THEO(テオ)

【グロースがおすすめ】THEO(テオ)のおすすめポートフォリオと投資先ETF・リバランスを解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回はTHEO(テオ)のポートフォリオの組み方について、初心者向けにわかりやすく解説していきます。

コナツ
テオのポートフォリオってどうやって決めるの?おすすめは?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もテオでコツコツと積み立て運用中です

▼THEO(テオ)の運用状況

THEO(テオ)のポートフォリオは、3つの組み合わせで作るので非常にシンプルです。

リターンを狙うなら「グロース」の割合を増やしておきましょう

私もグロース100%で運用しています

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

本記事の内容

  • THEO(テオ)のポートフォリオはグロースに全振り(100%)がおすすめ
  • グロースは株式のETFに積極的に投資する
  • 債券は上がり方がマイルド!リターンを狙うなら株式
  • THEO(テオ)のりバランス・リアロケーションは自動で定期的に実施する

THEO(テオ) ロボアドバイザー

 

THEO(テオ)のおすすめポートフォリオを解説!リターンを狙ってグロース(株式)へ全振り(100%)で運用

コナツ
ポートフォリオってどうやって組むんだろ?
THEO(テオ)は3種類の資産に配分して決めるよ
ショウシ

THEO(テオ)のおすすめのポートフォリオはグロースに100%配分したポートフォリオです。

私もグロースに100%で運用しています

 

債券やコモディティは利回りが低くなりますので、とにかくリターンを狙っていきたい人は株式に投資するグロース一択になるでしょ

長期的な目線で見れば世界市場は成長していきますので、世界の株式に投資しておけば理論上は最も高いリターンが得られるでしょう。

 

もちろんリーマンショック級の暴落が起きれば資産額も暴落して元本割れする可能性もありますが、長期運用では一時的な値下がりは無視して投資していけば、全体の資産額としては上昇していきます。

THEO(テオ)で投資していくにあたって、利回り5%以上を目指していくならグロースに100%投資したポートフォリオが最もおすすめです。

投資初心者や安定志向の人はTHEO(テオ)におまかせ運用がおすすめ

おまかせ運用とは、お客さまに提案した最適な資産運用方針に基づき、THEOがその方針にそったポートフォリオを構築し、自動で運用をする方法です。その運用には、
定期的なリバランス(当初の資産運用方針に合わせて、ポートフォリオを調整すること)や、ポートフォリオの構成銘柄の見直しも含まれています。さらに、年に1回、お客さまの資産運用方針を、年齢や市況の変化を勘案して自動調整も行います。

引用元: THEO

THEO(テオ)はあなたの年齢、就業状況、金融資産額をもとに、あなたにとって最適なポートフォリオを自動で構成してくれます。

 

運用開始以降のあなたの状況とポートフォリオが適しているか、年に1度自動で見直ししてくれます。

実際の運用をおまかせしているTHEO(テオ)のアルゴリズムにより構成したポートフォリオなら、安心してポートフォリオの構築もおまかせできますね。

 

投資初心者は自身でポートフォリオを組むのは難しいですので、ある程度安定した運用を目指したいならTHEO(テオ)におまかせしましょう。

 

THEO(テオ)の資産(アセット)クラスは?ポートフォリオ構成する構成ETFを解説

コナツ
あせっとくらす…?
投資先の銘柄のことだよ
ショウシ

THEO(テオ)は6つのアセットクラスに対して、3つのポートフォリオ構成要素で分類することでポートフォリオを組みます

 

3つの要素毎に比率を設定できますので、比率によって安定的な運用を目指すか、リターン重視にするか決定していきます。

THEO(テオ)のポートフォリオ

  • グロース:米国株、先進国株、新興国株式で構成。リターン狙いの人向け。
  • インカム:債券で構成。低リスクでインカムゲインを得たい人向け。
  • インフレヘッジ:コモディティ、不動産、債券、株式など幅広く構成。資産を減らしたくない人向け。

ポートフォリオ構成:グロースの構成ETFを解説

■新興国株
i シェアーズ MSCI 韓国 キャップト上場投資信託 / EWY
i シェアーズ 中国⼤型株上場投資信託 / FXI
バンガード FTSE エマージング・マーケッツ上場投資信託 / VWO
i シェアーズ MSCI メキシコ・キャップト上場投資信託 / EWW
ウィズダムツリー インド アーニングス / EPI
■先進国株
i シェアーズ MSCI パシフィック(除⽇本) / EPP
i シェアーズ MSCI ドイツ上場投資信託 / EWG
i シェアーズ MSCI ジャパン上場投資信託 / EWJ
i シェアーズ MSCI 台湾上場投資信託 / EWT
バンガード FTSE ヨーロッパ / VGK
Vanguard Mid-Cap Value / VOE
VANGUARD MID-CAP GROWTH ETF / VOT
バンガード・FTSE・パシフィック上場投資信託 / VPL
バンガード・バリュー上場投資信託 / VTV
SPDRユーロ・ストックス50上場投資信託 / FEZ
SPDR S&P 500 Growth / SPYG
SPDR S&P 500 VALUE ETF / SPYV
バンガード・米国スモールキャップ・グロース上場投資信託 / VBK
Vanguard Small-Cap Value / VBR

