ウェルスナビ

【長期割でお得に運用】ウェルスナビ(WealthNavi)の運用手数料をわかりやすく解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回はウェルスナビの運用にかかる手数料を初心者にもわかりやすく解説します。

コナツ
ウェルスナビの手数料って?どんなときに発生するの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もウェルスナビでコツコツと積み立て運用中です

▼ウェルスナビの運用状況

 

ウェルスナビにかかる手数料は、運用手数料の1%のみです。

長期割が適用されればさらにお得に運用できますので、ぜひ利用してみてください。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

インデックス投資ではせいぜい利回り6%程度です。利回り10%を狙いたいなら、ぜひロボアドバイザー投資を始めてみましょう。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

 

本記事の内容

  • ウェルスナビの手数料はコストパフォーマンスが高い
  • ウェルスナビの手数料は運用手数料の1%のみ。長期割もあり。
  • 税金最適化機能により実質コストは0.6%以下
  • 手数料は毎日計算で合算して毎月1日に引き落とし

ウェルスナビ(WealthNavi)にかかる手数料の種類を解説!運用手数料は長期割で割引有り

ウェルスナビの手数料 内訳 手数料内容
運用手数料 3,000万円まで 1%/年
3,000万円を超える部分 0.5%/年
入金 クイック入金 無料
振込 金融機関による
積立 無料
出金 無料
取引 売買手数料 無料
為替手数料 無料
スプレッド 無料
リバランス 無料
口座開設 無料
コナツ
ほとんど無料だね!
ウェルスナビは運用手数料だけだよ
ショウシ

ウェルスナビにかかる手数料の種類を、詳しく解説しましょう。

 

ウェルスナビにかかる手数料は運用手数料のみで、他は基本的に無料です。

但しウェルスナビにクイック入金以外で入金する場合は振り込み扱いになりますので、お使いの金融機関により手数料がかかる場合があります。

 

ウェルスナビの手数料について詳しく見ていきましょう。

 

長期割でウェルスナビ(WealthNavi)の運用手数料は最大0.9%まで割引

ウェルスナビの運用手数料は1%です

 

但し預かり資金が3,000万円以上を超えた部分に関しては、0.5%の運用管理手数料になります。

預かり資金が3,000万円を超えた部分だけですので、3,000万円までの部分は従来通り1%の運用手数料がかかります

 

手数料の支払いが2種類あると覚えておきましょう。

ウェルスナビを長期的に運用していくと、手数料の長期割を受けることができます。

50万円以上を5年間運用すると、手数料が最大0.9%まで割引になります。

 

但しウェルスナビの長期割は1度でも出金してしまうと割引がリセットされて、再度5年間運用しないと手数料の最大割引は受けられません。

長期運用の利益を最大化する複利効果を狙うためにも、ウェルナビの手数料割引を受けるためにも、出金せずに長期的な運用をしていきましょう

 

クイック入金なら無料でリアルタイムに反映される

ウェルスナビの入金は、クイック入金なら24時間リアルタイムに反映され手数料も無料ですのでおすすめです。

 

但しクイック入金は取扱金融機関が限られていますので、対象の銀行口座からでないとできません。

クイック入金以外の入金に関しては、通常の銀行振り込みと同じですので取扱金融機関によって手数料が異なります。

 

入金手数料を支払うのはもったいないので、この機会にクイック入金対象の銀行口座を作っておきましょう

クイック入金に対応している銀行は以下です。

 

おすすめは他の投資でも使う機会が多い、住信SBIネット銀行の口座を作っておくと汎用的でしょう。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

 

ETFの売買手数料や為替手数料はウェルスナビが負担

お客様と当社の間のETF取引に用いる為替レートは、協定世界時(UTC)16時にリフィニティブ(旧トムソン・ロイター)から取得する為替レート(仲値)を使います。

評価と同じ為替レートを用いているため、約定日当日は為替部分の評価損益は発生しないことになります。

WealthNaviでは、上記為替レートにスプレッドや手数料を一切上乗せしておらず、お客様にコストをご負担いただくことなくETFの売買を行っています。

引用元: ウェルスナビ

ウェルスナビは海外の上場投資信託(ETF)に投資していますので、実際には為替手数料やスプレッドなどの手数料が発生しています。

 

運用しているあなたはウェルスナビに運用手数料を支払うのみで、為替手数料やスプレッドやリバランスの手数料はウェルスナビが負担してくれています

為替手数料やスプレッドはその時によって金額が異なりますので、わかりやすくなっていて助かりますね。

 

直接支払うことはないですが、ウェルスナビに支払う手数料には為替に関する手数料が含まれているということをよく覚えておきましょう。

 

ウェルスナビの口座開設は無料

ウェルスナビは預かり資産が、2,000億円を突破(2019年12月時点)し、注目度の高さが伺えます。

 

ロボアドバイザーは近年話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

投資初心者でもお手軽にプロ並の資産運用ができますので、非常におすすめです。

 

口座開設にはある程度時間がかかりますので、ロボアドバイザーが気になった人は、まずは口座開設しておいてください。

口座開設は混雑すると、審査期間に待たされることがあります。

 

口座開設自体は無料でできますので、話題を呼んでいるロボアドバイザーは、気軽に始められますよ。

 

ウェルスナビ(WealthNavi)の運用手数料の計算方法・支払時期は?手数料の詳細を解説!

