スマートな生活

【超簡単】初心者がノートパソコンをHDD(ハードディスク)→SSDに交換・換装してみた手順をわかりやすく紹介

更新日:

こんにちは! ショウシ(@shouhi_zaiteku)です。

資産運用ブロガーとして、資産運用やお得情報をわかりやすく解説しています。

今回は初心者がパソコンをHDD→SSDに換装した手順を、わかりやすく紹介します。

コナツ
始めてだけどSSDに換えてみたい
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

ハードディスクのパソコンをお使いですか?

今はSSDも安くなっていて、換装するだけで爆速になりますよ。

 

▼換装後のパソコンのベンチマーク

 

パソコンを今まで自作したことがない人でも、差し替えるだけなので、誰でもできますよ。

ハードディスクを入れ替えるだけで、パソコン作業がめちゃくちゃ快適です。

 

パソコンの立ち上げやアプリの起動に、イライラした経験はありませんか?

SSDに替えれば、それだけで劇的に改善しますよ。

 

SSDは今は256GBくらいなら5,000円以下で買えますし、パソコンを買い換えるより安価です。

余ったハードディスクは外付けで再利用できますし、ぜひSSDに入れ替えて快適なパソコン作業をしてみてください。

 

本記事の内容

  • HDD→SSDの換装に必要なもの
  • HDD→SSDに換装した手順
  • SSDに換装するメリット
【送料無料品・新品】Salcar USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース sata接続 9.5mm/7mm厚両対応 UASP対応 簡単脱着5Gbps MYR
【シリコンパワー silicon power】Slim S55シリーズ 240GB 2.5"SSD【7mm厚】SPJ240GBSS3S55B メーカー保証:3年

ノートパソコンをHDD(ハードディスク)→SSDに換装時に必要なものは?

▼SSDの換装で必要なもの

  • 外付けHDDケース
  • 交換用のSSD
  • データコピー用のソフト
  • 3.5インチ変換ブラケット(デスクトップ型の場合)
コナツ
何が必要なの?
SSDの換装に必要なものを紹介するよ
ショウシ

まずは、HDD→SSDへの換装に必要なものを紹介します。

 

上記のうち、外付けHDDケースと交換用のSSDは絶対必要です。

データコピー用のソフトは無料で用意できますので、まずは2点を準備しておきましょう。

 

今回はノートパソコンに換装しましたので不要でしたが、2.5インチのSSDをデスクトップ型に取り付ける場合は、3.5インチに変換ブラケットが必要です。

デスクトップ型のHDDは3.5インチですが、SSDの多くは2.5インチです。

 

デスクトップ型に取り付ける場合には、変換ブラケットも準備しておいてください。

必要な物品を詳しく見ていきましょう。

 

外付けHDDケース

【送料無料品・新品】Salcar USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース sata接続 9.5mm/7mm厚両対応 UASP対応 簡単脱着5Gbps MYR

まずはデータをコピーする前のSSDを接続するために、外付けのHDDケースが必要です。

 

もちろんSSDでも端子は同じなので、接続は可能です。

後々残ったHDDをケースに入れて接続すれば、外付けHDDとして使えます。

 

後でも使うので、USB3.0に対応したケースにしておくべきです。

人気のケースを選びましたが、動作は安定していて使いやすいですよ。

ココがポイント

今後も使うので、人気で口コミのいいケースを選ぶ

 

交換用のSSD

【シリコンパワー silicon power】Slim S55シリーズ 240GB 2.5"SSD【7mm厚】SPJ240GBSS3S55B メーカー保証:3年

交換用のSSDは、私はシリコンパワーのSSDの256GBにしました。

 

HDDは512GBですが、少ない容量にも問題なく交換できました。

シリコンパワーは爆速ではないですが、動作は安定しているという口コミで、安心して使えます。

 

交換してしばらく立ちますが、問題なく使えてますよ。

もし迷ったら、同じシリコンパワーにしてみてください。

ココがポイント

  • シリコンパワーのSSDは安定して動作している
  • 値段ではなく、メーカで選ぶ

 