グロースの目的は「長期的に、世界の株式市場の成長と同程度の高いリターンを得る」ことです。

 

こうして構成ETFを並べてみるととても種類が多く、投資先の国も分散していることがよくわかります。

投資先は各国の株式市場に幅広く投資していますので、世界の株式成長と同程度の成長が見込めます

 

投資先のETFをはどれも低コストで運用できるものが多く、THEO(テオ)のアルゴリズムにより選別していけば、長期的に安定した資産運用ができるでしょう。

ポートフォリオ構成:インカムの構成ETFを解説

■ハイイールド債券
i シェアーズ iBoxx ⽶ドル建 ハイイールド社債上場投資信託 / HYG
SPDR BLACKSTONE/GSO SEN LOAN / SRLN
SPDR バークレーズ・ショート・ターム・ハイイールド・ボンド上場投資信託 / SJNK
SPDR バークレイズ ハイイールド債券 / JNK
■先進国国債
i シェアーズ ⽶国国債 7-10 年上場投資信託 / IEF
i シェアーズ ⽶国国債 20 年超上場投資信託 / TLT
SPDR PORT LNG TRM TRSRY / SPTL
VANGUARD INTERM-TERM GOVT BD / VGIT
■投資適格債券
i シェアーズ iBoxx ⽶ドル建 投資適格社債上場投資信託 / LQD
i シェアーズ ⽶国 MBS 上場投資信託 / MBB
ISHARES SHORT-TERM CORPORATE / IGSB
Vanguard Mortgage-Backed Securities / VMBS
SPDR PORTFOLIO AGGREGATE BON / SPAB
SPDR PORT SHRT TRM CORP BND / SPSB
■新興国債券
i シェアーズ JP モルガン 米ドル建エマージングマーケット債上場投資信託券 / EMB
マーケット ベクトル 新興国債券(現地通貨建) / EMLC

インカムの目的は「定期的に、多くの安定したインカムを得る。 ポートフォリオの価格変動幅を下げ、安定性を高める。」です。

 

様々な種類の債券に割り振られていることがわかりますので、安定したインカムゲインを得ることができるでしょう。

しかし債券は基本的に利回りが低いですので、株式のリスクヘッジにポートフォリオに組み込まれている場合が多いですので、大きな利益は期待できないでしょう。

ポートフォリオ構成:インフレヘッジの構成ETFを解説

■コモディティ
パワーシェアーズ DB コモディティ インデックス / DBC
i シェアーズ ゴールド トラスト / IAU
i シェアーズ シルバー トラスト / SLV
■リート・不動産
i シェアーズ ⽶国不動産上場投資信託 / IYR
SPDR ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート上場投資信託 / RWX
REAL ESTATE SELECT SECT SPDR / XLRE
■先進国株
ISHARES GLOBAL INFRASTRUCTUR / IGF
ISHARES GLOBAL TIMBER & FORE / WOOD
■先進国国債
i シェアーズ ⽶国物価連動国債上場投資信託 / TIP
VANGUARD SHORT-TERM TIPS / VTIP

インフレヘッジの目的は「資産の実質的価値を保全する。」です。

インフレヘッジはコモディティや不動産などが投資対象に含まれてきます。

 

こちらも利回りは低いので大きな利益は期待できないでしょう。

こちらは資産を減らさないことを目的としていますので、暴落などが起こっても元本割れしにくい構成となっています。

 

THEO(テオ)のリバランスは自動で定期的に実施してくれる

コナツ
投資ってほったらかしじゃだめなの?
ポートフォリオは日々変動するから、定期的に見直す必要があるんだ
ショウシ

THEO(テオ)は2種類の方法でポートフォリオを見直してリバランスしていきます。

 

本来なら自身で行う必要があり手間がかかるリバランスを、THEO(テオ)なら自動で定期的に見直しくれますので非常に安心感があります

自動運用なら忙しくてリバランスを忘れていたということはなくなり、安定した長期運用を行うことができます。

  • リバランス:ポートフォリオの見直しを1ヶ月毎に行う。
  • リアロケーション:ポートフォリオ内の構成ETFの見直しを3ヶ月毎に行う。

THEO(テオ)のリバランスの仕組みを解説!毎月自動で行ってくれる

THEO(テオ)のリバランスは毎月自動で行ってくれます

 

