THEO(テオ)

【通常のTHEOがおすすめ】THEO+docomo(テオプラスドコモ)とは?特徴と切替え方法を解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

THEO+docomo(テオプラスドコモ)の特徴と切替え方法を解説します。

コナツ
テオプラスドコモって普通のテオを違うの?どっちで口座開設したらいいの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もテオでコツコツと積み立て運用中です

▼THEO(テオ)の運用状況

今回は通常のTHEO(テオ)とTHEO+docomo(テオプラスドコモ)のどちらの口座を開設したらよいか、初心者にわかりやすく解説します。

docomoユーザならTHEO+docomoを開設してしまいがちですが、結論から言うとまずは通常のTHEOで口座開設しましょう

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

本記事の内容

  • THEO+docomoより、THEOがおすすめ
  • THEO+docomoの特徴とメリット
  • THEO→THEO+docomoはあとから変更が可能

THEO+docomo(テオプラスドコモ)とは?メリットを解説!dカードGOLDとドコモのSIMが必須

コナツ
僕docomoのスマホ使ってるよ!
docomoユーザでもまずはTHEOを開設するといいよ
ショウシ

THEO+docomoのメリット

  • 運用金額に応じて毎月dポイントを獲得
  • dカードを使っておつり積立が可能
  • ドコモ口座と連携して管理が容易

THEO+docomoは、資産運用の中身についてはTHEOと全くの同等です

しかし積立の方法としてTHEO+docomoは、THEO(テオ)と比べて以下のメリットがあります。

では詳しく見ていきましょう。

運用金額に応じて毎月dポイントを獲得

THEO+docomoなら、運用している金額に応じてdポイントを貰うことができます。

貰えるポイントはdocomoの回線をお持ちの方なら、毎月1万円枚に1.5ポイント貰うことができます

 

docomoの携帯電話をお持ちなら、とてもお得ですね

しかしTHEOの手数料は年率1%ですので、100万円を運用した場合はTHEO COLOR PALETTEにより、年率0.8%になります。

THEO+docomoなら年間1800dポイント貰うことができますので、年率0.82%になります。

 

ここでも通常のTHEOの方がお得ですね

100万円を運用した場合の手数料:

  • THEO:手数料は年率0.8%
  • THEO+docomo:手数料は年率0.82%(ポイントバック含む)

dカードを使っておつり積立が可能

ここはおもしろい機能になりますが先程説明したように、あらかじめ設定額を決めておけば差額分を投資してくれる機能になります

コツコツ積立てるのが好きな方は始めてみるといいでしょう

 

THEOの毎月積立額は1万円以上からになりますので、このおつり投資なら実質1万円以下から積立てることができます。

毎月1万円以上積立てる余裕のない方は、このおつり投資で運用してみるといいでしょう。

 

逆に言えば1万円以上積立ができる人はおつり投資は向いてないと言えるでしょう

投資で安定した利益を出すためには、毎月決まった額を投資した方が利益が出やすいです。

ドコモ口座と連携して管理が容易

THEO+ docomoにおける証券口座への入金や、証券口座からの出金にドコモ口座を利用することで、毎回銀行から振込みを行う必要がなく、ドコモ口座からワンクリックで入金したり、 THEOで運用中の資産の一部をドコモ口座に出金といった連携が可能です。「THEO+ docomo」の入出金手数料は無料です。

引用元: THEO

THEO+docomoとドコモ口座間は、入出金手数料無料でワンクリックで入出金が可能です

手数料を支払うのはもったいないので、手数料無料で簡単操作なのは嬉しいですね。

docomoユーザは何かとドコモ口座をお使いだと思いますので、ドコモ口座と連携できるのはとても便利です

THEO(テオ)とTHEO+docomo(テオプラスドコモ)を徹底比較!手数料・おつり投資・キャンペーンは?

コナツ
どっちがお得かなぁ?
それぞれ比較していくよ!
ショウシ

THEO(テオ)とTHEO+docomoの比較

  • 手数料を比較
  • おつり積立を比較
  • キャンペーンを比較

THEO(テオ)とTHEO+docomoを徹底比較していきます。

詳しく見ていきましょう。

THEOとTHEO +docomoの手数料を比較

THEO(テオ)では新しい手数料体系であるTHEO COLOR PALETTEが2019年7月から開始されます。

このサービスはTHEOに積立設定しておくと、手数料が最大35%OFFになります

 

しかしTHEO COLOR PALETTEは、THEO+docomoは対象外になります

ポイントが貯まっても手数料を払ってしまったら意味がありません。後からTHEO+docomoへ変更は可能ですので、まずはTHEO(テオ)で口座開設しておきましょう。

 

結論から言うと、THEO(テオ)を開始するなら通常のTHEOがおすすめです

手数料割引のTHEO COLOR PALETTEのTHEO+docomoの適用条件は以下です。

  • 積立設定をしている(1万円〜)
  • 出金していない
  • dカードGOLDに入会している
  • dカードGOLDでおつり積立を設定している(docomo携帯をお持ちの方のみ)

通常のTHEO(テオ)では上2つの条件のみで手数料割引が適用されます。

しかしTHEO+docomoではさらにdカードGOLDが条件に加わります。

 

手数料割引条件がTHEO+docomoの方が厳しく、docomoの携帯電話を持っている人しか適用されません

手数料面ではTHEO(テオ)の方が条件が緩いので、通常のTHEO(テオ)が有利です。

 

THEOの新手数料体系については他記事にまとめています。

THEOとTHEO+docomoのおつり積立を比較

THEO+docomoではあらかじめ設定しておいた金額の差分を積み立てしてくれる「おつり積立」という機能がありません

 