データコピー用のソフト

データコピー用のソフトは、無料のソフトで十分足ります。

 

有料のソフトは必要ないですよ。

私は、easeus todo backupを使いました。

 

窓の社で無料ダウンロードできますので、まずはインストールしてみてください。

ココがポイント

無料のソフトで対応できる

 

3.5インチ変換ブラケット(デスクトップ型の場合)

OWLTECH オウルテック 2.5”→3.5”サイズ変換アダプタ(ブラック) OWL-BRKT04(B)[OWLBRKT04B]

今回はノートパソコンに交換しましたので必要なかったですが、デスクトップパソコンに換装する場合には、3.5インチに変換するブラケットが必要です。

 

調べた中で最安値は、オウルテックのブラケットが最安でコスパ良さそうです。

デスクトップパソコンに換装を考えている人は、忘れずに用意しておいてください。

ココがポイント

デスクトップパソコンに換装する場合に必要

 

ノートパソコンをHDD(ハードディスク)→SSDに交換した手順

▼SSDに換装する手順

  • 外付けHDDケースにSSDを入れて、パソコンに接続する
  • HDDの内容をSSDにコピーする
  • パソコンのHDDを取り出して、SSDに交換する
コナツ
どうやって交換するの?
換装手順を紹介するよ
ショウシ

それでは、実際にSSDに換装した手順を紹介しましょう。

 

手順は大きく分けて3ステップ。

さほど難しくはありませんが、コピーに時間がかかります。

 

さらにコピーは間違えたら1発でアウトになる場合もあるので、必ず間違えないようにボリュームを指定してください。

それでは詳しく見ていきましょう。

交換するパソコンのスペック

  • dynabook B25/31EB 15.6型
  • Windows 10 Home
  • メモリ:4GB
  • HDD:500GB

 

外付けHDDケースにSSDを入れて、パソコンに接続する

まずはHDDケースに、新しいSSDをセットしてください。

 

ケースの奥の端子に、SSDの端子を合わせて差し込むだけです。

キチンと差し込めばケースの蓋が閉まります。

 

付属のUSBケーブルを使って、パソコンに接続してください。

端子が複数あるなら、青い端子がUSB3.0に対応したUSB端子です。

ココがポイント

外付けケースは、後々でも外付けHDDで使える

 

SSDを認識しない場合は、管理ツールからフォーマットすると認識する

パソコンにSSDを接続しても認識されない場合は、コントロールパネル-コンピュータの管理-ディスクの管理から、SSDをフォーマットする必要があります。

 

普通に接続した認識されず、ちょっとハマりました。

フォーマットする時は、GPTを指定してください。

 

MBRだとすごい時間がかかりますし、GPTでフォーマット指定してGPTでコピーしないと失敗します。

フォーマットの指定は、GPTでするようにしてください。

 

HDDの内容をSSDにコピーする

SSDが無事に認識されたら、ease us todo backupでHDDの内容をSSDにコピーします。

 

コピーもGPTでコピーします。

コピー元がHDD・コピー先をSSDに間違いなく指定してください。

 

コピー先をHDDにしてしまうとデータが全消去されて、最悪はパソコンが起動不可になります。

ここは絶対に間違えないようにしてください。

ココがポイント

  • コピーには時間がかかる
  • コピー先のボリュームを、間違えずにSSDを選ぶ

 

パソコンのHDDを取り出して、SSDに交換する

コピーが完了したら、パソコンの裏を開けてHDDを取り出しSSDに入れ替えます。

 

ドライバー1本で開けられますし、HDDも端子が刺さっているだけなので、交換は難しくないですよ。

プラモデルのようなものです。

 

初心者でもカンタンに交換できますよ。

交換したら元通りに裏蓋を締めて、ネジを締めて完了です。

 

起動してみて、元通り起動できることを確認しておきましょう。

換装前と後のベンチマークを比較すると、爆速になっていることがわかります。

 

