トライオートFX

【上級者向け】トライオートFX・ETFのビルダー機能とは?作り方・やり方と実際に評価した感想

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はトライオートFX・ETFで追加されたビルダーの作り方・やり方について解説します。

コナツ
ビルダーってなに?どう使うの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もトライオートFXを少額から運用しています

▼トライオートFXの運用状況

 

トライオートFX・ETFにビルダー機能が追加されました。

予め用意されているコアレンジャーのようなロジックを作ることもでき、自動売買セレクトをカスタムして使いたい人向けです。

しかしこちらのリスク評価は初心者では難しいので、上級者向けです。

 

FXシステムトレードは、最低10万円程度の少額から始められる資産運用となっています。

システムトレードならあなたが寝ている間も仕事している間も、自動でFXトレードを行ってくれるので忙しい人にピッタリですよ

ほったらかしで資産運用をしたい方は、とっても簡単ですのでぜひとも始めてみてください。

 

本記事の内容

  • 「ビルダー」の特徴は、自分好みのロジックを作れる
  • 「ビルダー」の作り方を解説
  • 自動売買セレクトの欠点がわからないうちは、自動売買セレクトでトレードすべき

トライオートFX・ETFのビルダー機能とは?特徴を解説!自分好みのロジックが作れる

コナツ
普通の自動売買と違うの?
自動売買を自分で作れる機能だよ
ショウシ

ビルダー機能とは、トライオートFXとETFのどちらにも対応していて、既存のロジックに満足できない人が自分好みのロジックを作ることができます

 

作った自動売買のリスクとリターンがどれほどか、過去の実績からバックテストすることもでき、定量的に評価することもできますよ。

しかしビルダーの設定には細かいレンジ幅や注文本数などの設定も必要ですので、上級者向けと言えるでしょう

 

既存の自動売買セレクトでは満足できなくなった人は、ぜひ試してみてください。

ココがポイント

  • 自分好みの売買ロジックが作れる
  • ロジック作成の難易度は高め

 

既存のロジックの検証・評価にも使える

ビルダー機能では、通貨ペアとレンジ幅・注文本数・利確幅などを設定すれば、過去の実績からシミュレーションが可能です。

 

トライオートFX以外のFXシステムトレードを動かしていれば、他のFXシステムトレードの検証や評価にも使うことができます

もし他のFXシステムトレードがあれば、使ってみるとおもしろいですよ。

ココがポイント

レンジ幅・注文本数・利確幅など、自由自在

 

カートに入れれば複数の通貨で総合して評価ができる

ビルダー機能では、1つの通貨ペアに対してシミュレーションして自動売買を作成します。

 

最後にカートに追加して、他の通貨ペアを作成すれば、複数の自動売買を組み合わせたシミュレーションも可能です。

1つよりは、複数の自動売買を動かした方がリスク分散になります

 

例えば買い・売りでロジック評価したい場合は、両方で評価した方がわかりやすいですよ。

買い・売り両方でロジックを組む場合は、両方含めてリスク評価してください。

ココがポイント

  • 複数ロジックで、リスク・リターン評価が可能
  • 買い売り合わせて評価できるので、ハーフロジックに最適

 

トライオートFX・ETFのビルダーの作り方・やり方を解説

コナツ
僕もビルダーを使ってみたい!
ビルダーの作り方を解説するよ
ショウシ

トライオートFX・ETFのビルダーの作り方

  1. アセットクラス・自動売買タイプを選ぶ
  2. 対象銘柄を選ぶ
  3. 自動売買設定をする
  4. シミュレーションをしてみる

ビルダーの設定は少し選ぶ内容が多いですが、4ステップで完了します。

順に詳しく見ていきましょう。

 

アセットクラス・自動売買タイプを選ぶ

まずはトライオートFXかトライオートETFを選びます。

もちろん両方を組み合わせることもできますが、あなたが使っている方を選びましょう。

 

次にシングルカスタムかマルチカスタムか、自動売買タイプを選択します。

通常はマルチカスタムで複数の注文を入れますが、単品の注文だけの人はシングルですね。

ココがポイント

  • 柔軟に取引したい人は、トライオートFXを選ぶ
  • 通常はマルチカスタムで、複数の注文を入れるロジックを作る

 

対象銘柄を選ぶ

次に対象銘柄を選びます。

 

トライオートFXの場合は通貨ペア、トライオートETFの場合はETFの種類を選びます。

作ったビルダーをカートに入れれば、複数の通貨ペアも組み合わせられますので、1つずつ作成していきましょう。

ココがポイント

  • 銘柄選びは重要
  • 得意な通貨ペアで選ぶ

 

自動売買設定をする

レンジ幅・注文本数・利確幅・損切り幅など、細かい設定をしていきます。

 

