポイントを貯めている方は非常に残念です。

いずれ条件が緩和されるのを待ちましょう。

 

【2019年4月から】THEO+(テオプラス)のTHEO COLOR PALETTE適用条件を解説

THEO+(テオプラス)の種類 適用条件
THEO+docomo ※下記参照
THEO+JAL THEOと同条件(積立・出金なし)
イエロー以上
THEO+SBI証券 THEOと同条件(積立・出金なし)
THEO+住信SBIネット銀行 THEOと同条件(積立・出金なし)
ショウシ
THEO+も手数料割引が適用されるよ

THEO+も2019年4月より手数料割引であるTHEO COLOR PALETTEが適用されるようになりました

 

もし条件を満たしていない場合は通常のTHEO(テオ)と同様にホワイト(1%)になります。

THEO+SBI証券とTHEO+住信SBIネット銀行はサービス終了予定ですので通常のTHEO(テオ)と同様の扱いです。

 

サービス終了時は明記されていませんが、手数料割引は通常のTHEO(テオ)と同様に適用されます。

THEO+docomo(テオプラスドコモ)のTHEO COLOR PALETTE適用条件

  • 積立設定をしている(1万円〜)
  • 出金していない
  • dカードGOLDに入会している
  • dカードGOLDでおつり積立を設定している(docomo携帯をお持ちの方のみ)

THEO+docomoの手数料割引条件を解説します。

 

積立設定と出金していない条件は通常のTHEO(テオ)と同じですね。

THEO+docomoの場合はさらにdカードGOLDが必須になります

 

docomoの携帯電話でdポイントを貯めている人ならdカードはお持ちでしょう。

THEO+docomoでdポイントを貯めている人で、まだGOLDにしていなければ、この機会にdカードGOLDにしておきましょう

 

ロボアドバイザーの手数料を比較!手数料割引を加味すると最安はTHEO(テオ)

投資一任型ロボアドバイザー 手数料
THEO 0.65%〜1.0%(税別)
ウェルスナビ 0.9%〜1.0%(税別)
楽ラップ 0.75%〜(成功報酬)

新手数料体系の登場で、THEOがウェルスナビより手数料面ではお得になりました。

 

手数料はなるべく抑えた方がいいですので、投資初心者はまずTHEOを始めてみるといいでしょう。

資産を一箇所に集中するとリスクもありますので、リスクヘッジにウェルスナビにも積立してみるといいですね。

 

ロボアドバイザーの比較については他記事でまとめています。

THEO(テオ)のメリットを解説

ショウシ
THEO(テオ)を使うメリットについて解説するよ

THEO(テオ)のメリット

  1. 投資のすべての工程を自動で行ってくれる
  2. 確定申告が不要
  3. 積立投資ができる
  4. 手数料が他のロボアドバイザーよりお得
  5. 最低1万円の少額から取引可能
  6. THEO+(テオプラス)ならdポイントが貯まる

THEO(テオ)についてわかった所で、1番気になるのはTHEO(テオ)のメリットですね。

 

THEO(テオ)のメリットはとにかく入金以外はすべて自動という点です。

投資初心者が投資信託を選んだりするのは難しいですが、THEO(テオ)なら投資先を選ぶ必要もありません。

 

投資には税金がつきものですが源泉徴収により自動で税金も収めてくれて、THEO Tax Optomizer機能により税金も自動で最小限に抑えてくれます。

これだけの機能が揃ったロボアドバイザーが手数料1%以下で運用できるなら、本当にコストパフォーマンスが高いです。

 

THEO(テオ)は手数料割引条件により、投資ロボアドバイザーの中で最も低コストで運用が可能です。

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

 

投資初心者こそロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

まとめ:THEO(テオ)の新手数料体系THEO COLOR PALETTEの仕組みと適用条件を解説

THEO(テオ)の新手数料についてはいかがでしょうか。

 

THEO(テオ)は新手数料体系でロボアドバイザーの中で最も手数料が割安となるため、1番おすすめできるロボアドバイザーになりました。

とにかく安く運用したい人は、THEO(テオ)の運用がおすすめです。

ぜひ積み立て設定して安く運用しましょう。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

インデックス投資ではせいぜい利回り6%程度です。

利回り10%を狙いたいなら、ぜひロボアドバイザー投資を始めてみましょう。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

THEO(テオ) ロボアドバイザー

 

キャッシュバックキャンペーン実施中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
キャッシュバックは嬉しいキャンペーンだね
ショウシ

THEO(テオ)では、現在積立設定に応じてキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

始めたばかりの手数料分はキャッシュバックで賄えてしまいますので、THEOを始めて様子見をしたい方には最適ですね。

キャッシュバック額は積立額により増えていく仕組みになっています。

 

漏れなく貰えるキャッシュバックは嬉しい特典ですね

キャッシュバックキャンペーンに参加するには口座開設後にエントリーが必要なので、必ずエントリーしてください

THEO(テオ) ロボアドバイザー

 

おすすめロボアドバイザーランキング

THEO(テオ)

THEO(テオ) ロボアドバイザー

THEO(テオ)もウェルスナビ同様に人気の高いロボアドバイザーです。
THEO(テオ)も全自動で投資を行ってくれますので、
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

手数料面ではウェルスナビよりも安く、長期的に運用していくならTHEO(テオ)が適しています。
ベテランの投資家はウェルスナビよりもTHEO(テオ)を好む傾向があります。

THEO(テオ)は新しい施策もどんどん取り入れていきますので、ぜひTHEO(テオ)で資産運用を始めてみてください。

公式ページ

 

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビはロボアドバイザー投資の中でも人気が高いロボアドバイザーです。
最近ではCMでも目にする機会が多く、名前だけでも知っている方は多いでしょう。

人気の高さには理由があり、全自動で資産運用を行ってくれますので
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

まだ始めていない人はぜひ少額からでも資産運用を始めてみましょう。

公式ページ

 

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-THEO(テオ)
-,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.