パソコンの起動が半分以下で、アプリの起動も爆速になりました。

数年前のパソコンが、最新モデルのような速さになりましたよ。

ココがポイント

  • パソコンの裏を開けて、SSDに交換する
  • ネジを外すだけで開けられる

 

パソコンをSSDに替えるメリットは?パソコンが爆速になります

▼SSDに替えるメリット

  • パソコンを爆速で使える
  • 余ったHDD(ハードディスク)を外付けで使える
  • 衝撃に強くなる
  • パソコンを買い換えるより安価に改善できる
コナツ
SSDに替えると何がいいの?
SSDに替えるメリットを紹介するよ
ショウシ

パソコンをSSDに変更するメリットを紹介します。

詳しく見ていきましょう。

 

パソコンを爆速で使える

ハードディスクを使っているパソコンの人は、イライラした経験があるはずです。

 

SSDに替えるだけで、立ち上がりからアプリの利用まで、すべて劇的に改善されますよ。

まるで新しいパソコンのように変わります。

 

パソコンが遅いな…と感じる人は、まずはSSDに交換してみてください。

きっと快適に使えるようになります。

 

余ったHDD(ハードディスク)を外付けで使える

SSDに交換後のハードディスクは、ケースに入れて外付けHDDとして使えます。

 

ハードディスクをお持ちの人で外付けHDDが欲しい人は、わざわざHDDを買わなくても大丈夫ですよ。

SSDを買えばパソコン本体を交換して、元のHDDを利用できます。

 

衝撃に強くなる

ハードディスクは物理的に駆動して読み取るため、衝撃に弱いデメリットがありました。

 

SSDは大きいSDカードのようなものですので、ソフト的に読み取ります。

SSDなら、ある程度は衝撃に強くなりますよ。

 

もちろん絶対大丈夫という保証はありませんが、SSDの方が安全です。

 

パソコンを買い換えるより安価に改善できる

SSDは256GBなら5,000円程度・512GBなら8,000円前後で、パソコンが劇的に変わります。

 

少し前までSSDは高価でしたが、今はかなり安くなりました。

今では新しいパソコンはほとんどSSDですね。

 

ちょっと前のパソコンを使っている人でも、SSDに交換すればまだまだ現役です。

そこまでパソコン作業をしない人でも、時間を有効活用するなら換えておいた方がいいですよ。

 

何よりも、起動待ちの無駄な時間が減ります。

忙しい人は少しでも早く作業を終わらせたいはずですから、SSDは必須ですよ。

ココがポイント

  • SSDに交換するだけで、パソコン作業が劇的に改善する
  • 新しいパソコンに買い換えるよりも安価

 

情報通な人は貯金を資産運用で増やしている!ほったらかし運用でできる資産運用

コナツ
これで仕事に専念できるぞ!
資産運用も始めておこう
ショウシ

ここまでニュースの読み方を参考にしてくれた人は、とても意識が高くて優秀な人だと思います。

 

そんな人は、お金まわりも賢く生きるべきです。

今の時代は資産運用は少額から気軽にできる時代ですので、敷居はほとんどないと言えます。

 

2019年頃からはポイントを使った資産運用も過熱してきて、特に楽天ポイントを使って投資信託が買える楽天証券は話題を集めています。

楽天ポイントは以前からポイントが貯まりやすいと言われていますが、私は楽天ポイントは楽天証券で毎月キレイに使い切っています。

 

今さらポイント貯めても…と思った人は、全然遅くないですよ。

むしろ私も毎月ゼロから貯めている状況です。

さらに詳しく

  • 優秀な人は、ほったらかしの資産運用で賢く貯金している
  • 2019年頃からポイントを使った投資が主流

 

楽天証券なら楽天ポイントを使って投資ができる

会社名 楽天証券
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 100円〜
取引手数料 投資信託・国内株式は0円(2019年12月〜)
特徴 楽天ポイントが貯まる&使えるネット証券
銘柄数も業界最多水準で手数料もほぼ0円
資産運用を始める人はとりあえず楽天証券で十分じゃないかな