ここで自動売買が利益を出せるかが決まりますので、慎重に何度もシミュレーションしながら設定していきましょう。

他のFXシステムトレードで運用している設定があれば、自動売買設定に入力して評価を見ることもできます。

 

リスクリターンがVery Good以上だと、かなりいい設定ですね。

ココがポイント

  • 何度もシミュレーションして、VeryGood以上の評価を目指す
  • 注文数や利確幅は、何度も直して評価を見る

 

シミュレーションをしてみる

過去の実績に基づいたバックテストを自動で行ってくれて、作ったビルダーのシミュレーションをしてくれます。

リスクリターンを見て、ぜひVery Good以上を目指してみてください。

 

もちろんシミュレーションは何度でも可能です。

またカートに入れれば、他の通貨ペアと組み合わせてシミュレーションした結果も見ることができます

 

証拠金に余裕があって、複数種類の通貨ペアを動かす予定の人は、カートに入れてからシミュレーションしてみてください。

ココがポイント

VeryGood以上のロジックを目指す

 

トライオートFX・ETFのビルダー機能のQ&A

コナツ
う〜ん、よくわからないな…
よくある質問に回答するよ
ショウシ

口座開設は必要なの?

ビルダー機能自体は、インヴァスト証券の口座開設は必要ありません

 

但し実際にビルダーを動かしてみるには、インヴァスト証券の口座開設が必要です。

ただ評価するだけならいいですが、実際に動かしてみないとわからない面も多いですよ。

 

口座開設は数分で済みますので、スキマ時間に口座開設しておいてください。

インヴァスト証券の口座開設方法は、他記事でまとめています。

初心者でもビルダー機能を使えるか?

ビルダー機能は、既存の自動売買セレクトの仕組みを理解している上級者向けです

 

自動売買セレクトに不満がある人にとっては、ビルダー機能は不満な箇所を解消できて使いやすいものでしょう。

これからトライオートを始めるなら、ワンクリックで取引開始ができる自動売買セレクトから始めるといいですよ。

ココがポイント

  • 初心者は、自動売買セレクトから選ぶのが無難
  • 自動売買に不満がある人は、ビルダー機能でカスタマイズして使う

 

買い・売りのロジックを組み合わせるには?

ビルダー機能では、自動売買を1つずつ作成します。

 

最後にカートへ追加してから、複数の自動売買を使ったシミュレーションが可能です

まずは1つずつ自動売買を作成しましょう。

ココがポイント

  • 買い・売りのロジックを組み合わせて評価もできる
  • 他の通貨ペアと組わせることも可能

 

推奨証拠金とは?

ビルダー機能の自動売買では、過去の実績に基づいた推奨証拠金を表示してくれます

 

あくまで過去の実績に基づくものなので、過去にないような相場変動があれば、推奨証拠金だけでは足りなくなるかもしれません。

推奨証拠金はあくまで目安程度に考えておいた方がいいでしょう。

 

FXシステムトレードでは含み損を抱えやすいですので、証拠金管理だけは十分気をつけましょう

ココがポイント

証拠金は、過去のバックテストから必要な証拠金をシミュレーションしてくれる

 

スワップやスプレッド・配当金は考慮されているか?

ビルダー機能のシミュレーションでは、スワップポイントやスプレッド・配当金が考慮されています

 

もちろん過去の実績に基づいて計算していますので、これから未来で同じ結果になることは保証されません。

スワップやスプレッドはわかりづらいので、これは嬉しいですね

 

シミュレーション結果だけを見れば見えないコストまで考慮してくれるので、シミュレーション結果を信じましょう。

ココがポイント

スワップは日々変わるので、過去は参考程度

 

【2020年1月追記】トライオートFXに認定ビルダーが登場!初心者は作成済みのものから選ぶ

コナツ
認定ビルダーって?
優秀なトレーダーが作った自動売買だよ
ショウシ

おすすめの認定ビルダー

  • 利確幅広めまったりセット_カナダドル/円
  • テトラカレンシーセレクト_カナダドル/円_米ドル/スイス
  • 為替固定マルチポジション_104-116_米ドル/円

トライオートFXに、優秀なトレーダーが作った自動売買である、認定ビルダーが追加されました。

 

認定ビルダーは、ビルダー機能で作られたトライオートFXが認めたビルダーです。

それぞれ特徴があって、安定した取引ができるビルダーが多いですよ。

 

私も認定ビルダーから、利確幅広めまったりセット_カナダドル/円を運用しています。

カナダドル円はチャートの動きも比較的なだらかで、スワップポイントも高いのでおすすめですよ。

 

推奨証拠金も少なめなので、認定ビルダーから選ぶといいですよ。

認定ビルダーも選ぶだけで取引開始ができるカンタンさは、トライオートFXのいいところですね。

 

