楽天証券

【毎月500ポイント貯まる】楽天証券で楽天ポイント積立投資する手順を画像でわかりやすく解説

投稿日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回は楽天証券の楽天カード決済を使った楽天ポイント積立手順を画像で解説します。

楽天証券は楽天ポイントで投資信託を買うことができ、ポイントを将来への積み立てに利用できます。楽天ポイントも貯まりやすく、1番おすすめのネット証券です。

楽天証券 は楽天カードで投資信託を買うと楽天ポイントを貯めることができ、ノーリスクで1%の利回りを確保できます。

つみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントが貯まり、楽天証券は注目を集めています

本記事の内容

  • 楽天証券のポイント積立手順
  • 投資は毎月決まった金額を積み立てしよう
  • 楽天カード決済なら1%の楽天ポイントが貯まります
  • 楽天カード決済は毎月5万円まで!最大500ポイント貯まる

楽天証券の楽天ポイント積立手順は2種類 |  楽天カード積立がおすすめ

コナツ
ポイント積立ってどうやるんだろう?
ポイント積立のやり方は2種類あるよ
ショウシ

楽天ポイント積み立て方法を開設

  • 楽天ポイントのみで積み立て
  • 毎月定額を積み立て(ポイント利用あり)

楽天ポイント積立の方法は2種類あり、おすすめは毎月定額を積み立てして、支払い金額にポイント利用する方法です。

定額積み立てしておくことで将来的な資産も利益を出しやすくなり、支払いに楽天ポイントを利用することで毎月楽天ポイントをきれいに使い切ることも可能です。

楽天ポイントを使い切ることも大事ですが、目的はあくまで投資です。将来的にまとまった資産を手にするためには毎月定額を積み立てしておきましょう。具体的は最低でも毎月1万円程度から積み立てしておけば、10年で合計120万円貯めることができます。

もちろん利回りによっては将来的にはもっと多額の貯金になっていることもあるでしょう。楽天ポイントを有効利用しながら貯金ができて、楽天証券は非常におすすめです。

楽天証券では楽天カード決済で投資信託を買ったお金の100円につき1ポイントを楽天ポイントで貯めることができます。貯まったポイントは来月の楽天カード積み立てで使用することができ、楽天ポイントを有効利用することができて非常におすすめです。

楽天カード積み立てとは?楽天ポイントが貯まる仕組みを解説

先程ご紹介したように、楽天証券で楽天カード積み立てをすると1%の楽天ポイントが獲得できます。

毎月5万円までと制限はありますが、非常にお得なのでぜひ設定しておきたいですね。貯まった楽天ポイントを優先的に使用することもできますので、楽天ポイントも綺麗に使い切ることができます。

楽天証券で楽天ポイント積み立てするなら、ぜひ楽天カード積み立てで楽天ポイントを利用しましょう。

引落方法 楽天カードクレジット決済 楽天カード支払口座からの引落
楽天スーパーポイントの付与
決済額の100円につき1ポイント付与!

※通常ポイントを付与
×
毎月の積立上限額 5万円 上限なし
最低買付金額 100円
※毎日積立不可
1,000円
積立指定日 毎月1日
※休業日の場合は翌営業日
毎月12日
※休業日の場合は翌営業日
引落日 毎月27日
(積立 後 にお支払)
※休業日の場合は翌営業日
毎月27日
(積立 前に引落)
※休業日の場合は翌営業日
ポイント積立 ※1 ×
ボーナス設定 ※2 ×

楽天カードの詳細は他記事でまとめています。楽天市場でお買い物する人はぜひ1枚は持っておきましょう。

楽天カード

 

楽天証券の楽天カード積立手順を解説

コナツ
ポイント積み立てって…?
楽天カード積み立て手順を解説するよ
ショウシ

step
1
積み立てする銘柄・商品を選ぶ

  • eMAXIS Slim 全世界株式を例に解説

step
2
楽天カードを登録する

step
3
楽天証券ポイントコースを設定する

  • 楽天スーパーポイントコースを設定する

step
4
買付け金額を設定する

楽天証券で楽天ポイントを使ってポイント投資する手順を解説します。詳しく見ていきましょう。

まずは 楽天証券 にログイン後、「投信」タブ内の「積立」を選択します。

積み立てする銘柄・商品を選ぶ

まずは積み立てする投資信託を選びます。

楽天ポイントでは株式を買うこともできますが、少額からコツコツ積み立てするなら投資信託にしましょう。株式は買う時にまとまったお金が必要です。投資信託なら決めた分だけを買うことができます。

積み立てする銘柄選びに迷ったらつみたてNISAにも選ばれている優秀な投資信託を選ぶといいでしょう。

おすすめの投資信託は他記事でまとめています。

楽天カードを登録する

次に支払い方法の選択画面になります。

支払い方法に「楽天カードクレジット決済」を選択しましょう。投資信託を購入した決済額の100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まり非常におすすめです。

「楽天カードクレジット決済」を選択すると、楽天カードの登録画面になります。

カード番号・有効期限・セキュリティコード・暗証番号を入力して楽天カードを登録します。

楽天証券ポイントコースを設定する

次に楽天ポイントコースを設定します。1度でも楽天ポイントで投資信託を購入した人は「楽天スーパーポイントコース」に設定済みですので以降は設定の必要はありません

ここで1番重要なのは、ポイント利用を「利用する すべての利用可能ポイントを使う」にしておくことです。こうして設定しておくことで毎月楽天ポイントを綺麗に使い切ることができます。