しかしこのおつり積み立てでは安定してTHEO(テオ)に積み立てすることが難しく、将来への資産形成には安定した積み立てが不可欠です。

 

資産運用の積み立てという面では、おつり積み立ての機能はおすすめできません。

毎月決まった額を積み立て設定するようにしましょう。

THEOとTHEO+docomoのキャンペーンを比較

THEO+docomoに口座開設しておつり積立をしていくと、最大で5000dポイントを貰えるキャンペーンを実施しています。

貰えるポイントは通常のTHEO(テオ)の積立キャンペーンと同様になっています。

 

dポイントは用途限定ですし、通常のTHEO口座で開設して現金のキャッシュバックを貰った方が用途は広いですね。

しかもTHEO+docomoの場合は抽選なので貰えないこともあります

 

漏れなく貰える通常のTHEO(テオ)の積立キャンペーンがお得です

キャンペーンにおいても、おすすめは通常のTHEOになります。

 

まずはTHEOを開設して後でTHEO+docomoへ変更した方がお得ですね

THEO

あとからTHEO(テオ)からTHEO+docomo(テオプラスドコモ)へ切り替えが可能!まずは通常のTHEO(テオ)で口座開設しよう

ご利用中の「THEO」を「THEO+ docomo」に切り替えることができます。(※)
※現在ご利用の口座がTHEO+[テオプラス]の場合は、THEO+ docomoに切替ができません。
※切替後、他の THEO+ [テオプラス]サービスへ切り替えることはできません。また、THEO+ docomoからTHEOに戻すこともできません。

引用元: THEO

THEO+への変更はおすすめできませんが、THEOで口座解説してからTHEO+への変更は可能です。

後から変更も効きますので、まずはTHEOで口座開設しておくといいでしょう

 

一度THEOからTHEO+へ変更してしまうと、もう一度THEOへの変更はできませんので、注意が必要です

THEO+docomo(テオプラスドコモ)への変更手順

まずはTHEO口座にログインします。

ログイン後、その他からお客様情報をクリックします。

お客様情報内にご利用中のサービスが表示されますので、THEO+docomoへの変更をクリックします。

THEO+docomoへの切替え画面で、チェックボックスがありますのでチェックを入れます。

その後個人情報保護に関する基本方針を開き、確認します。

 

確認後は、THEO+docomoへの切替えボタンが有効になりますので、クリックします

以上でTHEO+docomoへの切替えは完了です。

 

一度変更してしまうと元のTHEOには戻せませんので、よく考えてから変更してください。

THEO(テオ)のメリットを解説

ショウシ
THEO(テオ)を使うメリットについて解説するよ

THEO(テオ)のメリット

  1. 投資のすべての工程を自動で行ってくれる
  2. 確定申告が不要
  3. 積立投資ができる
  4. 手数料が他のロボアドバイザーよりお得
  5. 最低1万円の少額から取引可能
  6. THEO+(テオプラス)ならdポイントが貯まる

THEO(テオ)についてわかった所で、1番気になるのはTHEO(テオ)のメリットですね。

THEO(テオ)のメリットはとにかく入金以外はすべて自動という点です。

投資初心者が投資信託を選んだりするのは難しいですが、ウェルスナビなら投資先を選ぶ必要もありません。

 

投資には税金がつきものですが源泉徴収により自動で税金も収めてくれて、THEO Tax Optimizer機能により税金も自動で最小限に抑えてくれます。

これだけの機能が揃ったロボアドバイザーが手数料1%以下で運用できるなら、本当にコストパフォーマンスが高いです。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者こそロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

まとめ:THEO+docomo(テオプラスドコモ)とは?特徴と切替え方法を解説

THEO(テオ)とTHEO+docomoの徹底比較はいかがだったでしょうか。

 

今回は通常のTHEO(テオ)とTHEO+docomo(テオプラスドコモ)のどちらの口座を開設したらよいか、初心者にわかりやすく解説します。

docomoユーザならTHEO+docomoを開設してしまいがちですが、結論から言うとまずは通常のTHEOで口座開設しましょう

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

キャッシュバックキャンペーン実施中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
キャッシュバックは嬉しいキャンペーンだね
ショウシ

THEO では現在積立設定に応じてキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

始めたばかりの手数料分はキャッシュバックで賄えてしまいますので、THEOを始めて様子見をしたい方には最適ですね。

キャッシュバック額は積立額により増えていく仕組みになっています。

キャッシュバックキャンペーンに参加するには口座開設後にエントリーが必要なので、必ずエントリーしてください

スポンサーリンク

おすすめロボアドバイザーランキング

THEO(テオ)

THEO(テオ) ロボアドバイザー

THEO(テオ)もウェルスナビ同様に人気の高いロボアドバイザーです。
THEO(テオ)も全自動で投資を行ってくれますので、
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

手数料面ではウェルスナビよりも安く、長期的に運用していくならTHEO(テオ)が適しています。
ベテランの投資家はウェルスナビよりもTHEO(テオ)を好む傾向があります。

THEO(テオ)は新しい施策もどんどん取り入れていきますので、ぜひTHEO(テオ)で資産運用を始めてみてください。

詳細ページ

公式ページ

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビはロボアドバイザー投資の中でも人気が高いロボアドバイザーです。
最近ではCMでも目にする機会が多く、名前だけでも知っている方は多いでしょう。

人気の高さには理由があり、全自動で資産運用を行ってくれますので
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

まだ始めていない人はぜひ少額からでも資産運用を始めてみましょう。

詳細ページ

公式ページ

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-THEO(テオ)
-, ,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.