認定ビルダーも種類も多いので、ぜひ口座開設して見てみてください。

FXの設定に迷っている人も、認定ビルダーの設定を見ると勉強になりますよ。

 

トライオートFXのビルダー機能で、トラリピの設定を評価してみた

コナツ
必要証拠金まで表示してくれるんだね!
ロジックを作ったらビルダー機能で評価してみるといいよ
ショウシ

実際に私がトラリピで使っている設定を、ビルダー機能で評価してみました。

 

設定はドル円のハーフ設定で、2段階のロジックで仕掛けています。

リスクリターン評価はExellentで最高ですね。

 

実際この運用で、月1〜2万程度の利益は出ていますよ。

2020年2月現在は110円を抜けて売りロジックが動いてるので、マイナススワップも気になり始めましたね。

 

トライオートFXはpip表示ですが、トラリピなら円表示なので、トラリピの方が簡単ですね。

気になる人は、トラリピの方も始めてみてください。

 

トラリピで私が使っている設定は、他記事でまとめています。

【トライオートFX】まとめ記事

トライオートFXについては、理解できましたか?

自動売買セレクトを選ぶだけですので、トライオートFXは初心者でも始めやすいシステムトレードです。

トライオートFXについてのまとめ記事です。トライオートFXについて、全体を理解しておきましょう。まとめ記事は、「この記事を読む」をタップしてください。

この記事を読む

 

まとめ:トライオートFX・ETFのビルダー機能とは?作り方・やり方と実際に評価した感想

トライオートFX・ETFのビルダーの作り方・やり方はいかがだったでしょうか。

 

まとめ
ビルダー機能とは? 自分好みの自動売買ロジックが作れる
難易度は高め
ビルダー機能の使い方 アセットクラス・自動売買タイプを選ぶ
対象銘柄を選ぶ
自動売買設定をする
シミュレーションをしてみる
ビルダー機能は上級者向け 初心者は、認定ビルダーからワンクリックでトレードを開始した方が簡単

 

トライオートFX・ETFにビルダー機能が追加されました。

予め用意されているコアレンジャーのようなロジックを作ることもでき、自動売買セレクトをカスタムして使いたい人向けです。

しかしこちらのリスク評価は初心者では難しいので、上級者向けです。

 

FXシステムトレードは、最低10万円程度の少額から始められる資産運用となっています。

システムトレードならあなたが寝ている間も仕事している間も、自動でFXトレードを行ってくれるので忙しい人にピッタリですよ

ほったらかしで資産運用をしたい方は、とっても簡単ですのでぜひとも始めてみてください。

キャッシュバックキャンペーン実施中

コナツ
お得って言葉に弱いんだニャ…
キャッシュバックは嬉しいキャンペーンだね
ショウシ

トライオートFXではお得なキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバックは条件を達成すれば漏れなく貰えるので、嬉しいキャンペーンですね。

最小でも50万円入金しないとならないので、少し厳し目ですが余裕のある人は最初だけ50万円入金しておきましょう。

 

入金判定日までに出金してしまうと、受け取れませんので入金判定日までは口座にお金を入れておきましょう。

この機会に始めてみる方は、忘れずに受け取ってください。

 

キャンペーンはエントリーが必要なので、口座開設後に必ずエントリーしてください

おすすめシステムトレードランキング

みんなのシストレ

トレイダーズ証券みんなのシストレ

FXシステムトレードで一番おすすめなのが、みんなのシストレです。

みんなのシストレはストラテジーのコピートレードを行うというコンセプトなので、難しいIFD注文や分析等は必要ありません。

ストラテジーをランキングから選ぶことができ、SNS感覚で選ぶことができます。

初めてシステムトレードに挑戦する方に一番おすすめできるシステムトレードです。

公式ページ

 

トライオートFX

トライオート

自動売買FXで有名なトライオートFXもおすすめです。

こちらもストラテジーの設定をするのみで、難しいIFD注文や分析等は必要ありません。

売買手数料も無料でスワップ収益も期待でき、初心者でも扱いやすい内容になっています。

最低投資金額は10〜15万円程から開始できるので非常におすすめのFXシステムトレードです。

公式ページ

 

トライオートETF

トライオートETF

トライオートETFは、外貨ではなくETFに投資するシステムトレードです。

トライオートFX同様に自動売買セレクトから選ぶだけでIFD注文を繰り返してくれる仕組みで、推奨証拠金さえ守っておけば基本的にはほったらかし運用で問題ありません。

ETFの売買手数料もかかりませんが、保有しているポジションのスワップは高め。短期トレードに向いているシステムトレードです。

最低10万円程度から始めることができ、こちらも非常におすすめです。

公式ページ

 

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-トライオートFX
-, ,

Copyright© いなふる , 2020 All Rights Reserved.