楽天スーパーポイントコースの設定方法を解説します。まだポイント投資していない場合は「楽天証券ポイントコース」が設定されていますので、「設定」を選択します。

楽天証券で始めてポイント投資をする場合は、楽天証券のポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に変更する必要があります。

買い注文画面から楽天ポイントの「利用設定する」を選択すると、楽天会員のログイン画面が表示されます。楽天ポイント会員のIDとパスワードを入力してログインしましょう。

楽天会員のIDとパスワードを使って楽天証券にログインしてもよいか同意画面が表示されます。「同意する」をクリックして先に進みましょう。

最後に楽天証券のポイントコース変更の確認画面が表示されます。

楽天ポイントを使ったポイント投資は「楽天スーパーポイントコース」に設定する必要があります。取引暗証番号の4桁の数字を入力して「変更」を選びます。

以上で楽天証券のポイントコースの変更は完了です。以降は楽天証券で楽天ポイントを貯めたり使ったりできるようになります。

買付け金額を設定する

最後に積立金額を設定します。

投資は毎月定額を積立がおすすめです。将来へ向けた貯金をしたいなら1万円以上の金額を設定しておきましょう。

次に分配金コースを「再投資型」にして、口座の選択を「特定」にしておきましょう。

口座種類を「一般」に設定すると自身で確定申告しなくてはなりません。投資初心者は必ず「特定」を選んでおきましょう

最後に目論見書を確認して「注文内容の確認」を選びます。

注文内容に間違いがなければ「確定する」を選択しましょう。

以上で楽天ポイント積立の設定は完了です。

設定は最短5分程度で完了できます。とっても簡単です。

資産運用は毎月決まった金額(定額)を積み立てした方が利益が出やすい

コナツ
ポイントだけで投資してもいいの?
おすすめは定額を投資することだよ
ショウシ

楽天ポイントを使い切ることも大事ですが、目的は将来の資産形成です。

楽天ポイントだけを利用して投資した場合は毎月の積立額が変動してしまい、将来的にいくら貯金できているかシミュレーションもわかりづらくなります。

せっかく資産運用を始めるなら将来的にまとまった資産を手にするために、毎月定額を積み立てしておきましょう。

積立投資は目標から逆算して決める

目標:10年後に子供の学費で300万円貯めたい

300万円 ÷ 10年 = 30万円/年
30万円 ÷ 12ヶ月 = 25,000円/月 ( - 楽天ポイント)

年利3%で25,000円/月を積立した場合:3,493,535円
年利5%で25,000円/月を積立した場合:3,882,057円

例えば、10年後の子供の大学進学費用で300万円を貯めたいとします。

10年後に300万円貯めたい場合は毎月25,000円の積み立てが必要になります。もし10年間年利3%で運用した場合、10年後には349万円ものお金が貯まっていることになります。

貯金ではなく資産運用にまわした場合は、50万円近く余分に貯金できている計算になり、非常にお得です。

もし10年後ではなく20年後に必要なお金の場合は、毎月12,500円からで済みますのでさらに少額から資産運用を始められます。このように将来的に必要になるお金から逆算して考えておくと、自身が毎月いくら貯金していけばいいかわかります。

もし楽天証券で積み立てしている場合は、毎月の積立額から楽天ポイント分の負担を軽減できるので非常にお得ですね。

まずは少額から積み立てがおすすめ

毎月何万円も積み立てができない!という人も、まずは少額から始めてみてください。

毎月1万円を10年間積み立てして年利3%で運用したら、10年後には140万円近くの貯金となります。毎月1万円程度なら家計の負担も少なくすぐに始められる人も多いでしょう。

さらに少なく毎月5,000円の積み立てを10年間年利3%で運用したら、70万円近くの貯金になります。多いか少ないかは人により感じ方が異なるでしょうけど、片手間に少額の積み立てして70万円貯まってたら嬉しいですよね。

資産運用は「長期・分散・積立」を基本として、少額からコツコツと始めましょう。将来的に大きな財産になります。

まとめ:楽天証券で楽天ポイント積立投資する手順を画像でわかりやすく解説

楽天証券で楽天ポイント積立投資の手順はいかがだったでしょうか。

楽天証券は楽天ポイントで投資信託を買うことができ、ポイントを将来への積み立てに利用できます。楽天ポイントも貯まりやすく、1番おすすめのネット証券です。

楽天証券のお得さは話題が話題を呼び、口座開設者が急増しています。

今まで楽天ポイントを貯めていなかった方も、楽天カードを作ればポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯めても遅くありません

まずは楽天証券の口座開設をして、同時に楽天カードも作りましょう。

お得なキャンペーン開催中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ・・・
必ず貰えるのは嬉しいね
ショウシ

楽天ポイントをお得に貯めるには、 楽天証券 の他に楽天銀行と 楽天カード の作成が必要になります。

楽天銀行と楽天証券を連携するだけで、現金1000円が漏れなく貰えます。

非常にお得なキャンペーンとなっていますので、ぜひこの機会に楽天銀行と楽天証券の両方を口座開設してみてください

こちらのキャンペーンはエントリーが必要となっていますので、口座開設後は必ずエントリーしてください

▼楽天証券についてもっと詳しく知りたい▼

スポンサーリンク

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

資産運用だけで生きることを目指す兼業FXブロガー 資産運用のノウハウを提供するブログを執筆しています お金に関することを記事にしています

-楽天証券
-, , , ,

Copyright© いなふる , 2019 All Rights Reserved.