THEO(テオ)

【グロース(株式)投資】THEO/THEO+docomoで組むべきポートフォリオは?資産割合と投資先ETF・リバランスを解説

こんにちは! ショウシ(@shouhi_zaiteku)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回はTHEO/THEO+docomoのポートフォリオの組み方について、初心者向けにわかりやすく解説していきます。

コナツ
テオのポートフォリオってどうやって決めるの?おすすめは?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もTHEO+docomoで、dポイントを貰いながらコツコツと積み立て運用中です

▼THEO+docomoの運用状況

 

テオのポートフォリオは3つの組み合わせで作るので、初心者でも直感的にわかりやすいと思います。

積極的にリターンを狙って投資したいなら、投資すべきなのはグロース(株式)です。

他の資産の債券やコモディティは、資産を減らさない目的で選ばれることが多いんですね。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者は、ロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

 

本記事の内容

  • 投資信託と同じく、ロボアドバイザーでも投資すべきなのは「株式」
  • 株式以外の資産に投資する目的は、資産を減らさないこと
  • リバランス・リアロケーションは、自動で定期的にやってくれる

おすすめ度:

公式ページ:https://docomo-inv.com/theo/

入金するだけの全自動で資産運用。運用しているだけでdポイントが貯まる

THEO(テオ)を詳しく知る

THEO+docomoガイドブック

\ロボアドバイザーを基礎から知る/

このカテゴリを読む

THEO/THEO+docomoのポートフォリオの仕組みは?グロース・インカム・インフレヘッジをの割合で作る

▼THEO(テオ)で投資できる資産(アセット)クラス

  • グロース:株式がメイン。中長期なリターンを狙う
  • インカム:債券がメイン。安定した値動きを目指す
  • インフレヘッジ:金や不動産。資産を減らさないことが目的
コナツ
ポートフォリオって必要なの…?
最初に質問に答えるだけで作ってくれるよ
ショウシ

テオのポートフォリオでは、具体的な投資先を指定する必要はありません。

 

むしろ投資先の指定はできないと言った方がいいでしょうか、おまかせで運用してくれるので、ほとんど何もすることはありません。

具体的には、3つの資産の割合で構成されています。

 

この3つの資産によって、テオのポートフォリオは決まります。

実際に投資先の銘柄を調べたりすると、あっという間に時間が立ってしまいますし、何より初心者には難しい。

 

テオなら初心者でも簡単にポートフォリオが組めます。

ロボアドバイザー投資なら、初心者の敷居は低いものと思ってください。

ココがポイント

  • テオのポートフォリオは、3つの資産で構成される
  • 具体的な銘柄の指定はできない

 

THEOにおまかせモードで、自動でポートフォリオを作ってくれる

テオでは、最初にプロフィールからあなたにあったポートフォリオを自動で作成してくれます。

 

口座開設すれば、あなたに合ったポートフォリオができていますので、そのまま運用してOKです。

ロボアドバイザー投資なら、初心者でも本当に簡単です。

 

何をしたらいいかわからない!という人は、ひとまずおまかせで運用してみてください。

もちろん気に要らなけば変更もできますので、運用しながらポートフォリオを変更しても大丈夫です。

 

ロボアドバイザーにおまかせでも、決して素人運用ようなことになりませんので、安心してください。

ココがポイント

  • 最初にあなたに合ったポートフォリオが出来上がっている
  • ポートフォリオを変更することもできる

 

THEO/THEO+docomoで組むべきおすすめポートフォリオは?投資信託と同じく投資すべきなのは株式(グロース)

コナツ
ポートフォリオってどうやって組むんだろ?
THEO(テオ)は3種類の資産に配分して決めるよ
ショウシ

THEO(テオ)のおすすめのポートフォリオは、グロースに100%配分したポートフォリオです。

 

私もグロースに100%で運用しています

債券やコモディティは利回りが低くなりますので、とにかくリターンを狙っていきたい人は株式に投資するグロース一択になるでしょう。

 

長期的な目線で見れば世界市場は成長していきますので、世界の株式に投資しておけば理論上は、最も高いリターンが得られるからです。

もちろんリーマンショック級の暴落が起きれば資産額も暴落して元本割れする可能性もあります。

 

