トラリピ

【初心者が使った感想】トラリピとは?仕組みと評判・口コミと使ってみたメリット・デメリットを解説

更新日:

こんにちは! ショウシ(@enoughfull_shou)です。

資産運用ブロガーやっています

今回はリピート系FXで有名なのトラリピの評判・口コミとメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

コナツ
トラリピってよく聞くけど、使いやすいの?
そんな人に向けて解説します
ショウシ

 

私もトラリピを毎月運用して利益が出ています。

▼トラリピの運用状況

 

トラリピはほったらかし運用ができておすすめのリピート系FXです。

私の場合は、高金利通貨のメキシコペソ円でスワップポイントも狙ったほったらかし運用にしています。

FXが初めてという人でも、最初の設定だけでほったらかしができますので、ぜひ始めてみてください。

 

FXシステムトレードは最低10万円程度の少額から始められる資産運用となっています。

システムトレードならあなたが寝ている間も仕事している間も、自動でFXトレードを行ってくれるので忙しい人にピッタリですよ

ほったらかしで資産運用をしたい方は、とっても簡単ですのでぜひとも始めてみてください。

 

本記事の内容

  • トラリピは設定後は、ほったらかし運用ができる
  • 1ヶ月で利回り4%以上の実績
  • おすすめ設定は、メキシコペソ円の買いのみ運用

トラリピを実際に運用してみた成績は?1ヶ月で1万円程度の利益が運用できた

  • 運用開始:2019年11月
  • 元手資金:30万円
  • 運用益: +12,536円(利回り4%程度)
コナツ
本当に利益は出るの?
1ヶ月で1万円の利益が出たよ
ショウシ

トラリピを実際に運用してみた成績を報告しましょう。

 

実際に1ヶ月程度運用してみましたが、含み損で危うくなることもなく利回り4%程度の利益が出ています。

設定はメキシコペソ円なので、長期保有しても高金利のスワップポイントでプラスになっていくようにしています。

 

元手30万円にしては利益も大きく、安定した運用ができているのでこのまま運用していきます。

1年後にどれほど利益が出ているか楽しみですね。

 

もちろん含み損が危うい時に、追加入金できる余剰資金も残しています。

ポジション自体は持っていてもプラスになっていきますが、ロスカットだけは絶対しないように運用していきます。

 

トラリピのおすすめ設定は?高金利通貨のメキシコペソ円でスワップポイントも狙えるほったらかし運用スタイル

  • 通貨ペア:メキシコペソ円
  • レンジ幅:5.986 〜 5.000
  • 注文金額:1万通貨
  • トラップ本数:30本
  • 利益幅:500円
  • 決済トレール:あり
コナツ
どういう設定にしたらいいだろう?
実際に運用している設定を公開するよ
ショウシ

実際に運用しているトラリピの設定を公開します。

 

運用する通貨は、高金利通貨の中でも比較的に安定しているメキシコペソ円を選んでいます。

設定は買いポジションのみで、長期保有して含み損が増えてもスワップポイントがプラスになるように運用します。

 

含み損が増えて決済できなかった時に、マイナススワップで持っているだけでコストがかかるのだと、精神的にけっこうきつい思いになりますよ。

だからこそスワップポイントでインカムゲインも狙いつつ、売買差益のキャピタルゲインも貰えるように運用しています。

 

この設定だと決済はそこまで多くはないですが、含み損が増えても精神的に楽ですね。

まさに、長期運用のほったらかしで運用できるスタイルを目指しています。

 

メキシコペソ円の最安値は2016年の48円!ロスカットラインを48円以下に設定

メキシコペソ円の歴史的最安値は、トランプ大統領選挙あたりの48円が最安値です。

 

メキシコペソ円はリーマンショック以降に、以前の金利まで戻っていない、比較的に底値の水準に留まっています。

ではほとんど動かない通貨なのか?というとそうでもないですよ。

 

最近の傾向ではレンジ相場で、まさにトラリピにはうってつけの動きをしています。

売り注文がなくても、結構決済はされていますよ。

 