おすすめ度:

公式ページ:https://www.rakuten-sec.co.jp/

ポイント投資ができる楽天証券。今1番人気のネット証券です。

まず前提として資産運用は銀行の窓口ではなく、低コストのネット証券で始めるべきです。

 

銀行窓口では選べる投資信託も限られていますし、手数料も高くて利益を上げにくいという欠点があります。

ネット証券なら投資信託の銘柄数も段違いですし、特に楽天証券は2019年12月にすべての投資信託の買付手数料が無料化され、ほとんど欠点はありません。

 

サポート体制も電話問い合わせができますから、気になったことはいつでも質問ができますよ。

ネット証券だから難しいということはないです。

 

もちろん口座開設は無料ですし、ほとんどの人がネット証券で資産運用していますので、安心してください。

ココがおすすめ

  • 楽天証券なら、楽天ポイントを使って投資信託を買える
  • 2019年12月より、すべての投資信託の買付手数料が無料化された

 

これから運用するならつみたてNISAで少額から投資信託を買う

投資先 つみたてNISA
おすすめ度
最低投資金額 0万円(毎月3万円程度)
利回り 4〜8%程度
特徴 話題のインデックス投資。投資信託に積立投資ができます。
関連記事 【ゼロからわかる】つみたてNISA(積立NISA)とは?特徴と評判・口コミ・メリット・デメリットを徹底解説

つみたてNISAって聞いたことありますか?

 

毎月コツコツ少額で積み立てして投資信託を買い、得られた利益は非課税になる制度です。

年金2,000万円問題で話題を呼び、現在は多くの人がつみたてNISAを運用しています。

 

特に楽天証券でつみたてNISAを運用すると、楽天ポイントで実質負担を減らしながら積み立てが可能です。

私も毎月コツコツと3万円程度を、楽天証券でつみたてNISAに積み立てしています。

 

毎月楽天ポイントが5,000ポイント程度貯まるので、実質負担は2万5,000円程度で積み立てしていますね。

ポイントは貯めておいても無駄になってしまうので、毎月使い切っています。

 

これから始めるなら税金が一切発生しない、つみたてNISAで運用するといいですよ。

投資信託を選んで積み立て設定するだけなので、ほったらかしで資産運用ができちゃいます。

 

まとめ:初心者がノートパソコンをHDD(ハードディスク)→SSDに交換・換装してみた手順をわかりやすく紹介

ノートパソコンをHDD(ハードディスク)→SSDに換装してみた手順はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
HDD→SSDの換装に必要なもの 外付けHDDケース
交換用のSSD
データコピー用のソフト
HDD→SSDの換装手順 外付けHDDケースにSSDを入れて、パソコンに接続する
HDDの内容をSSDにコピーする
パソコンのHDDを取り出して、SSDに交換する
SSDに換装するメリット パソコンを爆速で使える
余ったHDD(ハードディスク)を外付けで使える
衝撃に強くなる
パソコンを買い換えるより安価に改善できる
情報通なあなたは 資産運用で賢くお金を貯める

 

パソコンを今まで自作したことがない人でも、差し替えるだけなので、誰でもできますよ。

ハードディスクを入れ替えるだけで、パソコン作業がめちゃくちゃ快適です。

 

SSDは今は256GBくらいなら5,000円以下で買えますし、パソコンを買い換えるより安価です。

余ったハードディスクは外付けで再利用できますし、ぜひSSDに入れ替えて快適なパソコン作業をしてみてください。

【送料無料品・新品】Salcar USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース sata接続 9.5mm/7mm厚両対応 UASP対応 簡単脱着5Gbps MYR
【シリコンパワー silicon power】Slim S55シリーズ 240GB 2.5"SSD【7mm厚】SPJ240GBSS3S55B メーカー保証:3年

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人
アバター

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-スマートな生活
-,

Copyright© いなふる , 2020 All Rights Reserved.