長期運用では、一時的な値下がりは無視して積み立てしていけば、全体の資産額としては上昇していきます。

もしあなたが資産運用で利益を出したいなら、株式に積極的に投資してみてください。

ココがポイント

  • 投資信託と同じで、積極的に投資すべきなのは株式
  • テオではグロース100%で投資していく

 

株式と債券を比較!リスクは高いが利回りも高い

それでは実際にテオで投資できる、株式と債券の実際の値動きを比較してみましょう。

 

比較ではeMAXIS Slim シリーズの、先進国債券と先進国株式で比較します。

  • 先進国債券:FTSE世界国債 インデックス (除く日本、円換算ベース)
  • 先進国株式:MSCIコクサイ・インデックス (配当込み、円換算ベース)

 

値動きを見てみると株式は上下に激しく動きますが、債券はマイルドな値動き。

株式は最初の10年くらいは、頻繁に元本割れするものです。

 

もちろん債券は上がりが緩い分だけ、資産が増えるペースはかなり遅い。

債券も組み込んだポートフォリオを作って、株式のリスクヘッジに使われるのは、このマイルドな値動きのためです。

 

もしあなたが年齢がある程度上で、資産を積極的増やさなくてもいいなら、債券にも投資した方がいいかもしれません。

しかし資産を減らなさい目的なら元本保証型もありますし、わざわざ資産運用をしなくても安全な現金資産で持っておけば済む話し。

 

リスクを取れる分だけグロース(株式)に投資して、それ以外は現金資産で持っておく方がいいでしょう。

ココがポイント

  • 株式は最初の10年は、頻繁に元本割れすると言われている
  • 債券の値動きはマイルドで、ゆるやかに上昇していく

 

実際にグロース(株式)1本で、利回り10%で運用中

これは米国株バブルで、連日最高値を更新していた2020年1月頃ですが、グロース(株式)1本で利回り10%を記録しました。

 

もちろんピーク時ですが、株式なら最高10%程度の利回りは出るので嬉しいですね。

債券やコモディティに投資していたら、これほどの利回りは出なかったと思います。

 

もしあなたが10%近くの利回りで運用したいなら、グロース(株式)で投資すべきです。

株式は値動きも激しいですが、その分利回りは出ますよ。

ココがポイント

  • 実際にグロース1本で投資して、10%の利回りが出た
  • 株式は値動きも激しいが、それだけリターンも大きい

 

THEO/THEO+docomoの資産(アセット)クラスは?ポートフォリオ構成する構成ETFを解説

  • グロース:米国株、先進国株、新興国株式で構成。リターン狙いの人向け。
  • インカム:債券で構成。低リスクでインカムゲインを得たい人向け。
  • インフレヘッジ:コモディティ、不動産、債券、株式など幅広く構成。資産を減らしたくない人向け。
コナツ
あせっとくらす…?
投資先の銘柄のことだよ
ショウシ

THEO(テオ)は6つのアセットクラスに対して、3つのポートフォリオ構成要素で分類することでポートフォリオを組みます

 

3つの要素毎に比率を設定できますので、比率によって安定的な運用を目指すか、リターン重視にするか決定していきます。

資産を増やす目的なら、選ぶべきなのは株式です。

 

債券やその他の資産は、基本的に資産を減らさない目的で選びます。

値動きがマイルドなので、マイナスも少なければプラスも少ないんですね。

 

中でも新興国はリスクが高いですが、テオでは3つの資産を選ぶ以外はおまかせです。

おまかせで分散投資してくれるので、簡単ですね。

ココがポイント

  • 資産を増やすなら、株式に投資する
  • 他の資産は、資産を減らさないことが目的

 