トラリピのスワップポイントは決済時に受け取る

持っているだけでスワップポイントでプラスになるとはいえ、トラリピではスワップポイントは決済時に受け取ります。

 

ポジションを持っているだけでは増えないということです。

最後にチャートが動いて、決済された時に始めてスワップポイントを受け取れます。

 

含み損で長期保有しているものはまだ決済できていませんが、どれほどスワップポイントが貯まっているか楽しみですね。

長期運用スタイルとはいえ、スワップポイントが入るタイミングには注意しましょう。

 

マネースクエアのトラリピとは?トラリピを選ぶ理由と仕組みを解説!自動売買ならほったらかし運用ができる

会社名 マネースクエア
おすすめ度 ★★★
最低投資金額 20〜30万円
取引手数料 無料
特徴 リピート系FXの定番ツール
リスク管理もしやすく、どれほど動いたらロスカットされるのか簡単に試算できる
コナツ
虎りぴ…?
トラリピの仕組みを解説するよ
ショウシ

トラリピの仕組み

  • 機械的なロジック:「トラップ」「リピート」「イフダン」を繰り返す
  • 忙しい人にもピッタリ:ほったらかしで運用が可能
  • トラリピは設定が命:最初に設定しておくだけ!

トラリピの仕組みについて解説します。

詳しく見ていきましょう。

 

機械的なロジック:「トラップ」「リピート」「イフダン」を繰り返す

トラリピの最大の特徴は、トラップ・リピート・イフダンを繰り返して取引を行っていくことです。

 

平たく言うとレンジ相場内で相場が動けば動くほど、細かく注文を何度も仕掛けていくことになります。

ここは人間が行う裁量トレードと違う点ですね。

 

トラリピはこの独自の方法で注文と利益確定を繰り返していくことで、利益を上げていきます。

例え相場が上がっても下がっても、利益を出せるのでほったらかしには最適ですね。

 

機械的取引なら裁量トレードでありがちな、「もっと上がる!」と欲が出て売り時を逃すこともありません。

使ってみるとわかりますが、相場が動けば動くほど、ビックリするほど決済しますよ。

 

忙しい人にもピッタリ:ほったらかしで運用が可能

トラリピ ハーフ&ハーフとは、トラリピを仕掛ける範囲(レンジ)を決めたら、そのレンジ内の上半分に売りのトラリピ・下半分に買いのトラリピを仕掛けるトラリピ戦略です。
資金を抑えることを狙ったトラリピ戦略の一つです。

引用元: マネースクエア

トラリピはFXシステムトレードで、機械的に注文を繰り返していきます。

 

さらにトラリピはハーフ&ハーフの仕組みにより必要証拠金量を抑えることも可能で、設定にこだわっておけば証拠金管理の手間も減らすことが可能です。

ますますほったらかし運用が可能になるトラリピは、利益がどれほど出ているかチェックも忘れてしまいそうですね。

 

普段忙しい人でも、トラリピなら自動で資産運用をしてくれるので非常におすすめできます。

私の場合は3日に1度程度、寝る前に証拠金チェックをするようにしてますね。

 

寝てる間も仕事してる間も、トラリピは休まず利益を生んでくれます。

 

トラリピは設定が命:最初に設定しておくだけ!

 

先程説明したようにトラリピはほったらかし運用が可能ですが、それは設定があっての話しです。

 

トラリピにとっては最初の設定こそ命と言っても過言ではないでしょう。

相場状況やレンジ幅は刻一刻と変化していますので、レンジ幅設定などは定期的に見直しして、最適なロジックを目指します。

 

設定時にどれくらいまで下落したらロスカットするのかわかりますので、リスク管理もしやすいのが特徴です。

取引する通貨の歴史的最安値より少ない値をロスカットラインにしておけば、まぁほとんどの場合は大丈夫でしょう。

 

最初に設定したら、あとは運用してみて改善していきます。

私も3ヶ月に1度は設定を見直すようしています。

 

そういった意味ではほったらかしとは言えませんけど、さすがに3ヶ月に1度なら時間をとって見直しましょう。

時間をかけた分、気持ちいいほど決済していきますよ。

 