リバランスとはポートフォリオ内の構成比率を保つように、値上がり値下がりした部分を考慮して構成しておくことを指します。

つまり前章で述べたように、グロースに100%構成したポートフォリオなど他の構成要素がない場合にはリバランスは発生しません

 

グロース、インカム、インフレヘッジにそれぞれ投資している人にとっては、リバランスはかなりの恩恵があるでしょう。

THEO(テオ)のリアロケーションの仕組みを解説!3ヶ月毎に自動で行ってくれる

THEO(テオ)のリアロケーションは、3ヶ月毎に定期的に構成ETFの見直しを行うことで実現します。

 

例えば米国株で値下がりが予想される状況になったら、構成ETFを売却して利益確定して他の株式に鞍替えしていくわけですね。

こうしたリアロケーションを定期的に行うことで、資産運用を最適化していきます。

 

投資初心者や普段忙しい人はこうした時間のかかる見直しはなかなかできませんので、非常に助かりますね。

THEO(テオ)のアルゴリズムによる資産運用は本当に優秀です。

 

THEO(テオ)のメリットを解説

ショウシ
THEO(テオ)を使うメリットについて解説するよ

THEO(テオ)のメリット

  1. 投資のすべての工程を自動で行ってくれる
  2. 確定申告が不要
  3. 積立投資ができる
  4. 手数料が他のロボアドバイザーよりお得
  5. 最低1万円の少額から取引可能
  6. THEO+(テオプラス)ならdポイントが貯まる

THEO(テオ)についてわかった所で、1番気になるのはTHEO(テオ)のメリットですね。

 

THEO(テオ)のメリットはとにかく入金以外はすべて自動という点です。

投資初心者が投資信託を選んだりするのは難しいですが、THEO(テオ)なら投資先を選ぶ必要もありません。

 

投資には税金がつきものですが源泉徴収により自動で税金も収めてくれて、THEO Tax Optomizer機能により税金も自動で最小限に抑えてくれます。

これだけの機能が揃ったロボアドバイザーが手数料1%以下で運用できるなら、本当にコストパフォーマンスが高いです。

 

THEO(テオ)は手数料割引条件により、投資ロボアドバイザーの中で最も低コストで運用が可能です。

投資初心者でもロボアドバイザー投資なら気軽に始めることができますので、まずはTHEO(テオ)で資産運用を始めてみましょう。

まとめ:THEO(テオ)のおすすめポートフォリオと投資先ETF・リバランスを解説

THEO(テオ)のポートフォリオの組み方はいかがだったでしょうか。

 

THEO(テオ)のポートフォリオは、3つの組み合わせで作るので非常にシンプルです。

リターンを狙うなら「グロース」の割合を増やしておきましょう

私もグロース100%で運用しています

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

THEO(テオ) ロボアドバイザー

 

キャッシュバックキャンペーン実施中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
キャッシュバックは嬉しいキャンペーンだね
ショウシ

THEO(テオ)では、現在積立設定に応じてキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

始めたばかりの手数料分はキャッシュバックで賄えてしまいますので、THEOを始めて様子見をしたい方には最適ですね。

キャッシュバック額は積立額により増えていく仕組みになっています。

 

漏れなく貰えるキャッシュバックは嬉しい特典ですね

キャッシュバックキャンペーンに参加するには口座開設後にエントリーが必要なので、必ずエントリーしてください

THEO(テオ) ロボアドバイザー

 

おすすめロボアドバイザーランキング

THEO(テオ)

THEO(テオ) ロボアドバイザー

THEO(テオ)もウェルスナビ同様に人気の高いロボアドバイザーです。
THEO(テオ)も全自動で投資を行ってくれますので、
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

手数料面ではウェルスナビよりも安く、長期的に運用していくならTHEO(テオ)が適しています。
ベテランの投資家はウェルスナビよりもTHEO(テオ)を好む傾向があります。

THEO(テオ)は新しい施策もどんどん取り入れていきますので、ぜひTHEO(テオ)で資産運用を始めてみてください。

公式ページ

 

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビはロボアドバイザー投資の中でも人気が高いロボアドバイザーです。
最近ではCMでも目にする機会が多く、名前だけでも知っている方は多いでしょう。

人気の高さには理由があり、全自動で資産運用を行ってくれますので
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

まだ始めていない人はぜひ少額からでも資産運用を始めてみましょう。

公式ページ

 

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-THEO(テオ)
-, , ,

Copyright© 積立いなふる , 2019 All Rights Reserved.