ポートフォリオ構成:グロースの構成ETFを解説

■新興国株
i シェアーズ MSCI 韓国 キャップト上場投資信託 / EWY
i シェアーズ 中国⼤型株上場投資信託 / FXI
バンガード FTSE エマージング・マーケッツ上場投資信託 / VWO
i シェアーズ MSCI メキシコ・キャップト上場投資信託 / EWW
ウィズダムツリー インド アーニングス / EPI
■先進国株
i シェアーズ MSCI パシフィック(除⽇本) / EPP
i シェアーズ MSCI ドイツ上場投資信託 / EWG
i シェアーズ MSCI ジャパン上場投資信託 / EWJ
i シェアーズ MSCI 台湾上場投資信託 / EWT
バンガード FTSE ヨーロッパ / VGK
Vanguard Mid-Cap Value / VOE
VANGUARD MID-CAP GROWTH ETF / VOT
バンガード・FTSE・パシフィック上場投資信託 / VPL
バンガード・バリュー上場投資信託 / VTV
SPDRユーロ・ストックス50上場投資信託 / FEZ
SPDR S&P 500 Growth / SPYG
SPDR S&P 500 VALUE ETF / SPYV
バンガード・米国スモールキャップ・グロース上場投資信託 / VBK
Vanguard Small-Cap Value / VBR

グロースの目的は、「長期的に、世界の株式市場の成長と同程度の高いリターンを得る」ことです。

 

こうして構成ETFを並べてみるととても種類が多く、投資先の国も分散していることがよくわかります。

投資先は各国の株式市場に幅広く投資していますので、世界の株式成長と同程度の成長が見込めます

 

投資先のETFをはどれも低コストで運用できるものが多く、THEO(テオ)のアルゴリズムにより選別していけば、長期的に安定した資産運用ができるでしょう。

ココがポイント

  • 株式は、複数の国に分散投資している
  • テオが投資先の株式を、自動で選別してくれる

 

ポートフォリオ構成:インカムの構成ETFを解説

■ハイイールド債券
i シェアーズ iBoxx ⽶ドル建 ハイイールド社債上場投資信託 / HYG
SPDR BLACKSTONE/GSO SEN LOAN / SRLN
SPDR バークレーズ・ショート・ターム・ハイイールド・ボンド上場投資信託 / SJNK
SPDR バークレイズ ハイイールド債券 / JNK
■先進国国債
i シェアーズ ⽶国国債 7-10 年上場投資信託 / IEF
i シェアーズ ⽶国国債 20 年超上場投資信託 / TLT
SPDR PORT LNG TRM TRSRY / SPTL
VANGUARD INTERM-TERM GOVT BD / VGIT
■投資適格債券
i シェアーズ iBoxx ⽶ドル建 投資適格社債上場投資信託 / LQD
i シェアーズ ⽶国 MBS 上場投資信託 / MBB
ISHARES SHORT-TERM CORPORATE / IGSB
Vanguard Mortgage-Backed Securities / VMBS
SPDR PORTFOLIO AGGREGATE BON / SPAB
SPDR PORT SHRT TRM CORP BND / SPSB
■新興国債券
i シェアーズ JP モルガン 米ドル建エマージングマーケット債上場投資信託券 / EMB
マーケット ベクトル 新興国債券(現地通貨建) / EMLC

インカムの目的は「定期的に、多くの安定したインカムを得る。 ポートフォリオの価格変動幅を下げ、安定性を高める。」です。

 

様々な種類の債券に割り振られていることがわかりますので、安定したインカムゲインを得ることができるでしょう。

しかし債券は基本的に利回りが低いですので、株式のリスクヘッジにポートフォリオに組み込まれている場合が多いですので、大きな利益は期待できないでしょう。

ココがポイント

  • 債券を中止に投資する
  • 資産を減らさず、インカムゲインを中心した運用

 

ポートフォリオ構成:インフレヘッジの構成ETFを解説

■コモディティ
パワーシェアーズ DB コモディティ インデックス / DBC
i シェアーズ ゴールド トラスト / IAU
i シェアーズ シルバー トラスト / SLV
■リート・不動産
i シェアーズ ⽶国不動産上場投資信託 / IYR
SPDR ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート上場投資信託 / RWX
REAL ESTATE SELECT SECT SPDR / XLRE
■先進国株
ISHARES GLOBAL INFRASTRUCTUR / IGF
ISHARES GLOBAL TIMBER & FORE / WOOD
■先進国国債
i シェアーズ ⽶国物価連動国債上場投資信託 / TIP
VANGUARD SHORT-TERM TIPS / VTIP