トラリピのメリットは?少額(20万円程度)から始められるリピート系FX!リスク管理がしやすい

コナツ
トラリピを選ぶ理由は何かな?
トラリピのメリットを解説するよ
ショウシ

トラリピのメリット

  • 手数料が無料!コストが安い
  • ツールが使いやすい
  • 少額から始められる

トラリピのメリットについて解説します。

詳しく見ていきましょう。

 

手数料が無料!コストが安い

2018年4月よりトラリピは手数料が無料になりました。

 

トラリピは手数料とスプレッド(売買差益)が高いことで有名でしたが、手数料が無料になったことで実質他社のリピート系よりも割安で運用できますよ。

手数料はなるべく払いたくありませんので、嬉しいですね。

 

スプレッドも他と比べて特別高いことはないですよ。

というより、リピート系は比較的スプレッドが高いです。

 

取引が自動化できる分、システムにお金がかかっていますので、自身で行う裁量トレード口座よりも高いのは仕方ないですね。

 

ツールが使いやすい

トラリピでは最初の設定により、レートがどれほど変動するとリスクがあるか試算することができます。

 

設定が合っているか?リスクはあるか?

最初に試算しておくことで、どれほどのリスクがあるか確認しながら設定していきます。

 

もう少しトラップ本数を下げたらどうか?レンジ幅を狭くしたら?

試算表なら簡単に必要な証拠金と、ロスカットラインがわかりますので、設定にはかなり活躍してくれますよ。

 

少額(20万円程度)から始められる

 

トラリピは最低10万円程度で開始することができます。

 

しかし証拠金が少ないと、注文を仕掛けられる値幅が狭いので、思った以上に注文ができなくてモドカシイ思いです。

ある程度利益を生むには、理想としては20〜30万円程度の資金があれば、気持ちよく決済してくれます。

 

トラリピを始めるなら、まずは30万円程度の資金で始めてみてください。

30万円が難しいなら、毎月決まった額を入れて増やしていってもOKです。

 

FXを始めるなら、まずは30万円程度の資金は最低限必要です。

 

トラリピのデメリットは?リピート系FXは含み損を抱えやすい!高金利通貨で含み損も楽しもう

コナツ
よし!さっそく口座開設だ!
ちょっと待った!デメリットについても解説するよ
ショウシ

トラリピのデメリット

  • スプレッドは比較的高めの設定
  • 含み損を抱えやすいため損失のリスクもある

トラリピのデメリットについても解説します。

詳しく見ていきましょう。

 

スプレッドは比較的高めの設定

通貨ペア トラリピのスプレッド
単位:銭(0.01円)
トライオートFXのスプレッド
単位:銭(0.01円)
米ドル/円 3〜4 0.3
ユーロ/円 4〜5 0.5
豪ドル/円 5〜6 0.6
NZドル/円 6〜7 1.7
カナダドル/円 2〜3 1.9
英ポンド/円 6〜7 1
トルコリラ/円 7〜8 5.5
南アランド/円 2〜3 1.8
ユーロ/米ドル 3〜4 0.3
豪ドル/米ドル 4〜5 1.4
NZドル/米ドル 4〜5 2

スプレッドとは、FX取引において買い金額と売り金額の差を指します。

 

一般的に売買が盛んな通貨ペアほどスプレッドは低くなり、同じ通貨ペアで時間や相場状況によって刻一刻と変化していくものです。

FXにおいては多くの場合手数料は無料ですが、スプレッドによって実質的な手数料をFX会社に支払います。

 

スプレッドは直接売買するためのコストになりますので、できるだけ低いことが望ましいですね。

ぶっちゃけると、トラリピは他のFXシステムトレードに比べて、スプレッドが割高な傾向です。

 

しかし比較に使ったトライオートFXは手数料がありますので、手数料無料のトラリピの方が結果的には安いですよ。

スプレッドも大事ですが、それよりも設定が上手くハマっているか?の方が重要ですよ。

 

設定がよくてバンバン決済していれば、スプレッドはほぼ無視していいくらいのコストですからね。

 