コナツ
手数料1%と言っても実感がないなぁ…
手数料の詳細を詳しく解説していくよ
ショウシ

ウェルスナビの手数料の疑問

  • 手数料の計算式は?
  • 手数料はいつ支払うの?
  • 他のロボアドバイザーと比べてどうなの?

ウェルスナビの手数料に関わる疑問を解説していきます。

お金を支払うものですから何となく知っているではなく、手数料の実態を詳しく把握しておきましょう。

 

手数料の計算式は?年率1%の手数料を毎月引き落とし

年率※1%に基づいた計算となります。
ETF終値、為替レートをもとに計算された日々の時価評価額の年率1%相当を、毎日1日分の手数料として計算します。(税別)

【1日分の手数料の計算式】:計算日の時価評価額×1%(手数料率)÷365×1.08(消費税)

上記の計算式で1日分の手数料を計算し、1ヶ月分を合計します。合計した手数料の1円未満を切り捨てた金額が、翌月お支払いいただく手数料となります。

※初回入金日から7日間は手数料の計算期間の対象としておりません。
※入金合計額が最低投資額を上回り、運用が開始されるまでは、手数料の計算期間の対象としておりません。
※3,000万円を超える部分の手数料は、1%ではなく0.5%で計算されます。

引用元: ウェルスナビ

手数料の計算式は上記の通りです。

 

1%という運用手数料は1日毎に計算され、まとめて次の月に支払います。

計算日の時価総額に対して計算することを覚えておいてください。

 

入金したお金に対してではありません

資産運用で利益が出れば、利益+元本に対して手数料を計算していくことになります。

さらに詳しく

  • 1%は毎日計算されている
  • 運用手数料は毎月引き落とし

 

運用手数料の引き落とし日は?毎月1日に引き落とし

ウェルスナビの手数料は毎月月初め(1日)に、ウェルスナビ口座より引き落としになります。

 

もし引き落とし日が休日だった場合は、翌営業日の引き落としになります

実際に引き落としになるとウェルスナビの取引履歴に手数料の引き落としが記録されます。

 

運用を始めたら月初めに取引履歴をチェックしましょう。

 

他のロボアドバイザーと手数料を比較!手数料はTHEO(テオ)の方が安くなる

投資一任型ロボアドバイザー 手数料
THEO 0.65%〜1.0%(税別)
ウェルスナビ 0.9%〜1.0%(税別)
楽ラップ 0.75%〜(成功報酬)

THEO(テオ)は新手数料体系の導入で手数料面では1歩リードしています。

 

しかし知名度はウェルスナビが最も高く、人気のロボアドバイザーを選びたい人はウェルスナビを選ぶ人が多いですね。

ロボアドバイザーはどれも特徴があってとても優秀ですので、リスクヘッジにウェルスナビとTHEO(テオ)を同時運用してもいいでしょう。

 

ロボアドバイザーの比較については他記事でまとめています。

ウェルスナビ(WealthNavi)の手数料は資産の1%のみ!これだけの機能が揃って1%ならコストパフォーマンスが高い

コナツ
手数料1%ってどうなのかなぁ?
実際の運用では手数料以上の効果があるよ
ショウシ

結論から言うと、ウェルスナビにかかる手数料は運用手数料の1%のみです。

 

長期割の適用で最大0.9%の手数料で運用することできます

資産運用の王道である「長期・積立・分散」を全てまかなうウェルスナビは手数料以上の価値がある資産運用となっています。

 

  1. 投資対象の選定〜リバランスまで、手間のかかる運用をすべて自動で行う
  2. 税金自動最適化(DeTAX)により、税金面を自動で最適化
  3. 長期利用すると手数料の割引が受けられる

投資初心者が失敗すること多い中、ウェルスナビに運用のすべてを任せれば安定した資産運用ができます。

 

これだけの機能が揃ったウェルスナビは、投資初心者や忙しい人にとっては手数料以上の価値がある内容です。

資産運用の開始は口座に入金するだけなので、利回りの非常に良い銀行預金という感覚でしょう。

 