インフレヘッジの目的は「資産の実質的価値を保全する。」です。

 

インフレヘッジはコモディティや不動産などが投資対象に含まれてきます。

こちらも利回りは低いので、大きな利益は期待できないでしょう。

 

こちらは資産を減らさないことを目的としていますので、暴落などが起こっても元本割れしにくい構成となっています。

ココがポイント

  • ほとんど現状維持の運用を目指す
  • 利益はほとんど出ない

 

THEO/THEO+docomoのリバランスは自動で定期的に実施してくれる

  • リバランス:ポートフォリオの見直しを1ヶ月毎に行う。
  • リアロケーション:ポートフォリオ内の構成ETFの見直しを3ヶ月毎に行う。
コナツ
投資ってほったらかしじゃだめなの?
ポートフォリオは日々変動するから、定期的に見直す必要があるんだ
ショウシ

テオでは、2種類の方法でポートフォリオを見直してリバランスしていきます。

 

本来なら自身で行う必要があり手間がかかるリバランスを、THEO(テオ)なら自動で定期的に見直しくれますので、ほったらかしでOKです。

リバランスは手間ですからね、自分でやるとなるとプロでも億劫ですよ。

 

その点ロボアドバイザーなら積み立てするだけ、本当に簡単です。

安心してほったらかしにしてください。

ココがポイント

  • テオでは、自動でリバランスしてくれる
  • ロボアドバイザー投資なら積み立てするだけ、その他の手間はすべておまかせ

 

THEO/THEO+docomoのリバランスの仕組みは?

まずテオのリバランスは、3つの資産の割合を調整してくれることです。

 

リバランスとはポートフォリオ内の構成比率を保つように、値上がり値下がりした部分を考慮して構成しておくことを指します。

つまり前章で述べたように、グロースに100%構成したポートフォリオなど、他の構成要素がない場合にはリバランスは発生しません

 

グロース、インカム、インフレヘッジにそれぞれ投資している人にとっては、リバランスはかなりの恩恵があるでしょう。

ココがポイント

  • リバランスは、3つの資産の割合を変更する
  • 1つの資産に100%投資している場合は、リバランスは発生しない

 

THEO/THEO+docomoのリアロケーションの仕組みは?

THEO(テオ)のリアロケーションは、3ヶ月毎に定期的に構成ETFの見直しを行うことで実現します。

 

例えば米国株で値下がりが予想される状況になったら、構成ETFを売却して利益確定して他の株式に鞍替えしていくわけですね。

こうしたリアロケーションを定期的に行うことで、資産運用を最適化していきます。

 

投資初心者や普段忙しい人は、こうした時間のかかる見直しはなかなかできませんので、非常に助かりますね。

THEO(テオ)のアルゴリズムによる資産運用は、本当に優秀です。

ココがポイント

  • 3ヶ月毎に、構成ETFの見直しも自動で行ってくれる
  • ロボアドバイザーの中身は、頻繁に売買してくれる

 

THEO/THEO+docomoは本当に利益がでるの?試算したシミュレーション結果を解説

▼THEO(テオ)の運用シミュレーション例

  • 開始資金:50万円
  • 毎月積立:3万円
  • 運用期間:10年間

 

THEO(テオ)にて、以下の試算でシミュレーションした結果を解説します。

 

10年間積み立てで運用した結果は、元本410万円に対して運用結果は571万円になります。

もちろんこれは過去の結果に基づいたシュミレーション結果になりますので、結果を保証するものではありませんが、信憑性は高いと言えます。

 

単純に積み立てで貯金しておけば元手410万円の貯金です。資産運用を始めている人との差は歴然でしょう。

ほったらかし運用でここまでの毅然とした差が出てしまうと、ロボアドバイザーを知ってる人と知らない人では、大きな差ですね。

 

老後資金2,000万円問題で、資産運用は今始める人が急増しています。

せっかく貯めたお金を、投資失敗して減らしてしまうのはもったいないです。

 

これから資産運用を始めるなら、プロ並みの運用ができるロボアドバイザー:テオで初めてみませんか?