含み損を抱えやすいため損失のリスクもある!スワップポイントにも注意

他のシステムトレードでも同様ですが、トラリピの運用は機械的なシステムトレードであるがゆえに含み損を抱えた運用になりやすいのが特徴です。

 

FXではレバレッジをかけて取引しているため、含み損が証拠金額を上回るとロスカットが発生してすべての含み損が決済されてしまいます。

ロスカットが発生すると証拠金のほとんどが失われて元本割れしてしまうため、FXではロスカットが絶対に発生させないように運用します。

 

ロスカットしないために、FXは証拠金に余裕を持った取引が必要なんですね。

トラリピもFXでレバレッジをかけている分、リスクもあります。

 

思うように設定がハマらない場合は長期保有してしまうため、ポジションによってスワップポイントがかかります。

例えば、売りポジションをずっと持ったままだと、毎日数十円〜数百円のコストがかかってきます。

 

決済できない上に、毎日コストがかかるんじゃたまったもんじゃないですよね。

私の設定では、メキシコペソ円という高金利で長期保有してもプラスになるように運用しています。

 

トラリピの評判・口コミは?定番のトラリピは多くの人が運用している!

トラリピは、リピート系FXの中で人気の高いです。

 

理由は一度設定しておけば、証拠金の範囲内でほったらかし運用ができることが人気の秘密です。

FXが初めてという人でも、設定さえマネしちゃえば運用できるので、簡単ですよ。

 

他にもリピート系FXはありますが、トラリピはリスク管理がしやすいのが人気の理由ですね。

チャートがいくらに下落したらロスカットするのかを、トラリピなら簡単に試算できるんですね。

 

FXにおいては暴落は付き物ですから、トラリピならリスク管理しやすい方がメリットですね。

FXを初めてみたいなと思った人は、トラリピならビックリするくらい簡単ですよ。

 

まとめ:トラリピの評判・口コミとメリット・デメリットをわかりやすく解説

トラリピの評判・口コミとメリット・デメリットはいかがだったでしょうか。

 

まとめ
トラリピのおすすめ運用方法 スワップも狙えるほったらかし運用スタイル
私の場合は、メキシコペソ円買いのみ運用
トラリピのメリット ほったらかし運用ができる
少額(20万円程度〜)から始められる
トラリピのデメリット スプレッドは比較的高め(手数料は無料なので実質は気にしなくてOK)
含み損を抱えやすい

 

トラリピはほったらかし運用ができておすすめのリピート系FXです。

私の場合は、高金利通貨のメキシコペソ円でスワップポイントも狙ったほったらかし運用にしています。

FXが初めてという人でも、最初の設定だけでほったらかしができますので、ぜひ始めてみてください。

 

FXシステムトレードは最低10万円程度の少額から始められる資産運用となっています。

システムトレードならあなたが寝ている間も仕事している間も、自動でFXトレードを行ってくれるので忙しい人にピッタリですよ

ほったらかしで資産運用をしたい方は、とっても簡単ですのでぜひとも始めてみてください。

お得なキャッシュバックキャンペーン開催中

コナツ
2万も貰えるの!?
キャッシュバックは嬉しい特典だね
ショウシ

トラリピを運営するマネースクエアでは新規口座開設で最大20,000ポイントをキャッシュバックするキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバックで2万円分も貰えるなら破格ですね。

この機会にぜひトラリピを始めましょう。

 

キャンペーンはエントリーが必要ですので、口座開設後に必ずエントリーしてください

ぜひトラリピを始めてほったらかしで資産運用を始めましょう。

初心者におすすめ資産運用

  

ココがポイント

少額から始められる資産運用

初心者でも失敗しない選び方

当サイトが厳選した4つを紹介

\マンガの続きを読む/

おすすめ資産運用を見てみる

  • この記事を書いた人

ショウシ

子育て世代(パパ)の財テク好きブロガー 資産運用からお得情報まで、わかりやすく・誰でもできるをモットーにお得な財テクを発信しています 資産運用で500万円→100万円のマイナス経験から、長期運用こそが誰でも負けない投資ができる正義と思っています

-トラリピ
-, , ,

Copyright© いなふる , 2020 All Rights Reserved.