税金最適化機能により実質の手数料は負担は0.6%以下になる

「WealthNavi for SBI証券」の運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

引用元:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

ウェルスナビのCEOである柴山氏によれば、ウェルスナビだけの税金最適化機能であるDeTAXにより、手数料でいうと0.4〜0.6%分の価値があるとのことです。

 

つまり実質の手数料は0.5%以下の負担になるでしょう。

実際に支払う手数料は1%になりますが、総合的に見ればもっと格安の価値があるというわけですね。

 

投資初心者でも簡単に始められる機能が揃ったウェルスナビを、これだけの負担で始められるのは正直お得でしょう。

 

ウェルスナビを始めるメリットは?

コナツ
ウェルスナビを選ぶ理由はなんだろ?
ウェルスナビのメリットを解説するよ
ショウシ

ウェルスナビのメリット

  • 投資のすべての工程を自動で行ってくれる
  • 確定申告が不要
  • 入出金手数料が無料
  • 毎月1万円から積立投資が可能
  • 資産管理サービスとも連携可能

ウェルスナビについてわかった所で、1番気になるのはウェルスナビのメリットですね。

 

ウェルスナビのメリットはとにかく、入金以外はすべて自動という点です。

投資初心者が投資信託を選んだりするのは手間ですが、ウェルスナビなら投資先を選ぶ必要もありません。

 

投資には税金がつきものですが、源泉徴収により自動で税金も収めてくれて、DeTAX機能により税金も自動で最小限に抑えてくれます。

これだけの機能が揃ったロボアドバイザーが手数料1%以下で運用できるなら、本当にコストパフォーマンスが高いです。

 

投資初心者でもロボアドバイザー投資なら気軽に始めることができますので、まずはウェルスナビで資産運用を始めてみましょう。

まとめ:ウェルスナビ(WealthNavi)の手数料をわかりやすく解説

ウェルスナビの手数料はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
ウェルスナビの手数料 運用中の1%のみ
ETFの手数料 ウェルスナビが負担してくれる
長期割 最大10%の割引あり

 

ウェルスナビにかかる手数料は、運用手数料の1%のみです。

長期割が適用されればさらにお得に運用できますので、ぜひ利用してみてください。

 

老後資産2,000万円を用意するために、今ロボアドバイザー投資は話題が話題を呼び、口座開設する方が急増しています。

インデックス投資ではせいぜい利回り6%程度です。利回り10%を狙いたいなら、ぜひロボアドバイザー投資を始めてみましょう。

投資初心者はロボアドバイザー投資でほったらかしで資産運用を始めてみましょう。

お得なキャンペーン開催中

コナツ
”お得”って言葉に弱いんだニャ・・・
もれなく貰えるキャンペーンは嬉しいね
ショウシ

ウェルスナビは、毎月お得なキャンペーンをやっています。

 

現在は積み立て額に応じて、キャッシュバックを貰えるキャンペーンを行っています。

入金金額によりますが最低500円は貰えるので、最低1万円以上は必ず積み立てしてウェルスナビの運用を始めていきましょう

 

漏れなく貰えるキャッシュバックは嬉しいですね。

ノーリスクで利回りが確定しますので、資産運用においては有利ですよ。

 

キャンペーンはエントリーが必要なので、口座開設後に必ずエントリーしてください

おすすめロボアドバイザーランキング

THEO(テオ)

THEO(テオ) ロボアドバイザー

THEO(テオ)もウェルスナビ同様に人気の高いロボアドバイザーです。
THEO(テオ)も全自動で投資を行ってくれますので、
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

手数料面ではウェルスナビよりも安く、長期的に運用していくならTHEO(テオ)が適しています。
ベテランの投資家はウェルスナビよりもTHEO(テオ)を好む傾向があります。

THEO(テオ)は新しい施策もどんどん取り入れていきますので、ぜひTHEO(テオ)で資産運用を始めてみてください。

公式ページ

 

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビはロボアドバイザー投資の中でも人気が高いロボアドバイザーです。
最近ではCMでも目にする機会が多く、名前だけでも知っている方は多いでしょう。

人気の高さには理由があり、全自動で資産運用を行ってくれますので
普段忙しい人や投資初心者でも気軽に始めることができます。

まだ始めていない人はぜひ少額からでも資産運用を始めてみましょう。

公式ページ

 

積立投資を詳しく知る

少額からコツコツ長期運用

初心者でも失敗しない積立投資

当サイトが厳選した3つを紹介

\マンガの続きを読む/

積立投資を詳しく知る

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-ウェルスナビ
-,

Copyright© 積立いなふる , 2020 All Rights Reserved.