ココがポイント

  • テオで運用していれば、元本410万円が571万円になる計算
  • 今資産運用を始める人が急増しているが、ロボアドバイザーなら失敗しづらい

 

dポイントが運用額1万円につき1ポイント貯まる

テオの運用では特にポイントバックはありませんが、THEO+docomoなら運用額に応じてdポイントが貰えます。

 

テオには手数料割引もありますが、割引よりもTHEO + docomoのポイントバックの方が大きいので、選ぶならTHEO + docomo一択です。

さらにドコモの人ならTHEO + docomoの手数料割引も受けられますので、最強の組み合わせです。

 

私のようにドコモを使っていない人でも、dポイントバックだけでも十分通常のテオよりお得。

選ぶなら、THEO + docomoにしてdポイントを貯めてみてください。

 

THEO+docomoの口座開設は、こちらから無料でできます。

おすすめ度:

公式ページ:https://docomo-inv.com/theo/

入金するだけの全自動で資産運用。運用しているだけでdポイントが貯まる

 

【THEO/THEO+docomo】まとめ記事

THEO/THEO+docomoについては、理解できましたか?

資産運用が初めての人は、全自動で資産運用ができるロボアドバイザー投資が、投資の入門編です。

THEO/THEO+docomoについてのまとめ記事です。THEO(テオ)について、全体を理解しておきましょう。まとめ記事は、「この記事を読む」をタップしてください。

この記事を読む

 

まとめ:THEO/THEO+docomoで組むべきポートフォリオは?資産割合と投資先ETF・リバランスを解説

THEO(テオ)のポートフォリオの組み方はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
テオのポートフォリオ 最初に質問に答えるだけで、あなたに合ったポートフォリオを作ってくれる
おすすめのポートフォリオは? 株式(グロース)1本で、長期的に積み立てして運用する
リバランスは必要なの? 毎月自動でリバランスするので、手間がかからない
投資家のあなたはほったらかしでOK

 

テオのポートフォリオは3つの組み合わせで作るので、初心者でも直感的にわかりやすいと思います。

積極的にリターンを狙って投資したいなら、投資すべきなのはグロース(株式)です。

他の資産の債券やコモディティは、資産を減らさない目的で選ばれることが多いんですね。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者は、ロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

おすすめ度:

公式ページ:https://docomo-inv.com/theo/

入金するだけの全自動で資産運用。運用しているだけでdポイントが貯まる

THEO(テオ)を詳しく知る

THEO+docomoガイドブック

\ロボアドバイザーを基礎から知る/

このカテゴリを読む


おすすめロボアドバイザーランキング

ウェルスナビ(WealthNavi)

おすすめ度:

公式ページ:https://www.wealthnavi.com/

CMでも話題のロボアドバイザーは、次世代資産運用として、今話題を集めていて運用を始める人が急増しています。

人気の高さには理由があり、全自動で資産運用を行ってくれますので、普段忙しい人や投資初心者でも、プロ並みの資産運用。

入金するだけの簡単ステップで、話題のETF運用を始めてみませんか?

 

THEO + docomo

おすすめ度:

公式ページ:https://docomo-inv.com/theo/

THEOの全自動資産運用なら、普段忙しい人や投資初心者でも、プロ並みの資産運用。

運用でdポイントも貯まり、dカードGOLDがあれば手数料割引も受けられて、資産運用以外でもメリットが多い

dポイントを貯めている人・ドコモユーザは、初めての資産運用はロボアドバイザーTHEOで、ほったらかし運用。

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ運用できる投資信託

投資信託はネット証券で低コスト運用

当サイトが厳選したネット証券を紹介

\マンガの続きを読む/

ネット証券を詳しく知る

  • この記事を書いた人
ショウシ

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テクブロガー FXで500万→100万円の経験から、長期運用こそ誰でもできる正義だと気づく 資産運用・お金についての情報を発信

-THEO(テオ)
-, , ,

© 2020 積立いなふる